タグ:友ヤメ

683: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/18(日)01:09:41 ID:o8D
10年ほど前の神経わからん話と最近の神経わからん話

私はアレルギー持ちなので人様から頂いた食べ物はけして口にしない
二十歳成り立てのときにバイトしてた先で、34歳の男性がよく来店していた
その男性は韓国人で、日本語と英語と韓国語がペラペラ
テレビ局に勤めていて、高そうな車を乗ってることを自慢していた
赤いスポーツカーのような形でダンボールをカッコよくした名前だった
私のバイト先は絵の展示と販売をしているアトリエで、私は受付
なのでこの男性は絵が好きなのかな、程度にしか捉えてなかった
その男性は頻繁に差し入れのケーキを持ってきてくれたんだけど
私は「この人本当に先生の絵が好きだな」と全部そのまま先生に渡していた
中身は大抵いくつかのケーキで、原材料も調べようがなかったし、私は一切触れないようにしていた
先生がいないときは私が先生の感想を伝えてお礼を言っていた
一年ほどしたある日、男性から「そろそろ俺の気持ちに答えてほしい」と言われた
なんの事かわからずにいると、一年間通いつめてケーキを貢いだんだから、その見返りにデートくらいしてくれてもいいじゃないかと言われた
怖くなって「少しお待ちください」と裏へひっこみ、先生の奥さんのところへ相談した
奥さんはすぐに私の代わりに出てくれて、男性に対応してくれた
男性を追い返した後、私にも怖い思いをさせて悪かったと謝ってくれた

それからしばらく、大学の方にまで男性のストーカー被害があった
警察にも相談したし、友達にも事情を説明して協力してもらった
ところが何人かから「一年間も貢がせたんだからデートくらいしてやれ」「相手にはそのくらいの権利はある」
「韓国の男性なんて最高じゃん(冬ソナ等の韓流ブームだった)」と言われた
私は貢がせた覚えなんて無いし、一方的に物を送りつけたら相手を意のままにしていいなんていう
私の人格や尊厳を無視した意見に心底腹が立った
そこで友人関係を一度整理した

その後何年かして、私は結婚
さらに数年後、夫と日帰り旅行に行った先で、大学時代の友達たちと関係を切った元友達たちの数人の同窓会現場に偶然鉢合わせした
友達みんなが懐かしがってくれて、夫が話しておいでというので、私も友達らと近況など少し立ち話した
その後お互い時間もあるし、電車の時間まで夫を紹介してと言われたので、全員で喫茶店に入ったんだけど
その際、元友達が夫にアトリエで起きたストーカー事件を面白おかしく話しだした
「この子、バイト先に通いつめた男性に一年間も貢がせたくせに、デートすらさせなかったのよ」
一人の友達がキレ気味に止めてくれたけど、元友達は
「夫さんもこの子に愛情をかけても裏切られるだけかもよ」と言い放った
夫とは高校時代からの知り合いで、大学は違ったけどストーカーのときも相談してた
だから夫が誰よりも怒って元友達の言い分を否定してくれた
だけど元友達は「図星だから躍起になって否定するんでしょ」と譲らず
結局夫が席を立って、私も夫を追う形で皆とは別れた
今回の件で夫は私に謝ってきたけど、私も元友達がいる限り、あのグループにはもう関われないから気に病まないで
私も嫌な思いさせてごめんねと謝って、旅行最後の嫌な思い出はお互いに忘れることにした
10年近くたってもまだストーカーの件であんなことを言う元友達の神経がわからない

続きを読む

268: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/27(土)11:18:18 ID:2K6
元友人から3回も電話がかかってきた。

昔、お金を貸してくれと言われて(この時点で友達と思われてなかったんだろうけど)約束つけて15万貸したのね。

でもその返済を約束通りしなかったので、毎月こちらから催促して一万ずつ振り込んでもらってたんだけど、最後の振り込みが終わった時にありがとう、遅れてごめんねの一言もなかったから以後付き合わないようにしてた。

そんな人なので、電話かけ直すのは嫌だし一応どうしたの?ってラインしたら『会って話したい。人生がうまくいかなくて自殺も考えてる』って返事が来た。またお金の問題だろうな...会ったら絶対お金を無心されるので、今度こそさようなら。

あんな態度を取っておいて、どうして私に助けてもらえると思うんだか。

続きを読む

293: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/02/23(月)22:20:20 ID:DI2
神経わからんと衝撃と友やめのミックス話。

