タグ:プロポーズ

407: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/05/27(火)16:21:14 ID:f3m7aOJYj
当時29歳の私には、結婚願望と出産願望があった。
結婚して子供産んで、夫と子供たちと幸せに暮らしたいと思っていた。
付き合って5年目の彼氏はそんな私の願望をよく知って理解してくれていた。
プロポーズの時の言葉も「10人でも100人でも産ませてやる!結婚してくれ!」だった。
私は喜んでプロポーズを受け入れたが、これが地獄の始まりだった。
結婚後も彼は徹底して避妊。生でヤったことは一度も無い。
私がどれだけ懇願しても避妊具を外してくれることはなかった。
彼は、「子供は作らない。あんな理性の無い生き物嫌いだからさ」と言ってきた。
10人でも100人でも産ませてやる!って言ったじゃん!と抗議すると、
「アレは雰囲気作りのノリ。本気にしたの?こちとら結婚できりゃそれでよかったからさ」と返された。
私は顔面蒼白。わんわん泣いた。毎日、話し合いの場を設けようとしてもうざったそうに逃げられる。


私の脳内に離婚がチラつき始めたころ、妊娠が発覚。彼とはずっと避妊し続けてきたのに驚いた。
彼に報告すると、「はああああ!?ありえない!避妊してきたんだぞ俺たちは!他所の男とつくってきたんだろ!」と疑われた。
もちろん浮気もしてないし、男性経験は彼だけ。それを何度訴えても聞き入れて貰えず、義両親や私の両親を巻き込む大修羅場となった。
「欲しい物ねだりに失敗したからって浮気するとか最低な人間がすることだ」と両親の前でになじられ、死にたくなった。
両親は一貫して私の見方をしてくれた(娘との約束を破った彼君が悪いといってくれた)。
しかし「彼女とそんな約束はしてないし、証拠も無い。どんな理由があろうと浮気はダメでしょ。あなた方は浮気を容認するんですね?」と言われて黙ってしまった。
私はぶち切れ、「私はこの子を産みます。産んだらDNA鑑定をしましょう。もし彼君と親子関係が証明されなかったら慰謝料でもなんでも払いましょう。
逆に親子関係が証明されたらわかってますよね?」と言ったら、彼はキョドり始めた。周りは気づいてないようだったが、私はすぐ違和感に気づいた。
彼は「そこまでしなくてもいいだろ。DNA鑑定という言葉を出せば優勢になれると思った?今更そんな虚勢張らなくていいからw」と、
どうにかDNA鑑定を阻止するような言動を見せてきた。

続きます。

続きを読む

162: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/01/26(金)18:07:48 ID:GD7
プロポーズされて舞い上がっていたら了承してその日のうちに貯金額をきかれた。現実的なんだろうけど、一日は夢見心地でいさせてほしかった…
むしろ結婚の約束をする前に聞かれなかっただけありがたいのかな

それで通帳を見てみると言って答えずに帰ってしまいました
数年前に宝くじが当たって貯金額が多めなのですが、正直に伝えるべきか否か迷っています。宝くじのお金がまだ残っていることは家族にも言っていません
自分の年齢の平均貯金額を検索して伝えようかとも思いますが、結婚相手に最初に嘘をつくと、一番身近な人に一生の隠し事をすることになりますよね…

続きを読む

789: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/01/04(日)20:08:46 ID:Avx
ちょっと意見を聞きたい。
年始の修羅場。
登場人物…兄1、兄1嫁、甥(兄1の子)、兄2、兄2彼女、自分、両親

兄2は数年前もらい事故をしてしまい退職を余儀なくされ
彼女とすぐ結婚するはずだったのに退院、リハビリで結婚が延び延びに。
このたび無事に再就職でき、献身的に支えてくれた彼女はもはや家族同然なので
年始の席にも呼びわきあいあいしていた。

続きを読む

20: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/08/28(月) 23:15:21.75 ID:8VUKDePO0
モヤモヤしてるので吐き出させて
3年近く付き合ってる彼に半年ほど前に逆プロポーズしたら「結婚は自由がないし子供もほしくないし縛られたくない」と断られた
それでも情があったから結婚を諦めて付き合い続けてきたんだけどその少し前から続いていた彼の便秘が酷くなり精密検査を受けると3bの大腸がん
あれよという間に手術でストーマに
昨日お見舞に行ったらプロポーズされた
「子供がほしい。一人身のまま死にたくない」
でも私は「私は結婚であなたを縛る気もないしあなたの子供を産む気もない。望み通り自由にすればいい」と慰めながらも断った
もしかしたら私が結婚したいと思ったあの瞬間は虫の知らせだったのかもしれない
結婚していたら子供も産んでたし一生面倒を見るつもりだった
今はこれっぽっちも思わないけど

続きを読む

883: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/01/09(月) 19:27:05.31 ID:YqBCXvIX0
もう何年も前の話。

もともとその女とは、友人の紹介で知り合った。
初対面から話しやすいコで、よく笑う。
こっちが落ち込んでても、ちょっと一緒に出掛けただけで、
気分が明るくなるような、そんな人懐っこい面が好きになった。

ダメもとで交際を申し込んだらまさかのOKで、
紹介した友人が奇跡だと笑ったくらい、以外で、その時は幸せだったよ。

当時二年付き合っていて、そろそろ結婚も考え始めた矢先のことだった。

相手の誕生日に指輪送って求婚しようと思って、3か月くらい前から宝石店を回ってた。
その日は休日出勤の代休で、ゆっくりと2~3店舗回ろうと、手近なデパートをぶらぶらしていた。
するとある一角で、見慣れた後ろ姿に気付いた。
時間昼を回ったころだったと思う。

あれ?あいつ仕事のはずなのにな…と、声をかけようと思ったら、
横に男がいんのね。
男兄弟もいないはずだし、父親って歳でもないし…

急に不安になって、携帯かけても留守電。
必死に見間違えだと自分に言い聞かせようとしても不安でたまらん。
問い詰めてもよかったんだろうけど、あまりにもショックで、
声もかけられず様子をうかがってたよ。

周りから見れば変質者かストーカーに見えたと思う。

続きを読む

このページのトップヘ