カテゴリ: 修羅場

840: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/17(木)10:39:55 ID:b6vhcwITC
もう、10年くらい前の話

都内某所
大通りに面したある店舗で働いていた
路駐が酷い通りで、エアコンつけて停まってる車から熱気がやってきて
そりゃもう大変な時期だった
店頭にいて「今日も暑いなぁ~」なんて思いながら通りを眺めていた
通りを挟んだ向こう側も路駐が凄かったんだけど
その路駐している車の脇に黒い車が立て続けに3台停まったんだ
それぞれ10m位の間隔はあるのだが、ほぼ同時の停車だったのと
路駐車の脇(つまりは車線)だったので「おいおい、邪魔だろ」って目がいった

すると、その車から二名ぐらいずつが飛び降りて走り出した
ガードレールを跳び越え・・・
「なにかあったのかな!?警察?」なんて思った瞬間!
そいつらは歩道を歩いていた二人(遠目だったので男女の判別つかず)を
ボコボコにし始めた!!
「な!?」
それはもう殴る蹴る酷いもんだった
抵抗出来なくなった二人を、数人の男達は1台の車のトランクに押し込めて
急発進してどこかへ行ってしまった

もう、呆気にとらわれるしかなかった
目撃した自分と同僚が「警察に電話した方がいいよな・・・」なんて言っているうちに
パトカーのサイレンが聞こえてきた
管轄警察署とその現場・・・徒歩5分・車で1分かからない距離

パトカー数台が通りを挟んだ向こう側に停まり、わらわらと制服警官で一杯になった
しばらくして、鑑識と思われる車が停まり青い服装の人達が降りてきた

もう、仕事そっちのけで皆通りの向こうを店員全員が凝視している訳で・・・
来店したお客さんも「?」
事情を話すとお客さんも野次馬の仲間入り
落ち着くまで商売になりませんでした

で、やってきました刑事さん
色々と聞かれましたが遠目にしか見てませんので状況しか説明出来ませんでしたよ

現場から警察が引き上げて落ち着きを取り戻した頃に通りを渡って現場を見てきました
歩道にはあちこちにチョークで円が描かれており、その円の中には被害者のものであろう血痕が

後日、また刑事さんがやってきました
一枚のモノクロコピーの小さな写真を見せられました
「遠目だったので顔まで判りません」と答えた
刑事さん、その節は力になれずにすみませんでした!

そういう暴力とかけ離れた生活をしている人間だったので・・・世の中の怖い現実を見たのが修羅場

続きを読む

819: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/14(月)11:44:45 ID:IUxZpnByB
現在アラフィフなんですが、ひと月ほど前に父が亡くなりました。母も父が亡くなる2年ほど前に
亡くなっていて、一人娘だったので、実家を年内をめどに処分しようと思い週末ごとに実家に
帰り、遺品整理をしています。母親がもともと余り物を置くのが嫌いだったせいもあり、母親が亡くなった時に、
母親のものや不用品等はそこそこ片付いていたのですが、父親の蔵書や古い写真などが多くなかなか遺品の整理が終わりません。
とりあえず父親の書斎だけでも片づけてしまおうと思いがんばっていたのですが、一番大きな本棚の下の引き戸を開けると、
結構大きな金庫が出てきました。番号がわからないので、どうしようと思いあちこち鍵がないか探しました。
引き戸の裏側に番号が書いてあったので、番号を合わせると簡単に金庫が開いたのです。
金庫の中身は、古いSM雑誌が入っていました。ちょっとというか、かなりというか衝撃を受けつつも、興味がわき
つい本を開いてしまいました。目を隠すように黒い線が入っていますが、確かに若かりし頃の母でした。
そして撮影場所は、今は若先生に代わってはいますが、結婚するまでかかりつけ医だった開業医の診察室だったんです。
雑誌を手にしたまま呆然としてしまいました。今もなんだか混乱しています。
老先生はかなり前に亡くなられたのですが、ひょっとして同好の士だったのかと気づきひょっとして若先生は知ってるのかもと思うと、
心の中がかなり修羅場。こんなこと旦那に相談できない。

