タグ:アレルギー

89: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/11(金)00:42:38 ID:jqp
『アレルギーは甘え。食べさせて矯正すれば治る』が口癖の超劇猛毒母から義実家に逃げて絶縁した。
前述のとおり私の母は『アレルギーは甘え』教にどっぷりがっつりハマった最凶レベルのキチ。
私と旦那の子供(当時2歳)が桃アレルギー(食べるとノドが大きく腫れた)と知って大発狂し、何度も家に凸しては「食べれば治る!しっかり矯正しましょう!」と言い出した。
根気強く何度言っても「何度も食べれば治る!」のトンデモ理論を振り回して話にならないので、最初にアレルギー発症した時にお世話になった先生に相談した。
「連れてきてくれればアレルギーがどれだけ危険か説明しますよ」って快く説得を引き受けてくれた。

…けど。

クソ母は医師の先生が何を言っても「全てのアレルギーがそうとは限らないでしょう?」「食べたら100%死ぬのですか?違うでしょう?」
「99%でも1%は可能性があるでしょう?『絶対に無理』などという言葉を医者が使う事は許されませんよ」とまるで話が成り立たない。
挙句の果てに「あなたが医師として信用に値しない人だという事がよく分かりました。孫のアレルギーは私がしっかり矯正して治してみせます」と一方的に『勝利宣言』をして悠々と診察室を出てしまった。
先生がこりゃダメだ、って感じで「もう逃げた方がいいよアレ」って呟いた。
私もそのつもりだった。出ないと確実に子供がボケ母に殺されると思ったし。

病院からの帰りにクソ母が「デパート寄って。これからしっかり孫ちゃんのアレルギーを矯正しないと!」と桃を買う気満々。
車をデパートの前で止め、私は「じゃあ私駐車場に止めるから先買い物しといて」って言って
バカを車から降ろし(子供を後ろにいるバカの隣に座らせないで助手席のチャイルドシートに乗せといてホントによかったと思う)、
バカ母が車のドアを閉じた瞬間に全速で家に向かった。何か叫んでたけどグランドスルーした。

家に戻って速攻で旦那と義実家(良ウトメ)に「バカ母が子供にまた桃食べさせようとした。医者に話して貰ったけど聞かない。義実家に逃げさせて」
と連絡。二つ返事で双方からOKが来たんで、そのまま義実家に車で逃亡した。

それから半年くらい私と子供は義実家で過ごし、今の家に引っ越し(ウトメと同居)してバカ母が絶対接触できない状況になって、ようやく嵐が過ぎた。
引っ越しまでクソ母が何度も義実家に襲撃かけて子供を奪取しようとしたが、ウトメがその都度追っ払ってくれたおかげで無事だった。
「アンタのやろうとしてることは人殺し同然なんだよ!そんな殺人鬼まがいな奴を孫ちゃんに合わせると思うか、バカが!」と啖呵切ってくれたウトさんにはホントに感謝してもしきれない。


ウトメの銀婚式祝いで「これからも親子孫5人で楽しくやろうね」と言ってくれたことに感謝。

続きを読む

611: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/14(日)10:02:47 ID:4AY
PTAの子供会で私が死にかけた修羅場
20年近く前で、まだそこまでアレルギーが浸透してなかったのかな
子供の頃だったからそれほど時世を理解しでたわけではないんだけど、それが原因で危なかった

昔の子供会では予算が余ると皆でディズニーランドに行ったりと少しリッチな遠足行事が1月頃にあった
そんな場だから準備される料理もそれなりで、私だけアレルギー持ちで使えない食材があったのに、見た目は他の子と同じでアレルゲンだけ抜いた料理が出てきた
いつも皆と違うものを食べなきゃならなかったのですごく嬉しかった記憶がある
母もお店の人に「うちの子に気を使ってくださってありがとうございます」と食べる前にお礼をしに行った
私はその姿を見て、「私もお礼しなきゃ」と席を立ってコックさんのところへ行き、母の隣で頭を下げて「ありがとうございました」と伝えた

