174: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/03/14(水)11:51:37 ID:usk
一昨年、夫が県外出張の夜、大学時代の友達2人と待ち合わせて一緒に夕飯を食べた。
夫から電話がかかってきて「今どこだ!」
「お店でゴハン食べてる」
「証明できるのか!」
一緒にいた友人2人はどっちも結婚式に呼んだ子だったから電話を代わってもらった。
夫は「あ、どうも……」とモゴモゴして電話を切ったらしい。
私にスマホが戻った時はもう切れてた。
出張から帰った夫にあれは何だと聞いたら、夫友人Aが「奥さんを今ホテル街で見た」ってLINEして来たんだって。
相手の男の背格好とかホテルの名前とかかなり詳細に。
友達と一緒でよかったと思った。
自宅に一人だったら「証明ってどうやって?」とアタフタして怪しまれたかもしれないから。
その時はAの見間違いで片付いたんだけど
後日Aがまた同じようなLINEを夫友人Bに送って、B妻は家に一人だったから証明できずかなりゴタゴタした。
そのB夫妻騒動を聞いて、夫が「まさか俺の時のあれも?」とAを問い詰め
Aは否定したけどずっかり仲間内の信用はなくなった。
それ以来夫とAの付き合いはほぼ消滅。

そのAが、又聞きなんだけどまた同じことを仕出かしたらしい。
相手はAの後輩C。夫とCは付き合いないけど、CとBが元同校なので噂が流れてきた。
C妻は疑いがかかったとき実家にいたので、C親がCを怒鳴りつけて、騒ぎが大きくなった。
C親はAに激怒していて、謝罪に来い!と言ってるのにAは逃げ回ってるみたい。
いわゆるモメサなんだろうけど、Aの神経がわからんわ。

続きを読む

234: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/09/19(金)11:38:27 ID:WmVd4OEay
同じ研究室に、異性関係のことでタチの悪い冗談を言うのが好きなやつがいる
研究室の中でカップルができると「あいつすぐ浮気するよw」とか「三十人目の彼氏だっけ?」
両親に紹介したという話をしてると「デキちゃってあせってんのか!」
喧嘩したと聞くと「浮気だろ?やっぱビッチだった?病気持ってた?うつされた?」と嬉々として聞きに来る
そんなやつ
やつの最近のお気に入りフレーズは「托卵」
カッコウの雛が自分の雛を別の種族に育てられることを托卵と言うのだが、
それを人間関係に模して、自分の子ではない子をだまされて育てさせられることを指すらしい

最近うちの先生(教授)のお嬢さんに子供が生まれた。つまり先生の初孫
産後の肥立ちが悪いとかってやつで、里帰りが長引いてるらしい
それを聞いてやつがいつもの調子で「托卵だな!托卵しようとしたからバチがあたったんだよ」と言った
そしたらそれが先生の耳に入った
先生はそいつを呼び出して「托卵とはどういう意味なのか」とフェイストゥフェイスで尋問した
そいつは最初のうち「冗談です」とかわしていたらしいが先生が許さなかったので
「カッコウの雛が自分の雛を別の種族に育てられることを人間に転じて~」と説明したそうだ

おれらは知らなかったがお嬢さんは衰弱してけっこうヤバイ状態だったらしい
先生はそいつを怒るつもりだったのだが娘さんの容態をそいつに説明しているうち泣いてしまった
涙をこらえながら鼻を真っ赤にして出てきた先生を見ておれらはシーーンとなり
中へ入るとやつは真っ青になってた
怒られるのは覚悟してたが泣かれると思わなかったんだろうね

先生はその後冷静に戻って、そいつを「悪い冗談は自分の品性を下げるのでやめなさい」と普通に諭した
でもそいつの方が気まずくなってしまったみたいで大学に来なくなった
まだ在籍してるんだけど、やめるとかやめないとかいう話になってるらしい

