カテゴリ: 家族・親族

103: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/21(火)11:15:00 ID:SbL
相談させて下さい。
長年病でふせっていた父方祖父が先月他界しました。
亡くなった事で祖父が祖母や父達に秘密で書いていた遺書が出てきて、それには母への多大な感謝と遺産は母に相続してほしいという内容が書かれていた事で揉めています。
祖母や父達には1円も相続させない!という訳ではなく、遺留分(こういった事に詳しくないので言い方が違ったらすみません。)など、法的にもらう事が決められているもの?は当然もらってくれと。
そういった諸々を差し引いた残りを母に相続させるという事でした。
(母の名誉のために先に書いておきますが、祖父と母の間に変な関係はありません。それは皆が認めています。)
この内容に祖母が大激怒で話し合いの席では母に掴みかかったりして大騒ぎでした。
財産を全て母にという所ももちろん腹が立ったのでしょうが、それ以上に遺言に書かれている大半が母に対する感謝の言葉ばかりだった事が逆鱗に触れたようです。
「30年にも渡って両親や祖父母(祖父の親と祖父母の事です。)を介護した自分に対する言葉はないのかと泣き崩れていました。
あれ以来ずっと仲の良かった母と祖母は家同士の行き来も無くなり、道ですれ違っても声をかけないどころか目も合わせようとしません。
どうすればお互いの中を取り持つ事が出来るのでしょうか?
また今までのように仲のいい2人に戻ってもらいたいです。

続きを読む

38: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/19(日)19:09:27 ID:VNE
嫁にキレられています。
現在嫁は臨月。妊娠して性別がわかってからコツコツと服やら玩具を手作りしており、専用の箱にしまっていました。
先日、僕の母親が嫁と近所のスーパーに買い物に出かけていて、その間父と僕とで部屋の片付けをしていました。両親は同居です。
片付けをしている最中に父が「これ何処何処の誰にあげてもいいか」と聞いてきたので、「これ」とは一体何かろくに確認もせずに承諾してしまいました。
嫁が気がついたのは讓渡して1週間後。僕もその時に初めて讓渡したのか嫁の手作りベビーグッズだと知りました。
慌てて返却を求めたのですが、全て使用済みで玩具類はヨダレや傷がついておりました。
相手方は知らなかったとはいえ申し訳ございませんでしたと現金と菓子折りをもってきたそうですが、
父が誰にでもわからないように保管していた嫁が悪いのでと受け取りませんでした。
嫁と母は荒れ狂い、家事も放棄状態です。衣類は目立った汚れは無いのだからと言ってみても地雷だったようで火に油を注ぐ感じです。
どうしたら許して貰えますかね・・・

続きを読む

719: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/20(月)12:05:51 ID:iLJ
ある日突然家に知らん冴えないおっさんが訪ねて来て、20年前に出ていった父親(と呼ぶのもおぞましいので以後Aと呼ぶ)が重い病気だから、どうか見舞いに行ってくれときた
おっさんはAの友人なんだとさ なんかホームレスの支援団体みたいなところでの仲間らしい
Aが出ていったのは当時の勤め先の女と不倫して、母と私たち姉弟を捨てて出ていったからだ
新しい人生を歩みたいので、お前たちとは縁を切りたいと書かれていた手紙を読んだことがある
身寄りのなかった母がどれだけ私たちを女手一つで苦労して育てたことか
何で今更、あほらしいから帰れと弟が言うと、
「後悔するのはあの人だけじゃないっ・・・・あなたたたちでもあるんですよ!?家族でしょ!」と芝居がかってのたまう
以下弟の返事 全部書ききれないから憶えている限りで
「wwww草生えるわwww後悔しませんって
もう顔も覚えていないし、養育費も払っていない。
精子一個差し出したくらいで父親面してるやつをなんで見舞いたいと思います? 
馬鹿? あ、馬鹿じゃなくてきたねえ死にかけのおっさんかw 
さっさとしなねえかなw 酸素と医療費の無駄だろ 生きるゴミじゃん
あんなやつ他人だよ、家族ってのは互いに支え合って、同じ時を過ごして来た人を言うもんだ。
俺とねーちゃんの家族はかーちゃんだけだよ
今更うっとうしい。ほしいのか金? 人手?
あ~、わかった、あんたも似たようなことしてきたんだろ
家族捨てて女作って、でもそいつにも振られたから、ひとりきりで寂しくて、
どれだけクズでも捨てた妻子が優しく受け入れてくれるって夢見たくてこんな余計な世話したんだろwwww
そんな都合のいいやつがいるわけねーだろwww 
自分が誰も大事にしてこなかったくせになんで自分が大事にされると思うんだよ
ずうずうしいってか人間やめてもらいたいね
つーか、犬猫のほうがましだぜ
仲間意識強いし子ども大事にするし、俺んちに獣以下の金かかるジジイなんていらん
お前も捨てた妻子からいらねーって言われてるよwwwwってか、もう忘れられてるよwww」」
これがどうやら当たっていたのか、いい年したおっさんが若い男に言い負かされるのを初めて見た
「すいません、帰ります」とだけ言ってしなびたほうれん草以上にしなびて帰った
弟は格闘系のチビマッチョで、普段は脳筋って感じなんだけど、この時だけはしゃべりまくってた
「もうあれだけ言葉が出るのは俺の一生になさそう」と言っていた
あのジジイ、ほんっと頭わいてた

