カテゴリ: 家族・親族

401: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/08(金)12:15:06 ID:nFc
数年前にやらかした話。
我が家は朝飯の時に必ず「今夜何食べたい?」と聞かれる。
ある朝嫁が珍しく「手の込んだ物でもいいよ~」などと言うので「じゃあ角煮」と答えて出勤した。
ちなみに嫁は在宅で仕事をしているので、時間をかけた料理もできるっちゃできる。

しかし退勤間際になって上司に飲みに誘われた。俺快諾。
角煮をリクエストしたことは後で思い出した。
でも明日食えばいいよなと思い、「飲みに行ってくる。角煮は明日食うからとっといて」とメールした。
すぐ折り返し着信があったので「ヤベッ文句言われる」と思い即電源オフにした。

さらに2時間後、飲み屋で放尿中に壁のカレンダー見ててハっと気づいた。
娘の誕生日じゃありませんか…。

そろ~っと帰宅すると寝静まった家。
冷蔵庫には「パパのぶん」と娘の字で書いたフセンがついた、ラップがけのケーキ。
同じく油が冷えて固まった角煮。
翌朝起きると、嫁、娘のほかに俺両親、義両親までいた。
皆俺とは目を合わせようとせず、気まずい朝飯だった…。

嫁に「親を呼ぶならなぜ言ってくれなかった」と言うと「何度も言った!メールもした!」と言う。
俺は覚えていなかったが娘もそう言うので、俺が忘れたか聞いてなかったからしい。
メールは履歴にちゃんとあった。ただ半月も前だった。

義両親が一番寛大で、次に娘、嫁と俺母に一番執念深く後々までネチネチ言われた。
以後、結婚記念日と娘の誕生日だけは忘れない父親になりました。

続きを読む

378: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/07(木)17:03:36 ID:ARd
私が夫の事を名前+君付けて呼び、夫は私を○○と名前の愛称で呼んでいた。
そのせいで娘は私たちの事をパパママと言えなかったが、
年齢が上がれば周囲の子の様子をみてそのうち覚えるだろうと思っていた。

休日、娘の要望で夫と娘の二人はキッズパークへ遊びに出かけていった。
到着したら夫は急にお腹が痛くなり、娘に「トイレ行って来るから待ってて。」と言い
近くの係員に少しの間見ててもらえるようお願いしてトイレに駆け込んだ。
戻るのを待ってる間、暇になった娘は滑り台をしたいと思ったようで
夫の目がないからといつもよりちょっと大き目の滑り台を滑ろうとした。
が…上に到着したらいつもと違う高さや長さに恐怖を感じたのか、娘は大泣き。
見てくれていた係員の人がなだめても何しても泣いてて、泣きながら
「○○君が無理やり連れてきた。(自分が行きたいと言っていた)」とか
「○○君嫌い。(滑り台怖くて八つ当たり)お家に帰りたい。怖い。」
とか言ってたのを聞いた係員が勘違いし通報。

そんな展開になってると知らない夫は、戻ってきた所を警備員に呼び止められバックヤードへ連行。
警備員から私に電話が来て事情を説明に飛んでいって事なきを得たけど、
会員制のパークで何十回と通ってイベントも参加してるのに
かどわかしや誘拐を疑われた夫の心中はさぞかし修羅場だったろう。

その日を境に私達はパパ、ママと呼ぶように必死に教えた。
それから数年経った今、パパとママが定着してくれてほっとしている。

続きを読む

337: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/04(月)17:22:52 ID:wWL
子供が原因で離婚の危機になったときかな
今はもう平穏だけど、当時5歳の息子がなかなか嫁に懐かなかった
というか嫁があれはダメこれはダメとなんでも禁止していたのがいけなかった
バタバタと音を立てて走るな
大きな声で喋るななどなど
当然5歳にそんな言い方をしても言うことは聞かないし面白がってわざとやるように
結果嫁が育児ノイローゼみたいな感じに
対して俺は「NARUTOは静かに走るだろう、忍者みたいにカッコよく静かに歩けたらかっこいいぞ」
「サスケって静かに話すけど怒るときは怒るかあかっこいいよな」と誘導していた
これに息子は引っかかって忍者ごっこをいつもするようになった

