カテゴリ: 家族・親族

994: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/26(木)18:47:28 ID:Rc2
吐き出そうにも、知人に直に吐き出すには重たすぎて、でもどこかに吐き捨てたいと思って。
質問スレに何処向きかと質問したら、ここ向きのようなので書いていく。
「あった」というよりも、「現在進行形」に近いけども。

そして長いって怒られたので分割する。

まず前提として、俺は一応ハーフなんだ。
一応なんて表現してるのは、生まれてこの方日本から出たことがない上に、見た目も考え方も日本人だから。
それで、俺がハーフってことは、親の片方が外国人なわけで、この、外国人の母親が色々起こした。

最初の事件が起きたのは、俺が小学生くらいの時。
元々母親は水商売の人間で、俺が生まれてからもその手の仕事をしていたんだ。
でも、俺が小学生の高学年になったくらいの頃から、だんだんと帰る時間が遅くなり始めた。
水商売だから元々帰宅時間は遅くて、日付が変わるくらいの時間だったんだが、それがほぼ早朝になり始めたんだ。
それが元で、父親と母親が喧嘩する日々が始まった。
子供の目の前でもお構いなしでの怒鳴り合いだったのを覚えてる。
それでも、近所に住んでいた祖母が仲裁に入って、一度は収まったんだ。
でも、収まってなかった。
元々母親は年に1回程度帰国していたんだが、大喧嘩をした次の年「今年は1ヶ月くらい帰っても、いい?」と言って、俺も父親もそれを了承したんだ。
その時の俺は「そういうこともあるよね」程度の気分で、父親は「太郎(俺仮名)が許すなら」と言って。
母親は1ヶ月経っても戻ってこなかった。
ただ、俺、その頃の母親が居ない間の記憶がかなり薄い。
叔母さんや当時からの友人は「あの時の太郎はおかしかった」って言うから、多分、子供心に相当なショックがあったんだと思う。
祖母もその時の心労から寝たきりになってしまったし。
しばらくして……多分、半年か1年かくらいだと思うんだけど、それくらい経ってから母親は帰ってきた。
「浮気して、子供ができて別れようと思ったけど、子供が流れたから太郎が恋しくなった」っていう最低の理由で。
(この理由は成人してから、父親が泥酔した時に半ば無理矢理聞き出した)
父親は、俺がまだ小学生で、母親は必要だろうって言う理由で、戻ってきた母親を受け入れた。
とはいえ夫婦関係は子供の俺から見ても破綻してた。
それでも、二人共、俺を理由にギリギリつながってた。
ここまでが第一の事件。

続きを読む

970: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/25(水)04:54:05 ID:0D9
長い上読みにくかったらごめんなさい。
実兄に性虐待をされ続けたことを家族にカミングアウト、話を聞いた親族ほとんどが兄の味方だったことが修羅場でした。
長男→12歳年上
次男→9歳年上
姉→4歳年上
私→修羅場当時高校生
母親は他界済み。父親は、母親が亡くなってから私たちを家政婦だと思っているようで信用していませんでした。また父親と母方の祖母の折り合いが悪く母親が亡くなってから別居済み。父親、次男、私で同居。長男、兄嫁、母方の祖母で同居。姉は新幹線で1時間ほどの所で1人暮らしでした。
ここまで前提です

続きを読む

922: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/27(火)21:35:57 ID:cf5
高校1年の娘の身長が旦那を超えた。
娘は168cm、旦那は167cm。
旦那がこれを気に入らず、夕飯は食べないわ分担されている家事は放棄するわ散々。
夕飯は社会人の長男が弁当に欲しいと言ったのでそちらにまわし、旦那分担の家事は放置。
翌日、夕飯が無い!なんで気を使って家事をやっておいてくらないんだとお怒り。
気持ちはわかるけど身長を抜かれたくらいで大人気ない!むしろと子供の成長を喜ぶところではないのか言い残して私は仕事に行った。
その後は娘を連れて実家に帰った。息子は通勤の関係で家に残って逐一旦那の様子を伝えてくれている。
娘も息子もあほらしすぎるとため息ついてる。

続きを読む

892: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/26(月)21:58:55 ID:sgV
すっごく性格悪い女の発言なので私の神経わからん前提で読んでくだされば胸糞具合マシかも
私が17歳で受験生だった頃、18歳と20歳だった従兄弟の家が津波で流され、伯父さんも伯母さんも亡くなったから
うちの両親が二人を引き取って我が家に住まわせることになった
父と伯父さんの間でお互いになにかあったとき、子供をどうするか約束してたらしい
母は私の年齢と受験から反対気味だったけど、
私が未就学児のとき、母が病気で倒れて一月伯父家にお世話になったこともあり
事情が事情だから、仕方なく受け入れた
私はその時二人にいじめられたから大反対だった(当時は伯父さんが二人をボコボコにして叱ってた)

