タグ:キチ

365: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/26(日)23:56:47 ID:KOK
ちょっと前にあった話だけど、丼チェーン店で飯を食っていたんだが、カウンターにちょっと丁寧に客がいた。
飯を食べる時も両手をあわせて「いただきます」と声をだしてから食べだして、食い終わったら「ごちそうさまでした」と両手をあわせていって、それで店員にも「ごちそうさん」と挨拶して帰って行った。
うまく例えられないけど、旅番組とか料理番組のウソ臭い挨拶というか、今時珍しい丁寧すぎる感じだけど、まぁちょっと珍しいぐらいだった。
映画で言うと、この前の「仮面ライダー1号」で本郷猛がしてるみたいな挨拶だった。

ここまでは普通。何も問題ない。
その様子を見ていた別の男が、店員を呼んで
「今の男はなんだ?」
と聞いた。
「普通のお客様ですが」
「なんであんな挨拶するんだ?あいつには奢ったからだろう。あいつに奢るなら俺にも奢れ」
と絡み出した。
「そういうわけではない。ちゃんとお金を払って行きました」
「嘘をつくな。だったらなんであんな挨拶をするんだ。自分で金を払って食べるのに『いただきます』なんて挨拶するのは宗教ヤローだけだ。
普通の奴は牛丼食べて『ごちそうさま』なんて言う奴なんているわけない。キチガイだ」
などと超理論展開。
「あいつが無銭飲食者で脅されているなら、俺がとっちめてやろうか?」
とやくざっぽい事まで言いだした。
他の客が食事終わって会計しようとしたんだが
「今、俺が話してるんだ!」
ってその店員がその場を離れようとすると怒鳴りだす。
もう1人の店員が他の仕事を全部やるので、待ち客も会計も待たされる。
で、他の客もイライラしだして、その男にも聞こえるように
「ごちそうさまでした!」って両手を合わせて挨拶して、
「釣りはいらねーよ」ってドンブリ勘定で代金はそこにおいて立ち去る。
次の客も「ごちそうさまでした!」って挨拶していって、それが続いたら
「お前ら俺をバカにしてんのか!」ってブチ切れて、そこで警察呼ばれて御用。

続きを読む

297: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/19(日)22:05:07 ID:mfi
嫁と離婚したときの話。
フルタイム勤務の嫁は当時の女性にしては稼いでいて、
当時1歳の息子の子育てもぬかりなかった。
料理もうまい、嫁いでくるまで荒れ放題だった俺の実家の庭もガーデニング?っていうのか?
レンガや小石、花やベリー類などで華やかにしてくれた。
無趣味でゴロゴロしていた同居母も嫁の影響でガーデニングに目覚め、嫁とキャイキャイ楽しんでた。
そんな嫁が、昇進の際に男性社員から嫉妬されたらしい。
女のくせにとか、幹部と寝たに違いないと言いがかりをつけられていた。
その上、嫁が仕事を頑張るのは俺の為に違いないと勘違いしたバカ上司も出現。(嫁の成績はその上司にも影響していたらしい)
バカ上司はしつこく嫁にアプローチし、セクハラにまで発展。滅多にしょげる事が無い嫁が泣きながら相談してきた。

続きを読む

934: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/28(水)13:23:50 ID:ivA
個人的にここまで神経わからんと思った人たちは初めて

以前仕事中に同僚女と重い荷物を運んでいたとき、相手が「あぁ、おもーい!」と言いながら突然荷物の手を離した
私は手を離しそこねて左手の中指の先だけ勢いのついた20キロ近くの荷物に挟まれた
骨折はしていなかったものの、指が斜めに挟まれて爪が剥がれる怪我をした
今爪はかなり再生して、深爪を悪化させたような感じ
なので現在、指用のキズパワーパッドを中指の先に貼って保護しながら仕事してる

