カテゴリ: 夫婦

663: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/17(金)22:47:07 ID:zm9
10年前、10歳、8歳、4歳の子供がいたのに
「好きな人が出来た。今思えばお前のことは元々好きではなかったのかも。
人生は一度きり。彼女とやり直したい」と勝手なことをほざいて出て行った元夫。
そんな酷い言葉を吐かれて、だったら何故3人も子供をもうけたと笑うしかなかった。
大した額でもない養育費(3万×3人)も一年ほどで途絶え、連絡も取れなくなった。
幸い仕事はあったし周囲の助けもあってどうにか暮らしていたが
父が亡くなったのを機に実家で母と同居を始めたのが2年前。
そしてこのお盆に元夫が共通の友人だった人経由で面会を求めてきた。
会いたくなど無かったが、しつこく来られても困るしとりあえず
友人の立ち合いを条件に指定の店に行った。
やり直すことはできないだろうか、子供たちと暮らしたい、
許してもらうわけにはいかないだろうか、ってどの口が言うか。
好きな人とは成就できなかったみたいだ。
別れてすぐにフラれて、この10年近くの間後悔の連続だったとか言われても
私だけならまだしも、養育費が途絶えたってことは子供も見捨てたってことだろうよ。
やり直せると思ってるならお目出た過ぎて笑ってしまう。
どんな神経してんだ。ふざけるな。
「やっぱり無理か」って当たり前じゃないか。
仕事をしてるのかしていないのか何も分からないし知りたいとも思わない。
憐れなぐらいみすぼらしい恰好で多分ロクな暮らしが出来てないんだろうと思う。
だとしたら、戻ってきたがる理由も穿って考えてしまう。
何にしろ“元々好きではなかった”と言われたあの時、どれだけ私の心を傷つけたか
こいつは本当に分かっているんだろうか。
後悔や反省をして済むようなことじゃない。
とにかく二度と顔を見せるなと言って別れてきた。
店を出る時、友人の「だから無理だって言ったじゃないか」ってのが聞こえた。
スレタイの王道のような出来事だった。

続きを読む

463: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/19(土)20:10:43 ID:KIN
娘が二階から転落した。命に別条はなかったけど頬にざっくり傷が入った。
女の子だし目立つ場所に傷が残るとこれから生きていく上で苦労する。顔の傷を色々言われる娘を思うと涙が出てくる。
そして旦那の過失を私のせいにされるのが辛い。
2歳の娘なんだけど、私が買い物に出ている間、旦那に見てもらってた。
そのあいだに娘は転落。
帰ってきたら娘は病院に運ばれており、自宅周辺はご近所の方々で群がってた。
私に連絡無し、しかも旦那は何故か自宅に残ったまま。
何故一緒に救急車に乗らなかったかも謎だし、何故娘が二階にいたのかも謎。
問い詰めたら、旦那の会社から電話がきて話し込んでいたらしい。二階にいた理由は近くの川を旦那と娘で見るため。
電話しているあいだに娘は転落した。ベランダに出られないように転落防止の策をアレコレ施していたのに。

完全に旦那が悪いんだけど、親戚中から母親である私が悪いと物凄く責められた。ご近所さんにもちょくちょく旦那擁護派がいる。

続きを読む

174: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/11(金)11:08:17 ID:3iC
旦那に腹が立った。
旦那の失敗→私の失敗
私の成功→旦那の成功として旦那の親戚中に吹聴してた。
旦那が床にDIY用の釘を置きっぱなしにして1歳半の娘がペロペロ舐める(私不在時。帰ってきてから口に含んでいたのを見つける)
→私が旦那の釘を床に置き、娘が(ry
私が宝くじに当選する(数万)→旦那が宝くじに当選する
旦那が通帳を無くす→私が無くす
私が偶然テレビで見た、「カーペットの染みを簡単に取る裏技」を披露→旦那が自分の知識でカーペットの染みを取った事に

いつのまにやら旦那の親戚中に「できた夫とダメな嫁」としてイメージが広がっていた。
旦那叔母に、もう少し頑張ったら?これ以上旦那くんを困らせるなら離婚してあげなさい。と言われて発覚。
子供が可哀想、旦那くんが可哀想、とかなりガミガミ言われて真実を告げたんだけど、
旦那叔母は甥っ子(旦那)可愛さに完全旦那擁護。
旦那は訂正も庇うこともせず知らんぷり。あまりに腹が立って、人生で初めて旦那に切れた。もちろん叔母が帰った後に。
速攻旦那は叔母に「嫁がヒスった」と泣きついたので、旦那を家から追い出しました。
この家、私の父の家だし。

続きを読む

159: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/10(木)05:00:57 ID:Xrd
命の危険とかじゃない、些細なことなんだけど

