カテゴリ: 家族・親族

42: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/06/05(金)20:57:15 ID:y2l
両親が熟年離婚寸前で揉めていて修羅場。

うちの両親は、末弟が大学卒業したら離婚すると12年前から決まっていた。
間に弁護士通して、行政書士に書類も作ってもらって完全に決まっていた。
親父は中小企業の営業。おかん県職員。
どっちもまあまあ高給取り。

夫婦仲に亀裂が入った原因は叔母。親父の妹。
この人が曲者で、親父が甘いのを知ってて我が家に入りびたりだった。
金借りて踏み倒したり、おかん所有の金目の物を盗んだり
おれら兄弟の部屋からおもちゃやカードやゲームを従兄のため盗む等々、無茶をやってくれた。
おかんとおれらが怒っても親父は叔母をかばい
最終的にみんな親父を見はなした。

続きを読む

815: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/05(木)14:42:33 ID:W02
生後4ヶ月の娘がいる。
あやすと笑い始めたのが2ヶ月の終わりの頃で、あまりにも可愛いからしょっちゅうあやして笑わせてた。
最初のうちはパァ~とか変な声を出すだけで大笑いしてくれたのに、飽きたのか笑いのハードルが上がったのか、笑いが薄くなっていった。
手を替え品を替えてあやして娘の笑いのツボを研究した結果、パァ~と言いながらロバート秋山の梅宮辰夫みたいにTシャツをまくってお腹を見せ、たまにそのお腹をペチンペンチン叩きつつ、ガニ股になって腰を左右に振って踊ると、娘はキャッキャ!と大喜びすることが判明した。

さっき娘がぐずったのでそれを実行。娘は声を上げて笑ってくれて、こっちも興に乗ってゴリラみたいにウホウホ言いながらいつもより激しくお腹をペチペチペチペチ!と叩きまくってたら、窓の向こうにいたヤマトの配達のお姉さんと目があった。
お姉さんは笑いをこらえすぎて泣きそうな顔になりながら私に会釈して、隣のうちに荷物を届けに行った。

涼しいからクーラーかけずに窓開けて網戸にしていたことを忘れていた。明日か明後日さくらんぼが届くのにどうしよう…

続きを読む

284: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/01(日)16:34:22 ID:6hn
夢を叶えたら切ない現実が見えて無力感に教われてしまった。
夢って言うとなんか変だけど。ずっと夢の国にいきたかった。子供連れて。
しかし結婚前からそうなんだけど、旦那は出掛けるのが嫌いでましてやキャラクターの遊園地なんて男が行くもんじゃない!と言い張って絶対に行ってくれなかった。
他の公園や遊園地とかにもお出かけ嫌いなので「子供を連れていってやろう」という発想にらならないらしくもっぱら私が一人で連れていったり友達と合同で行ったり。
夢の国は遠方なのと高速道路が怖いのとでなかやか踏み出せなかったけどついに行ってきた。もちろん旦那は抜きで。
凄く楽しかったし子供も終始笑顔ではしゃいでて、来て良かったなあ。って思えたんだけど、待ち時間とか周りを見ると家族連れとかカップルとか当然居るじゃない。
耳つけて彼女と同じテンションではしゃぐ彼氏や
こんなファンタジーランド嫌だわ。って顔して一人ベンチに座ってるのに子供が駆け寄ってきたらすごい笑顔になって「次は何したい?」って楽しませようとしてるお父さん。
もちろん私がそう感じただけで裏ではホントに嫌かもしれないしただ彼ら自身が夢の国を好きなだけかもしれんけど、
子供に思い出作ろう!なんて思えない、家で今ゴロゴロしているであろう旦那を思い出してしんどくなってしまった。
そんな男を選んだ~なんて言われたらそれまでだけど、なんていうか無性に虚しい。

続きを読む

697: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/02(月)23:32:31 ID:G3Y
私は物凄いブサイク(心にグッとくる奈々ちゃんの人に似てる)でいじめとかはなかったがずっと友達もできずにいた
就活の時期は辛くどこにも内定できない日々が続いた
今まで友達ができないのも就職できないのも全て顔のせいだと思い親に土下座して整形手術の費用を頼んだ
親は何か察してくれたのかあっさり了承し手術代諸々全額負担してくれて、長期間で顔を整形していった
改めて就活したのは20代も後半だったが嘘のように内定が次から次へと貰え、就職先では友達や恋人(整形したことは了承済み)もできた
顔変えたことで特に明るくなったわけではないが顔一つでここまで世界が変わるとは思わなかった
邪道かもしれないが今の人生はとても楽しい

続きを読む

796: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/02(月)14:10:14 ID:8nO
子供時代と、大人の今、2つの修羅場。
まずひとつめ。
当時、9才の兄、5才の私の下に妹が生まれた。
男の子もびっくりのやんちゃ者だった私、退院してきた母と赤ちゃんに大興奮。
同級生にわりと妹弟がいる子が多くて、私もずっと妹か弟がほしかったから、もうものすごく嬉しかったのを覚えてる。
で、大興奮した私は帰ってきた母と妹を見るなり、妹のベビーベッドで跳び跳ねて足を骨折、額を7針縫う、ベビーベッドを折る。
折ったベビーベッドに足をとられて転んだ兄も、アゴと目の横を3針縫う。
ちなみに兄はやんちゃではなく、どちらかというと学級委員タイプ。
このときも、私を止めに来て転んだらしい。
退院した母は、そのまま私と兄をつれて病院へ。
総合病院で産んだので、そのままとんぼ返りの形で恥ずかしかったとこのと。
その後大人になり、妹の婚約者との顔合わせ。
そうか、妹も結婚かーと感慨深い気持ちになり、兄とも「もう骨折と縫うのはやめようねwww」と笑い合って、和やかに妹たちを待った。
豪雪地帯のためけっこう雪がつもり、スーツ姿で雪に不馴れな婚約者さんはかわいそうだということで、兄のジャージや長靴をもって迎えにいった。
ついてちょっと挨拶して、話しながら駐車場に向かう途中、婚約者さんいい人そうだなーと思った瞬間、雪に埋まった。
田んぼに落ちたんだよね。兄のジャージや長靴もびしょびじょだし、ひとつなくした。
私も生き埋め状態になって、婚約者さん大慌て。
その後、名誉挽回しようとするも母や妹に何もしないでと言われてしまい、仕方なく兄の子供たちと外で遊んでいたら、雪に埋まった有刺鉄線に気づかず突っ込んでしまい、けっこうな流血。
腕をぱっくりやってしまい、白いのが見えていたので皆に呆れられながら救急車を呼んだ。
結局16針縫って、今も傷残ってる。
妹の結婚はそのまますすんだからよかったけど、兄の子供たちはあれから雪が怖くなってしまったらしく、帰省しても外では遊ばないし、雪の中は、誰かの通った道しか通れない。
私のというよりは、私のせいでまわりの人が修羅場になる。

続きを読む

このページのトップヘ