カテゴリ: 不倫・浮気

901: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/27(土)11:30:22 ID:S2D
数年前の修羅場。

俺:当時25歳
A子さん:当時28歳
A夫さん:A子さんの旦那

付き合って1ヶ月半ぐらいだった。
突然「私、実は結婚してて今妊娠してるの」って言われたんだよね。
結婚はなんとなくまだ分かるっていうか理解が及ぶんだけど、妊娠中に旦那が不倫することはよく聞くけど
「本人がするんかよー俺不倫相手かよー」と、すごく驚いた。
妊娠は何ヶ月かは知らないけど、お腹はまだ出てなかったから、それは全然気づかなかった。

幸い、まだ手も出してなくて(出そうとしても拒否られただろうなと思うけどw)、面倒になるのも嫌だから
「体大事にね。そんな事実あるならもう連絡しません」ってメールで言ったんだよ。そしたら
「それは嫌だ。冷たくされてもいいし私が傷付いてもいいの。冷たくされたら拗ねちゃうけど優しくしてくれたらまた元気になるよ?子供いたらだめ?傍にいなきゃだめなの?連絡とれなくなるとか絶対いやだよ」だって。

なんでそんな上から目線なの?って感じだし、そりゃ子供も旦那もいたらだめだろうwwと思ってもう無視した。
そっから何度か家を訪ねてきたり、メールや電話も来たりしてたけど、全部無視してたらなくなった。

続きを読む

293: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/20(土)23:35:41 ID:rvi
人を殺してしまった
高校から家に帰ると母と俺より5歳くらい上の若い男がいた
若い男はいかにもなチャラ男で「俺君こんちわ~w」と軽く挨拶してきた
で母が「私はこの人と付き合っている夫とは別れてあんたを引き取る、あんたは高校辞めて私たちの為に働け」とか無茶苦茶言い出した
俺は反論以前に何言ってるのって感じで呆然としてとにかく父に連絡するよと言った途端男が激昂して「てめぇ言うこと聞けないのか」と殴りかかってきた
俺は男に数発殴られこのままでは殺されると思いテーブルライトを手に男の頭に振り下ろした
それでも男は倒れずフラフラしていてもう一度振りかぶり男は倒れた
母は絶叫で騒ぎから通報されたのか警察が来た、男は頭から血を流して倒れてるし見るからに殺人現場、俺は連行された
署で刑事さんと思われる人から一通り取り調べと今後の流れについて説明を受けた
数日拘置所に入ったが父が色々働きかけてくれたのか裁判は受けなければいけないけど自宅には帰れることになった(この辺の手続きよく分からない)
裁判では母が俺が一方的に男を殺したと証言したが先に殴りかかったこととか俺の証言も認められ保護処分になった
当然父と母は離婚、母は愛する男が殺されたショックで病み実家に引き取りになった
お世話になった弁護士に将来夢だった消防士になれないかと聞いた、弁護士は「こういう結果になってしまった以上難しい、ただ母が不倫状態ということで事件前から可能性は低かった」と答えた
子供ながらに母がアレだからの件は精一杯の嘘だなということは分かった、そこまで公務員って調査しないだろうし
今も底辺ではあるが消防士になりたかったけど俺には資格ないことは理解してる、裁判の際2回目にフラフラの男を殴る前に冷静になれなかったのかと聞かれて気が動転してたは嘘だ、
本当は冷静になっていて家庭を滅茶苦茶にした男が許せないという黒い感情が芽生えて本心で殴ったからだ
この先は慎ましく生きていくよ

続きを読む

470: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/22(月)01:09:19 ID:Clc
昔見た映画で、田舎育ちのヒロインが都会に働きに出ようとするとき、
彼女の母親が
「覚えておきなさい。男が「俺を信じろ」って言ったときは、絶対に信じちゃだめよ」
というようなことを忠告する。
どんな映画かよく覚えてないけど、その一言は印象に残った。

10年ほど前、(元)夫が若いオネエチャンと不倫して、その彼女と暮らしたいと言い出した。
自分が有責だから、私への慰謝料も、子供の養育費もちゃんとする、
だから彼女には接触しないで、慰謝料も請求しないで、と夫は私に懇願した。
金額によってはその言い分も飲まないではない、
とりあえず弁護士を入れて公正証書を作って、と私がメモを取りながら言うと、
夫は「いや、そこまでしなくても」。
先々のことを考えたら第三者を入れて書類で残しておかないと、と私が答えると、
「いやいや、ちゃんとするから。そこは僕を信じてくれていいと思うけど」。

