カテゴリ: 夫婦

715: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/12/07(日)19:55:32 ID:zhw
賛否考えいろいろあるだろうが、俺の嫁は昔から女性が苦手で男友達とばかり遊んでいた
女性が苦手というのも、保育園の頃嫁LOVEな女の子に毎日束縛され自分以外と遊ぶことを禁止されたり
幼稚園でサディストの女の子に殴られたり縄跳びで首を締められたりしたのがトラウマになったらしい
女性と話すときは常に気を使って、表情も固く、冗長な嫁が無口になる程女性が苦手
ただどちらも最近聞いた理由で俺は元々その理由は知らず、けれども嫁と付き合っている当初から男友達とよく遊びに行くのはなんとも思ってなかった
学校も女と男の割合が1:9で、嫁はその中で男友達しか作らなかったことも知っているし、男友達も嫁に対して「女性として意識することがないから付き合いやすい」と言っていたことも知っていたからだ

しかしそれをよく思わない第三者がいた
俺と嫁の共通の女の知人で嫁と同じ学校の人、嫁が男性と遊ぶことを極端に批判した
嫁はもともと女性が苦手だから、疎遠にして難を逃れた
問題は俺の方だった
スカイプやSNSを駆使し、嫁が男友達6人に囲まれながらゲームをやってる写真を送ってきたり
嫁が男友達と二人で昼飯食べる店を探し歩いてたり
男友達と帰る為にそいつの自転車の荷台に座って待ってたり
そんな姿を撮影しては送りつけてきた
嫁はおしゃべりな性格で、その日あった事をよく喋ってくれる
なのでその写真の日の出来事も嫁から聞いていて嫁にはなんの不信感もなかった
むしろ、ストーカーのように嫁につきまとっているその女が怖くて仕方なかった

それでもなんとか学校を卒業して嫁とその女の接点は無くなったが、少し前地元でばったりと嫁がその女に再会したらしい
嫁が頻繁に利用してる店に中学時代の友人男性(既婚者、俺に紹介済み)が働いていて、週一くらいの頻度で顔をあわせていた
品を入荷したら教えてくれるためにメアドも交換済み
それが偶然通りかかったストーカー女にばれた
そいつは友人男性の奥さんに「嫁と友人男性が浮気をしている」と、店先で二人が話したり、休憩時間に雑談している様子を写真で撮って送りつけていた
その後突然友人男性のメアドが変更されて連絡がとれない状態に
更に友人男性は不貞行為疑惑で職場も飛ばされたとパートのおばちゃんが教えてくれた
職場では皆不貞行為が無かったことは解っていたが、友人男性の奥さんが許さなかったそうで、本社に苦言を呈したらしい

俺の実家にも写真は届いたが、無視
その後は俺が転勤して嫁を地元から離し、その後は音沙汰なし
正義感が強いのか知らないが、女の恐ろしさを知った出来事だった

続きを読む

997: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/22(日)09:37:03 ID:Zlo
夫への対応で相談です。
昨日の夕方嘔吐腹痛が酷くトイレに篭っていたら大丈夫かと夫に聞かれたのでもしこのまま治らないと救急車かもと話していたのですが
やはり治らず上下止まらず手足も痺れ硬直し脱水も酷く動けずどうにもならなかったので救急車を呼んでもらいました(この時点でえ、呼ぶの…と嫌そう)
救急車かもと言ってあったのに何持ってけばいいんだよとパニック&ブチ切れ
結果胃腸炎だったそうで強めの痛み止めと点滴をひたすらして痛みが引くのを待ち、動けなかったのと乳児がいるので移すと重症化の恐れもあるという事で入院する事に
病室に連れてかれようやく子供と夫に会えたのですがどうすりゃいいんだよと怒られました
そのタイミングで子供がうんちをしてしまいお尻拭きを忘れたというのでティッシュを濡らして拭いてあげてと言ったらそっか…って俺がやるのかよ!とプンプンしながら洗面所へ
痛み止めでさっきまで意識も朦朧としてとても歩ける状態じゃないのになぜ私が当たり前にやると思ったのか
お互いの実家は電車で1時間の距離ですがこれでは今夜一晩すらきついのではと思い親を呼ぼうかと聞いたのですがいいよ要らないと言われたので呼ばず帰って行きました
夜は泣き止まないだのもうむりだのとラインが夫から来てごめんねと言い泣き止ませのアドバイスなどをしたのですが溜飲は下がらず
今朝もミルクのタイミングがわからんと言われ3,4時間置きと答えたところそういうのは普通始めに言うよねと怒られました
今日の退院は無さそうなのでこちらの親が子供を預かりに来ると言うともっと早く言えと怒られました
月曜まで入院になった場合明日親のパートが終わり次第迎えに来てもらうようにしようと昨日ラインしていました
子供の寝かしつけや泣き止ませなど私は毎日やっている事ですしミルクも缶に量や日に何回飲ませるかなど書いてるんだよ~と言う話を普段からしていましたのでそれくらいわかるかと思っていました
いつ退院出来そうか送ってもそうの一言
救急車を呼んでから一度も大丈夫か、など労りの言葉は一切かけられていません
病状を聞こうともしませんし言ってもスルーされています
慣れない育児に夫に多大な迷惑をかけてしまっているのはわかっています
ですが身体も心もボロボロで涙が止まりません
夫に反論してやりたい気持ちはありますが育児放棄や虐待などされないか子供の事も心配で何も言えずにいます
反論してもいいものでしょうかやはり我慢すべきでしょうか

