タグ:事故

293: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/02/23(月)22:20:20 ID:DI2
神経わからんと衝撃と友やめのミックス話。

友人の交通事故の瞬間に立ち会った。
ウォーキング中に信号のない交差点で、友人の軽が向うから走ってきたのに気が付いた。
直後、事故の瞬間をクッキリハッキリ目撃した。
その交差点は友人が走ってきた道路の側に<止まれ>の標識があった。
停止する前に交差する道路の(友人から向かって)右側から走ってきたセダンがぶつかった。
幸い車両はボコボコになったけど双方に大きな怪我はなかった。
が、友人と相手の運転手が車から飛び出して何やら怒鳴り合いを始め
その最中に友人に見つかったw
「あなた見てた?見てたでしょう?私悪くないよね?ちゃんと止まったよね?」
どうやら相手の運転手(年配の男性)に、
止まれの標識があるのに止まらなかったお前が悪いと言われてるっぽい。
「あーうー」咄嗟に言葉が出なかった。
友人は友人ではあるけど、嘘の証言はやっぱり不味いよなぁ・・・と思って
「ごめん、警察がきたら直接話すわ」と言ったら
「なにそれ!?私に不利なこと言わないでよっ!」
こんな派手に怒鳴られたら相手の男性にもロックオンされてるし逃げるに逃げられない。
しょうがないので友人に言った。
「私、前々から言ってたよね?止まれの標識があるところでは停止ラインで止まらなきゃいけないって。
 あんたいつも道路に車体半分ぐらい出て止まってるから危ないよって」
実際過去に何度か注意したことあった。
本人は停止ラインで止まると、左右をみても車が来てるかどうか見えないって言うんだけど
見えなきゃ見えるように身体を前方に傾けて覗くようにして見るとかしないと
見えないから止まりませんじゃないでしょ。
あんたいつも運転席の背もたれにもたれたまま、首だけ動かして左右確認してるじゃん。
これぐらいの事故で済んだからいいものの、下手したらあんた死んでるし
相手が死んだりしたらどうなると思ってんの。
・・・と一気に言ったら、相手の男性に拍手された。
友人はぐぬぬぬ・・・となってた。
結局現場検証で警察にはそのまま伝えた。友人も認めた。
その日の夜、友人の旦那さんから電話があって
「嫁さんがかなり怒ってるので失礼なことがあったらすみません。
 でも言ってくれてありがとう。俺が何度言ってもなおさなかったから
 良い薬になったと思う」
って言われた。反省してないのかorz
その後、友人とは疎遠になったw別にいいけどw

続きを読む

159: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/09(日)17:55:20 ID:dd0
仕事上で付き合いのあるAさんの話
Aさんが信号無視の車にはねられた
勢いよく吹っ飛んだが幸い打ち身程度で済んだ(一緒にいた人はAさん死んだと思ったらしい)
轢いた車は逃走したが慌てたのか先の電柱に衝突
一家4人が乗ってたが子供二人は車外に投げ出され死亡、運転してた夫婦は障害が残るほどのケガを負った
Aさんは犯人側の事情を警察から聞き謝罪も賠償もいらないので淡々と事件を処理してくれと懇願
先方は警察を通して弁護士が何度も接見の依頼をするがAさん全部拒否
しばらくしてAさん住んでいたマンションを引き払う
その後、加害者の妻がAさんが引き払ったマンションの踊り場で焼身自殺
ただ単なる自殺じゃなくてAさんが住んでいた部屋に何かしようとしてたんじゃないか・・・というのがAさんに事情を聴きに来た刑事の話
再び加害者の夫の依頼を受けた弁護士が謝罪したいと接触を試みるが警察を通して一切拒否
それ以降Aさんは定期的に住む場所を代えて生活するようになった
最初に引っ越した時から「逆恨みで何かされそうな予感がした」とのこと
これちなみに昭和の終盤ごろの話、Aさんは自由業だが「あの一件で怖くて結婚も出来なかった、いい人は何人かいたんだけどね」と話してくれた
たまにAさんが取引した仕事相手から「評判を聞いてAさんに仕事を頼みたいって人がいる」と連絡があり相手先を確認すると件の加害者の夫と同じ苗字ってのがある
「いや、当事者かどうかはわからないよ、さすがに本名名乗ってこっちに接触するわけじゃないだろうし」と言うが基本同じ苗字の人は理由をつけて仕事を断る

続きを読む

55: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/04(火)15:53:53 ID:Ern
ここに書き込まれる猛者たちに比べりゃたいしたことないし、
○十年前の話だけどね。
某駅で待ち合わせをしてたとき。
客待ちタクシーが列をなしてた。
列はかなり長くて、交差点をよぎるほどだったので、
当然、タクシーたちは交差する道が通行できるように、
交差点の直前&直後のタクシーは距離をとって交わる道を空けていた。
(↑意味分かるよね?説明下手でごめん)
俺はその交差点付近で彼女を待ってた。

