688: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/20(月)00:40:50 ID:3O5
文章下手だから意味わかんなかったらごめんなさい
軽く脳内修羅場で明日会社行きたくない

私の職場は男性10人くらいに女2人

課長・・・イケメンでやり手で出世頭・単身赴任で妻子は他県
私・・・・ 正社員事務員(既婚子なし)
同僚女子・・契約社員事務員(独身)
男性同僚・・営業マンが10人くらい

同僚女子(30代前半)は珍しい名前
ぼかしようがないくらいの珍名だから仮名でケメ子とする

ケメ子はちょっと変わってるというか、内気な子
社内の雑談には一切加わらず、昼休みは読書してる
ランチに誘ったこともあるけど2回くらい断られて以来誘ってない
独身実家暮らしなのは知ってるけど
過去に飲み会で結婚の話になった時
「私は結婚しないんです。できないんです。生涯独身かもしれません」
と発言して以来、ケメ子の前で結婚の話は暗黙の了解でNGに
長いけどここまでが前提

続きを読む

648: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/16(木)18:15:29 ID:sLm
うちのダンナのものすごい過去からつい最近まで続いてた修羅場

ダンナの実両親は彼が13の時に離婚して母親に引き取られてる
原因は母親の浮気
父は事故で局部中心に大きな怪我を負って精子を作る機能がなくなった
それなのに子どもが生まれるのはおかしい!母が浮気!子どもはよその子!と
実父とその親、親類縁者が母を責め立て、慰謝料もほとんどなく子を引き取り離婚
その後母は死にものぐるいで働いて彼を大学まで行かせた

離婚の原因を周囲から聞かされてた彼が
(そのため親子関係は最悪だったらしい)
大学時代になにげなく調べた父親の事故というのは
彼が2歳のときの話だった
それ以前の父親の入院歴は『痔』の手術だけ
母親はシロだとわかり、その後は母との親子関係を修復した
私と結婚後も仲良くさせてもらってたが、無理がたたったのか病気にかかり
若過ぎる姑(まだ50代だった)を先月見送った

で、現在まで続く修羅場と言うのがその彼の母の残した日記を見つけたから
察しの良い方はお分かりだろうが、その日記には数十年前の浮気が書かれてた
夫婦仲が一時期よくなかった時に知り合ったという、どうやら水商売の男で
源氏名以外本名も年齢も国籍も何もわからない
さらに彼の父方の親戚に至っては代替わりしていて
住んでいるところさえ知れない状態
つまりDNA鑑定もやりようがない

30代にして出自が分からなくなり荒れている彼も修羅場だが
時々夫婦喧嘩などで自分に非があっても屁理屈が通らないと
叫んだり暴れたりして自分の我を何が何でも通そうとする彼を見ていると
これは火病なんじゃないかと疑い
もしかしたら自分はあの国の血縁者の子を産んだんじゃないかと思ってしまう
私も結構修羅場

続きを読む

673: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/18(土)17:47:55 ID:937
高校時代に起きた修羅場。
当時はかなり精神を病んでいたので記憶が抜けている部分もあり、うまくまとめられていないかもしれません。。

高校1年の時の体育祭をきっかけに、当時高校3年の先輩Aから猛アタックを受け、付き合うことになった。
付き合い初めは普通に優しくて、それなりに幸せだったと思う。
だが、この先輩Aがとんでもないモラハラ男だった。
ある日、私が先輩と付き合っていることを周りに話したことでかなり怒られた。
ちなみに、隠れて付き合ってたわけでもなく、先輩A自身は周りに言いふらしていた。
しかし、私がそれをやると許せないらしく、30分以上延々と説教された。
お前はみんなから嫌われている、誰々もお前のことをこんな風に悪く言っていた(しかも一度も話したことない人)、お前はこれからもずっと1人だ、などと人格否定され続け、途中で記憶がなく気づいたら自分の部屋で手首から血を流しながら寝ていた。
それからは先輩Aと会うのが怖くて距離を置き、学校にもあまり行かなくなった。
しかし、当時の馬鹿な私は完全に自分が悪いと思い込んでいて、次会っても怒られないよう私が変わらないと!なんて思ってた。
それでも、自分を大切に思っていてくれたはずの先輩Aが、自分のことをあんな風に思っていたのがショックで、思い出す度に壊れそうになったりしたけど。
そんな中、先輩Aから突然「忙しいから別れよ」とメールが。
自分から強引に近づいたくせに、私を壊すだけ壊してそんな理由で捨てるなんて今まで何だったのかと思ったが、「わかりました。今までありがとうございました。」と送った後、立ち直れるまで数日間家に引きこもった。
精神的に少し元気になり、普通に学校にも行けるようになったが、さらに悲しい事実を知ってしまった。
先輩Aは、前述の別れのメールを送った時、周りに人がいる前で「じゃあ今から振ったるわw」みたいなノリで送ったのだ。
また、そんな風に私を晒し者にしただけでなく、さらに私にストーカーされているなどのデマをクラスメイトにまで広められ、私はさらに孤立を深める結果となった。
この時点でかなり精神的に追い詰められていた私だったが、この後さらに2つ目の修羅場を迎えることになる。
一つ上の学年の先輩Bが、私から彼氏という存在がなくなったのをいいことに、執拗に付きまとってくるようになった。