職場には結婚を前提にお付き合いしている彼氏がいて、今週から同僚女と共に仕事をしている
この彼氏、5歳年上で上司のお節介で付き合うことになった
彼氏は月曜にお弁当を同僚女と同じテーブルで食べたらしい
同僚女は彼氏のお弁当を見て、「すごーい、全部手作り!」と褒めたらしく 彼氏は「これは彼女が手作りしてくらている」と答えた
すると同僚女は「え、指に絆創膏つけてる人が、ハンバーグとか作ったんですか?汚くないですか?」と言ったらしい
彼氏はそれを私にハトり、「絆創膏したままこねた肉だと思ったら食べられなかった」とハンバーグ丸々残してきやがった

「そもそも爪剥がれたときから私ずっと料理中は左手にゴム手袋してたんですけど!
指怪我した人間にハンバーグねだったのあんただろ!」
と怒ると、彼氏は「あっ!」と今思い出したという顔
普段から料理は一切しない人だったけど、怪我してからも何度も彼氏の家で炊事してたのに、その姿も見てないのかと呆れた
そして怒る私に何を言うのかと思えば、「勘違いしたくらいでそんなヒステリー起こさなくても」
その場で別れを告げた
料理を覚えるから家で一緒に炊事してと言ってきたくせに、仕事疲れたとかでスマホゲームしてるだけだし
ゴム手袋してたことすら見てないなんて
そもそも彼氏の家で炊事するようになって2ヶ月、お前は一体何の料理を作れるようになったのかと
洗ったことのないと言ったカピカピになった炊飯器の内蓋買い替えただけだろボケェ!

昨日上司に彼氏とは今後お付き合いできませんゴメンナサイと伝えると
上司経由で話を聞いた元彼氏が「あれは冗談じゃなかったの!?」と血相変えてやってきた
上司も呼んで事情を説明していると、「炊事くらい女がやってやればいいじゃないか」と言われた
は?なんで私働きながら男の面倒を見なきゃならないの?
結婚したら私の負担が増えるだけじゃん
と言うことを周りの目も忘れてキレ気味に話したところ
話を聞いていた独身キャリアウーマンの上司が「ごもっとも!」と私に賛同してくれて
元彼氏とその上司を黙らせてくれた

その後もイライラしながら仕事をしていたら、例の同僚女が
「彼氏くん可愛そうですよぉ~。汚い絆創膏ハンバーグなんて誰でも食べたくないですよぉ」
となんかよくわからん説教してきた
元はといえばお前が余計なことやったり言ったりしなければ元彼氏の首の皮はつながってたからな?

今日は午前中本社に顔だしたあとすぐ出張だったけど
ロッカールームで私と彼氏の破局理由を同僚女が周りに「絆創膏ハンバーグのせいだ」と言いふらしていた
元彼氏は私の机に「来週の俺の30歳バースデーに仲直りしよう」とメモ書きをのこしていた
この二人の神経どうなってんの

全部味方してくれる上司に報告して、怪我の原因を知ってる人にはマヤったおいた

続きを読む

893: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/26(月)22:39:50 ID:z8J
何を書いても構いませんのでスレと迷ったが返答と長文がないのでこちらに
Twitterでタクシー順番待ちしてたら前の客に拉致られそうになったって話見て思い出した
知り合いのAさんが同様に拉致られそうになった話 ちょいフェイクあり

当時Aさん(女性)は飲食店でバイトしててそこに通い詰めてるB(男性)がいた
特にナンパや暴言等の目立った問題行為などはなく
Aさん含め従業員達は常連の一人として何となく覚えていたそうだ

Aさんは深夜も仕事を入れていていつもは車通勤だったがたまたま家族が借りていて
その日だけタクシーを利用しようとタクシー乗り場に並びにいった
そしたら先に並んでる人がB一人のみ 知り合いなら話しかけるだろうが
そんなに親しくもない客と店員の関係だったので話しかけずに携帯を見ていたらしい

タクシーが来てドアが開き目の前が揺れ 携帯の画面を見ながらでも
A(ああBさん乗ったら少し前に出てタクシーを待とう)と前を見た瞬間
Bの手がグワッとAさんを掴み Aさんは倒れるように乗り込んでしまったらしい
B「ほらタクシー来ちゃったよ 運転手さんお願いします」

そのままタクシーのドアは閉まり発進 我に返って運転手に
A「すみません降ろしてください私とこの人は知り合いじゃありません」と伝えたが
B「すいません運転手さんこいつの事は気にしないで彼女なんで」と遮られた