一方、タクシーが列を作ってる道を走る一般車は、
停車しているタクシーの右側を通過する形になる。
で、1台の車がそのようにタクシー右を通過し、交差点に差し掛かったとき
交差する方向からバイクが進入してきて、交差点内で鉢合わせ!
両者とも急ブレーキするも、交差点には進入してしまい
車の右壁にバイクがあわや接触、というところで、どうにか止まることができた。
バイクこけたけど、衝突はせずにすんだ。
左方優先の原則でいけば責はバイクのほうにあるんだろうけど、
タクシーのせいで見通し悪いし、優先道路だったかもしれないし、
そこらへんはよくわからない。
ともかく衝突しなかったので、当事者たちはお互い会釈をして
バイクは体制を立て直して去っていった。

ここまでなら「よかったよかった」てことなんだけど、
彼らが去ってった後、交差点間近に居た運転手が降りてきて、
ニヤニヤしながら後ろのタクシーに声かけて
「いやぁ~、惜しかったねぇ!」
とか大声で話し出した。
話しかけられた方は苦笑いしてたのは見えたけど、
なんて返事したのかまでは聞こえなかった。
しかし声かけたほうの運転手はその後も
「こういうことが無いと面白くないよねぇ!!」
「他人の不幸ほど楽しいものはないからねぇ!!」
などとガハハ状態で大声で話し続けていた。

なんつーか、クズって本当にいるんだなと思った。
今だったらそいつのタクシー会社とナンバー控えて
本部にチクッたろうかと思うんだけど
当時大学生で、そういうことは思いつかんかった。
というか唖然としてしまって、そういう思考ができなかった。
ただ、絶対こういう奴のタクシーには乗りたくないと思った。

続きを読む

163: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/10/22(木)20:36:22 ID:BKh
少しとっちらかっているかもしれませんが、御容赦ください
ドライブの途中、車を降りて休んでいると子供が泣きながらこちらに走ってきて何かを訴えてきたんです
最初は親とはぐれたのかなと思ったけど、どうも違う様子
でも、話を聞こうにもその子供が障害持ちなのか「おうあいうウェイウェイ!!!」と言った風に何言ってるか全然わからなかった
しかも服を引っ張るしすごく迷惑
その時は周囲に誰もおらず、どうしたもんかと思いつつ、子供をなだめるためにジュースを買ってあげたりしてなんとか落ち着いてくれた
そして話を聞こうとしたんだけど、子供特有の冗長な話し方で話の本筋が全くわからない
しかも滑舌が悪く言ってる言葉も意味不明
そんなこんなで子供の対応に四苦八苦していると見かねた他の大人たちが集まってきてくれた
それでやっと子供の親が事故にあっていて自分だけ動けるから助けを読んで来いと言われたと言うことが1、2時間かけてわっとわかった
慌てて救急車を呼んで皆で子供と現場に向かうも、父親がもうすでに意識がなくなっている状況だった
助け出そうにも工具がないと無理なひどい有様だった

続きを読む

899: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/28(金)20:25:48 ID:log
数年前に夫が死んだ。事故だった。
はっきり年数を書くと
ひょっとすると身バレするかもしれないんで伏せるけど
年単位で前の事なのは本当。
昨日今日の話ではない。

当時だって普通に(人並みにって意味で)悲しかったし
まだ子供も居なかったけど呆然とした。
なんというか「今後の人生が今まで思ってたものと全然違ってきちゃうんだ」
みたいな事を考えて呆然とした。
「もう後はどっちかが死ぬまでずっとこの人と一緒!」みたいに思ってたのが
こんなに急にその日が来るとは信じられなかった。
でも取り乱して泣き喚くまではいかなかった。

事故は夫の身内(姉妹兄弟の誰か。これ以上は伏せます)も一緒にだったので
義理の両親の嘆きようはとてもとても深かった。
一度に我が子が二人もだから無理もなかった。
特に義母はお気の毒で見ていられないくらいだった。
老いつつある親より子が先に逝くという事は、
こんなに辛く悲しい事なんだと。
そしてそれを目にしていたら
「そうか、私はたった数年一緒だっただけなんだよなあ…」
みたいな気持ちがわいてしまい
義母以上に泣くのも何か申し訳ないとか思ってしまった。

それからまた私は一人暮らしに戻り、数年たって
学生時代に仲の良かった子からたまたま連絡が来た。
彼女は私が結婚した事は知っていたが夫と死別した事は知らなかった。
用件は他愛のない事で(学生時代の恩師の今の連絡先分かる、とかそんな程度)
それ自体はさっさと終わってしまったんだけど
二人とも名残惜しい感じで色々とお喋りした。
彼女は既婚で子供はまだ。今は旦那さんは長期出張中。
なぜかつい私も「ウチも旦那、今は居ないんだー」と言ってしまった。
その時点では嘘をついたとまでは感じてなかった。
彼女はそれを「出張中」という意味で受け取って(そりゃそうだ)
「出張中の旦那持ち妻」のネタで軽く愚痴ってきた。
「あるある!」と私も乗って喋った。
喋ってる内に本当に夫は単に出張中のような気分になってきて
その電話の最中は凄く楽しかった。

続きを読む

このページのトップヘ