タグ:修羅場

840: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/04(水)14:49:49 ID:na4
ちょっとしたGWの修羅場。
我が家は車一台通れるくらいの生活道路を挟んでハーモニカ状態に家が並んでる狭い住宅地にある。
半年ほど前に左斜め前の空き家を40台前半くらいのA夫婦が購入し、リフォームして暮らしていた。
旦那さんも奥さんも穏やかな物腰の人たちで、親しい付き合いはないけど悪い印象はない。
特に奥さんの方はいつもナチュラル系?な服装で玄関前に寄せ植えのプランターを並べて手入れしていたり、
クリスマスのディスプレイを可愛く並べたり、身綺麗でおしゃれな奥様という雰囲気。

今さっき昼食を食べてお茶を飲みながらテレビを見ていたら、買い物から帰ってきた義母が
「Aさん宅の勝手口のドアが開いている」と言い出した。
昨日A夫婦揃って出掛けるところに偶然居合わせて「5日の午前中に帰ってきます」と言われたので
A夫婦はまだ帰ってきてないはず、空き巣だったら怖いからみんなで確認しに行こうとのことだったので
みんなで外に出て路地を覗くと、確かに風に煽られてドアが開閉している。
一応義両親が玄関に回ってインターフォンを鳴らし、旦那と私が勝手口から声を掛けて在宅確認することになった。
風で動くドアを手で押さえながら「Aさーん」と室内に声を掛け……ようとしたらとんでもないものを目撃してしまった。

台所、超きたない。
ガスコンロがあるだろうあたりには鍋とフライパンが出しっぱなし、調理スペースにもお皿と何かの空袋が積み重なってる。
ダイニングテーブルにも空き箱空袋の類と、空か飲み掛けかのペットボトルや何本か並んでいて、
ゴミ袋がいたるところに転がっているし、食器棚の扉も開けっ放し。
どう考えても「出掛ける前に時間がなくて朝食の食器をそのままにしちゃいました」レベルじゃない散らかりよう。
旦那と2人で呆然としていたらインターフォンが鳴り、それで正気に戻った。
「Aさーん、帰ってきたんですかー」と声を掛けても返答も物音もない。
急いでドアを閉め、路地に入ってこようとする義両親をさり気ねく、でも必死に食い止めて表に出て、
「ちゃんと閉めなかった上に鍵を掛け忘れてこの強風で開いちゃったんじゃないだろうか」という結論に行きついた。

真相はどうせそんなことだろうとは思うんだけど、あのA夫婦が汚部屋の主か……と思うと心が微妙に修羅場。

続きを読む

702: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/18(日)23:50:55 ID:u78
姉が中学二年、私が小学五年の時の話
商店街へ両親へのクリスマスプレゼントを買いに行った
可愛い小物雑貨屋で、マグカップを見つけた
父にそっくりなクマの顔のイラストがついていた
父へのプレゼントはこれで決まりだね!とすぐに意見が一致して
姉とお金を出し合ってそのマグカップを買った
(母へのプレゼントは話に関係ないので省略)

父はクマのマグカップを大変喜んでくれて
「会社で使うカップにして、みんな(会社の同僚)に見せびらかそう」
と会社に持って行った

しばらくして、帰宅した父がしょぼんとして
姉と私に「あのカップ、会社で割れちゃったんだ、ごめん」と謝ってきた
姉も私も「食器は割れるものだから、いいよ」と納めた

学校帰りにそのマグカップを買った店の前を通ったら
新しいのが入荷したようで、同じものが陳列されていた
たまたま父の誕生日が近かったので、姉に知らせ
再び同じマグカップを父に贈った
父は大いに喜んで「今度こそ気をつけて割らないようにするよ」

しかししばらくして、再び父が「あのカップ……」
姉と私はもちろんいいよと言ったけど、二人だけになった時
「よく割れるマグカップだね、粗悪品なのかな
それともお父さんがそそっかしいのかな」と話し合った
(続く)

