2018年01月

105: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/05/18(日)12:56:31 ID:gtyH9b10I
小学校1年生のとき、いつも一緒に帰っていた友人が休んだので、その日は一人で帰っていた。
茶畑が続く田舎道は人通りが少なく農家のおじさんおばさんがチラホラいるだけ。

自宅まで残り1キロ程になった地点で向こう側から奇抜な服装の人間が、こちらに向かって歩いてきた。
ピエロだった。顔は白塗りされていて、赤や黄色の派手なペイントが施されている。
服装もピエロそのもので、片手にはかなりの量の風船を持っていた。
私は怖がるどころか、ピエロに興味津々で、すれ違うときにピエロの動きに合わせて視線を送ってた。

すると突然ピエロは振り返り、あっという間に私を捕まえて(手を繋いできた)話しかけてきた。

「私ちゃん、楽しいところに行こう」とぐいぐい手を引っ張り、連れ去ろうとしてきた。
私はようやく危機感を覚え、暴れまくった。このとき風船がいくつか飛んでいったのを覚えている。

私は出せるだけの声を出して助けを呼んだ。
ピエロは「あいつらは悪魔だから」 を連呼してズルズルと私を引きずる。
すると、私の声を聞きつけた筋肉隆々の若い男性が「ごらぁぁあ!!ピエロごるぁああ!」 と、
鍬を持って走って来たので、ピエロは慌てて逃げていった。

私は筋肉隆々さんに家まで送ってもらい、事情を両親に話してもらった。
その後、警察にピエロの特徴を聞かれたりと 本当に大変だった。
後からわかったのは、ピエロの正体は母の兄で、幼い女の子にしか恋愛感情を抱けないとのことだった。


現在私は24歳。ピエロ事件以来、筋肉隆々さんに恋をし、私が20歳のときに交際がスタートした。
ちなみに筋肉隆々さんは15歳年上です。

続きを読む

451: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/01/30(火)21:26:35 ID:QsZ
妹が結婚相談所で知り合った彼氏(29歳、セカオワのボーカル似のイケメンで、外資系勤務で年収1000万以上らしいです。
一度妹も交えて一緒に食事もした事あるんだけど、気さくな良い方でした)と真剣交際に入って良かったねって思ってたんだけど、先日、妹の事を妹彼氏の母が興信所を使って調べたらしく、その事を理由に交際の中止を言い渡されてしまいました…

その前に私、私両親、妹、妹彼氏、妹母で一度話し合ったんだけど、妹彼氏は母が興信所を使って妹の事を調べたのは知らなかったし、驚いて怒ったりもしたらしいんだけど、
今は妹とはもう交際を続ける気は無い、と厳しい態度で、妹彼氏の母からは
「良い所のお嬢さんだと思ってたのに(実際それなりに良い家柄だとは思います)、騙された気分だ。このまま婚約や結婚に進まなくて良かった。お金は結構かかったけど、手切れ金だと思って諦めます。◯◯(妹彼氏)とは金輪際関わらないで下さい」
と言われ、まるで話になりませんでした。

妹は当然悲しんで怒り狂って、「婚約破棄だ、訴えてやる!」と言っているんですが、法律に多少詳しい私の夫は
「真剣交際は婚約状態とまではいかないんじゃないか?実際お互いまだ相談所には入会している状態らしいし、一緒に同居していた訳でも無いので、婚約破棄での慰謝料は難しいと思う」
と言っていて、実際夫に紹介された弁護士に相談してみたんですが、
「破棄と認められるかは五分五分です。また、◯◯様(妹)が仰られる様に、通常の婚約破棄に相当する慰謝料(300万程)の請求も難しいでしょう。今回は諦めた方が良いと思います」
と言われてしまいました…

妹はショックですっかりふさぎ込んでしまいました。
妹が可哀想で仕方無いのですが、今回の様な真剣交際状態での破談の場合、弁護士さんに言う通り、本当に婚約破棄での裁判は難しいんでしょうか?
また、妹に対し今後どう慰めていけば良いんでしょうか?
もし同様の経験をされた方がいたら、アドバイスお願いいたします。

続きを読む

26: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/05/14(水)20:29:09 ID:JQFqUvPaZ
俺以外嫁のW不倫を知っていて黙っていたので復讐した。
元嫁と結婚5年目で離婚したけどね。

自宅に元嫁の元同僚(退職済)が泊まり掛けで遊びにきたんだ。
俺は少し酒を飲んで、眠たくなったので先に寝ることにした。
俺は、酒に弱いので飲むと朝まで起きないが、その時は何故か目が覚めた。
元同僚が、職場のW不倫の彼氏とは別れたのかと嫁に話してたんだ。
職場でW不倫なのにべたべたして冷や冷やしたよ。
携帯も御揃いの色違いで、ストラップまで同じなんでやり過ぎだったよと言う。
元嫁は、前の携帯に青春の思い出として彼とのメールと写真を保管している、
もう3年も前に終わった事だけど世界一好きだった彼との思いは忘れないだと。

嫁が同僚を駅まで送りに行っている間に、前の携帯を探し出してデーターを全てSDに落とした。
暗証番号はそのままだった、メールと行為の写真も残されていた。
メールのやり取りを見て分かった事は、
元嫁は彼氏に二番目の子供が生まれたので別れた、旦那の子として彼氏の子供を産みたかったけど
旦那が昇進するまでつくらないって言うから、チャンスはもう来ないし辛いから別れた。
彼とも相談して泣く泣く別れることにした、今は年賀状のやり取りのようだ。