二人共家も親も失って傷心してたのかもしれないけど、びっくりするほど家事をしなかった
食べた食器はそのまま、洗濯物は出さない、畳まれた洗濯物さえ片付けない、掃除はもちろんしない
自分の部屋のゴミさえ出さない(性欲処理したあとの臭いゴミもそのまま)
両親の部屋が母屋、私や従兄弟たちの部屋が離れで、最初は私がゴミを出すついでに従兄弟たちのゴミを集めてたんだけど
内容物がアレなため、母がゴミを集めることになった
他、溜め込んで出さない洗濯物や部屋の窓を開けての換気も母の仕事に
このとき母は、近距離別居の闘病中の親の介護をしながらパートにまで行ってて
そのうえ従兄弟たちというストレス源を抱えて、更年期障害が一気に悪化
すごく辛そうだったけど、父は昭和の考えで全く家事は手伝わず
さらに最悪なことに二人は食い尽くし系
母がいつものようにすき焼きを大きな鉄鍋に作って出したところ、二人が喧嘩しながら肉を率先してかっさらい
口の中に溢れるくらい肉を詰めた状態のまま、取り箸ではなく自分の箸で鍋からさらに肉をとっていった
父も負けじと肉を取りながら「俺も兄貴と肉を奪い合って食べてたな」とシミジミして、唖然とする私と母が手をつけられない五分ほどの間に、鍋の中は野菜カスだけになった
カレーやシチューも私が塾から帰って食べようとしたら、二人が別皿に置いてあった私の分まで食べて無くなってたことも頻発
半年せず母が爆発
自分の親なので言い訳させてもらうけど、更年期障害もあって正気じゃなかったんだと思う
母は従兄弟たちを半殺し程度にボコボコにして部屋の私物を窓から投げ捨てた
それからは一時的に家事をするようになったけど、それもいっときのことで、結局すぐにゴミ出しだけになった
その度に母が暴れて家事をするの繰り返し
母はストレスから脳梗塞で亡くなってしまったが、従兄弟たちもさっさと出ていけばいいのに、まだ家にいる
そこそこ家事はできるようになったけど、平日に家事を頼むと「俺たちは今日働いてきたんだぞ!」と怒鳴るようになった
私がこの男たちと顔を合わせるのが嫌で、仕事を土日祝、平日休みになるように変更した
従兄弟たちはカレンダー通りの仕事なので、休日私が仕事に行ってる間は家事を任せることにした
(それまでは土日祝は私が家事担当だった)
ところが従兄弟たちは私が仕事言ってる間は食っちゃ寝してるだけで家のことは何一つしていなかった
結局私が正社員として働きながら母のして多分&元々私がしてた家事をしている現状
この家も土地も母が稼いだお金で購入したから、元々母のものだった
相続の件や諸々、準備が整ったので父もろともこの土地も家も処分する

続きを読む

885: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/12(木)01:48:37 ID:qYv
家庭内がずっと修羅場だった。

10年くらい前兄を病気で亡くした。
この兄は学習障害かつ人格障害も抱えてた。
兄弟の父親は精神科医だけど、自分の子が障害持ちだって周りにばれるのを恐れて適切な処置を行わず、子どもを妻に任せて家庭には関わらなかった。
兄は引きこもりで家庭内暴力がひどく、彼を刺激しないよう弟と母は常に怯えて過ごしていた。父親は見て見ぬふりをして助けてくれなかった。
兄は高校から全寮制の学校に入れられ、脱走したり寮内で自殺未遂を起こした時も父親は何もしなかった。
そのうち兄弟は頭痛を訴えるようになったが、父親は「あいつは大げさだから」と彼を放っていた。
気付いた時には余命1か月の末期ガンだった。
父親には小説執筆の趣味があり、夢は医師兼小説家。兄が亡くなった時啓示があったとかで精神障害を題材にした小説を執筆し、自費出版した。
弟と母にそれを読むよう勧めてきたが、二人は拒否した。
当時弟は出版社にインターンしており、父親は自分の書いた小説を編集長に見てもらうよう弟に原稿を渡そうとした。
弟は積もり積もったものが爆発して怒り狂って家を出たままそれから10年父親とはまともに顔を合わせていない。
そんな最近父は現代アートにかぶれてるらしい。有象無象の作家にチヤホヤされてご満悦らしい。母は良いカモだね、と言っていた。

続きを読む

このページのトップヘ