タグ:不妊

500: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/22(火)20:00:05 ID:C9g
たぶん誰も悪くない修羅場。
従兄は予防接種していたにも関わらず、成人過ぎてオタフク風邪にかかった。
それを気にし、結婚する前にと検査。結果は「生殖機能ほぼなし」だった。
その後、従兄は「子供ができなくてもいいから一緒に暮らそう」という女性と出会い入籍。
そして従兄嫁が30代後半にして妊娠。
従兄は「俺の子ではありえない」と嫁を殴り、調停では済まず
嫁はDVで従兄を訴え、従兄は嫁を不貞で訴える泥沼裁判となった。
結果は離婚。そして慰謝料を払うのは従兄側になった。
裁判途中の証拠として出された(このへん詳しくないから不明)DNA鑑定結果で
子供が99%以上従兄の子だと証明された為。
嫁は裁判になったら有利と見こんで、あえて裁判まで鑑定結果を従兄に知らせずにいたらしい。
従兄は慰謝料・養育費・裁判費用でボロクソにむしられた。
「生殖機能ほぼなし」と診断した病院を訴えようとしたが、弁護士に止められたらしい。
でもまあそりゃ結婚前にそんな診断が下っていれば、疑うのも無理はないわけで…
従兄は運が悪かったとしか言い様がないが、
やはりカッとなる前に再検査・DNA鑑定・非暴力が大事だな。

続きを読む

934: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/30(月)11:42:28 ID:C5N
10数年前の修羅場。
結婚して2年経っても妊娠しなくて、夫婦で検査受けてみたら
旦那の方がちょっと薄かった。
それで体外受精を受けることにして、どうにか5回目で妊娠できた。
が、安定期に入った頃に旦那の浮気が発覚。
旦那の言い訳は「まるで産むための道具のように容器に出さされ
男としてのプライドがすごく傷ついた」と言うもの。
私の方はどこも悪くないのに毎日注射をお尻にプスプス打たれて
片道1時間の専門病院に何日も通って、
あまり辛そうにしてたら旦那が気にするだろうと思って
強がって平気な振りしてたけど、その間旦那はつまらないプライドを盾に
りんりん不倫ですか、ふうん。
本人はもうしない、女とも別れるって言ってたけど
もう信用なんて出来なくなってた。
ただこの子を無事に産むまでは余計なことは考えるまいと思ってた。
ちゃんと産んでからその後のことは考えようって。
大事に大事にお腹の中で育てて、予定日の2日前に出産。
妊娠に至るまでの苦労はあったものの、ちっちゃな我が子を見たら
ちゃんと夫婦で頑張りたいと思う一方で
この子が一生懸命お腹の中で育ってた時にあいつは浮気か~って
黒い気持ちが膨らんでくるのもどうしようもなかった。

そんな時、義父が名前を付けると頑固に言いだした。
その名前ってのが私にはどうにも受け付け難い名前。
「妃華(ひめか)」が字も響きもきれいだって義母も旦那も気に入って
それに決まりそうで私涙目。
ネットに毒され過ぎと言われるかも知れないけど、私はその名前の“あっちの国感”が嫌だった。
それに娘に向かって「ひめ」とか呼ぶの恥ずかしい。
病院通ったりしてやっとできた我が子に自分たちで名前を付けたいって
旦那に話しても「うちは代々祖父が付けてるよ?俺の名前もそうだし」って却下されて。
そんな時、浮気相手とまだ続いていることを知ってしまった。
もうダメだ。ごめん、あなたのお父さん、捨てるね。そう娘に謝りながら離婚を決意。
そして離婚を申し出る前に、名付けの件は私が折れたふりをして
旦那が出張の日に、出生届を自分が付けたかった名前で提出した。
離婚が成立するまで半年ほどかかったけど、その間義父母と旦那は「ひめちゃん」と呼び
私は彼らがいない時は自分が付けた名前で呼んでいた。
彼らの前で「ひめか」とか絶対呼ばなかった。
生まれてすぐにややこしい思いをさせてしまったこと、娘には申し訳ないと思ってる。
でも中学生になった今、自分の名前が好きだってこの間言ってくれて
こっそり涙ぐむほど嬉しかった。

