163: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/07(火)22:16:09 ID:X2d
最初はとにかく会話が通じなかった。
私「(飲みの前に観た)映画のあのシーンはよかったね」→後輩「ずっと寝てました」と面白くもない冗談を言う。
私「何か趣味はあるの?」→後輩「貴女を見つめるのが趣味です」とじっと見つめてくる。しかもしばらくは何度話しかけても黙ってこちらを見つめるだけ。不審者かよ。
こっちの出身校や個人情報を引き出そうとしてくるくせに、向こうの情報は「内緒です♪」とか言って教えない。おかげで長時間一緒にいても後輩のことは何一つわからなかった。
プレッツェルをこちらに向けて刺すふりをしたり、2本を口の端に咥えて「牙~」とかふざけてるのも冷めた。食べ物で遊ぶな。

そして酔いが回ってくると、後輩は不審者からセクハラ親父へと進化した。

テーブル席なのに向かいに座らず、なぜか隣に座る。
肩にもたれかかり、頬をグニグニ押しつけるように摺り寄せてくる。
無理やり手を掴んで恋人つなぎをしてくる。肩を抱き寄せてくる。
背中を撫でまわしたり、二の腕や太ももの内側を掴んでくる。
手の甲や二の腕に無理やりキスしたり、噛みついたりしてくる。
犬猫や赤ちゃんの真似をして甘えてくる。
私がトイレに行こうと席を立つのを「そのまま帰るつもりでしょう?」と妨害してくる。逃げないようにトイレの前で待ってる。
トイレから帰ると勝手に酒やつまみを追加しており、私に飲まそうとする(もちろん全力でスルーした。こんな危険な状態で深酒などできない)。
私が使った刺身醤油を「(私)さんのエキス入り♪」と勝手に使う。気持ち悪くてそれ以降は刺身醤油を使えなかった。
↑これら全てに「やめて」「セクハラ」「距離が近い」と拒絶しても止めない。力一杯押しのけてもやめない。
最初は力づくで阻止していたが、当然相手の方が力が強いので意味がない。
最後の方はもう腕一本犠牲にするつもりで、そっちを囮に身体への被害を防いでる状態だった。
「帰りたい帰りたい帰りたい」と心の中で念仏のように唱えてた。

正直、そいつが懸念していたようにお金だけ置いてさっさと帰ろうかと思ったが、そうなると大騒ぎして店の迷惑になる想像がついたのでやめておいた。
その店が2時間制だったので、それまでの辛抱だと思った。
今思えば、こんな甘い判断をする辺り、私も酔っぱらっていたんだと思う。

続きを読む

56: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/12/04(火)21:57:14 ID:lqg
旦那の従弟が3度目の結婚をした時のこと。
1回目20代半ばで結婚して2年で離婚。
2回目30代前半で結婚して1年で離婚。
3回目、40代後半でもういい加減入籍だけにしろよと思ったが
お相手が初婚なため、先方の希望でちゃんと披露宴をやりたいんだと。
でも前回2回とも夫婦で招待されて毎回10万包んで
行ってみたらカジュアルレストランでの披露宴で
引き出物は1回目マーブルチョコ、2回目マカロン2個w
飛行機の距離を出席して足代も宿泊費も出ず、
それでも親戚だからこれもお付き合いと割り切ってた。
が、さすがに3回目とは旦那も呆れて欠席に〇して返送。
そして結婚祝い3万円を郵送した。

したら数日後、叔母さんから電話があって
どうにか出席してくれまいかと。
出席者が集まらず、先方とのバランスが取れないらしい。
旦那、同じ日に後輩の披露宴に招待されててそっちを優先するって。
じゃあ奥さん(私)だけでもなんとか・・・と言われたけど
実母の具合が悪くてとお断りした。
それまでの式でちゃんと義理を通していれば又違ってたかも知れないけど
1回目も2回目も、義父母だって遠方から出席したのに
その義父母が亡くなった時には、従弟はどちらの葬儀にも
参列どころか弔電1本、香典ひとつ寄越さなかった。
それで披露宴に出席してくれと言える神経がわからん。
そんな不義理なやつの3度目の結婚なんかどーでもええ、
と言うのが旦那の判断。

続きを読む

153: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/07(火)13:25:36 ID:BA3
出張先で、以前に修羅場を作ってくれた人と再会したので書き込みます。

