カテゴリ: 家族・親族

433: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/13(金)11:12:07 ID:b4f
弟(既婚)があからさまな相談女にひっかかっている
しかもそれを姉(喪)の私にいちいち報告してくるのでうざい
臨時職員として入ってきたシンママに「仕事について教えて」って言われてLINEのID教えたら
プライベートの相談もされるようになってズルズルいってるっぽい
シンママのLINE見せてもらったら、上手いんだわ
男心をうすぐるテクとはこれか、勉強になります!ゴチになります!みたいなプロの手管
「頼れる人が他にいなくて」とか「(弟)さんだけが特別です」とか
「子供を抱きしめながら一人泣いてしまう夜がある」とか全体に演歌っぽいんだけど色気がすごい
喪の私が書いても全然伝わらないだろうけど
弟が独身ならほっとくとこだけど既婚。早くに結婚したからもう4年目
そろそろ弟嫁さんにチクるか迷うわ

続きを読む

272: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/12(水)14:55:27 ID:BgXak24IT
犬の散歩中、茂みからニャーニャーニャーニャーと子猫の泣き声が。
見ると手のひらサイズの子汚い子猫が。
うーん、かわいい。親の姿もないし、捨て猫か野良猫か…
連れて帰ろうと思ったけど、ちょっと手の届きにくいところにいるので
犬に「捕まえて来てよー」と言って振り返ったら、犬、尻尾をお腹側に巻き込んで
プルプルしてた…。
思わず「オイ」って言っちゃったよ。
結局自力で捕獲して連れて帰り、シャンプーして動物用ミルクあげて
犬のベッドに入れたら犬は魂の抜けた顔でぐったりと猫になつかれていた。
あれから3年、相変わらず猫は犬のベッドで仲良く寝ている。
最初は緊張してフルフルしていた犬も1週間で慣れたようで、
献身的に猫の世話を始めた。

猫は普通の雑種のミケ(4㌔)です。
犬はボルゾイです。
ボルゾイって、別名ウルフハウンド、つまりオオカミ狩りの犬で、体重は40㌔あります。
なのに、どうしてそんなにヘタレなんだ。

以上、たぶん我が家の愛犬くんの犬生最大の修羅場話でした。

先日、猫が感謝の心を捕獲した死にかかりの鼠のプレゼントを三日連続でしたため、
庭に出られなくなった犬が2週間ぶりに庭に出られたので記念カキコ。
ちなみに猫は戦利品を全て犬に献上します。

続きを読む

926: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/13(金)07:11:01 ID:RXr
うちの引きこもり歴21年、現在28歳の姉。
姉を甘やかしてた父が死んだのをきっかけに私と母と弟は姉を捨てる決心をした。
もちろん突然捨てる訳じゃない。
父が死んでから3年の猶予をあげた。
その間私達も出来うる限り色々な面で協力をしたつもり。(精神的にも金銭的にも。)
それでも姉は変わる気がなかった。
母が姉の為にとずっと貯めてきたお金を渡したら課金やらなんやらで3日で空にしやがった。
そして先々週とうとう私達は家を出た。
何度も何度も「◯日にはもう出て行くよ。」と伝えていたけど、私達が出ていった事に昨日やっと気付いたらしい。
唯一繋がる母の電話にジャンジャン姉からかかってくる。
母はあんなのでもやっぱり我が子だから私と弟ほど鬼にはなりきれないみたいで、「あの子が変わるから助けてと言うなら私は助ける。」と言ってる。
けど毎回電話を切っては泣いてる母の様子から、母の期待する内容ではないんだろうな。
どうせまた「課金できねーじゃん!!」「限定アイテムがー!!」と訳の分からない宇宙語を喚き散らしてるんだろうな。

続きを読む

407: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/12(木)23:33:51 ID:B1v
文章下手ですが相談させてください。
まずはじめに自分はゆとり乙な20代半ばの彼女いない歴=年齢のキモオタです。

キモオタらしく、都内の同人イベントには結構出かけてます。
先日も所謂即売会に行ってきた。トイレに行くついでに色々売り場を見ていたら、とあるブースの売り子に従姉そっくりな人がいた。
俺は関東在住だが、従姉は西日本のとある都市で、東京へは飛行機の距離。
少し年も離れているし(俺が小4の時に高校生だった)そこまで交流はなかったけど、従姉も結構オタクで絵も描いてたし
大人になって別の従姉が結婚したりで会う機会は多くなって、漫画を貸したりもしてた。アニメも好きだったし、だからいてもおかしくないと思った。
従姉は普段地味で薄化粧だが、売り子はばっちり厚化粧。でもそっくりだし、顔に隠せないような特徴(黒子とか痣とか)があるんだが、その人にもそれがある、背格好も従姉そのもの。
人が多かったので、ばれてないと思うんだけど、何のブースかなってこっそり見てみたら、おっぱい抑えた女の子とかアダルト系の際どいイラストがたくさん…
ばれたらやばいと思って、サークル名だけ覚えてその場を去った。