続きを読む

744: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/11(金)13:43:20 ID:rOUaOYvyj
高校1年の時に片目が見えなくなったことだな。
陸上部に入ってたんだけど、夏休みに合宿があったんだよね。それで最後の日にみんなで花火をやったんだけど、
先輩に突然右目の前に花火を脅かすように持ってこられたんだけど、友達としゃべってて全然気づいてなかったから、
本当にとっさのことで、ものすごくびっくりしたんだけど、突然右目が見えなくなったんだよね。
なんか、眼球がひっくり返ってしまったらしい。斜視のひどい奴みたいな感じで、黒目がどこかに行ってしまった。
かんたんに言えば、まったく白目をむいてる状態になってしまった。
すぐに医者に行ったんだけど、自然に戻るのを待つしかないって言われた。戻る可能性はかなり低いって言われた。
今でも戻らない。先輩は謝りに来ず、合宿中の事故として処理され、その次の年から花火が禁止になった。
今は、伊達正宗みたいに刀のつばを眼帯にしておしゃれを楽しんでる。弱冠中二病みたいだけど、白めのまんまってのも
気持ちが悪いみたいなんでね。社会人になった今では話題作りにも役立ってるよ。
特に日本人以外の人からは結構受けがいいんだ。

続きを読む

506: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/02/17(土) 18:38:59.97 ID:8Iw3HwEZ
時期は今から10年以上前とだけ。

ちょっと歌に自信があった私は、何曲か歌ったのを録音して有名どころの事務所に送ろうと思って、選曲に試行錯誤してた。
で、楽器どころか楽譜もよめないのに「作詞作曲とか出来たら箔がつく」と思いついて、鼻歌でメロディー録音して、適当に、でも一応一生懸命歌詞を書いて、アカペラで歌い直してそれっぽくなったのを一曲入れて送った。

後日、有名どころの事務所から連絡があって、「特にオリジナルの曲がすごく良かった」と言ってもらえた。
「デビューとか考えてるなら、一度契約の事や、デビュー時期などのお話しを詳しくしませんか?」となり、もう、デビューする気満々で片田舎から事務所へ。
事務所につくと、なんだか重苦しいというか気まずそうな雰囲気。
「あ、もしかして先走りすぎた?」とか「お呼びでない感じかな?」とかいろいろ不安になってたら、
「うちの○○というアーティスト(日本人なら多分知ってる)があなたの曲をかなり気に入ってまして。歌いたいと言ってます。ただし、本人が作詞作曲したという形で」と言われて、え?は?ってなってしまった。
そのアーティストと同じペンネームを名乗った作詞作曲家として曲を提供してほしいと。
要はゴーストライター。
かなりゴネたけれど、契約金に負けて条件を飲んでしまったこと、未だにその一曲の印税が月数十万程度は入ってくること。
長らく忘れていたし、今はただの会社員だけど、新卒の新入社員の子がそのアーティストのファンで、しかも私のかいた曲がとくに好きらしい。

もう絶対に言えない。

続きを読む

701: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/09(水)14:40:21 ID:y0BtjbEU3
今、部署内の若手がしでかしたクレーム処理を終えて満面の笑みで部長が帰ってきた。
この部長、松平健を若くした感じでハンサムで仕事ができてお洒落で
部署内だけじゃなくて部署外にもファンがいるのよ。
いくつかの無理目な案件もまとめあげ、逆転受注したり
他のお会社さんと合同受注までこぎつけたり本当にやり手。
実家はお医者さんと学者さん一族ですごく裕福みたいで物腰、食事の時のマナーなど、
一挙手一投足の端々に育ちの良さを感じさせるの。
その部長がクレーム処理を万事つつがなく終わらせて満面の笑みで帰社。
指でズラを回しながら……
って部長、ズラだったんだ…ものすごくショックで今ガチで私の心の中修羅場なんだけど。

続きを読む

このページのトップヘ