続きを読む

892: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/20(金)15:37:39 ID:6xk
愚痴です。
うちの旦那、度々面倒くさいことを言い出すからその都度問答無用で却下してるんだけど、なんで口に上らせる前に内容を推敲しないかな?
自分がおかしなこと言ってるって分からないのかな?
例えば結婚式の招待状を用意している時、横から「俺の分もやっといて」と言ってきた。
仕事が忙しいから…おまえの方が字が上手いから…ってモゴモゴしてたけど、旦那のゲストの人数は私の倍はいる。私も仕事で忙しい。無理。
結婚後、野球観戦の予定を立てた時、出発当日車の後部座席に義妹の姿が…。
しかも生後4カ月くらいの赤ちゃん付き。
妹も行きたいって…おまえがいれば赤ちゃん居ても大丈夫かと…とモゴモゴするので、私の運転で義妹を義妹義実家(割と近所)に送り届けて終了。車で行くしナイターなんですけど?無理。
つい最近の話だと、義父が還暦を迎えるということで、少し遠方に旅行に行こうという案を出してきた。
もちろん義妹も一緒。2人目生まれたばかりじゃなかったっけ。
つまり2歳児と0歳児を抱えて旅行?誰が面倒見るの?まさか私じゃないよね…。
私も昇進したばかりで仕事が忙しいし、近場で都合つけて食事会なら参加するし手伝うけど、さすがに旅行は無理。
却下はしたものの今回は控えめながら食い下がってきて面倒くさい。

続きを読む

812: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/19(木)16:27:45 ID:YJu
みなさんどう思うのか、教えて欲しい。

父と母は結婚30年突入,私は娘
父は典型的なモラハラで、自分の気に入らないことがあればすぐ怒鳴る
暴力はふるわないけれど、逆らおうものなら「どうなるかわかってるよな?」って言ってくる
結婚当初、母は専業主婦でお金を稼いでもらっている立場からか
行動の基準が「父を怒らせないこと」で、子供の私にもそれを適用して来た。
しかし5年ほど前から、母は縁あって、職を持ち、父に少しずつ言い返すようになって来た。
そして近年、近距離別居だった父方の婆さん、爺さんと介護含め、同居開始
父は自分の親のくせに率先して介護をせず、家事も手伝ないくせに
「ママ(私の母の呼び名)が一番大変だよね。」と口ばかりで態度に出ない。
積もり積もって、爆発し、今までのモラハラ、介護などいろんなこと含め、大げんか

大まかな喧嘩の内容(母の言い分) 
・父がしてきたルール(モラハラ)は、家族が一心同体でしあわせになるためっていうけど、自分の都合のいいように、自分が嫌な思いしたくないだけでしょ
・家族のこと1番に考えてるからって、土日も完全に家にいなさい、俺と出かけろって、適用するのはおかしい。一番というけど、昔まだ若い頃、強姦のニュースを見かけた時「もし強姦されたら、舌噛んでしね」って言ったのは父でしょ?何が、家族を守るだよ!

もっと色々あるけどの昔のモラハラエピソードも交えて喧嘩してた。
ここまでが前提、長くてごめんなさい。

続きを読む

759: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/18(水)20:52:56 ID:qD9
関東圏住み夫婦、自分は休出残業かなりこなした上で結婚前は年収430万
嫁は結婚前は年収700万
高卒と大卒だし仕方ないかと思ってたけど、付き合ってる時は正直悔しいというか情けなかった
結婚して嫁が退職
再就職した先は中小企業で、嫁の初年度の年収は350万だった
俺は少し上がって500万になった
世帯年収は850万だし十分だろうと思ってたんだ
でも昨年度の明細見たら俺ほとんど変わらず510万、嫁は550万に跳ね上がってた
未経験の業界だったから採用の時は低かったらしいんだけど
嫁の働きぶりで評価されて会社がグンと昇給してくれたらしい
嫁の頑張りを褒めるべきだとわかってはいるけど、どうしても素直に凄いなって言えない
俺は地方だけど上場企業の支店採用
社会的信用度は俺の方が上だから、ローン組む時は俺の方が有利だし頼りにしてます!って嫁は言ってくれるけど
大きな会社だし給与の上がり幅も体系立っててそんないきなり100万も200万も上がることは不可能
嫁は実力が認められればどんどん上がってくみたいで、これからも差は開きそう
出会った時より、嫁が再就職して抜かされた今の方がより惨めだ
どうすればこんな卑屈な気持ちから解放されるのかわからない
嫁のことも褒めてやりたいけどぎくしゃくしてしまう

続きを読む

このページのトップヘ