カテゴリ: 修羅場

677: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/12/05(金)04:56:36 ID:AHL
数年前に友人間で起きたことが修羅場。

高校の同級生だったA子。
3年で初めて同じクラスになり仲良しグループも一緒。
卒業後私は大学へ進学、A子は地元に残り距離が少し離れたけど
趣味が同じだったので2ヶ月に1回くらいのペースで遊ぶ仲に。

それまで私とA子は趣味友達がお互い同士しかいなかったのだが、私は活動範囲を広げ新しい友人が少しだけできた。
元々A子も同性の友人を作りやすいタイプだったので前もって打診してから趣味友達を紹介し
友達の輪が広がったなーみんなで仲良くなれるといいなーなんて呑気なことを思っていた。

でも段々A子の様子が変わってきた。
日に何度も不可解なメールをしてきたり、バイト後にケータイを見ると何十件もの着信履歴。
掛け直して話してもいつものA子じゃなくて、なんていうか淡々と喋る割りに要領を得ない。
ついには私が目を通すとわかっているSNSやブログに、A子が処方された薬(通院していたのをこのとき知った)の詳細や私にタヒんでほしいというような内容を書き連ねるようになり、最終的に私の個人情報をネット上にばら撒いた。
怖くなった私は親に相談し、A子からのメールは親のケータイに送られるように設定。
その後すぐ自傷行為の写真が送られてきたためA子の親に連絡し、恥ずかしながら親同士で話をつけてもらった。

SNSやブログが本当に過激で殺されると思った私はカウンセリングに通い、引っ越し&警察に相談。
伝で警察の偉い人?に話を聞いてはもらったけど女同士の話なのでやる気なし。
女性の警察の人は親身に聞いてくれたけどね。

年末は必ず高校のクラスの忘年会があり、上記のことがあってからはA子が行くなら行かないとあらかじめ幹事に言っていたけど
結局A子は毎年不参加でなんだかんだ私は参加している。
今年は私が幹事になり、そういえば数年前にLINEのグループができたときからA子はメンバーに入っていないんだなとふと気づいてなんとも言えない気持ちになっている。

続きを読む

400: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/22(日)21:10:48 ID:hIL
自分がとあるハンドメイド作家さんを引退に追い込んでしまったかもしれなちことが修羅場

昔好きだったハンドメイド作家さんがいて、よく通販やイベントで布小物を購入してた
ある時ハンドメイド作品販売イベントでその作家さんのブースに行き、黒い布小物を購入した
しかし、購入した物を待ちきれずに開けてみると(梱包済みの状態で売られていたので買った瞬間は中身まで確認してなかった)
飾られていた見本は黒一色or紺一色でそのように表記もされていたのに、渡された品物は黒と紺が半端に混ざっている
どうも黒用のパーツAと紺用のパーツBを組み合わせ縫ってしまったっぽい雰囲気
私はブースに戻り「これ、黒と紺の布が混ざってました」と作家さんに言って品物を見せた
しかし作家さんポカーン
「いえ、この品物は黒一色か紺一色ですよ?これは黒です。何言ってるんですか?」と、お前は何を言ってるんだ的反応
「よく見て下さい。右の布は黒ですけど、左の布は紺です」と説明したけど
作家さんには黒一色にしか見えてない様子
終いには「開封済みの物をそちらの都合で返品なんてできませんよ」と強い口調で言われた

頭に血が上ってしまった私は「これ、何色に見えますか」と、あろうことか隣のブースの別の作家さんにその品物を渡してしまった
別の作家さんはすごく困った様子で「…黒と、こっち半分は紺の布ですね……」と答えた
それで作家さんは真っ青
ものすごく謝ってくれて品物も無事黒一色に取り替えてもらえたけど、他にも黒と紺の混ざった品物があったので
黒一色の品物を探すのは結構大変だった

無事黒一色の品物を手に入れたしよかったー、と私はそれで全部終わったと思ってたんだけど
程なくして作家さんは「体調不良のため」みたいな理由でハンドメイド作家を引退してしまった

