カテゴリ: 毒親

809: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/13(日)10:37:17 ID:Oe6SGeKUQ
8歳の時、学校から帰ったらいつもいるはずの母がいなかった。
買い物だと思ってその時は気にしてなかったけど5時になっても6時になっても帰ってこなくて
どっかで怪我したかお腹が痛くなってるのかと思って近所中を探したけどいなくて
玄関先でずっと待ってた。暗くなっても待ってた。
そのまま玄関先で寝てしまって目が覚めたら父がいた。
それから険しい顔になった父があちこち電話かけてバタバタした数日が過ぎたのだけは覚えている。
当時は訳も分からず父に言われるままに流されていたが、後に聞いた話によると
要するに母はほんの数十メートル先の家庭の旦那さんと駆け落ちしたらしい。
リビングの引き出しの中に置手紙があったらしく、そこに離婚届も同封されていたそうだ。
相手の家庭の奥さんとうちの父親、それに俺を含む子供たちは近所中の好奇の目で見られ双方引越しをした。
たぶん一学期の終わり頃の出来事で、夏休み中に引っ越し二学期から転校した。
大人の事情はよく分からなかったが、とにかく俺は母に捨てられた。
それだけが子供心にずっしりトラウマになりどんどん暗い子供になっていった。
幸い父はあまり泊りの出張などのない仕事だったので、それまでより早く帰ってくれるようになったが
少しでも遅くなると父にも捨てられるんじゃないかと思って玄関先でめそめそ泣いてるような子だった。
そして4年生になる直前に新しい母親ができた。
新しい母親は菊池桃子にそっくりの可愛い女性だった。
俺は新しい母親のことを「ももちゃん」と呼んだ。
いつもニコニコしてて俺のことをとても大事にしてくれた。
遠足の時には今で言うキャラ弁みたいなのを作ってくれて、世界がパーッと明るくなったような生活になった。
後で知ったが、ももちゃんは父の同僚だった。
一度結婚したが子供を産めなくて離婚したそうだ。
もともと子供が大好きで、だから父との再婚には子供がいることは何の障害にもならなかったらしい。
父が再婚した翌年の母の日に、思い切って「ももちゃん」を「お母さん」と呼んだら泣いて抱きしめてくれた。
その頃にはもう、俺を捨てた実母のことはすっかり忘れていた。
高校3年の時、父が通勤途中に心筋梗塞で急死。
母とは血が繋がらない親子だが、その後もそれまで通り普通に母子として過ごした。
父も結構な遺産を残してくれたので、お金の苦労はたぶんなかったと思うが
趣味が高じて講師になっていた母は、最初の一年ぐらいは落ち込んでいたものの
元のように忙しそうに楽しそうに毎日駆け回っていた。

続きを読む

602: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/04(金)18:40:21 ID:Ys8HIgxES
フェイク有りで地元の新聞に載った修羅場。

私・・・当時小学1年生
姉・・・当時中学3年生
父・・・母に対してDVをしている
母・・・父から暴力を受けている

父は転職ばかりしていて、安定した収入では無かったため、貧乏暮らしだった。父は母が働く事を許さず、罵詈雑言を浴びせ、家庭内は最悪な状況。
・・・と私は認識していた。

ある日、いつも通り父と母が大喧嘩。陶器や食器を投げあって凄まじい状況になってた。
私と姉は部屋の隅で震えていた。
もう怖くて怖くて仕方が無く、逆に涙が出なかったのを覚えてる。
そのとき、姉が立ち上がって包丁を持ち出し、自分の腹に突きつけた。
「うちが貧乏だからお父さんとお母さんは喧嘩するんだよね!?だったら私が氏ねば、私にかかるお金が浮くよね!」と言い出した。
そこで必死に止めに入ったのが、母ではなく父だった。
父は「お前がそんなことする必要ない!やめてくれ!」と叫んだ。
でも姉は自分の腹に包丁を刺した。
その後、母は高笑いしながら自分を刺した。

続きを読む

403: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/06/28(土)00:57:11 ID:sMxPxscBF
妹はバツイチ子持ち。小学生の娘がいる。
4年前くらいに飲み屋で知り合ったという彼氏と同棲している(彼氏の方が転がり込んできた)。

