カテゴリ: 嫁姑

425: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/05/13(水)13:31:38 ID:Emr
幽霊なんて信じてないんだけど、ある日、明らかに姑の幽霊にしか見えないものが部屋の中にいた。
1年前、壮絶な嫁姑争いの最中に、事故であっさり亡くなってしまった姑。
文字通り流血沙汰を何度か起こされて、裁判寸前まで行って絶縁した。
葬式にも行かなかったくらい嫌いだったもんで、半透明であっても姑がそこにいる!と認識した瞬間にかーっと血が上って、そばにあったファブリーズを、かけるんじゃなくて本体ごとぶん投げてしまった。
ファブは姑をすり抜けて壁にぶつかって落ちたんだけど、明らかにビビってる雰囲気を出してきたので
「クソババアーーー!死んでまでも絡むたぁいい度胸だこんちくしょーーー!」とがなったら
なんか言いたげな顔して、すっと消えてしまった。

そういえば、ちょうど先日が一周忌だったなと思い出し、墓が遠方なので仏壇のほうに文句言いに行ってやると義実家に出かけたら、舅が「嫁ちゃん、これ・・・」と私宛の封筒を差し出してきた。
姑の残した本に挟まっていたのを、偶然見つけたらしい。
舅の前で開封して読んでみたら、謝罪と私に危害を加えた理由が書いてあった。

どうも、舅は私の姉(6歳上)と不倫してた時期があるらしい。
舅と私父は同じ会社の同期入社、同じ趣味で仲がよく、しょっちゅうお互いの家に泊まったりしてた。
んで、姉が20歳になった頃に一線を越えてしまい、その後も姉が結婚する少し前まで関係があったそうだ。
私と夫は幼馴染で自然と交際→結婚となったので、2人の仲を反対するのも気の毒だと結婚を受け入れたのだけど
その後、50代半ばで若年性アルツハイマーと欝を発症し、姉と瓜二つの私を見るたびに正気を失ってしまったと。
(このとき私たちと同居してたのも、今にして思えば悪かったのかも)

便箋には診断書も添付してあって、他害が出ているので一日も早く入院を、という趣旨のことが書いてあった。
だけど舅が反対して困るので(キチガイ病院に身内が入るなんてと、通院もろくにさせなかったらしい)、
なんとか早く入院して、嫁子ちゃんに迷惑をかけないようにしたいとあった。

この手紙は正気のときに書いたらしいが、文字が震えて半分くらいしかまともに読めなかった。
若くして母親を亡くした嫁ちゃんのお母さんになろうと頑張っていたのに、どうしてこうなってしまったのか。
狂ってるときの自分がこれを見つけたらきっと破いてしまうから、わかりにくい場所にわざと隠す。
どうか誰かが見つけてくれますように。
ということが末尾のほうに書いてあった。
念の為、舅に真実かどうかを確認したら全面的に認めたので、ふざけんなと舅をぶん殴って出てきた。
その足で姑の墓まで出向き、泣きながら土下座してきた。

姉もコロしてやろうかと思って姉宅に行ってきたけど、生まれたばかりの甥を見たら気力がなえた。
こちらにも念の為に事実確認したら、昔の話だとあっさり認めた。
やっぱり不倫なんてするやつはどっかおかしいんだと思う。
「旦那にバラされたくなければ、さっさと姑の墓に謝って来い」と言ったけど、骨盤がずれてどうこう騒ぐので
とりあえずこっちもぶん殴って帰ってきた。

先日夫と一緒に義実家を急襲して、姑の位牌を持ち出して、うちで新しく買った仏壇に移した。
本当はお骨も持ち出したいけど、経済的に新しいお墓を用意する余裕がないし、姑実家のお墓にはわけがあって入れられない。
だけど将来舅が入るであろうお墓に姑を入れておくのはあまりに可哀想でならないから、なるべく早いうちになんとかするつもり。