私は旦那と16歳の頃からお付き合いさせてもらってた
旦那が1個うえ
旦那が成人式迎えた前年に震災で旦那が私の家に避難してきた
両親は幼い頃に亡くなってたので身一つで逃げてきて、私の両親に支えられながら一から生活を作り直してた
翌年私の成人式で、写真を残すことになった
そういえば旦那は写真も無くなってるんだよね、一枚撮っておく?と提案したら
「一緒に撮った写真がほしい」と言ったので、私の撮影プランに追加料金5000円を払い、ツーショット写真を撮影した
写真屋の人は「普通みなさん追加撮影はご家族でされるんですよ、彼氏とは珍しいですね」と言っていた
旦那はその写真を大事に大事に額に入れて、何故か我が家の玄関に飾ってた
私の家族は「面白い子ね」と笑ってとめないし、来客が来るたびに胸のあたりがムズムズして恥ずかしかった
そのまま彼とは籍を入れて私の家で生活してた
籍を入れた翌年は妹が虐待されている犬を引き取ったので家族が増えた
人間を怖がって最初は誰も触らせなかった
暗くて狭くて人の生活音が届きにくいところが好きなようなので、室内犬だったけど庭に犬小屋を起き、人が居る間は玄関を開けっ放しにして自由に出入りできるようにしていた
しばらくは誰にも構われない自分の小屋から出ようとしなかったけど、そのうち玄関から家の中を覗くようになり、家族が出かけたりする時は出てきて見送ったりしていた
そろそろ冬が迫ってきているし、家の中に小屋をうつそうかと話し合っていた時期に、見知らぬ女が開け放たれた玄関に飛び込んできた
犬が吠えるので何事かと駆けつけると、旦那の大切にしていた写真をビリビリに破いていた
私の顔を念入りに刻んでいて引いた
呆気にとられていると母が駆けつけ、同じくして犬が女の首に噛みついた
女の悲鳴で近所の人が覗きに来て、犬を見て玄関に挿してある傘で叩こうとしたり、それを母が体を張って止めたりとテンヤワンヤ
おじさんが「警察呼べ!」と叫んだのですぐに家電から110に通報した
女は錯乱してたので取り押さえられ、母も警察に連れて行かれた
私は犬小屋を部屋の中にうつし、吠えまくって失禁する犬をどうにか落ち着かせようと必至だった
女の正体は近所にある宗教団体の勧誘員だった
いつも私の家に勧誘にきていたらしいんだけど、私も母もインターホン越しにしか対応しないので気付かなかった
「私の話を聞かないくせにあんな写真見せつけて!」と一方的に恨まれていた
「私は彼との写真なんてないのに私も写真とりたかったのに私も彼とデートしたかったのに」と、要は私の旦那に一方的に好意を寄せてたらしい
旦那から聞いたけど、仕事帰りよく宗教勧誘の冊子と新聞を持って話しかけられてたらしい
でも私が宗教大嫌いなのを知って家に入る前には処分して黙ってたそうだ
ビリビリになった写真を見てドラマで見るように脱力系して膝をついてしばらく呆けていた
そんなに大切に思ってたなんて思わなくて、「写真はまた撮ればいいから」と慰めたけど
「この振り袖を着たお前が凄く気に入ってたんだ、こんなに綺麗な写真をなんで・・・お前なんで・・・」と言葉にならない言葉で呻いていた
事件のあとは写真のことを知る方々に「あんなにいい写真を失うなんて・・・」とほうぼうから慰められた
母にその話をしたら「あんないい写真もそうないと思う」と言われて、不思議な気分
もう私や旦那がどんな顔をして写っていたのかも思い出せない
あんなに毎日見ていたのに
友達にもこの話をしたら、「いいな、旦那との成人式のツーショット写真なんてなかなか残せるものじゃないよ」と言われて、今更惜しくなった
そんなにいい写真だっただろうか

続きを読む

777: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/14(火)16:16:08 ID:iEN
疲れた。

朝早起きして自分の準備して家族三人分のお弁当作って
その間に回して置いた洗濯物を干して
嫌がる息子を捕まえてトイレに連行。トイレしない!と泣く
息子を怒鳴りつけてたら旦那に
「したくないって言ってんだから無理やり閉じ込めるな!」
と言われ、息子はパパー!とトイレから出てきて抱きつく。
そして旦那は先に仕事に行き、息子を保育園に送る途中で
「ママ!しっこ!」と泣く。息子にはムカつかない。
何とか職場に着いて(正社員です)
昼休憩、トイレトレーニングを手伝ってくれない旦那の事を愚痴ったら
男を見る目がなかった、男を説得させる根拠が足りない
男を手玉に取る技量もないの、と男性達に冗談っぽく言われ無言
帰り際、定時上がりなのをまた彼らに「子持ちはずるいっすね」と冗談なのか分からない言い方をされて後にして
保育園に息子を迎えに行って暴れる息子を注意しながらスーパーに買い物。
あれ欲しいこれ欲しいと泣く息子。最初は優しく注意してたけど
ドンドン奇声と共にママ!ママ!と泣くから周りの目が痛い。
急いで買い物して家に帰って息子を風呂に入れて晩御飯の準備。
寝る前にトイレに閉じ込めたら息子が泣いてたけど
疲れている旦那はそこはスルーして息子の相手をせずスマホポチポチして寝室へ。

旦那が俺の実家で同居して欲しいと言う。
お婆ちゃんお爺ちゃん、ひいばあちゃん居てみんな高齢。
私の仕事はどこでも出来るけど、介護まで手は回らないよと言ったら「まだ倒れてない」
いずれ倒れるかもしれない、と言ったら考え過ぎと笑われた。

もうダメだ。
一人で生きたい。
子供もいらない。

続きを読む

このページのトップヘ