カテゴリ: 結婚

728: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/10/06(火)10:21:07 ID:atW
下の弟の婚約者(元が付くけど省略)がなんとも言えないレベルのアホの子だった。
結婚したら大抵は女性側が名字変えるじゃん?
弟の婚約者、名字が変わったら今までに作った借金(旧姓で借りたお金)が消えると思ってた。
借りてる人と名前が違うからわからなくなると思ってたんだって。
そりゃ闇金みたいなとこならもしかしたらそういう事が起こる事もあるのかもしれないけど、銀行のは絶対ないだろ…。
無理だよ消えないよって説明したらショックを受けた時の友蔵みたいに白くなってた。

続きを読む

749: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/21(火)11:26:24 ID:WtM
同期入社だというAさんとBさん、どっちも既婚男性
Aさん:会話にしょっちゅう奥さんと子供の話題が出る。飲み会に来るのは忘年会か誰かの送別会くらい。
お子さんが大きくなって最近おにぎりを作れるようになったらしく「今日も息子の手作りだよ~」とデレデレ。
毎年奥さんの誕生日近くなると女子社員に流行のリサーチを始める
Bさん:営業でもないのに週に3回は飲み会。
口癖は「女は誉めると天狗になるから調子に乗らせないのが男の手腕」
子供の正確な年齢を知らないらしい。
武勇伝は若い頃にロシア人のホステスとヤったこと。得意のセクハラは「俺デカいよ、見たい?」

社内の女子社員の人気がAさん>>>>>>>超えられない壁>>>>>Bさんだと最近知ったらしく、大ショック受けてるBさんの神経がわかんね。
当たり前だろとしか言いようがない。
本人は「女の前で妻子の影を見せないのが男のたしなみ」「遊び方を知ってるちょい悪オヤジの魅力発散」のつもりだったらしいがキモい。
離婚が決まって女子社員に合コンしようよーと言い回ってるが誰も相手にしないからあせってる。
あなたのような不良物件を友人知人に紹介するアホはいませんよ。

続きを読む

626: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/15(水)14:10:43 ID:nWg
上司の紹介で、取引先の男性(専業主夫希望)とお見合いというか軽くお茶してきた
相手は30代半ば、父親が80歳超、母親は70歳後半、両親ともに病気であまり先が長くない
それにしてもずいぶんと遅い時の子だと思ったら、彼の母親はいわゆる2号さんで
実母が亡くなってから実父に引き取られたとのこと
実父・継母との関係は良好で、どちらも自分の手で看取りたいとのこと
付き添いできていたうちの上司がほだされかけて、ぜひにと勧められたが
気になったから色々聞いてみた

私「失礼ですが、ご両親の年齢と病気を考えると介護期間はあまり長くないですよね
たとえば10年で終わったとして、そのときあなたはまだ40代半ばだけど
それからはどうなさるおつもりですか?」
相手「そのときには子供がいるだろうから育児をします」
私「私は今年42歳で、妊娠できるかわからないし、確実に高リスクの出産になります
出産時にトラブルがあれば、私が専門職とはいえ、復職できるとは限りません」
相手「それは可能性としては低いのではないですか」
私「病気や怪我と同じで、出産で離職する女性は少なくありません
若い女性でもそれなのに、私のような高齢の場合は間違いなくリスクは高いですよ
私が無職になる可能性も考えてみてください」
相手「貯金がありますよね、それに保険には入ってないのですか」
私「もちろん備えはありますが、つまりあなたが改めて働くというお考えはないのですね」
相手「あなたと違って僕は資格もないただのサラリーマンだから再就職は難しい」
私「ご紹介ならばできると思いますが」
相手「そのころは介護のために精神的に疲弊してるだろうから、きっと働けません」
私「疲弊しているなら育児も難しいのでは」
相手「育児と仕事は違いますよ」
私「そうですね、育児のほうがきっと幸せだと思います
しかし私の年齢を考えると、子供に障害が出るかもしれませんが耐えられますか?
健常児であったとしても、数時間おきに授乳をしたりといった面倒は見られますか?」
相手「僕に障害者の身内はいないので、もし障害児だったらそちらの責任でなんとかしてください
それにね、まず授乳は女性の仕事だと思いますが(大爆笑)」

その辺で上司がブチキレて二人して帰ってきた
上司には、あそこまでアホだと知っていたら紹介しなかったと謝られたけど
あそこまで規格外のアホがリアルに存在するなんて想像もできないよねぇ
多分理由をつけて仕事をやめたくて
私→専門職で食いっぱぐれなさそう、高齢で結婚に焦ってるであろうBBA
ってことで目をつけたんだと思うが、残念ながら仕事に生きる理屈っぽいBBAだから
結婚なんて今更どっちでもいいし、年下の男だからって別に魅力感じないです
年上好きで好みのタイプは草刈正雄だし
草刈正雄が専業主夫やりたいって言ったら喜んで養うわ

続きを読む

110: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/07(月)08:00:16 ID:kPS
結婚式にお呼ばれした時の終始もやもやとする話