元嫁も苦労して就職できた会社を簡単にやめさせるのも可哀想と思っていたので
俺が社内資格を取って昇進したら、子供をつくろうと話し合っていた。
今考えると、托卵されずに済んだのだから幸運だったかもしれない。

正月に元嫁実家に挨拶に行った時に、そろそろ孫の顔が見たい
元嫁も一人目は早く欲しいと思ってるとかいう。
その流れで、俺は元嫁とは子供作る気がないので、他の人を当たってください。
世界一好きな間男さんなんかどうだ、2人も作っているから慣れてるだろう。
俺は托卵を計画するような相手とは子供は無理ですよ、笑って見せた。
みんな黙っているので、メールと写真を見せて、離婚したい事を告げた。
元嫁はもう3年も前に終わった事で、今は勤務場所も違って会ってない。
今は、あなたの方が好きだと。

間男は、元嫁と別れる時に間男嫁にばれて、間男嫁は元嫁から慰謝料を受け取っていた。
元嫁親も知っていたのに、俺は何も知らされてなかった。
俺以外の関係者から終わった事を今更蒸し返して、周りを不幸にする意味が分からないと罵られた。
やっと、再構築して家庭が落ち着いて来たところなのにと、間男嫁に泣かれた。

俺にとってこの問題は、今知った事で、隠されていたことで関係者全員に怒りを憶えるので徹底的に戦うと宣言した。
その結果、俺は両方から慰謝料貰って離婚して、元嫁と元彼は職を失った。
最後は元嫁親も隠していて悪かったって、慰謝料貰って縁を切った。

続きを読む

361: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/01/29(月)19:19:41 ID:2br
今度結婚式をあげる
妻はハンドメイドが好きで、俺のオカンも教室開いてるから、週末実家で二人が楽しみながら色々作ってた
この前は俺へのブートニアを作って見せてくれた
オカンは今ベールを作ってるみたい

週末通い込んでる妻が気になるのか、子どもを連れてやってくる兄嫁が鬱陶しい
兄嫁は兄とデキ婚で、そのとき二人共非正規雇用だから出産に必要な費用もなく、結婚式を挙げなかった
(出産の費用は双方の親が折半して賄い、それを友人らに何か言われて兄は恥に思ったらしく、今は仕事の鬼になってる)
それもあってオカンは今回の結婚を楽しみにしてるし、娘がいたらやりたかった夢を妻が叶えてくれているから仲も良好
兄嫁がそれを快く思ってない
妻はウェルカムボードと一緒に置こうと白いテディベアの縫いぐるみを二体縫って、オカンがテディベア用のドレスとタキシードを縫ってたんだが
兄嫁の子が気に入ったからという理由で兄嫁がそれを勝手に持ち帰ってしまった
兄嫁が「子どもは善悪がまだわからないから」とごまかしたが、流石にオカンが「やっていいことと悪いことは親が教えること」と説教した
孫溺愛の親父が兄嫁を庇ったけど、オカンは親父を締め上げたみたいで、後日家に親父から謝罪があった
妻はそのテディベア二体をメッセージボードに添えて、妻の両親にプレゼントする予定だったらしいから、オカンの怒りは相当だった
それからは式のもの一式オカンの仕事部屋にしまって部屋に鍵もかけたから手をだされることは無くなったけど
それでも毎週末妻を迎えに行くとそこに兄嫁がいる
それまでは近距離なのに、ご飯ご馳走になるか、お小遣いもらえるか、そんな時にしか顔を出さなかったのにとオカンが珍しく愚痴ってた
兄嫁から「私も義妹みたいにお金援助してくれたら結婚式あげてあげたのに」と言われて相当腹がたったらしい
手伝いたいのはオカンの希望だが、お金は全て俺と妻が出しているし、妻はこまめにオカンにお土産を持参してる
断っても手ぶらで押しかけて来る兄嫁とは違う
兄嫁みたいに夕飯時まで居座って食事を食べて帰ることもない
毎週毎週押しかけて見てるくせに、なんでその事がわからないのかとオカンはストレス貯めてたようだ
兄は去年の夏から東京まで出稼ぎ状態で、年末帰ってきたときにやつれてたからオカンも兄には言いにくいみたい
言ったところで物理的に止められないし
妻は兄嫁のことを何も言わないが、何か嫌な気持ちを溜め込んでいたらどうしようかと不安だ
俺は土日仕事で嫁の仕事と休みが合わず、実家までの送迎(田舎なので公共交通機関がない)くらいしかできることがない

続きを読む

7: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/05/13(火)23:10:07 ID:SBVa3w4md
私の修羅場。今でも泣きたくなる。

私は大学卒業後、就職して平穏に過ごしていた。
恋愛事は興味が無く、ただひたひたすら仕事と趣味に没頭するだけ。

そんなある日、中途でA(男 同い年)が入社してきた。私はAの指導係となり接する時間が多かったため、自然と仲良くなった。
私はAに好意を持っていたが、チキンなので告白する勇気がなかった。友人以上の関係になることはない。

私は母とよく仕事の事話すのだが、何気なくAの事を話したら(恋愛感情のことは言ってない)母は絶句した。
私との会話を切り上げ父が寝ている寝室へ姿を消した。

続きを読む

このページのトップヘ