ウチの会社は毎年決まった時期に短期バイトを募集しており自分は採用担当だった。
その日は5名ほど面接を予定しており順調にこなしていた。
3人目の面接にきたAさん(女性)は30手前のいかにもコミュ障っぽい人で採用は無いなと思いつつも
杓子定規な質問をしていき最後に何か質問はありますか?と尋ねた。
するとAさんはボソっと「こちらの面接をBさんという方が受けると思うんですが……」と消え入りそうな声で聞いてきた。
面接予定者のリストを見ると確かにBさんの名前があったので友人かなにかかと思い
「ええ、いらっしゃいますね。お友達ですか?」と返した。
するとAさんは今までのコミュ障っぽいボソボソとした喋りはどこに行ったのやら、饒舌にBさんの素晴らしさを語りだした。
5分ほど過ぎたところで、この後も面接がありますのでとお引き取りいただいた。

そしてその日の最後の面接者がBさんだった。
Aさんの豹変振りを思い出し、ある程度身構えていた。
しかし面接に来たBさんは30前半の物腰の落ち着いた仕事ができる感じのキレイな女性だった。
面接も順調に進み高評価の印をリストに付け雑談に移っていった。

続きを読む

149: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/07(火)11:38:07 ID:HC9
学生時代にバイトしていたコンビニで万引きに遭遇した。
そのコンビニはオーナー家族が経営していた商店をコンビニにした形態で、
店舗の奥に自宅スペースがあり、店舗にはバイトが1人、忙しいときはオーナー家族が出てくるという状態で
でも住宅街にあったから割と暇で、客もほとんど顔見知りだったのでそれで問題なかった。

その日は確か夕方で入店の順番は覚えてないけど、ジャージ姿の若い男性、サラリーマン風のスーツ姿の男性、
幼稚園児くらいの子供を連れたママが店にいた。
スーツ男性が飲料と弁当系のものを持ってレジに来ようとしたとき、子供が1人で自動ドアから出て行ってしまった。
「○○、待ちなさい」と子供を追いかけていくママ…の手には未精算の商品が入ったカゴ。
「お客様!お会計!」と慌てて声を掛けたときにはママの姿はドアの外。
すると雑誌コーナーで立ち読みしていたジャージ男性と、レジに商品置いたスーツ男性が女性を追いかけていった。
自分も急いでレジの鍵を閉めて外へ出ると、ドアから少し離れたところに止まっていた自動車のそばで男性とママが揉めていた。
ジャージ男性が開きっぱなしの後部座席のドアを体で押さえてママが車に乗れないようにして、
スーツ男性が運転席の男性と喋っていた。
ママは大声で「会計した!」「荷物が多いからカゴのまま持って行っていいと言われた!」と言い張り、
それをジャージ男性が「いやいや、あなたずっと店をうろついてましたよね?」と制していた。
運転席の男性(ママ夫)は「会計したと言ってる、あんたたちなんなんだ」とスーツ男性を怒鳴り、
「自分が入店してからレジへ行くまで、誰もレジにいなかったんですよ」と説明。
私は「お会計してません」「呼び止めたのに出て行ってしまいました」と横から言いながらオロオロすることしかできなかった。
そしたらそこに自転車に乗った警察官登場。
ママが「助けてください!変な人に言いがかりつけられてます!」と呼び止めて大騒ぎ。
そこに配達から帰ってきたオーナーも登場して店の前で大騒ぎ。
結局ママとママ夫、子供はパトカーでドナドナされていった。

というのもスーツ男性もジャージ男性も警察官。
コンビニの立地というのが警察署と独身寮の中間にあり、若い男性客の半分以上が警察官という状況だった。
スーツ男性は弁当買いに来てて、ジャージ男性は非番だったそうだ。
万引き家族はそんなこととは露知らず、ただの通りすがりの犯行だったそうだ。
店員が1人しかいないからイケると思ったと。
私も修羅場だったけど万引き家族も修羅場だっただろうな。
このあいだ地元に戻ったら、そのコンビニが潰れていたので思い出に。

続きを読む

114: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/05(日)11:28:12 ID:47w
3年前の事だが元夫の不倫が原因で離婚する事になった。
不倫のカミングアウト、離婚の請求は元夫がしてきたんで私はそれに同意、あとは慰謝料とかお金関係を詰めるだけってとこで元夫がごねだして、
「遊びの不倫なら制裁されて当然!
だけど俺達のは本物の愛だから慰謝料請求なんておかしい!
お前はちゃんと祝福すべきだ!
祝福しないなら離婚してやらない!」
と喚くんで調停にもつれ込んだ。
調停の場でも遊びの不倫なら~本物の愛だから~を繰り返すから調停員さんが、
「では第三者が客観的にその不倫が遊びなのか本物なのかをどのように判断すればいいですか?」
って聞いたら元夫くっそ真剣な顔して、
「俺の…俺の目を…見てください…!!」
思わず大爆笑したわ。
もちろん慰謝料しっかり貰って離婚した。

続きを読む

このページのトップヘ