タグ:事故

899: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/28(金)20:25:48 ID:log
数年前に夫が死んだ。事故だった。
はっきり年数を書くと
ひょっとすると身バレするかもしれないんで伏せるけど
年単位で前の事なのは本当。
昨日今日の話ではない。

当時だって普通に(人並みにって意味で)悲しかったし
まだ子供も居なかったけど呆然とした。
なんというか「今後の人生が今まで思ってたものと全然違ってきちゃうんだ」
みたいな事を考えて呆然とした。
「もう後はどっちかが死ぬまでずっとこの人と一緒!」みたいに思ってたのが
こんなに急にその日が来るとは信じられなかった。
でも取り乱して泣き喚くまではいかなかった。

事故は夫の身内(姉妹兄弟の誰か。これ以上は伏せます)も一緒にだったので
義理の両親の嘆きようはとてもとても深かった。
一度に我が子が二人もだから無理もなかった。
特に義母はお気の毒で見ていられないくらいだった。
老いつつある親より子が先に逝くという事は、
こんなに辛く悲しい事なんだと。
そしてそれを目にしていたら
「そうか、私はたった数年一緒だっただけなんだよなあ…」
みたいな気持ちがわいてしまい
義母以上に泣くのも何か申し訳ないとか思ってしまった。

それからまた私は一人暮らしに戻り、数年たって
学生時代に仲の良かった子からたまたま連絡が来た。
彼女は私が結婚した事は知っていたが夫と死別した事は知らなかった。
用件は他愛のない事で(学生時代の恩師の今の連絡先分かる、とかそんな程度)
それ自体はさっさと終わってしまったんだけど
二人とも名残惜しい感じで色々とお喋りした。
彼女は既婚で子供はまだ。今は旦那さんは長期出張中。
なぜかつい私も「ウチも旦那、今は居ないんだー」と言ってしまった。
その時点では嘘をついたとまでは感じてなかった。
彼女はそれを「出張中」という意味で受け取って(そりゃそうだ)
「出張中の旦那持ち妻」のネタで軽く愚痴ってきた。
「あるある!」と私も乗って喋った。
喋ってる内に本当に夫は単に出張中のような気分になってきて
その電話の最中は凄く楽しかった。

続きを読む

547: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/10(月)20:06:27 ID:pG0
閲覧注意

私の実家は田舎ではあるがとあるローカル線のよく見える山を所有している
しかしそのよく見えるポイントにいくには山の裏からギリギリ車は通れる程度の長く険しい獣道みたいなところを通らなければならない
その中でも危険なのが途中の澤にかかった築60年とも言われる最低限の支えをしただけのような木製の橋
車は通れなくはないが、通るたびに嫌な揺れや音がするし、高さは5mはあるし、多分普通に落ちたら助からない
この奥には地元のお祭りで重要な無人のお社があるため、昔はこの危険な橋を住民総出で使用していた
が、ある時期に住民がお社までまっすぐいけるよう山の表に立派な階段をつくりその道は使われなくなった
それからしばらくすると、先ほどのポイントを目指してたびたびある撮り鉄の一団が出現するようになった
そいつらは撮り鉄のテンプレみたいな奴らで地域住民に様々な迷惑をかけてた地元の悩みの種だった
撮るポイント自体は人がいないからいいのだが、ゴミを捨てるわ唾吐くわ畑車で横断するわ婆ちゃんひきかけて無視して逃げるわと住民の堪忍袋の緒が切れた
奴らが行くポイントは山の裏の入り口からお社までの中腹にあり、そこにいくには先ほどの橋を通らねばならない
なのでその橋を撤去、封鎖することにした
すると車でポイントまで行くしかない奴らは車で登れず、表のお社からはかなりの距離を歩かねばならずあきらめるだろうという寸法だった
どうせ誰ももう通らない道なので下手に残して危険なままにするよりも、と住民は誰も反対せず、持ち主の爺ちゃんもむしろ推進派なためすぐに工事が開始され、地元大工の手により午後2時になる頃には撤去が完了した
あとは沢の手間と山の入り口に立ち入り禁止を置いて、これでいいだろうとなりその日は終了
奴らが自分らだけの秘密のポイントとしていたのかはしらんが、果たして撮り鉄達はそいつら含めその日を境に見なくなった