続きを読む

208: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/09/18(木)09:10:59 ID:22giiPzb7
修羅場だったというより今現在修羅場真っ只中な話なんだけど喋らせて下さい。
今年の6月に主人の実家へ子供を連れて遊びに行った時に離婚してほしいと告げられました。義両親も私もビックリ。
私は突然の事でテンパってちゃんと話せなかったので代わりに義母が色々と主人から話を聞いてくれたのですが、いくら話を聞いても私も義両親も全く理解が出来ず。
義母「私ちゃんと喧嘩でもしたのか?」
主人「喧嘩なんかここ数年してない。」
義母「私ちゃんに対して何か不満があるのか?」
主人「不満もない。仕事も家事も育児も本当に頑張ってくれてる。心から感謝してる。」
義母「あんたが借金でも作ったか?」
主人「クレカすらも怖くて持たない自分が借金なんてするわけないだろ。」
義母「じゃあなんで離婚なんて言い出したのか?」
主人「家同士の格差にもう耐えきれない。精神的なストレスに押し潰されそうで辛い。」
私&義両親「???????」
私実家は3代前、主人実家は4代前まで農家で今は両実家ごくごく普通のサラリーマン家庭。
どちらもド貧乏でもなければ大金持ちでもない。
私も義両親もそんな状況をわかっているので主人の言う家同士の格差というのがどの部分の事を言っているのかが全くの謎。
いくら聞いても「家同士の格差が辛い。」としか言わないから具体的な内容も掴めません。
とりあえずなんとか自分達が話を聞き出すから待っててくれと義両親に言われてその日から私&子供は私実家、主人はそのまま主人実家での別居へ。
もしや女が出来てて、適当な事を言って離婚しようとしてるのかとも思い、義両親の許可も得た上で2ヶ月ほど調べたりもしたのですが結果は真っ白。
となると本当に家同士の格差が原因で離婚したいのか?
どこに格差があるのかわかりません。

続きを読む

202: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/09/17(水)22:54:03 ID:8SMKVbzbB
よくマイホームを巡って友情が壊れるような投稿を読むけど
うちの場合は家族の関係が壊れちゃったわ。
5年ぐらい前に妹から「気に入ったマンションがあって購入したいんだけど
旦那が無理だと言って話を聞いてくれようともしない。とお姉ちゃんからも説得して」
と相談されたことがあった。
私は、そういうことは私が出しゃばることではないし、夫婦で話し合うべきことだと突っぱねた。
でもその後、妹がこぼした愚痴を聞いてると
結婚して10年目で夫婦共働き、子供なしにも関わらず貯金は200万しかないと言う。
だから旦那さんはマイホームなんて無理だと言ってるらしい。
正直ビックリした。
義弟は一応ちゃんとした会社で働いて年齢平均ぐらいの収入はあると聞いていた。
妹はパートとは言え、それでも子供がいなきゃ10年もすればもうちょっと貯金できるでしょ。
ふたりとも倹約家ではないのは薄々気付いてたけど、10年かかって200万しか貯められないのに
今後ローンの返済なんて難しいと思った。
しかも妹が気に入ったというそのマンション、3LDK4000万台の物件だと言う。
あまり余計なことは言わないでおいたけど「手の届く物件を探して、まずは頭金をしっかり貯めてから
もう一度旦那さんを説得したほうがいいと思うよ」とだけ言っておいた。
結局その時点ではそのマンションのことは諦めたようだった。
が、昨年うちが家を建て始めた時に妹が荒れちゃって。
実家で顔を合わした時には「私には上手に諦めさせておいて自分だけいい気なもんだ」って言われたわ。
全然そんなつもりはなかった。“上手に”ってなんだよ。
うちはうちで結婚当初からマイホームの計画を立ててきたわけだし。
その分妹の所のように結婚してから海外旅行なんてしたことなかったし、
家族でホテルのレストランなんて数えるほど。
旦那も私も正社員で働いてるけど、そうやって倹しく暮らしてきた結果だ。
何にも騙したりしたつもりはないのに「騙された騙された」って言ってて
母親がその場を治めようとして安易に「○○君(夫)の実家から援助でもあるんじゃないの」なんて
無責任なこと言っちゃったもんだから(実際にはそんなものはない)
余計にお姉ちゃんはズルいのなんのと言いだして
そんなに言われると私だって自分たちの努力の結果なのに何言ってんだって言い返したくもなる。
で、そこで母親から昔から言われてきた大嫌いな言葉、
「あんたはお姉ちゃんなんだから我慢しなさい」が飛び出したもんだから
これに私がキレて実家を飛び出して、以来帰っていない。
家が完成した時も、本来なら実家の両親も招待するのが普通なんだろうけど、
夫がずいぶん気にして招待した方がいいんじゃないかって言ってくれたけど
どうしてもそんな気にならなかった。

