タグ:モラハラ

773: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/21(水)11:31:00 ID:8Uv
姉の旦那がいらんアドバイスばっかりしてくるので苦手。
タラコでごはん食べてたら「痛風になるよ」お弁当に入れるウインナー焼いてたら「大腸ガンのもとだよ」
会社の飲み会で遅くなると言えば「乾杯のビールだけにしてあとはソフトドリンクに。門限がどーのこーの(※わが家に門限はない)
彼氏の話なんかしたくないのに根掘り葉掘り聞いてくるし、しつこいからあたりさわりなく彼氏の職種だけちらっと話したら
「その職種は未来がない、いずれAIに取って変わられるから今のうちに別れた方がどーのこーの」
「遺伝子のために身長170センチ以下は駄目」「親を見ると肥満やハゲの遺伝がわかるからまず両親を見て判断」
ボーナスの使い道、旅行の行き先、アマゾンプライムで何を見るか、いちいち聞いてきて駄目出し&アドバイスしてくる。
はいはい聞き流してたら「きみのためを思って」な内容の長文メールが届いた。
メアド教えてないんですが何これ意味不明。
姉に苦情入れたけど「妹ができてはしゃいでるんだよ、ごめんね」だけ。
着信拒否したらさらにしつこくなりそうで、読まず放置を続けてる

続きを読む

152: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/09(木)08:49:12 ID:xrB
私は結婚を機に退職。
旦那に家の事を任せたいって言われたから。
旦那はとにかく食べる事が大好きだけど外食は嫌い。
他人がいると気が散って食事に集中出来ないから。
なので旦那に美味しいご飯を食べさせたくて料理教室に通った。
それなりに料理のレベルは上がったしレパートリーも増えた。
栄養面も頑張りたくて栄養士の資格も取った。
けど旦那は満足しなかったから料理教室も続けつつ調理師学校に行った。
旦那親族が集まってやる宴会でみんなには大絶賛されたけど旦那は満足しなかった。
だから調理師学校卒業後某和食屋で修行させてもらった。
大将はすごく優しい人で下っ端の私にもいろいろ丁寧に教えてくれた。
この頃には食べた人にこれはお金取れるよと言われるくらいだったけどそれでも旦那は満足しなかった。
もう辛くなって旦那と離婚した。
つてもあったし協力してくれる人達もいたから自分でお店を出した。
そしたらオープンした日の夜、帰り道で旦那に刺された。
幸い友人と一緒だったから命に別状はなかった。
旦那は「お前は俺だけに料理作ってればよかったのに!」って喚いてた。
あの人は結局何がしたかったんだろ。
私の料理に満足してくれてたんだろうか。

続きを読む

746: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/07(木)08:47:51 ID:u4l
旦那兄夫婦の修羅場を目の当たりにした。
義兄夫婦のところに女の子が産まれたとの報告を受けた。
私達夫婦のところは当時小梨で、義兄以外に兄弟はいないので旦那にとっては初姪。
出産祝いをもって義兄宅を訪れたんだけど、赤ちゃんに構っているのは義兄だけ。義兄嫁は赤ちゃんをスルーというか、関心がないようだった。
話を聞けば、家事育児を義兄に押し付けているとのこと。
義兄嫁は正社員勤務で同じく正社員勤務の義兄より拘束時間が長いとはいえ、妊娠前から家事の負担は0。
そして案の定出産後もなにもやらない。
出産後の身体を考えて、家事はやらなくてよいにしても育児に関わらないのは許せないと愚痴っていた。
私からしたら、妊娠前に別れろよと思ったが、さすがにそれは口に出せなかった。
次の正月に義実家に集まったんだけど、相変わらず赤ちゃんは義兄が抱き、義兄嫁は金魚の糞のようについて回るだけ。
出産祝いのときと同じように、家事育児は義兄に押し付けていると聞かされた。
義両親は義兄嫁を叱りつつ、陰で義兄に別れろ、義兄嫁は金くい虫だ、親権は取れと言っていた。
この正月のときに、私も旦那も「ん?」と思ったのは、
義兄嫁は赤ちゃんに関わらない事以外は印象が良い事。愛想は良いし、様々な事を進んでやること。
義兄の赤ちゃんの扱いが素人目にもわかるくらいぎこちなかった事。

続きを読む

147: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/12/12(土)09:24:49 ID:88h
実兄が離婚した。
2年前から「離婚したい、俺はATMだ。嫁も子供も俺を利用するだけで家族と思ってない」
と愚痴っているのは知ってたがまさか本当に離婚するとは思わなかった。
兄貴も兄嫁も浮気や借金などはなかったから、性格の不一致と嫁姑の諍い等を理由に別れた。
子供は高校生の娘と息子。親権と養育権は兄嫁が取った。
兄貴の離婚を後押しし、味方してくれた同僚らと兄貴は祝い酒を交わし、
「ようやく自分の人生を取り戻せた」と涙ぐんでいた。

俺は兄貴とは4歳違いでガキの頃はよく嫌な事をされた。
いじめというほどじゃないが、チキチクいじってきて、こっちが泣いて怒ると笑って逃げる。
兄貴は子供達にも同じことをしていた。
何か「買ってあげる」と約束しておいて当日に「ウッソ~」とやって泣かすとか、
「おまえの鼻が大きいな」と顔や体の特徴を何度もいじって泣かすとか、1つ1つはたわいない。
なぜな泣かすのかというと「泣き顔が可愛い」らしい。
しかし子供たちも9~10歳になると学習して相手にしなくなってくる。
ある時、姪(兄の娘)がアイドルにハマった。当時小学生だった姪は、兄貴に「チケットを取ってやる」
と言われ信じた。しかし当然のように嘘だった。
兄貴はそれを姪の誕生パーティで「ウッソ~」とバラした。
その場には俺も両親もいた。誕生パーティは号泣する姪を慰める会と化した。

続きを読む

このページのトップヘ