続きを読む

314: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/03(金)09:28:47 ID:URN
うちの母親と父方の祖母が仲が悪くて、顔が母親そっくりの俺もわかりやすく嫌われてた。
けど親父はエネ夫ってやつで祖母の暴言なんかを「おふくろに悪気はない。」とか「本当はお前(俺)を愛してる。表現が上手く出来ないだけ。」と言い張る。
俺が小学2年の時母親が腸捻転でぶっ倒れて、「学校終わったらばあちゃん家に行け。あとで迎えに行く。ばあちゃん家には伝えてるから。」と言われてしぶしぶ祖母の家に行く事になった。
着くと暴言の嵐。
「ほんとに来やがった!図々しい!」
「財布や通帳隠さなきゃ!あの女の子供だから泥棒するに決まってるからね!」なんかね。
ちょっとの間の我慢だから…。と何も言わずにいたらその態度が気に入らなかったらしく無理やり車に乗せられ出発。
どれぐらい走ったのかわからんが気付けば山道に入っててお察しの通り俺はそこで放り出され置き去られてしまった。
しばらくはその場を動かずにいたんだけど誰も通らないから仕方なく車が来た方向に戻って行く事にした。
最初はなんとなく遠足気分で余裕があったんだけどだんだん日が落ち出すとめっちゃ怖いw
割と木が生い茂ってるから肌寒くもなってきて、その頃には俺号泣w
だれかぁぁぁぁ!!だずげでぇぇぇぇ!!と叫ぶけど誰も通らない。
疲れてもう歩けないし子供ながらに死を覚悟しだしたところで遠くから微かに車の音が聞こえた。
気のせいかもしれないけど俺は必死に音のするほうに歩きながら助けて!助けて!って叫んだ。
車のライトが見えると俺は必死に手を振った。
車は止まってくれて降りてきた人達が「ほんとに人いたよ…。」とか「なんでこんなところに子供?」なんかを言いつつ俺を車に乗せてってくれた。
着いたのはめっちゃでっかい家。
車に乗せてくれたじいちゃんが「なんかジュース飲ませてやってくれ!」と言うと女の人がオレンジジュース持ってきてくれて、俺はそれを泣きながら飲んで、女の人は涙と鼻水でどろどろの俺の顔をタオルで拭いてくれた。
じいちゃんが「なんであんなとこに1人でいたんだ?」と聞いてきたんで俺は事情を話した。
「子供になんて事を!」って顔を真っ赤にしながら怒ってた。
じいちゃんが女の人に警察に連絡しろって言ってたから俺はランドセルに入ってる緊急連絡カード(親の携番と家電、住所が書いてあるカード)を渡してここに電話させてと頼んだ。
女の人は警察とうちに電話してくれて、親父の声を聞いて安心のあまり漏らした。ごめんじいちゃん。
親父が迎えに来たり警察も来たりして大騒ぎだった。
じいちゃんが親父に「母親を大事にするのは結構だがしっかり目の前の事を見ろ!危うくお前の子供死ぬとこだったんだぞ!」って怒ってくれて、流石の親父も俺を置き去りにしてった祖母の事を謝ってくれた。
その後は母親の手術終わってから離婚した。
あとからわかったけどあのじいちゃんヤクザの会長だったらしい。
女の人(じいちゃんの嫁さんだったらしい)が何度も声が聞こえる気がするって言ってたらしくて半信半疑で行ってみたら…って事だったそう。

続きを読む

6: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/05/28(月)12:01:19 ID:37R
高校生の男なんですが、兄が結婚して、兄の嫁さんが一緒に住むようになって、家のいごこちが悪いです。
嫁さんがいるからではなくて、両親の態度が嫁さんに対して悪いんですよね。
なんか中学生のいじめのようなことをします。
たとえば、嫁さんが台所にいる間は、なごやかにしゃべってるんですが、嫁さんが戻ってくると、ピタっと話すのをやめて両親がニヤニヤしたり、
嫁さんの靴とかを隠したり、入る前に風呂の栓を抜いちゃったり、箸を何度も捨てたりします。
箸は嫁さん専用のを捨ててしまって、そのつど新しいのを買ってくるまで、割り箸で食べさせます。
今までうちの親は普通の人たちだと思っていたから、急にこんなことをするようになって驚くし、気分が悪い。
わりと親父が率先してやってる感じです。母はいちびって一緒になってやってる?感じです伝わるかな…
そういうのやめなよと言ったんですが何が?ととぼけます。
オレはこういうのどうしてたらいいんですかね…