戻ってきて料理を見ると、さっき見た時より人参とブロッコリーが多い気がした
「あれ?でも私の記憶違いかな」と思いつつ、隣の子たちに「なんか私の増えた?」と聞いたけど「思い過ごしじゃない?」「何もしてないよ」と言われてそのまま食べた
私のアレルギーは同じまな板で調理してついた分くらいは食べても出るようなものじゃないけど、アレルゲンと共に炒めたり煮たりしたらアウトで一気に出てきて呼吸ができなくなる
そして私は食べて10分ほどで意識朦朧で倒れた
顔がパンパンに腫れ上がって苦しくて涙ボロボロ流してもがく私に母がかけより、獣のような声で吠えてたのを覚えてる
救急車がきたころには目があかなくなり、聞こえる音もぼんやりで、次に目を覚ましたころにはアレルギーを抑えるきつい注射を腕に刺されていた
その日はそのまま入院して、翌日朝一でレストランの人が血相変えて謝罪に来た
その時に母に「私の料理に誰かが嫌いなものいれたのかも」と告げた

その後私の周りに座ってた子たちが呼び出され、私の料理に何かしたか質問したけど、皆口裏合わせてしてないと言う
でも少し離れた席の子と、私達の席の丁度後ろ側に座ってた保護者が
子「私ちゃんのお皿からお肉ほじくってとってるの見た」
保「嫌いな食べ物の話をして、その後皆で嫌いな野菜を除いてどこかに集めてた」
と証言したことで白状した
子供の保護者たちはレストラン濡れ衣をきせるかたちになったことは謝罪したものの、私達への謝罪はなかった
レストランへの謝罪も「お前のせいで面倒かけやがって」とはっきり言われた
私のアレルギーはいつも違うものを食べるので周りに周知されていたが
レストランの食事は(見た目は)皆と同じもの、子供が勘違いするのも仕方ないみたいなことを言われた
その時点で相手の保護者父母10人vsシングルマザーの母1人
私の小学校は登下校時さえPTAの集まりがやってたから、PTAで私が総スカン喰らったら、一人で登下校時させなきゃならなくなる
しかも周りは当時まだアレルギーに知識がなく、こちらを理解してくれるどころか、多勢の方に加担する人しかいない
母は苦渋の決断で、父の残してくれた家を手放し、小3に上がる頃に隣県の小児アレルギーを見てくれる病院のそばに引っ越した
アレルギーで倒れてから引っ越しまで3ヶ月ほどしか無く、母の行動の速さを今更思い知って当時の母には感謝してる

その後、私の地元出身の後輩とたまたま高校で知り合い、その人から
「俺の地域ってPTA活動が盛んだったけど、俺の2個上の人が遠足中に倒れたらしくて、俺が入学した年からなくなったんですよね
マジ俺楽しみにしてたのに、そいつ死んでほしいわー、皆死んで欲しいって恨んでたんですよ」と言われた
私、アレルギー一つでどれだけの人に死ねと思われ続けてるんだろうと思うと悲しくなった

続きを読む

6: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/09(火)11:03:03 ID:5fu
アルコール不耐性って認知度低いの?という質問
先輩たちから「今度飲み会しよう」と誘われたけど、私はアルコール不耐性で一口含むだけで重篤な症状に陥るから、酒の席は断っている
万が一混入なんてことになったら命に関わるし、昔、アルコールを混入され、その時に弁護士入れて揉めるまでに至ったことがあって、あんなことはもう御免だからというのが理由
ところが誘ってきた先輩の一人は「要は好き嫌いでしょ?酒は飲まないと強くならないし、社会人になって付き合い悪い人は仕事できないとみなされるし出世できないよ」と言われた
付き合い以下は同意できるし、私もそれは覚悟の上で身の振り方も考えてる
問題は前半、アルコール不耐性を好き嫌いでバッサリ切り捨てられたこと

先輩たちにはネットで拾ってきた以下の文章を見せた

異常酩酊の一つにアルコール不耐性がある。これは,アルコールを一口飲むだけで激しい身体反応を呈する人で,アルコール過敏性特異体質による。

だけど彼らは最後の「特異体質」だけに着目して、「自分は特殊だから当然考慮されるべきって思ってない?」と軽蔑するような眼差しで言われた
話がまるで通じない
飲み会は絶対参加しないけど、アルコール不耐性ってそこまで認知されてない言葉?
あと上司の一人もこの言葉を知らなかった

続きを読む

590: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/28(金)18:45:15 ID:5Gv
差し入れてもらったケーキを食べてたら、チーズにアレルギー(?)があって食べられない男が発狂しだした
「俺は食べられないんだぞ!食べたら死ぬんだぞ!なのになんで俺の前で見せつけるように!!」
でも全員無視して「ケーキおいしいなー」なんて和気藹々としながらもしゃもしゃ