帰りの電車で、悪いと思いながらも好奇心が勝ってしまってサークルを調べて、そしてそのツイッターを見てしまった。
やっぱり売り子は厚化粧だけど従姉だった。
住んでる地域も同じ、たまに目元とか出してるけど完全に従姉、声も従姉、ペットも従姉と全く同じ。例のイベントにも出ると告知されていた。
単にエロ漫画描いてますとかそんなのではなくて、実演系というか、セクロスそのものの音声を販売していた…
とは言っても、行為の相手は女性だったけど。女性でも同じか。んで、一人でやってる時の声とかそん時の性器の音とか、ツイッターもそんなんばっかり。
サンプル視聴とかもできたけど、疎遠だったとはいえ血のつながった従姉のエロ画像とか音声とか、見出しだけで吐くかと思った。
ここまでならいいんだけど、従姉先月結婚したばかりなんだ。式はしてないけど、親戚だけで会食みたいなのはあって、俺も参加した。
地味で大人しいけど短気な従姉に対して、旦那さんは穏やかで物静かだけど、しっかりしてていい人。実際すごく落ち着いてた。
当然と言えば当然だけど、従姉のツイッターには旦那のだの字も出てこないどころか、結婚して家を出た筈なのに一人暮らしデビュー!って書いてるし
死んだのは爺ちゃんなのに、伯母の葬式に行ったことになってるし、身バレ防止もあるだろうけど、やっぱ後ろめたいんだなと思った。
ツイッター見る限り、アンアン音声販売をやめるつもりはないどころか、一人暮らしだから、ばんばん更新しちゃうよ☆みたいに書いてる…。
サークルを立ち上げたのが2,3年前だから、その時は既に旦那さんと付き合ってたはず(付き合って5年て言ってた)
本当に見たことを後悔しました。

前置きが長くなりましたが相談です。
これは誰かに言うべきでしょうか?俺が経験ないせいか、そういった自分の声を販売するのって風俗と同じではないのかとか
趣味の一環だからいいんじゃないのかとか、何も知らない旦那さんが可哀想だとか、でも言ったら離婚騒ぎになるんじゃないかとか
何より新婚なのに、こういったものを売りつけて嬉しがってる(ように見える)従姉にドン引きです。
色んな思いが交錯していますし、1人で抱えるのは正直しんどいです…。

続きを読む

264: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/11(火)19:55:56 ID:WVRA3rbom
20年経っても引きずってる、子供の頃の修羅場。

893からも爪弾きにされるようなクズの継父に
無理やり水商売をさせられてた母親が、私の目の前で刺された。
理由は『男とイチャイチャしてたから』
水商売だから当たり前じゃん・・・と、子供でもわかる因果なのに
覚せい剤とアル中で脳みそが海綿体になってた継父には青天の霹靂だったらしい。

昔取った杵柄というか、人を刺し慣れているらしい継父は
肋骨の下から突き上げるように母を刺し、包丁を抜くと床に投げ捨てて
呻く母を罵りながら、殴る蹴るの暴行を加えた。
私は身を挺して母を守り、継父を威嚇して追い出す事に成功。
「警察も救急車も呼ぶな」という母に肩を貸して、徒歩で近くの病院に連れて行った。

なんとか一命は取り留めた母だったが、片肺が二分の一になってしまった。
入院費も無いので無理やり退院させられ、逃げる気力も無くした母はその後も水商売を続けた。
継父は日を追う毎に脳がグズグズになって、現実と妄想の区別がつかなくなったようで
一年も経たず、また包丁を持ち出して母を刺そうとした。
幸い、刺される前に事に気づけた私は、母を守りたい一身で立ち塞がった。
さすがに子供は刺せなかったのか、火のついた煙草やライターを投げつけた後にどこかへ逃げた。

呆然としながら母と抱き合い、そのまま、店にあるお金と衣類を持って母と二人で夜逃げした。
とはいえ何も無いので、私は伯父の家(三重)に預けられ、母は祖母の家(宮崎)に身を寄せた。
夜逃げして二週間、継父は生活苦であっさり自殺。無縁仏として処理して貰った。
もう、逃げなくていいんだという開放感で、特に問題無く過ごしたと思う。

その後、母は迎えに来てくれたが、三日ほど一緒にいただけで
新しい恋人の仕事に付き添うと言う理由で、母は一人で東京へ行ってしまった。
知らない土地で、私は一人ぼっちになった。
ある日、風邪を引いて4日熱が下がらず、助けを求める為に母に電話しようとしたら、電話が止まっていた。
這うように電話ボックスへ行き、母の携帯に電話をしても「ごめんね。帰れない」ばかり。
あまりにも酷い仕打ちに泣きながら暴言を吐いたら、母は悲しげな声で
「子供とは一生一緒にいる訳じゃない。私には私の人生がある」と言われ、一方的に電話を切られた。

それから先は覚えてない。ノイローゼになったのは確かだけど。
結局、私は誰の為に母を守ったんだろうか。あの人は、あの時、死んどくべきだったのか。
未だに色々考えては、答えも出せずに、発狂するのを堪えてる。

続きを読む

このページのトップヘ