2018年09月

534: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/03/12(木)15:36:21 ID:YiB
うちの夫婦は、私が小食で旦那が大食い。
昼食でよく牛丼屋に行くんだけど、、私がミニを一人で完食できない一方、旦那は並2つをぺろり。
(大盛りよりも並2つのほうが多いとか満足感があるとかで、そういう頼み方をしてる)
なので事前に旦那に「今日食べられる?」と確認したうえで、取り皿をもらって旦那と分けて食べてる。

先日、夫と仕事上つながりのある知人と昼食に行った。
知人とは時々昼食を一緒することがあるので、私が小食なことも旦那と分けることも知っている。
その日はそれぞれ、旦那牛丼大盛り1つとサラダ、私牛丼ミニ、知人牛丼並というふうに注文した。

旦那が並2つじゃなくて大盛りにしたのはただの気まぐれだったんだけど、
その頼み方をどう解釈したのか、知人がいきなり私の皿に箸を突っ込んで、取り皿に肉をごっそり奪っていった。
私は味噌汁に気をとられていて止められず、唖然。
「え、何するんですか?」と聞いたら、にこにこしながら
「今日旦那くん大盛り頼んでるから、私さんのは食べられないでしょ?俺が食べてあげるから遠慮しなくていいんだよ~」とぬかしやがった。

水を取りに行って席を外していた旦那、一部始終を目にしていたようで、すぐに席に戻ってくると
冗談めかして「嫁さんの飯をもらえるのは旦那特権なんだよ」と言いながら肉を取り返した。
気を遣ってくれたのか、取り返した肉ではなく、旦那の皿から肉をとって私の皿に入れてくれて旦那は知人が奪った肉を平らげた。
やっぱり私は残してしまったんだけど、それも旦那が完食してくれた。

その間、知人は「だってどうせ残すんでしょ?旦那君ばっかりずるいよ。今日は大盛りだから無理しなくていいのに。ずるいなぁ」って言いながらじとーっとした目付きで、私の皿を睨んでた。
卑しいってこういうことかっていうような顔をしててすごく嫌な気分になった。

知人は旦那と古い付き合いで、今はうちが元請け・知人が下請の関係になってるんだけど最近やたらと図々しくなってきたと旦那がこぼしていた矢先にこの出来事。
不況のせいにして少しずつ仕事を減らしてるけど、やけに「また飯行こうよ」と誘ってきて鬱陶しい。
しかも「たまには牛丼以外も」ってちょっとお高い店を指定してきてるのがむかつく。
仕事の都合上ゆっくり昼食に割く時間が取れない&近くにある店が牛丼屋だけ&旦那が牛丼大好きなので昼食の牛丼率が上がってるんだけど、それを「夫婦揃って貧乏舌だよねw」って貶めてきたのもむかつく。ほっとけ。

続きを読む

698: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/05(火)09:04:13 ID:fIk
本気か脅しのつもりかわからないけど旦那に「考えを改めるつもりがないなら離婚な。」って言われた。
それでかまわんわ。てかそうしたい。
義兄夫婦が数ヶ月前に離婚して3歳の義兄子を義兄が引き取ったんだけど思ったより大変だったから後は頼みました。って置手紙と一緒に義実家に義兄子置いて行方をくらましやがった。
何度か脳梗塞やら高血圧で倒れた事のあるウトメじゃやんちゃな義兄子の面倒を見切れないからと引き取り要請がきたけど我が家も2歳の娘がいる。
しかも命に関わるものじゃないけど娘は先天的な病気持ちで定期的に病院に通ったりしているような状態。
その上我が家は共働き家庭、とてもじゃないがもう1人(言い方は悪いけど躾されてないおサルさんだし)を面倒みる余裕なんかない。
当然私はその場で引き取りを拒否したんだけどバカ旦那は「お前は鬼か!」と大暴れ。
義兄子の気持ちを考えてやれ!とか親父達に全部押し付けるのか!とか3歳なんだから娘と似たもんだろ!って怒鳴り上げる。
しかも口調がどう考えても自分は一切見るつもり無さげ。
ぜーーーーんぶ私に丸投げするつもりっぽい。
念のために「じゃあそこまで言うんだからあなたが義兄子の面倒みるんだよね?」と確認してみたら案の定「は?なんで?」だとさ。
そりゃ子育てなんか楽勝だと思ってるよねー。
我が子の世話すら一度もやった事ないからどうせ食う寝るだけで育つとかって思ってんだろうしね。
旦那がウトメにいい顔して連れ帰ろうとするから私と娘だけで車に乗ってそのまま実家に戻ってきてる。
旦那やウトメからメールとか電話が頻繁にくるから面倒くさくて電源切ってたら一度だけ実家に旦那が来た。
父に「義兄子は君の甥っ子だけど、娘は君と別れたら義兄子となんの関係もないんだけどね。」って言われてすぐ帰ってったけど。
あーめんどくさ。

