カテゴリ: 結婚

649: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/02/11(日) 20:16:13.59 ID:Dv5vZ/FI
知り合いの紹介で付き合った元彼

非正規なのに親から無心されていたり、
親から地元に戻ってこいと言われたからと地元零細企業に転職
結婚の話になったときに、結婚しても共働きで産休育休とか取らないでね。と一言
その後他の女の子にもアプローチをしていることが判明し別れる

しばらくして連絡があり、元彼再び転職したとのこと
居酒屋で復縁の申し出あり
今後の話をするも、酔っ払って話にならず
そんな様なのに元彼酔った勢いですぐに話を進めたいみたいだったが、暫く様子見で付き合うという事にした

わが家のペットが亡くなる。悲しんでいる時に、面倒臭そうに気持ちがよく分からんと言われる
予約した旅行前日にへべれけに飲んで当日ドタキャン
仲間内で、間に合わなかったらいいじゃん、と飲んでいたらしい(この中に紹介者もいる)

他にも無神経な言動が目立つようになる
結婚の話を進めたい割りに婚約結婚指輪の話はスルーしようとする
極めつけは式は無駄だから一切いらない、デキ婚が良い
もう最後は呆れて言葉も出ず気分が悪くなり
目の前にいる元彼を見たくもなかった

紹介者曰く、
今は非正規として働いているけど、将来有望な奴だよ、との嘘松
その紹介者も悪友だということが判明したので
合わせてFO

別件でムカつくことがあって思い出したので吐き出し
長文失礼しました

続きを読む

961: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/02/09(金)23:08:39 ID:DSc
通信制短大卒
これを小姑たちに知られてからめっちゃ馬鹿にされる
結婚式に呼びたくないんだけど、学歴を馬鹿にしてきたからって理由で拒絶って、他の出席者にどう映るだろ
やはり夫に迷惑かけちゃうかな

続きを読む

852: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/06/18(水)13:36:47 ID:2kBrURN3v
1人の男のせいで婚約破棄された話。

5年ほど前、私には婚約者がいた。優しくて私の仕事に理解があって(学童の主任)
病気になったら必死に看病してくれるし、決してイケメンではなかったが本当にいい男だった。
私はそんな彼が大好きで、同棲中は凝った料理を作ったりマッサージの勉強をしたりととにかく尽くした。
同棲2年目に婚約し、お互いの両親に挨拶。幸せいっぱいだった。
しかし急に彼が籍を入れるのを躊躇うようになった。もう婚約指輪も貰ったし早く結婚したい!と思っていた私は理由を聞くが、
「ごめん、時間頂戴」と言うだけ。私の両親も彼の両親も不思議がってたので、彼両親が彼に訳を聞いてくれることになった。
翌日に彼母から電話があり、彼に理由を聞いてくれたとの事なので聞いてみると・・・

・彼の上司の男性が結婚はやめた方がいいと言って来た

・上司は離婚暦2回のの53歳。最初の嫁も2回目の嫁も交際中は尽くして努力してくれたが、結婚した途端ダラけた。

・給料をしっかりと管理され自由に使えない。そのくせ自分は友人と豪華ランチ(2人とも)

・ほっそりしていたのにぶくぶく太って、とてもじゃないが抱く気にはなれなくなった。

・・・という事を上司に吹き込まれたらしい。彼母は、私ちゃんはそんなことないと説得してくれていたようだが
彼は婚約破棄の意思を呟いていたという。彼母は、泣きながらごめんなさいと謝ってきたが、彼母は悪くない。
上司という女運の無い男たった一人の言葉に流された彼に怒りが募った。もちろん上司にも。
その日、彼は帰ってこなかった。「明日○○のカフェに来て。」とメールが来ただけ。
あ、こりゃ婚約破棄を言い渡されるわと思ってわんわん泣いた。そんなときに母と彼母が部屋を訪ねてきた。
私と彼のことで心配してくれて、母同士でどうにかならないか話し合ったらしい。それで2人で部屋を訪ねてきた。
彼が帰ってこないことを告げると、彼母が彼に連絡を取ろうと試みたが、一切応じなかった。


続きを読む

819: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/02/07(水)16:13:40 ID:e7j
初めての書き込みなので、ルール違反やスレチなどありましたらご指摘ください。