そのとき、冒頭の映画の台詞がよみがえった。
同時に、まだ残っていた、夫を好きな気持ちが完璧にゼロになった。

キーキー言う夫を無視して、弁護士入れて公正証書作った。
彼女さんとは接触しなかったし慰謝料も請求しないであげたんだから、文句はないはず。
今、二人がどうしているか、全然知らないし興味もない。
夫からもらったお金で、私と子供は生活を建て直し、子供は私立大学を卒業できた。
映画って勉強になるなあ。
あの「僕を信じてくれていいと思うけど」ほど「信じられない」台詞ってなかったもの。

続きを読む

698: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/17(水)13:24:52 ID:vjE
これから頑張るという決意表明。長いから嫌な人はスルーしてね。
夫が不倫した。私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。
うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。
それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。
で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。
そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。
父親は、元妻が妊娠中に母と不倫。元妻は堕胎したんだか流産したんだかで子供は産まれず、母との間にできた子が私。
普通に優しく真面目な両親で、全く知らなかった。
元夫の不倫で夫にブチ切れた父親には、同じことやったくせにと軽蔑の気持ちしか湧かないし、あなたも可哀想だし、相手の女性も可哀想とお花畑な母親にも軽蔑の気持ちしか湧かない。
離婚後しばらく双子育児を手伝ってもらうつもりでいたけど、そんなクソみたいな人間にうちの可愛い子供たちを見てもらいたくないので、絶縁した。
当時0歳だった子供たちを保育園に預け、私は元夫からの慰謝料と財産分与で看護学校に入った。
看護師になるなんて全く考えたこともなかったけど、2人を育てるために一番現実的な高収入の仕事はこれしかないと思った。
出産までは普通の会社員だったから、資格もないし。
何度も泣いたし、子供たちにも寂しい思いをさせてしまった。
でもこの3月で卒業。試験は終わって、結果待ち。でも取得見込みで4月から就職も決まった。
寝返りもはいはいもたっちもおしゃべりも新しい何かができるようになった瞬間は、全部保育園。先生たちには感謝しかない。
保育園は、来週退園。あと2ヶ月、たくさんたくさん子供たちと遊んで、4月からは就職先の保育所に転園する。
貯金も財産分与も慰謝料も生活費と学費でなくなったし、勉強も辛かった。
どうしてもお金がなくて日雇いの仕事もしたし、私だけ食事抜きの日もあった。
保育園でパパという存在を知った子供たちに、どうしてうちにはパパがいないの?死んじゃったの?離婚したの?と聞かれたこと。
だれだれちゃんのパパも離婚したんだって!おそろいだね!と笑う子供たちに胸が締め付けられた。
おじいちゃん、おばあちゃんという存在、しかも2人ずついるらしいと知った子供たちに、どうしてうちには1人もいないの?と聞かれたこと。
うちには大人はママだけいるんだねと言われて、ごめんねと泣いてしまったこと。
でもママも妹ちゃんもいるから楽しいね!と上の子が言ってくれて、下の子も私たちが大人になったら大人がたくさんになるから安心だね!と言ってくれた。
クリスマスにも、お手伝いがしたいからと子供も使える包丁が欲しいと言っていた。
変身ベルトもプリキュアも、全部ダンボールや紙の手作りなのに喜んでくれる子供たちに、就職したら本物のやつを買ってあげたい。
今も子供たちといられて私は幸せだけど、子供たちはどうだろう。絶対幸せにしなければと思う。

続きを読む

629: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/19(金)11:45:05 ID:6uc
だめんずを掴みやすいとよく言われる看護師です。
非科学的とわかってはいるが浮気の遺伝子ってあるのかなーと思う。
Aさん夫婦は旦那の浮気→再構築で、息子1人娘1人
Bさんも同じく再構築で、息子1人娘2人
Cさんは離婚して、息子1人
全員の息子が結婚後の度重なる浮気で離婚した。
Aさんは何となく理解できる、再構築したことで完全に旦那さんにナメられちゃって、家庭内男尊女卑状態だったから。
Bさん家は傍目にうまくいってたようだけど内情はわからない。
Cさんは離婚後、旦那さんと完全に縁を切ってた。養育費は2回しか払われなくて面会権も旦那が希望しなかったらしい。
全員が「言いわけや開き直り方が旦那そっくり」と嘆いてる。
AさんBさんは息子と父親がずっと一緒に住んでたからそりゃ似るだろうけど、Cさんが謎。息子が2歳の時離婚してるのに。
ちなみにAさん娘はやっぱり浮気男にナメられタイプで、Bさん娘の姉もそう。
Bさん娘の妹は真逆に育って男イラネで仕事に生きてる
遺伝って怖いわ

続きを読む

このページのトップヘ