続きを読む

618: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/29(土)11:06:55 ID:RVE
サークルで合宿した時、基本的に自炊で、持ち回りで食事当番だった。
A(女)が食事当番グループだった時、先輩Bが料理を一口食べて醤油をかけた。
塩気足りなかったのかなとそれは別に気にしなかったが、BがAを見ていきなり「ごめんなさいは?」
「味付けが足りなかったから、醤油をかける手間が必要だったんだけど、食べる側に手間かけさせて申し訳ないと思わないの?ごめんなさいは?」
なんだその理屈と思ったがBは真顔。しかもなぜかAだけに言う。
別の先輩が「俺にはちょうどいい塩加減だった。醤油かけるかどうかはお前の好みに過ぎないしイヤなら食うな」と言ってくれて
Bは黙ったが、その後またグチグチ言ってた。
そのBがAに告って断られたと、最近知った。
しかも告ったのは一度じゃないらしい。醤油事件の後も告ってたらしい。
フラれた腹いせなのか知らないが、あんな態度をして相手に好かれると思ってるんだろうかとスレタイ

続きを読む


2018/9/30 追記までジャンプ


352: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/27(木)23:43:15 ID:itE
息子の友達がとある習い事を始めたんだけど、衣装も必要で月ウン万~ウン十万かかるようなものだった
息子が羨ましがって「僕もやる!」とワガママを言い出したけど、私は息子の高校・大学への進学費用として貯蓄したいし、
息子がまだ低学年で学童のない地域の私は時短勤務しかできておらず、夫と合わせても月収35万ほどで、習い事をさせたら生活が成り立たない
息子にも時間をかけて、何度も何度も説明したし、今やってる別の習い事はできなくなるよとも伝えた
だけど息子は諦めきれず、近距離別居の姑に「お母さんが意地悪して習い事させてくれない」と言いつけた
普段から姑が私に命令して、私がそれに従わざるを得ないのを見越しての息子の悪知恵だった
息子に激甘な姑は「うちの息子は孫に好きなことをやらせてられないだけの甲斐性無しに育てた覚えはない!」と言い張り、
夫から自分の稼ぎが少ないがために息子に好きなことをさせてやれないということを説明させた
きちんと私と夫の給料明細も持って行かせ、お金は息子の将来のために貯金したいとも話した
そしたら姑は引っ込みがつかなくなったのか、「そんなはした金、私が出すわ!」と言い張り、毎月五万ずつ息子名義の通帳に振り込み始めた
正直五万じゃ足りなかったんだけど、他の習い事を辞めさせた分と、婚前貯金、息子が中学年になったあとは仕事を増やした分とで賄った
息子には「あんたが本当に頑張りたいって言うからお婆ちゃんはお金をだしてくれたんだからね。
中途半端なことしたら、お母さんが許さないよ。もう二度とお婆ちゃんにお願いするようなことは許さないからね」と何度も何度も言い聞かせた
私がやると行ったら必ずやることを息子はわかっていたので、どれだけ苦しくともヤケになってやめると言うこともなく今で三年目に入る
姑から振り込まれるお金は私の口座にうつし、そこから習い事の引き落としがなされている