これが原因で嫁は「息子は私の言うことを聞かないのにあなたばっかり」と限界になったらしい
それで離婚届を渡されて、あわやというとこで嫁両親俺両親交えての相談となった
結果、嫁は育児なんてこんなもん、というかあんたのがひどかったと嫁両親から言われて当時のことを思い出したのか凹んでた
俺は両親から夫婦のコミュニケーションが大切、家族会議はちゃんとやれと怒られて目から鱗
とりあえずその日の夜嫁と育児について話あって、息子は誘導すれば言うことを聞くと伝授した
最初はなかなかうまくいかなかったみたいだけど1週間もすれば息子を手玉にとれるようになった

家族会議も毎週一回は必ず行うようになって、今週はこんなことがあったという話や、夕食どきに今日こんなことがあってどうしようという話もするようになった

お互いになかなか言い出せないこともあったけど、家族会議の場では結構言えることに気がついて、喧嘩も増えたけど仲はよくなった
息子は今反抗期だけど、家族会議も出席してるし憎まれ口は叩くけど勉強も最低限はこなしているから今のところは順調
離婚は当時息子が寝静まったあとに夫婦会議で聞いてみたら無かったことにしようという話に落ち着いた
最近の家族会議の議題は息子の文化祭に行きたい両親と来てほしくない息子の言いくるめ合い
夫婦会議の議題は息子の厨二病をどうするか

続きを読む

259: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/28(月)23:51:12 ID:yWV
いじめをしていたことが親にバレ、転校させられたこと

10年以上前の話
俺はノロマでオタクな男子をいじめていた、ほぼ主犯だった
内容としては授業中発言したら冷やかす、陰口広める、学年みんなで無視、時に暴力
周りの大人にはバレないようにやっていたつもりだったがどういう訳かバレ、親に連絡が入った

学校から帰ってきた時、母親と父親が神妙な顔して座っていた
そして母親がドスの利いた声で
「お前学校でなにやったんだ?」
と聞いてきた
なんのこと?とシラを切ろうとしたその瞬間、父親の拳が飛んできた
ボッコボコに殴られたあと
「来い!」
と父親に引きずられいじめられっ子の家に連れて行かれた

嫌がったが体格のいい父親に勝てるはずもなかった
いじめられっ子の家の玄関で俺は土下座をさせられた
いじめられっ子の両親はマジギレ、謝って済む問題じゃない!どんな教育してるんだ!などと延々怒鳴り散らしていた
母親と父親は頭を下げながら申し訳ありませんと謝り続けた、そして最後にこう言った
「息子は転校させます」
と…
そしていじめられっ子も、
「もう1君の顔が見たくない、そうしてほしい」
と言った

続きを読む

209: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/26(土)09:02:48 ID:Zu4
養母が亡くなったと電話が来た。
この養母は親戚でも何でもなく、実家から徒歩10分位のところに住む血のつながりのない女性。
お子さんが二人いたんだけど一人は亡くなり、一人は大学生になり巣立って
今で言う空きの巣症候群になっていた。
その女性に、両親は「産んだはいいが両親ともに忙しく育てられない子=私」を預けた。
必要経費は両親が全額負担で、プラスいくらか謝礼。
私は小学1年になるまで養母の家にいて、親が会いに通って来てた。
小学1年からは実家から学校へ行く→養母の家に帰宅する→夕飯食べて家に帰って寝る
という生活をしていた。高学年からは塾へ行くようになり、養母の家へは遊びに行く程度になった。
血はつながってないんだけど、大人になってからも実母より養母の方が近しい存在だった。
別に実母が嫌いなわけじゃないが、やっぱり育ててくれた人は養母だという思いがああった。

結婚する時も夫に養母に会ってもらった。勿論結婚式にも招待した。
私はその後故郷を離れ、新幹線の距離になってしまったが、帰省したら必ず養母に会っていた。
その養母が亡くなったと報せが来たのが今金曜の午前。
私は土日休みなんだけれど、日曜が友引でお葬式は月曜になるという。
夫に電話し「養母が亡くなったので新幹線の切符をとって、土曜朝に発つ」
と言うと夫は「休んでまで行かなきゃいけないこと?本当の親でもないのに」という反応だった。
お香典も交通費も私の給与から出すのに「香典いくら出すの?そんなに?!新幹線高いのに、香典まで…」とグチグチ。

続きを読む

このページのトップヘ