彼との結婚に関することで相談です。
私 20代後半、長女、大学生の妹がいます
彼 20代後半、次男
交際3年半で結婚の話が出ていますが、名字をどちらにするかで揉めています。

私の実家は所謂名家ではなく普通のサラリーマン家庭ですが、曾祖父が立派な方だったらしく、父がそれをとても誇りに思っており、曾祖父が残してくれた家・土地を今と同じ名字で残していきたいと考えているようです。
我が家は私と妹の二人姉妹ですが、妹は県外で就職・結婚したいと言っています。家と土地を今と同じ名字で残すとなると、私の彼に私の名字を名乗ってもらうことになります。

彼は次男で私と同郷なので、最初は彼もそれに同意してくれていました。しかし、彼のお母様が「男なのに名字が変わるなんて!」「婿入りなんてしたら絶対苦労する!そんな苦労はさせられない!」と大反対しています。
婿養子に来ていただきたいわけではなく、結婚したら私側の名字を名乗りたいだけなのですが、「息子がとられることに変わりはない」と考えておられるようです…
お母様のあまりの反対に、彼本人も「やっぱりできるならこちらの名字になってほしい」と言い出してきました…

曾祖父のことは私も誇らしく思っていますし、できれば家と土地を私が継ぎたいです。しかし、今父が所有しているのは曾祖父が建てた家と少々の土地と少々の財産のみ…
胸を張れるほどの資産もないし、代々続いてきた名家というわけでもないので、彼のお母様を説得できるほどの物はありません。

ちなみに「家を継ぐ」と言っても親との同居を希望しているわけではなく、父が所有している別の土地に新しく家を建てるなどして別居の予定です。
しかし、用意できるのは土地だけで、新築の家を用意するお金はありません…

やはりこの条件で彼にこちらの名字を名乗ってもらうのはわがままでしょうか?
家を継ぎたい気持ちがある一方で、彼の名字になって穏便に済ませたい気持ちが出てきて、混乱しています。

続きを読む

709: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/06/13(金)15:39:26 ID:63nvzJvsB
小学生の時100円おばさんが恐れられていた。
100円おばさんは黒のワンピースに真っ赤な口紅、茶色の貞子みたいな髪で「100円ちょうだい」と言って迫り、あげるまで追い掛け回してくる。
私の近辺の小中学校では口裂け女より有名で恐れられてた。
先生が不審者の注意を促したり、上級生の男子の幾人かは「今日、100円おばさんに100円投げつけてやったぜ」と騒いでいたが私も周りも誰も会ったことがなく、あくまで怪談とか都市伝説の一種だった。
上京して数年、飲み会で出会った男性がたまたまそんな話題で100円おばさん
の話を出し、聞くと隣町の同郷であることがわかり盛り上がってお付き合いに。
結婚の話がではじめ、帰郷がてら彼の家に挨拶に行くことに。彼家族に歓迎を受け、食事会の最中、なれそめを聞かれ、彼が笑いながら「いや、昔100円おばさんっていたじゃん~」と話し出すと彼姉が真っ青に。急に調子が悪くなったと退席したので、私たちも気まずくなってその場は解散に。
後日彼から別れたいと電話があった。
私家族にも挨拶が終わってただけにしぶる彼にしつこく理由を問うと、100
円おばさんは実の彼の母親だった。
浮気を繰り返し、その浮気相手に彼とお姉さんを虐待させてたこともわかって実家にも見放され、それでも若いうちはよかったが段々とホームレスのようになっていったらしい。
彼家族が幼い彼を不憫に思い全力でブロックしてたのと、父親が早くから再婚したおかげで今までその事実をまったく知らなかったらしい。(実母は病気で、と聞いていた)
様子のおかしい姉から事情を聞いた彼は「もちろん貴方が悪いわけではないのは承知の上で」と前置きして、それでも自分の母親を酒の席で一緒に笑っていた女性と結婚はできないと泣かれた。
彼も修羅場だったと思うが、正直かなりいい歳だったし、20代前半から何年もつきあった彼とこんなことで、とここにきて真実を隠せなかった彼姉のこともずいぶん恨んでしまったよ。

続きを読む

このページのトップヘ