遠方にすむ大学時代の後輩の結婚式だったのだが、まず招待の仕方がもやもや。
別の共通の友人の結婚式で結婚するということは聞いていて、おめでとうと話していたのが式の数ヶ月前。
元々すごく親しいわけでもなかったからその後連絡など取っていなかったのだが、突然「招待状送りたいので住所教えて下さい」と連絡が来た。
まず結婚するのは知っていたがいつするかも知らないし、そもそも式に招待されるなど聞いてもいないのに突然住所教えて下さいはないだろと思った。
しかも式はいつなのか聞くと一ヶ月半後のGWど真ん中。
たまたま空いていたからいいけれどこの誘い方はないだろともやもやしつつも当時はまだ若く結婚式経験もそこまでなかった為断るという概念がなく出席した。
遠方とはいっても頑張れば鈍行で行ける距離で、お金の節約もあり行きは始発で鈍行で向かった。
私たちは披露宴からの参加で(式の招待は人数が多くチャペルに入りきらないからとのことでされなかった)、駅から専用のバスが何時に出るからそれに乗ってきてくださいと案内の紙が入っていてそれに合わせて待ち合わせした。
しかしいくら待てど全くバスが来ない。
ただでさえヒールにドレスで始発で何時間も電車に乗った上に炎天下のビル街で椅子もない中待つのは本当に辛かった。
式場にも何度も電話したが渋滞で遅れてる待っててほしいと言われ渋々ずっと待っていた。
しかし一時間以上待っても来なくて流石に遅れそうだしタクシーで行こう、式場には電話しておけばいいよねと言っていたら別の方の同式場のバスが来て乗せてくれギリギリ式場に着いたのだけど、なんとバスなど元々用意されていなかったと言われた。
式場の方は謝ってくれたけど、何度もした電話での遅れてます発言は何だったのかわからないし、そもそも招待状の中の案内の紙はなんなんだとこの時点でへとへとともやもやが凄かった。
この事は新郎新婦からは謝られていない。
あえて言うのもなんだからと思って伝えなかったから知らないのかもしれないけれど。

もうこの時点で一緒にいた友人たちと疲れ果てていて二次会は出るのを辞めようかと話したくらいだが、参加すると伝えてしまった手前参加。
その二次会も新婦の兄妹やら幹事やらが商品をかっさらってた。
仕組んでないと言っていたが、そもそもくじに入れるなよと思う。
がめつい考えだけど高い参加費出してる私たちが景品もゲームも参加できず、カメラマンとして来てる兄妹や幹事はきっと参加費など払っていないし、そんな人達が景品かっさらってくのは流石に白けた。
そこまで終始もやもやで疲れた結婚式だったから友人と帰りは新幹線で帰ろうとチケットを買った。
御車代を頂いていたのだが、ここで最後のもやもや。
一緒に帰った友人とは30分くらいしか電車で離れていない距離なのだが、私と御車代が倍以上違ってた。
私は鈍行片道分で友人は新幹線片道分。
県はぎりぎり違うからなのかもしれないが、それにしてもなと最後までもやもやした結婚式でした。
御車代は正直貰えただけで嬉しいのだが、ここまでもやもやした結婚式での事で損した気分になっていたからこそ感じてしまったもやもやだったと思う。
もう何年も前のことでその後何度も結婚式にお呼ばれしたがここまでもやもやする結婚式はなかった。
あんなに当時は相談に乗ったりと目をかけてきたつもりだっただけに残念で仕方なかったです。

続きを読む

971: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/11(土)20:35:44 ID:oQX
今現在の修羅場。

妻とは同い年の27歳、結婚2年目。
同じ会社の同期で、結婚後妻の希望で退職しパート勤めをしている。
3年間は子無しで新婚生活を楽しみ、来年解禁の予定だった。
しかし今現在俺は離婚したいと言う思いが日に日に強くなってきている。

そもそもの原因は、2ヶ月ぐらい前から突然妻の態度が余所余所しくなり
それまで普通にテーブルの上に置いていたスマホを常にポケットに入れるようになった。
別に嫁のスマホを見ることは今までも無かったが、たまにテーブルの上で着信が鳴ってると
電話だぞーって持って行ったりしてた程度。
夕食もそれまでは一応手作りには拘っていたみたいだけど
買ってきたおかずが1品付いたり、副菜が納豆とか冷ややっこだけになることも。
それが不満と言うわけではなく、見た目に明らかな変化があったと言うこと。
又、ずっとストレートの髪だったのが、急にパーマあててきた。
あまりにも分かりやすく突然変化したから、正直浮気を疑った。
でもそれを調べる方法が良く分からなくて、探偵とか雇う方法もお金も無かったし
ひとりで悶々と悩んだりもしてたんだが、ある日思い切って
「俺に何か隠してることない?」って聞いたんだ。
そしたら「何かって何?浮気でも疑ってるの?」って逆に質問されて
「疑いたくないけど、急に色々変わったから」って言ったら
「だから!浮気とか疑ったわけ!?」ってキレ気味に言われ
その言い方にちょっとムカついて
「急にスマホ持ち歩いたりお洒落しだしたら普通に疑うだろ!」って
売り言葉に買い言葉で俺もちょっとキレ気味に言ってしまった。
そしたら急にクスクス笑いだして「嫉妬してくれたんだー嬉しい」って言われて
なにがなんだかワケわからんかった。

続きを読む

このページのトップヘ