喘息の人がいると言ってるのに、目の前で「ほら見ろ葉巻だぞー」なんて見せつけながら吸うし
化学物質過敏症だっけ、香水や芳香剤で頭痛吐き気を催すと言ってる人の前でタバコの匂いを消すためとか言って過剰な香水振りまくってたら
そりゃ誰からも気遣いしてもらえなくなるよね

「最近皆カラオケとか飲み会とか誘ってくれないよね」って言ってきたけど
そりゃ逃げられない閉鎖空間でテロするやつを誰が呼ぶかよ

続きを読む

846: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/26(日)01:02:15 ID:XXB
俺の妻が昔、紅茶にアレルゲンを混ぜられたことがあった
妻のアレルゲンは乾燥させて細かい粉状にしたものが売ってるので、サッとふりかけたと犯人は自供してる
飲む前にすぐにバレて笑い話になると思っていたそうで、この浅はかな行いはほんの出来心だったそうだ
アレルゲンをとったとき、妻は顔がパンパンに腫れ上がり、のぼせたように真っ赤になっていた
妻自身、最初は「顔が熱いな」としか思ってなかったそうで、対処をしなかったために、あっという間に息苦しくなり、同時に周りが顔の腫れ驚いて指摘
妻はそのときにヘルペスが出て体調不良なので、それが体調不良かヘルペス所以のものだと思ったそうだ
女性の1人が携帯で写真を撮り、「こんなことになってる」と妻に報告し、その画像を見て、妻は自分の症状がアナフィラキシー症状だと理解
救急車を呼び、エピペンの使用後、妻はいつの間にか意識を失い、目覚めたら病院にいたそうだ

妻が意識を失ってから目が冷めるまで、妻のパンパンに腫れた顔の画像が周りに広まっていた
「顔こんなんになって倒れた!アレルギーだって!何で?お茶飲んだだけだよこの子!アレルギー怖い!」
そんなメッセージと共に拡散された
周りは最初、「顔三倍くらい腫れ上がってるじゃん!大丈夫なの?」「相当ひどいよね、意識戻った?お見舞い行っていいかな」と心配するメッセージばかりだった
しかし、一週間、一ヶ月、二ヶ月とたつうちに、妻の画像を弄りに使い出す人が現れた
妻は体重が45キロの痩せ型だけど、胸がある
その体型を弄るために、「昔は顔がパンパンのデブだった。胸は当時の脂肪の賜物」と、例の画像を利用した
俺にも「こいつ昔超デブでさー」と、その画像を見せてきたので、「何が楽しいの?」と答えたら、「冗談にマジになんなよw」とヘラヘラしていた
妻も周りもドン引きしていたが、画像を見せてきた男とそいつの取り巻きは
妻や周りの「その画像消して」という言葉も、「必死になるのは図星だから」といじりに繋げた
結局何を言っても無駄だと全員無視を決め込んだので、俺も無視を決め込んでいた
大学生ともなると、周りも馬鹿ではないので、いじる連中はあっという間に孤立した
画像を広めた女性も少なからず友達を失ったようだった

それから数年、最近ささやかな祝賀会を開くことになり、主役と仲の良かった大学のメンバーが集まることになった
いじってきた主犯格の男も参加したがったらしいが、主催側が拒否したため来られなかった
祝賀会は同窓会もかねており、久しぶりに会った学友らと思い出話に浸っていたとき
学生のころはあまり絡みの無かった、とてもふくよかな人物が、妻に向かって「失礼を承知で伺いますが、昔とても太っていらしたんですよね」と話題を振ってきた
妻が「どうしてそんなことを」と尋ねると、例の画像を見せてきた
その人の話では、当時の妻を知る男性(参加を断られた人物)が、「こんな人が参加してるかも」と画像をくれたそうだ
その人はきれいに痩せたくて、妻に痩せ方を聞こうと思い話しかけてきたそうだ
周りが「それは嫌がらせの為画像よ」と伝えたところ、「そうですよね、こんな細身の人が昔太ってたなんて思えないし」と肩をがっくり落としていた
気の毒になって皆で話を聞いていたところ、その人は薬の副作用で30キロちかく太ってしまったそうだ
そんな人の真剣な悩みまで利用して、嫌がらせをしてくる神経、そしていまだに妻に何らかの接触を試みようとする神経が1ミリもわからない

続きを読む

このページのトップヘ