カテゴリ: 家族・親族

5: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/05(土)15:39:55 ID:qod
祖母が50代でアルツ発症した。
当時母は20代、私は2つか3つくらいだった。
物心ついた時から母は祖母(母にしたら姑)の介護をしてた。
父は介護は一切手伝わなかった。私は祖母が寝た切りになってからお手伝いするようになった。
徘徊してた頃は危ないからって祖母には母が近づけさせなかった。
母はその頃祖母に付きっきりで、今思うと感謝しかないんだけど当時は寂しかった。
せめて父がいてくれたら違ったんだろうが、父はお酒の匂いプンプンで毎晩零時くらいに帰ってきて
家でごはんもほとんど食べなかったから他所の人みたいだった。
私が高3の時、母が癌になった。当時母40代。
明らかに具合が悪そうだったから病院行け行け言ったんだけど、介護があってなかなか出られなかった。
でも幸いステージ2だった。
帰宅して「母が入院する」と聞くなり父は「逃げる気か!!」と怒鳴った。
あんなに人間に対して幻滅したことはない。
それまでも期待してたわけじゃなかったけど祖母はあんたの母親だろうよ、とさすがに思った。
母は長年の介護でエネmeっていうより無気力人間になっていたから
叔母(母の妹)に電話して「助けて下さい」って泣きついた。
近所のおばさん(町内のボスママっぽい人)にも泣きついた。
もうなりふりかまっていられなかった。
誰でもいいから恥を捨ててすがらないと本当に母が死ぬ!と思った。
その後、叔母の助けを借りて、父がいない間に荷物まとめて逃走。
叔母家と同じ市内にある県立病院に入院した。
祖母を置いていくのは気が引けたけど、天秤にかけたら申しわけないけど母の方が大事だった。
それに祖母は母と違って手術しないと死ぬ容態ではなかったし。
父は「離婚する!介護放棄で慰謝料をもらう!娘の進学費用も出さん!」と激怒。
でも「癌の手術で入院」が介護放棄にあたるはずもなく
父の言い分は認められなかった。

続きを読む

663: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/26(金)11:14:42 ID:rVP
祖母が亡くなった途端、婿養子の祖父が覚醒した事。
祖母が大切にしてた、でも維持費がかかるだけの土地を全部処分し
祖母が「思い出があるから」というだけでそのままにしてた、同じく維持費ばかりかかる空き家をぶち壊し
祖母が「よそ者には売らない」と言っていた土地をさっさと不動産屋に売り
祖母が大切にしてた、維持費がかかるだけの兄を捨てた。
兄はニートではないが月収十万以下のフリーター。収入は全部買い食いとソシャゲに消える。
生活費は全部祖母持ち。食費と酒代だけでかなりの額。
母はすでに他界し、父は空気。
祖父も空気だったんだが、祖母が死んだら急に生き生きし出して、わずか一年ちょいで家庭内断捨離が済んだ。
俺はすでに実家を出ていたので目のあたりにはしてないんだが、家政婦さんが言うには何かが乗り移ったようだったという。
兄は実家に立ち入り禁止だが、一応近くに住んでいて、父がこっそり小遣いやったりしてるらしい。チラっと見たらすげー痩せてた。
俺は実家に帰りやすくなってありがたいが、温厚な人(祖父)に怒りを溜め込ませると怖いね。
相続の件も色々動いてるらしい。俺の損にはならないようなんで静観してるが。