が、この彼氏が本当に有り得ない。
俺は元ヤンで昔はやんちゃしてたとはったりかます。
身長がかなりちいさく妹の娘(以下、姪)に「身長のことで馬鹿にしたら殺してやる」と暴言を吐く。
姪の前で妹の胸を揉んだりイチャイチャを見せつける。
姪を1人で寝かせて2人はリビングで全裸で寝る。
もう生理も始まってる姪を彼氏が風呂に入れる。
「結婚して俺の借金を2人で返そう」とプロポーズ。
かなりのパチンカスで妹も影響を受けてパチンカス化。
もし男の子どもがデキたら好きなパチンコ台から慶次と名付ける予定(女児だった場合の名前は失念。でもDQNネーム)。
小学校が休みの週末は姪を実家に預けて2人で過ごす。
妹が夜勤でいない時は姪と彼氏だけ。
平日の休みにはパチンコ三昧。
彼氏の仕事は居酒屋バイト→ラーメン屋バイトのフリーター。
妹も頭がお花畑でこの状況を微笑ましく見てる。
妹、彼氏ともに30代。

そんな糞野郎と来週入籍すると実家に挨拶に来た数時間前から私の心の中が修羅場。

ちなみに付き合いについてずっと反対してきたし、姪のことも考えてと忠告もしてきたが聞き入れず。
姪は母親と彼氏の顔色をうかがって態度を変えるような性格になり、こちらには結婚に反対していると本音を言うがいざ母親を前にすると母親に合わせた意見しか言わない。
ので、「娘もこんなに懐いて賛成している」とお花畑がヒートアップ中。

長文失礼。どこかに吐き出したかった。

続きを読む

5: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/02/11(日) 17:17:18.03 ID:gYf+2nnL
私の衝撃話
婚活パーティーに月2ペースで参加する事3年。
とあるパーティーでよく会う女性がいた。
とても可愛いお顔なので一目見た時から印象に残ってた。
あまりにもよく会うので顔見知りになり、会釈→参加受け付けのところで少しおしゃべり→パーティー前に近くのカフェでお茶をするまでの間柄になった。

彼女は竹内由恵アナと吉岡里帆を足して2で割った感じの顔に体型はグラマラス。
深キョンとか篠崎愛ちゃんみたいな。
こんな完璧な容姿を持ってしても結婚て難しいんだなぁ…と思ってたんだけど、
話してみてその理由が分かった。

彼女は極度の吃音。
ドラマの山下清よりもどもる。
そしてものすごくネガティブ。
自分のことをブスでデブだと思い込んでいる。
最初は「そんなことないよ~」って言ってもらいたいから卑下してるのかと思ってたけど、どうやら本当にそう思い込んでる様子。

続きを読む

226: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG
自分の人生が結構な修羅場。
長いです。

幼児期の私は所謂放置子だった。
三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。
成人した翌月、母親から保険証持って着いてこいと凄まれる。
借金の申し込みと解った私は「毎月給料の半額家に入れてるのに何でそんなお金ないん?いくら親子でもお金の事に関しては譲れない。」と頑なに断る。
結果「親が困ってる時に助けない子供は要らん」と家から追い出される。
半月は仕事を通じて巡り会った数少ない友達のお宅にお世話になりながら住み込みの仕事を探す。
地域を選ばず何処でも飛べる派遣社員になった。
居住が西日本から東日本に移った。
居候させてくれた友達には暫く働いてお金を貯めたのちに改めてお礼と言う名目で回ってないお寿司屋さんでご馳走をした。

派遣になってからは無我夢中に働いた。
コミュ障があるので自分を表現するのは下手だったが、幸いな事に仕事仲間には恵まれていた。
そこで知り合った同僚から、趣味のゲームに誘われた。
所謂オンラインゲームと言う奴。
あまりゲームに触れた事がなかった私でも、同僚のリードがあり溶け込んでいけた。
自分を反映させたそのキャラクターには支援系の職業をやらせてスキル回しやらを必死に覚えた。
ゲームの世界で、誰かから必要とされる気持ちを貰ってPC前で一人で泣く事もあった。
そんな世界で知り合った人達と飲み会をする機会があった。
自分が参加して良いのか解らなかったから黙っていたけど「貴女も参加するよね?ってかおいでよ!」と言われて嬉しくて参加表明した。
そこで色んな年代の人達とワイワイ楽しく飲みながら、少しずつ自分らしさを見つけて行った。

ある日、その世界の一人の男性から告白をされた。
飲み会であった時から気になっていたと言われた。
告白されるのも始めてで返事に困っていると「急がなくていいよ。」と言われ、暫く返事を保留にしていた。

少しずつ距離を狭めていって、正式にお付き合い開始。

続きを読む

このページのトップヘ