続く

続きを読む

801: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/03(金)09:59:25 ID:pp5
制限速度60の山道を40~50くらいで流していた時のこと

ふと後ろを見るとミニバンに煽られてることに気付いた
運転手はアホそうな40代のヤンママ
隣には金髪の子供
この時点でお察しなんだけどもちょっとからかってみることにした
速度を気分で変えてみたり(法定速度)カーブを攻めてみせた
そしたらミニバンは煽るようにフラフラと左右に揺れたりしていた
次は一定速度で(カーブも直線も)走ると必死についてきていた
そしてヘアピンカーブを曲がった時後ろから轟音が
ミニバンがガードレールを突き破って山の斜面を転げ落ちていた
怖くなってそのまま山を降り、コンビニで頭を冷やしてから通報したんだけど、警察に事情を話しているときにすぐに通報するように怒られちゃった
相手に煽られていたということを話すと少しは理解してもらえたけど
そして相手側の旦那と親が出てきた
煽っていたことを謝るのかと思いきやブチ切れてきた
挙句にはお前を谷底に突き落とすとか同じ目に合わせてやるなど脅迫をされた

続きを読む

295: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/06/18(木)15:49:28 ID:x2P
私が高校生のとき、一回り年上で×2の姉が、再婚するといって男を連れてきた。
バツの理由も1度目が「出会い系で運命の愛を見つけた」で、2度目が「王子様に出会っちゃった」。
要するに、男関係でだらしない女なので、私は正直嫌いだった。
3人目の旦那候補もどうせ似たような人種かと思ってたら、これが爽やかで常識的な人。
両親も「あの子を嫁がせたらかえって気の毒ではないか」と心配するくらい。
姉の過去もちゃんと知った上で、「僕と全うな人生を送りましょう」とプロポーズしたのだそう。

で、愛の結晶がデキちゃったからと、初めて両親へ挨拶したその足で役所に行き、入籍してしまった。
すでに証人欄記入済みの届けを持ってたそうだから、計画的だったんだと思う。
残念ながらその子は3ヶ月になる前にお空に行ってしまい、姉は体調を崩して実家に戻ってきた。
(姉夫は夜勤ありの不規則勤務なので、心配だからと実家に帰したらしい)

その翌月、「今年のクリスマス(半年後)に結婚式します★」と言い出した。
式の打合せとかで、姉夫が実家に立ち寄る回数が増えた。
そのうち当たり前の顔で毎日帰ってくるようになり、夕食を食べ、姉の部屋に泊まっていった。
両親は嫌な顔をして2人を追い出そうとしたが、結局姉が「おなかいたーい」と言えば
赤ちゃんのことを思い出すのか、それ以上言えなくなってしまった。

ある日、試験の最終日だったので、昼前に帰宅することになった。
一度帰って着替えてから友達とカラオケ~なんて、ちょっと浮かれてた。

自宅のすぐ前の交差点まで来て、近所のおばさんと会ってしゃべりながら横断歩道を一緒に歩いてたら
そこに信号無視した車が突っ込んできて、2人してはねられた。
車は逃げてしまったけど、昼間だし、商店街の近くだしということで、目撃者多数。
すぐに救急車が来て、2人とも搬送された。
私は打撲で済んだんだけど、おばさんは当たり所が悪かったらしく、一時は意識不明に(今は元気)。

続きを読む

657: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/06(金)21:08:50 ID:93K
昨日職場の人があった交通事故なんだけど、内容が酷すぎた。

店の前でたむろしてる一般人A。
車通りもあるのに道の前でぼーっとしてたらしい。
先輩が、邪魔だなぁと車の窓を開けて口頭で注意。
そしたら車に向かって来たんだと。
慌てて窓締めて逃げようとバックしたら、走ってきたAの方が早くて接触。

口論があったという証言があったから、
捕まらずに保留扱い?されてたらしいんだけど
今日付けで、交通事故、加害人身事故扱いされたんだってさ。

Twitterでも見掛けたけど、今の社会って本当に「弱者の方が強い国」だね。

続きを読む

このページのトップヘ