続きを読む

449: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/06/15(金)15:22:32 ID:jWU
心の底から スゲェ って思った衝撃話

数年前、職場の同僚(男性)の結婚式に招待されて出席した。
式も滞りなく終わり、披露宴会場に行く途中でウェルカムドリンクを
手に新郎(同僚)新婦や彼の学生時代の友達、彼のご家族と話をして
披露宴会場に着席。そこで上司が祝辞を述べた後、新郎友人のスピーチ
の段になった。

新郎の高校時代の友人A様より って司会の人が紹介したとき、新郎友人席
でちょっとしたどよめき?が起きたんで ??ってなったんだがAさんがマ
イクに立ちスピーチが始まった。
Aさん「すみません。あまりに良い雰囲気のお式と披露宴、なにより
お似合いの高砂のお二人に見とれていたらもう自分のスピーチの番かと
思い焦ってしまいました。」
ここで会場からも温かい笑いがこぼれた。その後も原稿も無く出席者に目を
配りながら新郎との思い出を語るAさん。新郎同僚は見た目はほんわかとし
ていながらも気遣いが抜群で仕事も良くできる。高校時代からそうだったんだ
とよく分かるすばらしいスピーチだった。最後にAさんは
「実は僕は高校を卒業してから、彼とは別の大学で、就職してからも海外に
行ったりしてましたので、高校を卒業してから彼がどういった環境に身を置い
ていたのかは余り知らないんです。でも、今日ここに来ている皆様のお顔を
拝見しておりましたら、心から新郎を祝福しようとしている方ばかりに私の
目には映ります。彼の高校の時からの素晴らしい部分が変わっていないんだ
なと判ってとてもうれしいです。心からお二人の幸せをお祈りして、スピーチ
を終わらせていただきます。」
でスピーチを締めた。
正直今まで出た結婚式で一番堂々と、判りやすく、飽きさせず新郎の人となり
がわかる素晴らしいスピーチだった。祝辞を述べた上司は
「彼の前が自分のスピーチでよかった。あんな素晴らしいスピーチの後に自分
が話をする度胸無いわ。」と言っていた。
長いので一旦切ります。

続きを読む

680: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/19(日)17:11:29 ID:0kC
私が2歳の頃、父が交通事故で死に、私が幼稚園の頃、母は再婚しました。
相手も奥さんと死別したコブ付き。そのコブが私と同い年、ただし、男の子。
私の方が6ヶ月ほど年上でしたが、向こうが背も高かったので、弟という感じもしません。なので、弟(仮)とします。
母と私が、新しい父の元へ引っ越す形で同居が始まりました。

小学校で面倒臭かったのは、同級生たちに姉弟と説明すること。
弟(仮)は「父が再婚してキョーダイになった」とアッケラカンと言えたようですが、
私の方は再婚と言いづらく「うん、まあ、親戚みたいな感じ」と曖昧に答えたせいで、混乱の原因に……
私は丸顔で一重の細い目の純日本人顔のチビ、運動オンチで読書が趣味。
弟(仮)は色黒で二重まぶたの目ぱっちりで背が高く、運動神経が良く、テニススクールに通い、小学生ながらギターが趣味。

当然、弟(仮)はモテモテなわけで、私は地味でモテるわけもなく。
すると、小学校低学年の頃は、同級生女子が「弟(仮)クンと親戚だからって、一緒に登下校なんて生意気」とやっかまれる。
小学校高学年になるにつれ、弟(仮)は先輩女子にまでモテるようになって、やっかみは倍に。
私はますます暗く地味な世界へ閉じこもり、この頃は弟(仮)が大嫌いでした。

続きを読む

このページのトップヘ