カテゴリ: 結婚

299: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/14(金)15:40:23 ID:VEEdqaSPA
昔の話ですが。
私は職場の男性と付き合い結婚することになりました。
ただ、結婚当初から彼の田舎に帰り、彼の実家に敷地内同居することが条件でした。
まず婚約者の彼が私より1年早く退社して実家に帰り、新しい職場に就職して慣れたころに私が退社して婚約者の元に行く予定でした。
初めのうちは婚約者はマメにメールをくれて近況を知らせてくれていたのですが、だんだんと減り
「疲れたから寝ます」と毎晩送ってくるようになりました。
そんなメールを送らなくてもいい、用があるときだけでいいからと返信したら、それから週に1回ぐらいに激減。
それでも慣れない職場に慣れない仕事だから疲れて当然と思っていたら誤爆メールが来ました。
私と式場選びの日程の打ち合わせのメールをやりとりしていた直後でした。
「ごめん、風呂入ってた!Aちゃんのこと考えながら入ってたから長風呂になった(汗の絵文字)」
もう心臓がドクドクして顔が一気に熱くなった。
すぐに電話して「なんなの?これ?」とキツめに聞くとやっと誤爆したことに気がついたようでしどろもどろ。

翌日すぐに彼の地元に行き、駅近くのファミレスで直接話を聞くとAちゃんとはアニメのキャラで、本当に送る相手はアニメ好きな男性の友達だ。
浮気とかしてないwwしてないww びっくりしたよね?ごめんごめん!本当にごめん!!お詫びに何かプレゼントするから!と大声で謝り倒し。
そして、「会社を抜けてきてるから、もう行くから!じゃ!また後で電話するから!」と、一方的に喋っていなくなりました。
この頃はまだ、彼を100%信じてやれない自分を多少攻めたりしながら、自分の疑惑を誤魔化していました。

それからモヤモヤしつつも結婚へ向けてのスケジュールを消化し、同僚たちに盛大な送別会をしてもらい退社しました。
結納も済ませたし、やっぱりあれは浮気じゃなくて、紛らわしいメールだったんだと納得しかけていました。
両親や姉妹たちから荷造りを手伝ってもらって、ついに彼の元に行くことになりました。
式は同居開始の3ヶ月後の予定で、彼の両親が敷地内に家を新築してくれていました。
ご近所に彼のお母さんといっしょに挨拶に回ったり、彼のお姉さんが道を教えてあげる、ここのお店はおすすめ!と
あちこち教えてくれたり、彼とも式の最終調整などで慌ただしい毎日だったのです。
本当に後は式をあげて新婚旅行に行くだけでした。

続きを読む

339: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/12(木)00:55:16 ID:22s
質問です。
経緯長いです。すみません。
昔知り合いの紹介で仲良くなった男性(以下山岡)がいました。
感じ良くて雰囲気イケメンで、仕事もきっちりしてるように見えた人でした。普通の会社員で営業です。
でも2ヶ月後に「新人とお客さんところに集金してたら
新人が300万持って行方不明になった。親のリフォームに金出したばかりで、150万しかない。社長は責任取って払えと言ってる。すまないが金を貸して欲しい」と、言われました。

たしかに山岡君とは友達以上な仲になっていたけど、
仮に学生時代の友達から同じこと言われても断っていたと思うと、伝えて断りました。
本当は2ヶ月しか経ってないのに金貸せとか頭おかしいだろ、って思ってたけど、波風立てたくなくて、表現変えて断りました。

その一週間後、その人とご飯を食べて駅でいつも通り別れたのですが、改札で女性(以下裕子)に手を掴まれて、
「山岡君って知ってますか?」と言われました。

振り払おうと思ったのですが、人の多い駅だから変なことされたら大声出せばいいやと思い、裕子さんの話を聞くことにしました。
裕子さんの旦那だと名乗る人も途中から来て、少し怖くなってきたので改札にくっついてるドトー◯的なコーヒー屋で。

話を聞くと、
・山岡と婚約して共有財産として車(わりと高級な外車)を買ったら連絡取れなくなった。
・一緒に住む予定の家の家具を全て揃えたけど、式の費用を出して貰う代わりに家具代を全部払った。
・一通り支払いの後、連絡が繋がらない。

という事で、連絡先を聞きたがってたので、ひとまず山岡君の職場を教えました。
職場は公式サイトの先輩社員紹介で写真付きで載っていたので、教えても大丈夫かなと思いまして・・・。

その時はそこで別れ、山岡君とも疎遠になったのですが。
これで良かったのかな?とモヤモヤな自分がいます。

実は山岡君は結婚詐欺師だったなら、裕子さんを見捨てていますし、
逆に裕子さんがストーカーしていたとかだと、いくら会社のサイトに写真を載せてるとは言え、職場を教えるのはまずかったかと後になって考えてる自分がいます。

疎遠になって良かったと思った私はやはり薄情でしょうか?
どちらかに協力すべきでしたでしょうか?