続きを読む

209: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/25(木)16:15:20 ID:js1
息子が離婚するらしい。
どこで育て方を間違えたんだか…。
うちの嫁さん子供の頃から絵本作家になるのが夢で、大学くらいまでは絵本作家に弟子入り?したりしてかなりガチで目指してたんだけど、その後身体壊したり俺と結婚したりで夢は諦めたんだ。
でもやっぱり絵を描いたりするのは変わらず好きでさ。
子供達が生まれてからは誕生日の度に絵本を作ってはプレゼントしてた。
娘もでかくなって数年前に結婚出産したんだが、「お母さんが絵本をくれるのが毎年楽しみだったし嬉しかったから。」と言って娘も不器用なりに我が子に絵本をプレゼントするように自然となってたんだ。
そんで3年前に息子も結婚して一昨年子供も生まれた。
上手くやってんだと思ってたら先々月に突然息子の嫁さんがうちに来たと思ったら「彼と離婚します。」と言われてよ。
わけを聞いたらどうやら息子は子供が生まれたのに絵本を作らない嫁さんに対してしつこく「子供の事を愛してないんだな。」「お前には母性が無い。」「母さんも姉ちゃんもしてる事がなんで出来ない?」「お前がこんな奴だと思わなかった、騙された。」と責めてたらしい。
(息子本人もこの発言を認めてる。)
「嫁さんが絵本を作ってたのは趣味の部分が大きいし娘も母親の背中を見てたからやるようになっただけで、絵本作りはメジャーなもんじゃねぇ。
俺だって母親に絵本を作ってもらった事なんて一度も無いが、愛されてなかったとは思ってないぞ。
それに嫁さんも娘も専業主婦だから時間をたっぷりかけて作る事が出来るけど、共働きの息子嫁には時間的に考えても無理な話だろうが。」と話したが、「愛さえあれば寝る間を惜しんでやるはず。」「あいつには愛が足らない母性が足らない。」と繰り返してた。
まだ嫁さんや娘が息子を説教をしてるが、あれは多分無理だ。
というか万に一つの可能性で息子が更生したとしても、能面顔で淡々と語りつつポロポロ涙流してた息子の嫁さんが息子を受け入れられないだろうなぁ…。
娘も息子も同じように普通に育ててきたつもりだったが、どこで何を間違えてたんだろうなぁ…。

続きを読む

912: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/25(木)13:14:11 ID:RRm
結婚して1年も経たないのに実家に帰る度に愚痴を言ってくる兄がウザい。
なんでも義姉が気遣いを求めてくるのが疲れるんだって。
具合が悪い時に心配してほしいとか、家事を手伝ってほしいとかそんな感じ。
私からしたらやって当然のことだし、むしろ体調不良の人に家事をやらせてるのってそっちのが気になった。
突っ込んでも兄は「仕事帰りで疲れてるから(やりたくない)」としか言わない。
でも兄夫婦は共働きで疲れているのは義姉も同じ。
大体、疲れてるから労ってほしいって自分は気遣いを求めてるのがダブスタすぎて呆れた。
兄は「ああいう察してくれって態度が嫌だ」とか言っていたけど、察するも何も義姉はちゃんとどうしてほしいか伝えてるじゃん。意味が分からない。
兄は自分は散々母に甘えてあれこれお膳立てしてもらった癖に、人には何もしたくない人間なんだなーって思った。
ちょっと学校や部活でうまく行かないとすぐにお腹を下してトイレに引きこもっていたし、その度に母が宥めすかして立ち直らせていたから。
気遣いを受けるのは慣れてるけど、逆の立場になるのは嫌って最悪。
母がその場にいたら兄を慰めていたかもしれないけど、私しかいなかったから上に書いたことをそのまま言った。
そしたら逃げるように帰って行った。これで家に帰ってからトイレにこもってたら笑える。

続きを読む

941: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/28(日)13:31:51 ID:zJZ
ある日、娘に遺書を見つけられた。
お母さんが死のうとしてる?!それとも病気?!と娘からガンガン電話が来た。
その時ちょうど友達とランチ中で全く気付かず、焦った娘は夫に連絡。おっちょこちょいの夫も大慌てで私に電話、しかし全く気づかずでない私。
夕方、夕飯の買い物して家に帰ったら夫と娘が家にいた。
来るなら言ってくれたらご馳走にしたのにー。
あなたもこんな時間に帰ってるなんてどこか具合でも悪かったの?ごめんね遅くなってといつも通り話しかけたら、夫が少し涙目でキレた。
遺書を見せられ、これは何だと問い詰められた。
私、学生時代に母親を亡くしてるんだけど、事故だったから急だったのね。
それで、自分の思いを伝えられないまま死ぬのは嫌だ、そして人間いつ何があるかわからないと思った私は、それから一年に一回か半年に一回くらい、遺書を書いている。
内容はいつもほぼ同じで、家族への感謝と私が死んでも幸せでいてほしいという希望。
娘が見たのは、たぶん2年前くらいに書いたやつ。娘が独り立ちする時で、家にあるタンスをそっくりそのままあげたんだけど、そこに入ってたみたい。
慌てた夫が息子たちや、共通の友達(私と夫は学生時代の部活先輩後輩)に連絡をしたらしく、訂正というか無事ですという連絡をするのが恥ずかしかったー。
あとちょっと遅かったら警察に電話するところだったらしくて、危ない危ない。
携帯は首から下げろ!とか言われてしまって、そんなおばあちゃんみたいな…と思いつつも、いつも気づかないから真剣に検討中。みなさんごめんなさい。

続きを読む

このページのトップヘ