続きを読む

311: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/06(火)21:36:14 ID:daR
一部ぼかすし人死に注意
大学のサークルの先輩が公務員になったのだがノルマか何かで出身大学の学生を数名その仕事に斡旋しなければいけないらしく相談もなしに勝手にその斡旋リストに俺を載せていた
俺はその道に進む気は一切なく採用担当から電話があって驚いた
当然採用担当にはその仕事に就くつもりはない旨を伝えた、先輩はその道に進む気がない後輩を勝手にリストに載せたことで罰を受けたらしく俺に愚痴と怒りの電話が来て、以前から傲慢な人だと思ってたからそのまま縁切りした
ここから後味悪いのだが仕事のみならず生活面でもうまくいってないようで罰を受けたことで立場が悪くなり恋人との関係がうまくいっておらず別れ話をされたところ激昂し殺害してしまい先輩は直後に自殺した

続きを読む

378: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/07(木)17:03:36 ID:ARd
私が夫の事を名前+君付けて呼び、夫は私を○○と名前の愛称で呼んでいた。
そのせいで娘は私たちの事をパパママと言えなかったが、
年齢が上がれば周囲の子の様子をみてそのうち覚えるだろうと思っていた。

休日、娘の要望で夫と娘の二人はキッズパークへ遊びに出かけていった。
到着したら夫は急にお腹が痛くなり、娘に「トイレ行って来るから待ってて。」と言い
近くの係員に少しの間見ててもらえるようお願いしてトイレに駆け込んだ。
戻るのを待ってる間、暇になった娘は滑り台をしたいと思ったようで
夫の目がないからといつもよりちょっと大き目の滑り台を滑ろうとした。
が…上に到着したらいつもと違う高さや長さに恐怖を感じたのか、娘は大泣き。
見てくれていた係員の人がなだめても何しても泣いてて、泣きながら
「○○君が無理やり連れてきた。(自分が行きたいと言っていた)」とか
「○○君嫌い。(滑り台怖くて八つ当たり)お家に帰りたい。怖い。」
とか言ってたのを聞いた係員が勘違いし通報。

そんな展開になってると知らない夫は、戻ってきた所を警備員に呼び止められバックヤードへ連行。
警備員から私に電話が来て事情を説明に飛んでいって事なきを得たけど、
会員制のパークで何十回と通ってイベントも参加してるのに
かどわかしや誘拐を疑われた夫の心中はさぞかし修羅場だったろう。

その日を境に私達はパパ、ママと呼ぶように必死に教えた。
それから数年経った今、パパとママが定着してくれてほっとしている。

続きを読む

259: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/28(月)23:51:12 ID:yWV
いじめをしていたことが親にバレ、転校させられたこと

10年以上前の話
俺はノロマでオタクな男子をいじめていた、ほぼ主犯だった
内容としては授業中発言したら冷やかす、陰口広める、学年みんなで無視、時に暴力
周りの大人にはバレないようにやっていたつもりだったがどういう訳かバレ、親に連絡が入った

学校から帰ってきた時、母親と父親が神妙な顔して座っていた
そして母親がドスの利いた声で
「お前学校でなにやったんだ?」
と聞いてきた
なんのこと?とシラを切ろうとしたその瞬間、父親の拳が飛んできた
ボッコボコに殴られたあと
「来い!」
と父親に引きずられいじめられっ子の家に連れて行かれた

嫌がったが体格のいい父親に勝てるはずもなかった
いじめられっ子の家の玄関で俺は土下座をさせられた
いじめられっ子の両親はマジギレ、謝って済む問題じゃない!どんな教育してるんだ!などと延々怒鳴り散らしていた
母親と父親は頭を下げながら申し訳ありませんと謝り続けた、そして最後にこう言った
「息子は転校させます」
と…
そしていじめられっ子も、
「もう1君の顔が見たくない、そうしてほしい」
と言った

続きを読む

このページのトップヘ