慌てて否定してAさんは運転手に他人だと伝えるがBはずっと彼氏面
A「本当に知らない人なんです赤の他人なんです」
B「だからさっきは悪かったって 運転手さんに迷惑かけるなよ」
A「この人の名前も知りません!お願いです止めてください」
B「彼女とさっき喧嘩してふてくされてるだけなんです本当にすいません」
A「せめて警察に連れてってくださいお願いします!」

続きを読む

892: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/26(月)21:58:55 ID:sgV
すっごく性格悪い女の発言なので私の神経わからん前提で読んでくだされば胸糞具合マシかも
私が17歳で受験生だった頃、18歳と20歳だった従兄弟の家が津波で流され、伯父さんも伯母さんも亡くなったから
うちの両親が二人を引き取って我が家に住まわせることになった
父と伯父さんの間でお互いになにかあったとき、子供をどうするか約束してたらしい
母は私の年齢と受験から反対気味だったけど、
私が未就学児のとき、母が病気で倒れて一月伯父家にお世話になったこともあり
事情が事情だから、仕方なく受け入れた
私はその時二人にいじめられたから大反対だった(当時は伯父さんが二人をボコボコにして叱ってた)

二人共家も親も失って傷心してたのかもしれないけど、びっくりするほど家事をしなかった
食べた食器はそのまま、洗濯物は出さない、畳まれた洗濯物さえ片付けない、掃除はもちろんしない
自分の部屋のゴミさえ出さない(性欲処理したあとの臭いゴミもそのまま)
両親の部屋が母屋、私や従兄弟たちの部屋が離れで、最初は私がゴミを出すついでに従兄弟たちのゴミを集めてたんだけど
内容物がアレなため、母がゴミを集めることになった
他、溜め込んで出さない洗濯物や部屋の窓を開けての換気も母の仕事に
このとき母は、近距離別居の闘病中の親の介護をしながらパートにまで行ってて
そのうえ従兄弟たちというストレス源を抱えて、更年期障害が一気に悪化
すごく辛そうだったけど、父は昭和の考えで全く家事は手伝わず
さらに最悪なことに二人は食い尽くし系
母がいつものようにすき焼きを大きな鉄鍋に作って出したところ、二人が喧嘩しながら肉を率先してかっさらい
口の中に溢れるくらい肉を詰めた状態のまま、取り箸ではなく自分の箸で鍋からさらに肉をとっていった
父も負けじと肉を取りながら「俺も兄貴と肉を奪い合って食べてたな」とシミジミして、唖然とする私と母が手をつけられない五分ほどの間に、鍋の中は野菜カスだけになった
カレーやシチューも私が塾から帰って食べようとしたら、二人が別皿に置いてあった私の分まで食べて無くなってたことも頻発
半年せず母が爆発
自分の親なので言い訳させてもらうけど、更年期障害もあって正気じゃなかったんだと思う
母は従兄弟たちを半殺し程度にボコボコにして部屋の私物を窓から投げ捨てた
それからは一時的に家事をするようになったけど、それもいっときのことで、結局すぐにゴミ出しだけになった
その度に母が暴れて家事をするの繰り返し
母はストレスから脳梗塞で亡くなってしまったが、従兄弟たちもさっさと出ていけばいいのに、まだ家にいる
そこそこ家事はできるようになったけど、平日に家事を頼むと「俺たちは今日働いてきたんだぞ!」と怒鳴るようになった
私がこの男たちと顔を合わせるのが嫌で、仕事を土日祝、平日休みになるように変更した
従兄弟たちはカレンダー通りの仕事なので、休日私が仕事に行ってる間は家事を任せることにした
(それまでは土日祝は私が家事担当だった)
ところが従兄弟たちは私が仕事言ってる間は食っちゃ寝してるだけで家のことは何一つしていなかった
結局私が正社員として働きながら母のして多分&元々私がしてた家事をしている現状
この家も土地も母が稼いだお金で購入したから、元々母のものだった
相続の件や諸々、準備が整ったので父もろともこの土地も家も処分する

続きを読む

このページのトップヘ