続きを読む

977: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/18(土)19:27:02 ID:ocn
私は現在実家に住んでいるんですが、同居している姉・義兄夫妻に
日々家を出て行けと脅迫されています。
私は持病があり、ワンデイワーク、シェアワーク等で働きながらリハビリをしており
現在はサポート社員として働いています。
独立出来る程の収入は無いのと実家を出る大きな理由が無いので(便利の良い所にある為)
実家には食費として月3万円を払い暮らしています。

なのですが、数年前から同居し始めた姉夫妻に「ごくつぶし」「フリーターみたいなもの」
「正社員になるまでは待ってやるから早く就職活動をしろ」と追い詰められ
私が持病の為就職活動が出来ないと訴えても聞く耳を持たず
とうとう期限まで決められて出て行けと言われました。
現在は両親共に反対はしてくれていますが、なかなか強く出られない様です。

姉も大学進学から外に出て、あまり会わなくなり、変わってしまいました。
義兄はもっと分かりませんし人格的にも趣味等に問題があり生理的に相性が悪く
持病悪化の原因にもなっている始末です。

出来れば姉夫妻には実家から出ていって貰う、最悪私が家に残る様に
したいのですが、どうすれば彼女らを説得出来るでしょうか?

続きを読む

347: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/16(水)07:54:55 ID:xdf
双子の姉がひき逃げされてから人生が滅茶苦茶になりました。
私は妹の方。一卵性だからよく知っている人間でもない限り見分けがつかなかった。
高校に入ってすぐ姉が部活帰りにひき逃げされた。普段は自転車通学をしていた姉だが、その日は雨の日で親が車で迎えに来るのを校門から少し離れた場所で待っていた。
幸い発見が早く命は助かったけど、入院生活が続いた姉は留年した。犯人は捕まらなかった。
双子だから当然同じ学年だったけど、私が二年に進級したころ姉は不登校になった。部屋に閉じこもったまま泣きわめいて部屋を荒し八つ当たりするようになった。その時罵倒の対象になるのが決まって二年に進級した私で、自分だけ二年に進級したことが申し訳なかった。
母や兄に妹子も留年してやればよかったと言われたことも私のなかでは修羅場。
結局姉は中退。一日中部屋に閉じこもって過ごしていた。
このころから姉はリストカットを繰り返すようになった。最初は私も心配したが、次第にそれが姉のかわいそうな自分を演出するためのパフォーマンスだと気づいた。
三年になって、私は大学進学を希望していたけれど相変わらず引きこもりの姉が私の進学を快く思うはずもなく、ひき逃げに遭って以来姉を溺愛するようになった母と二人がかりで家庭内イジメが始まった。
食事に洗剤混ぜられたり、腐った物を弁当に詰められたり。私の部屋やクローゼットにわざと生ゴミを置いたりしてくれたおかげで私や衣服には腐ったにおいが染み付いた。
そんな部屋で過ごしているので、自分のにおいがイヤで毎日早朝に家を出ては銭湯に行ってから学校に通うようになったけれど、それでも制服についたにおいがとれなくて学校でもイジメを受けるようになった。
受験を控え、連日課外授業を受けていた私に17時門限を強いて、守れるわけもなく連日門限破りの罰と称して体罰をされた。
ストレスで夏休みに入る前には元は50kg台の体重が35kgになっていた。頭にハゲがいくつもできた。
父は仕事仕事で家におらず、電話をしても「忙しい」の一言で切られる。兄は無関心。救いはどこからもなかった。
何もかも嫌になって、姉が何度目になるかわからないなんちゃってリストカットをした日、私は腐ったにおいが充満する自分の部屋で本気リストカットをした。
普通の女の子の握力では手首を切っても大した出血にならないらしい。実際姉のリストカットは薄皮を切る程度ですぐに後も消える。
ただ、私は姉が事故に遭ってすぐに辞めさせられたが、バレー部だったので握力が男の子並みにあった。バスケットボールを片手でつかんで振り回すくらいのことは簡単にできた。
私は見事に動脈をぶった切ったらしい。発見したのが元医療従事者の祖父母でなければたぶん本懐を遂げただろう。神経をやったらしく、私の右手は今でも動かない。(左利きです)
母方の祖父母は遠方に住んでいて、その日は偶々姉を心配して夫婦で訪ねて来ていた。家の中で孤立していた私は知らなかったが。
もっとも私は168cmあるので、35kgはいつ死んでもおかしくないレベルだ。今思えばリストカットをしていなくてもそう遠くないうちに倒れていただろう。
祖父母が私を救急車で病院に運んだ。病室で意識が戻った時、もう何もかもがどうでもよかったので私は何一つ反応らしい反応をしなかった。
精神病院に放り込まれた。正直そのころのことは曖昧でよく覚えていない。覚えていることといえば、ああ平和だな~ってぼんやり思ったことと、面会日に祖父母が来てくれたことだ。
頭がはっきりしたのはそれから随分経ってからだ。医師の適切な治療もあって、35kgまで落ち込んだ私の体重が40kg台になった頃だと思う。
祖父母が面会に来てくれた日に当然ばああああっと、姉がひき逃げされた日から手首を切るまでの日々が頭に浮かんだ。泣き叫んで暴れた。
祖父母は私が家でどういう立場にいたのか知っていた。そのときは知らなかったが、私の戸籍は実家からすでに抜かれ祖父母の養子になっていた。祖父母は母と絶縁し、行き場のない私を拾い上げてくれていたのだ。

続きを読む

このページのトップヘ