続きを読む

785: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/28(土)17:02:18 ID:e97
愚痴というか辛さの吐き出し
私は生まれつき病気持ちで、子供を望むなら早くから入院して細心の注意を払いながらしか無理だと医者から言われた
夫とはそれを了承貰った上で夫婦二人で生きていく予定だった
ところが義兄夫婦が結婚して10年たっても子供ができず、義兄より5歳年上の義兄嫁は38歳だったらしくて
義両親は私に頭をさげて、どうか孫をお願いします、全力で援助しますと言ってきた
このとき私は結婚二年目で27歳
義兄家庭とは一切交流が無かったため、義兄たちが不妊で悩んでるのも知らなかった
夫をつれてかかりつけの婦人科に行って、私がどれだけ妊娠出産が難しいか、今飲んでる薬もすべて調整しなければならず、リスクも説明してもらった
その上で義両親と話し合い、義両親がすべての費用負担をするということで子供を産む決意をして、一筆書いてもらった
妊娠は病気じゃないから自費になるし、仕事も辞めなくてはならなくなるし、どれほどの費用負担があるのかわからないから、お金の心配がある限り、とても軽々しく産むとは言えなかった
そして丸一年かけて薬の調整をして、無事妊娠した
今はまだ一般に言う安定期でもないけど、医者からはこの後のことについて義両親含めて説明を受けた
妊娠してからかかる費用負担は八割義両親が受け持ってくれてる

これを知った義兄嫁から怒りと恨みを向けられている
義両親の用意できるお金にも限りがあって、義兄嫁が40歳になるまでは義兄嫁の不妊治療を義両親が出していたそうだけど
私が妊娠したことで、そのお金を断って私の方にまわしてるらしい
夫も私も全く知らなかった
だけどこちらの事情は義兄夫婦には筒抜けみたいで、「医療技術で無理やり子供をお腹にとどめて置かなければ妊娠もできない母親の出来損ないが」と言われてる
いつお腹の中の命が消えるかわからないまま常に緊張感と隣り合わせなのに
義兄嫁のストレスもしんどい
何も知らないうちは平和だったのに、知ってしまってからというもの、信じられないくらい精神的な負担になってる
義兄嫁には「あなたは子供って宝があるんだからお金はよこせ」「義両親の負担してるお金は生前贈与に当たる」「義両親の介護はあなたがするべき」
と好き勝手言われてる
吐き気で毎日生きてるのも辛い
二人分生きなきゃと思うのも辛い
授かった命を守りきらなきゃいけない
それなのに無駄な諍いを増やさないで
義両親はブロックすると言われてるけど、全然心が楽にならない
むしろ義両親が憎いけど、働けないのにまだ四大の奨学金の返済残ってるような私と、30歳の夫の収入だけじゃ、先払いの健診費や入院費が払いきれない
私ばかり辛いと思ってしまう
辛いのは私だけじゃないのに被害妄想ばかりでしんどい

続きを読む

952: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/09(木)10:44:37 ID:dMx
凄く長いです。長文嫌いな人はスルーよろしく。

結婚3年経っても子供出来なくて、義父母の催促キャンペーンが始まるし
義妹からも「早く甥か姪か見てみたぁい」とか言われるし
実際私たちも子供が欲しかったので不妊検査をふたりで受けたら
夫の精子が自然妊娠はまず無理ってぐらいに数が少ない上、運動率も悪く奇形率も高かった。
人工授精や体外受精でも難しいと言われ、最初から顕微授精を試みることに。
覚悟はしてたけど、採卵手術前の腰椎麻酔が悲鳴も出ないぐらい痛くて
歯を食いしばって耐えていたら涙だけボロボロでた。
術後、戻った病室で涙の乾いたあとを見て旦那が「いくつだよwww」と笑った。
「お疲れさん」とか「大丈夫か」とか労いの言葉が一切無かった。
いくつかの受精卵の状態が良かったので3つ子宮に戻したのだが
そのあと腹水が貯まって動くのも辛い時に
義母と義妹がアポなしでうちに押し掛けてきて
体調が悪いのでとお帰り頂いたあと夫にメールで
「しばらく訪問を控えるように夫くんから言っておいて」とお願いしたら
「茶ぁ出すぐらいできるだろ」と返信。
「今はストレスが大敵だからお願い」と更に送ったら
帰宅後「何かカリカリしすぎじゃね?」と言われた。
腹水が貯まるのって、痛くはないけど本当に苦しい。息をするのも辛い。
それを訴えたら「大袈裟に言ってるだけじゃないの?」って言われて
なんか色々迷いが生じてきた。

続きを読む

921: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。

続きを読む

このページのトップヘ