続きを読む

183: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/02/10(火)09:07:07 ID:2bv
離婚する前の話し。すべて元が付きます。
次男妊娠を機会に、大トメとまだ50代前半のトメと同居が始まりました。(ウトは離婚)
大トメは良くしてくれたけど、お察しの通りこのトメが曲者。金銭面大トメにおんぶに抱っこ、掃除もしてない汚部屋、料理は肉料理ばかり、近所の方の評判も最悪、だけどプライドは人並み以上にあり、嫁の私のする事は何でも気に入らない。まぁ、よくいるクソトメでした。
「金目あてだ」「あんたのせいで大切なものを沢山失った」「私とあの子は(旦那)は一卵性親子だからハァト」等々、散々言われ、最初は旦那は味方してくれていたものの、次男を出産のため入院して戻って来たら、すっかり仲直り、私だけが悪者になってました。
早くタヒねと祈る日々……でも50代前半、先は長い……と思っていたら、クソトメ肝臓癌に!!
性格悪いの承知で言いますが、本当ホッとしました。
でも旦那との溝が埋められない、そして愛情もなくなり、私が子供達を連れて実家に帰り、そのまま離婚しました。
その後子供を返せ!!と調停を起こされたけど、調停中自殺未遂をし(OD)、続行不可能な精神状態になり取り下げられました。向こうは弁護士も立ててたんですけどね。
でも私一度は復縁しようとしたんですよ。諸悪の根源のクソトメもどうも良くない状態みたいだし、わずかに残っていた情が、自殺未遂までしたあいつをほっとけない、という思いにさせて。
実際その10ヵ月後に元トメ永眠いたしました。
元旦那は相変わらず酷い精神状態で(元大トメ談)、夜中に家中私と子供達を探しまくったり、発作を起こして倒れたり、仕事も週3午後2時間とかしか行けないらしく。
一度は復縁も考えたけど、元旦那との幸せな家庭はどうしても想像出来ず、前を向く事にしました。
そんな状態の元旦那とその世話をする元大トメを考えると、正直心苦しくはありました。本当元大トメは良くしてくれたし、元旦那も同居するまでは我が儘だっけど仲良く生活して来れたから。
それから数年経ち、縁があって再婚しました。今の旦那は本当に本当に優しくて、旦那の親も尊敬出来る人で、とても幸せに暮らしています。
でも、私の再婚を聞いた元旦那がまた自殺未遂をし、意識がないそうです。
私のせいで人がタヒぬかも知れない。そう思ってしまう今が修羅場です。

続きを読む

577: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/01/11(日)15:19:17 ID:2pY
ちょいオカルトチック?な話だから現実味無いけど我が家で起こった本当の話。
ウトが亡くなったのを機に引き取り同居になったうちのトメは典型的嫁いびり婆だったんだけど、嫁いびりをやめさせたのがようやくちゃんと喋るようになった当時3歳の娘だった。
トメは毎日毎日嫌味やら物隠しやらやってたのにある時からぱたっと止まった。
よく考えたらここ一週間くらいなんにもされてないな、なんでだ?と疑問だったんだけど、娘の言葉で判明した。
娘「ママ、マコちゃんもう手痛くないの?」
私「マコちゃんて誰?お友達?」
娘「マコちゃんはおばあちゃんだよ。」
私(トメさんは真子(しんこ)なんだけどな?)
娘「じじちゃんがマコちゃんは庭の木から落ちて手が痛くなっちゃったことがあるんだよって言ってたから。痛くないならいいんだ♪」
なんのこっちゃ?と思いトメに今の話をするとサーッと顔が青くなった。
初めて見るトメの顔に驚いているとトメが話し始めた。
「孫ちゃんは、じじちゃんが私の事をマコちゃんって呼んでたって言ったのよね?
たぶんじじちゃんっていうのは私の亡くなったお父さんの事だと思うの…。
お父さんだけが私を子供の頃からマコちゃんって呼んでたから…。
最近、孫ちゃんにじじちゃんの話を聞かされてたの。
『じじちゃんがそんな事したらかなわんにゃーって言ってたよ!ダメだよ!』って…。
お父さんの口癖だったのよ。かなわんにゃーって変な言い方。
他にも『じじちゃんがシュトウが食べたいなって言ってたけどシュトウって何?』とか、
『ご飯作るとこで遊んでたらじじちゃんみたいに火傷しちゃうぞ!って怒られたの…。』とかね…。
どの話聞いてもお父さんだとしか思えないの…。
お父さん、私がこんな事を(嫁いびり)してるから怒ってるんだと思ったら怖くて…。
嫁子さんに謝らなきゃと思いながらなんて言えばいいのか迷ってた…。
本当にごめんなさい。」と泣きながら頭下げられた。
それからは人が変わったみたいに家事も手伝ってくれるし物隠しや嫌味も一切無くなったよ。
トメが変わってからは、じじちゃんが遊びに来なくなったと娘がちょっと寂しそうに言ってた。
何かのテレビとかに影響されたんだとは思うけど、見た事無いじじちゃんに感謝感謝の出来事でした。

続きを読む

このページのトップヘ