ところが、先日姑が我が家にきたとき、勝手に息子名義の通帳を開き、「私が孫のために振り込んでる口座に全然お金がないじゃない!」と私の襟ぐりをつかんで怒鳴りつけてきた
しかも夏場、窓全開なのに「この泥棒!」「私のお金をどこにやったー!!」「ネコババ!ネコババ!」と大声で怒鳴りまくる
私は冷静に習い事の領収書を持ち出し、「全額こちらに」と伝えた
だけど姑の暴走は止まらず、「嘘よ!嘘よーーー!!」「習い事のお金は親が出すものでしょー!!」と頭に血が登って止まらない
しかもそれを全部息子にみられていて、反抗期を迎えた息子が「お母さん俺のお金パクってたんだ、サイテー」と冷たい目で言い放った
しかも姑が「そうよそうなのよ!孫ちゃんのお金はこのお母さんが勝手に全部使っちゃったのよ!」と通帳を見せながら言う
息子はそれをみて、「お母さんなんかいらない」発言
その他も「俺が子供だからごまかせるとおもったんでしょ」「うざい」「嘘つきは死ねばいいのに」と言われた
言われた瞬間、これまでの努力が走馬灯のように流れた
息子の習い事のために仕事を増やした
子供も二人目欲しかったけど諦めて仕事の鬼となった
出世街道に乗りながらも母親は完璧にやろうと、貴重な休みでも早朝からお弁当を作って習い事の送り迎えもした
毎日の家事だってけしておろそかにしなかった
自分のことは極限まで削って息子のためにお金を作った
最後に服買ったのいつ?最後に美容室行ったのいつ?

その日は姑と息子を置いて家を出た
夫が帰ってきて息子から事情を聞いて、電話越しに土下座して謝ってきた
だけど努力の糸がプツンと切れた
息子からはまだ謝ってもらってない
姑のせいでご近所からは泥棒嫁としてヒソヒソされてる
私なんのために身を削って生きてるんだろう
生きてるのが馬鹿らしくなってきた

続きを読む

615: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/02(土)18:19:02 ID:ThJ
もう六年ぐらい前の話。姉に携帯を逆パカされたこと。
最初は目の前で何が起こっているのか分からなかった。
どうやって仕事関連の連絡取ろうか。ネットができない(当時パソコン壊れていて携帯でネットしていた)。彼氏にメール返せない。
色んな不安が沸いてきて「ぎゃーー!!!!」ってリアルで叫んで姉の胸を殴って壁に叩きつけてしまった。

うちは典型的な長女に厳しくて次女に甘い家だった。
「学生の本分は勉強」「家と私を放っておかないで」と言われて、姉は週7日塾に行かされて勉強に邪魔なものは買ってもらえていなかった。
そのうえ家事も姉の担当だった。自律神経なんちゃらと言って母はよく家事をサボっていた。
手伝おうとはしたけど断られた。
門限は高校生になっても六時。友達と遊ぶ時は母に会わせないといけなかったようだけど、私の記憶が正しければ母は姉の友達に家族構成や住所まで聞いていた。
姉は大学受験の何ヵ月か前に吐き気を訴えるようになって一日の大半を眠って過ごすようになった。
そのまま家にいる。

逆に私は緩く育てられた。
前は姉と同様に色々と制限されていたけど、ある頃を境に母の束縛はなくなった。
この急激な変化の理由は分からない。父が出世競争をやめて家にいることが多くなったから?
「○○がたくさんの人と関わっていると安心する」「勉強ができたって社交性や常識がないと仕事の幅も狭まるよね」
姉が母から受けていた叱責と全く逆のことを言われて、私はのびのびと自分の人生を生きられて、将来のため、自分のため、色んなことに打ち込めた。
全く完璧な人生と言うわけではないけど、中学も高校も大学も楽しかった。
仕事もプライベートも充実している。

こんな家だったから前々から姉の嫌味や嫌がらせはあったけど、物が壊れるレベルの実害はこれが初めてだった。
結局これがきっかけになった。携帯逆パカ事件を期に危機感を覚えるようになって、父に手続きを手伝ってもらって私は独立した。

正直もう帰りたくないな。

続きを読む

このページのトップヘ