続きを読む

284: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/03/10(土)19:08:46 ID:DvD
SNSに近況書いていたらそれを見た両親と姉に殺されかけた。

キチ&毒。昔のことなので、今はSNSはやっていない。
ネタっぽいけど実話。多少のフェイクは入れています。

両親、姉、私、弟の五人家族だったけど私は「美形揃いで優秀な一家」の癌だった。気が付いたときには存在をシカトされるようになった。
具体的には家族旅行に私は含まれていなかったり、「ブス、デブ、バカが移るから一緒にご飯を食うな」と中学に入る頃には部屋でぼっち飯を命じられたりした。
おかずも適当に自分で買った納豆とかふりかけで食べていた。
自分で作って食べようにもキッチンは母の城だったから、勝手に材料を消費すると「一丁前に食べるのね。出来損ないのくせに」と心底冷たい目で暴言を吐かれるので作れなかった。

そんな家だったから高校卒業後は没交渉。存在すら忘れていた。
私と家族の溝を気にかけていた祖父母が間に入って連絡先だけは控えるように言ってくれたけど、かけたこともかかって来たこともない。
どっちも都内に住んでいるから会おうと思えば会える距離だけど、会う必要がなかった。

私はといえば、高校を出た後に学費を捻出するために二年ほど今でいう地方の期間工のようなところで働き、二年遅れで進学した大学を出た後は普通に社会人やって、それなりに独身生活を謳歌している。

その頃SNSに、日常のちょっとした嬉しかったこととか、趣味のツーリング中に撮った写真や、友人たちと飲んだりランチしたりした時の写真をupしていた。お猫様二匹にお仕えしている光景とか。

没交渉が十年以上続いたある日のこと、突然母から連絡が入った。
上に書いたようなほかほか家族なので、正直反応に困った。とりあえず出てみたら金策だった。
事情も言わずに3億都合しろと言ってきた。そんな大金あるわけないし、理由を聞いても答えず、話しにならないからこちらから通話を切った。

その数日後に夜道を歩いていたら車に轢かれそうになった。
幸い狭い路地に飛び込んで足を擦りむいた程度で済んだし、その時は荒っぽい運転をする人もいるんだなと思ったくらいなんだけど、それから妙にアクシデントが増えた。
階段から突き飛ばされそうになったり、ツーリング中にやけに煽られて転倒しそうになったり、背後に誰かいるような気がして振り向いたら誰もいなかったりと気持ち悪い日が続いた。

警察に相談したら、心当たりがないか聞かれたけどその時点では思い浮かばず、結局不審者がいるからと夜間の見回りを強化すると言ってくれた。
外出の際は用心してできるだけ人通りの多い場所を通るようにした。
一度断ってからも金策命令は何度か来た。通話に出たのは一度きりだけど、留守電に毎度「育ててやった恩を返せ」と入っていた。

部屋に侵入しようとした痕跡があったことから警察に再度相談し、物件側の立ち合いで防犯カメラをチェックしたら、玄関の鍵を壊そうとしている見知らぬ男が映っていたためこの男を割り出すことになった。
この時点では私には見知らぬ男でしかなかったが、後日これが弟だとわかった。

続きを読む

このページのトップヘ