単にモヤモヤを少しでもどうにかしたいだけの質問です。長文すみませんでした。

続きを読む

198: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/10(火)09:46:39 ID:Zkw
なんか男性って危機感ない人が多いのか、自分の立場が分かってないのか、女との結婚恋愛感が違いすぎてモヤモヤする。

ある会社の先輩♂(34)が、やたら後輩の女子に「女紹介して」と頼む。
まあそれは良いけど、条件が面倒。
例えば、絶対年下で34~20代前半。
顔は性格が合えば多少は好みじゃなくても大丈夫。
でも俺の好みとしては、顔は(社内でも美人と評判の)Aさん。
性格は(社内でも気遣いのできて、男の人を立てられる)Bさん。
子供は一人(女の子)欲しい。

とか。
まあそれは良いとして、頼む相手が20代前半の女子。
社内に丁度良い年齢がいないから仕方ないにせよ、知り合いの20代後半の人に年下の自分たちが男の人を紹介するってなんか失礼だし、変に合わなかったときが面倒だから誰も紹介したがらない。
目ぼしい人もいないから「婚活行ったらどうですか?」と女子は勧めているけど、それはその人のプライドが許さないらしい。

なんか結婚目的の出会いというのが許せなくて、頑なに恋愛に拘る。
別にそこは良いのだけれど、服装は年がら年中、いつ買ったか分からないような野暮ったいパーカー。
せめて服装をもうちょっとちゃんとしたら、モテるかもしれないってアドバイスすれば「そこまでしたくない」。

とにかく俺は俺( ー`дー´)キリッ
でもこんな等身大の俺を愛してくれる女がいたら結婚したい。

っていうスタンスで、女子はみんなドン引き。
自分はモテるために努力はしないし、何もしたくないけど俺を変えることができるような、俺を惚れさせる女には出会いたいから紹介しろっていう感じで、会社女子と真っ向から対立してる。

女子の言い分「なんで努力しないのに、女が寄ってくると思ってるんだろう?鏡見てから言え」
先輩の言い分「結婚はしたいけどそこまで努力したくはない。価値観の違いなんだから、良い人紹介できならいなら『紹介出来ません』で良いのに、一々口出しするな」

っていう感じ。
私は今その間に挟まれてる。
正直、その先輩が結婚できなくてもどうでも良いし興味もないから、その条件で結婚できたら良いですねー(棒)って感じ。
女の人もみんな必要以上にその先輩の価値観に反応し過ぎな気もするし、放っておけば良いのにって思う。
一番下っ端ってつらすぎる……。

続きを読む

80: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/10/31(金)16:42:00 ID:4KCr4JvMK
当時 俺25 彼女26
交際中彼女が「27までに結婚したい」と言ってきたので婚約指輪を渡してプロポーズ
婚約中彼女が泡嬢の経験がある事を告白されたのが俺の心の中で修羅場
結婚したが国内での新婚旅行の最終日前日、一戦終わってさあ二戦目と思っていたら
「母が癌で入院。すぐ戻れ」の知らせを受けたのも修羅場

彼女(入籍したので嫁)に戻りたいと言ったら「新婚旅行の方が大事」と言われ喧嘩したのも修羅場
3週間後に母が亡くなった時お坊さんが●を漏らし
父が「これが本当のクソ坊主」と言って場が和んだのが嫁にとっての修羅場
(軽口が出るのもそれで場が和むのも許せなかったらしい)

ある日帰宅したらリビングの机の上にバイブがあったり
小梨で金に困ってた訳でもないのに嫁がヘルス嬢になったりして
結局離婚したのが最大の修羅場だった

続きを読む

48: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/10/30(木)12:39:09 ID:FsVZ2rMv1
文章ヘタなんでうまく説明できないかもしれないけど修羅場。
嫁と結婚話が持ち上がって嫁親と俺親と会食をした。
その時嫁親が「一人っ子ですか?三人家族ですか?」と何度も聞く。
「そうですよー、前は祖母がいたんで四人家族でしたが」と答えてがふにおちない顔。
その日はそれで終わった。
後日また嫁親に会った。服の趣味とか、どこで髪切るのかとか
どうでもいいことをやけにしつこく聞かれた。
嫁(当時は彼女)に「うちの親なんかヘンだったね、ごめんね」とあとで謝られた。
結婚話は嫁親が乗り気じゃないみたいでなかなか進まなかった。
嫁がキレる寸前で俺がまあまあとなだめていた。
そしたらある日嫁親に「全部誤解だった、すまなかった」と土下座ばりに謝罪された。
俺の名前は清で「きよし」ってみな呼ぶが、本当は「さやか」と読む。
死んだ祖母がつけた名で、母はいやだったが父が祖母にさからえず強行された。
祖母は俺が幼児の時死に、以後は母の決定でずっと「きよし」と呼ばれ育った。
なので俺自身さやかと呼ばれていた記憶はまったくない。
知識でだけ「実はさやかだった」と知ってる状態。でも普段はまるっきり忘れてる。
戸籍にも「清」とだけ載っててよみがな書いてないし。

続きを読む

このページのトップヘ