思えばその事件が起こる少し前あたりから
「新作は綺麗な水色です」→なんか薄い緑っぽくないかこれ…
みたいな微妙な色のニュアンスの違いが頻発してたので、もしかしたら本当に目の病気か何かだったのかもしれない
けれど、私がイベントで人前で恥をかかせてしまったことが原因で引退してしまった可能性も十分あると思うので
その作家さんの布小物コレクションを見るたびに心の中が軽く修羅場になる

続きを読む

926: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/19(木)18:05:18 ID:zGB
17歳の頃。ポケベルが流行っていた頃。

夏休みの前の暑い日、
友達と遊びに行く為に、新しい服を出した。
薄い生地が何枚も重なっている長めのフレアスカートで、
涼しげでキレイなスカートだった。

遊びに行く楽しみと、新しい服を着ている満足感で
気持ちよく自転車を漕いでいたら、いきなりすごい力でガツンッ!!
と後ろに引っ張られる感触があって、自転車がこける様に急停止した。
ええ??何々??
と振り返るとそこには、だれもいない?

ふと足下を見るとそこには、パンツからのびる私の足があった。
やたらとスースーする私の下半身。混乱する上半身。

ギャーーー!!えーーーーーー!!!!!!!
っとしゃがみこんだ。(実際これしかできなかった)
履いていた、フワフワとしたスカートが全部自転車の後輪に全て巻き込まれていたww

パニックになってどうして良いのか、考える事も出来なかったが、
おじさんがジャケットを脱ぎながら近づいてジャケットを貸してくれた。
ジャケットを腰に巻き、動かなくなった自転車を抱えて家に帰った。
公衆の面前で露出してしまったので、警察に捕まるのではないかと怯えていた。

のが私の修羅場ww

あれ以来、スカートを履いて自転車に乗る女の子を見るとヒヤヒヤしてしまう。

続きを読む

477: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/23(日)12:25:47 ID:Niw
高校の同級生A子が妊娠したので、彼女(も同級生)と一緒に祝いを送ることにした。
彼女がA子に何が欲しいか聞くと「最近外出してないから一緒に選びに行っていいか」との答え
いいよと答えて三人でトイざらスに行くことに決定した。
新生児用オモチャを買ったその帰り、彼女とA子がクリスマスギフトが見たいと言いだした。
腹も減ったしと方向転換して三越へ遠征することになった。
アクセサリー売り場をうろついていたら、A子と彼女がいつの間にかいない。
探すと棚の影でコソコソしてる。「どうした?」と聞くとアクセサリー見てるカップルを指さし
「あれ…A子の旦那…」だと。
A子の結婚式で一回会ったが顔はろくに覚えてなかった。でも言われてみれば確かにA子旦那。
女と腕組んで、店員の説明をフンフン聞いてる。時折女のほっぺを触ったりなぞしている。あきらかに浮気です。
A子はトイざらすに行くと言って家を出てきたので反対方向の三越にいるとは思わなかったんだろうね。

続きを読む

429: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/21(金)09:49:44 ID:866nN3n27
私 高校生 15~18歳
A太 高校生15~18歳
B子 高校生15~18歳
全員同じ高校

私は高校受験では前期合格しており、前期合格者のみで構成される特進クラスに所属していた。A太、B子も同じ。
とくにA太はトップで合格していた為、入学式のときに新入生代表もつとめている。
入学当初は出席番号順で席が配置されており、A太は私のすぐ前でB子はA太の左横だった。
私の左横はこの先ずっと親友となる子だが、この話にはあまり関係ないので割愛。
私はフィリピンのハーフで若干濃いめの顔だった。加えて天然パーマだったのでA太にダブルフィンガーと呼ばれ始めた。
ダブルフィンガーが何かわからず「別に指はダブルじゃないから」と言い返してしまい笑われた。
B子はどうやらA太が好きなようだった。A太におちょくられる?構われる私が大層気に入らなかったようで物凄く陰口を叩かれ面倒で面倒で仕方がなかった。
B子が何を言おうが私は友人を着々と増やしていった為、別になんとも思ってなかった。
A太にはB子がうるさいから構わないでくれと伝えた。

続きを読む

このページのトップヘ