友人の交通事故の瞬間に立ち会った。
ウォーキング中に信号のない交差点で、友人の軽が向うから走ってきたのに気が付いた。
直後、事故の瞬間をクッキリハッキリ目撃した。
その交差点は友人が走ってきた道路の側に<止まれ>の標識があった。
停止する前に交差する道路の(友人から向かって)右側から走ってきたセダンがぶつかった。
幸い車両はボコボコになったけど双方に大きな怪我はなかった。
が、友人と相手の運転手が車から飛び出して何やら怒鳴り合いを始め
その最中に友人に見つかったw
「あなた見てた?見てたでしょう?私悪くないよね?ちゃんと止まったよね?」
どうやら相手の運転手(年配の男性)に、
止まれの標識があるのに止まらなかったお前が悪いと言われてるっぽい。
「あーうー」咄嗟に言葉が出なかった。
友人は友人ではあるけど、嘘の証言はやっぱり不味いよなぁ・・・と思って
「ごめん、警察がきたら直接話すわ」と言ったら
「なにそれ!?私に不利なこと言わないでよっ!」
こんな派手に怒鳴られたら相手の男性にもロックオンされてるし逃げるに逃げられない。
しょうがないので友人に言った。
「私、前々から言ってたよね?止まれの標識があるところでは停止ラインで止まらなきゃいけないって。
 あんたいつも道路に車体半分ぐらい出て止まってるから危ないよって」
実際過去に何度か注意したことあった。
本人は停止ラインで止まると、左右をみても車が来てるかどうか見えないって言うんだけど
見えなきゃ見えるように身体を前方に傾けて覗くようにして見るとかしないと
見えないから止まりませんじゃないでしょ。
あんたいつも運転席の背もたれにもたれたまま、首だけ動かして左右確認してるじゃん。
これぐらいの事故で済んだからいいものの、下手したらあんた死んでるし
相手が死んだりしたらどうなると思ってんの。
・・・と一気に言ったら、相手の男性に拍手された。
友人はぐぬぬぬ・・・となってた。
結局現場検証で警察にはそのまま伝えた。友人も認めた。
その日の夜、友人の旦那さんから電話があって
「嫁さんがかなり怒ってるので失礼なことがあったらすみません。
 でも言ってくれてありがとう。俺が何度言ってもなおさなかったから
 良い薬になったと思う」
って言われた。反省してないのかorz
その後、友人とは疎遠になったw別にいいけどw

続きを読む

420: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/10(月)14:22:16 ID:DPE
愚痴。
中絶した友人が子ども欲しい連呼してて、それとなく注意したら笑われた上に他の友人達から激怒ラインがきてる。

友人が一年前に中絶した。理由は
「まだ若いから(25歳)」
「やりたいことがまだある(都会で水商売)」
「欲しいものがたくさんあるし子どもにお金使いたくない」
という、じゃあ避妊しとけと思う理由ばかり。言ってないけど。
友人の彼氏は結婚するつもりで子どもも好きだから産んで欲しかったらしい。(中絶後別れた)
中絶後の友人はケロッとしてた。
裏では落ち込んでたのかもしれないけど。
他の友人には流産したと話して、
私にだけ教えるねと中絶の事を聞かされてた。
それから街中で赤ちゃんがいたり、将来の話になると
「子どもって本当に可愛い!大好き!」
「将来は子ども2人産んで、自慢のママって思ってもらえるようになりたい!」と話してた。
流産と聞かされてる友人達はしんみりと聞いてるけど、
私は違和感しかなかった。
友人と2人で遊んでる時もそんな様子が続いて、中絶日から1年経つかなって頃に
「そういえば、赤ちゃんの命日近いね。
気持ち的に大丈夫?」と聞くと
「ああ、アレね」
と一言のみ。なんか私のほうが悲しくなって
「私はあなたの気持ちは分からない。だから辛くて思い出したくないとか、必死に忘れようとしてるのかもしれない。
中絶だって本当はそうせざるをえなかった理由があるのかもしれない。
それにしたって、自分の子どもをアレ呼ばわりする人が
子ども可愛いとか将来は~とか話してるのを聞くとすごく違和感があるよ。
周りの子どもとか将来を見る前にもっと考えなきゃいけないことがあるんじゃないの?」
と言ってしまった。友人はポカンとしたあと笑いながら
「ちょwww真面目さんかっ!笑
深く考えすぎだから!今時みんな中絶くらいしてるよ!」
と言われ、ああもうダメだキレそうと思ってその場に友人を置いて帰ってきた。
もう絶縁かなと思い友人からの連絡は無視した。
1週間後の週末、おそらく友人達で飲み会でもしたんだと思う。他の友人達から
「〇ちゃん(友人)から聞いたよ!あんたには人の心がないわけ!?」「最低」「そんな人だと思わなかった」
とか連絡がきてたけど、もう弁解するのもめんどくさいし放置してる。
私も余計なお世話だったかもしれないけど、
だったら私にも他の友人と同じように嘘ついて欲しかったわ。

続きを読む

797: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/23(木)13:59:39 ID:FHM
ママ友Aと縁切りが決定的になった。長い。

今日は朝からA(小2息子と3歳娘連れ)と私(小2と小1の息子連れ)で某遊園地に来てる。
本格的な遊園地に子連れで行くのはAも私も初めてのこと。

子供たちは大喜びで朝10時のオープンからはしゃぎまくり。
子供たちが一回転するジェットコースター乗ってみたい!って言い出したからみんなで並んだ。
さぁ順番まわってきたぞーというところで係員が子供たちの身長をチェック。
その結果、身長120以下だったA息子は乗れず、うちの息子二人は乗って大丈夫となったから身長制限を見落とした落ち度もあるし、私はA息子が一人で母親の元に戻るのは可哀想だと思い一緒に戻った。

この時点で気付くべきだったのかもしれないけど、今思うと既にAはイライラしてたんだと思う。

で、小一時間前にAがブチギレた。
まとめると
「A息子だけが乗れなくて可哀想!もう少し考えてほしい!」
「娘から目が離せないから私は何も楽しめない!私だって乗りたいのに!」
「(身長130以上じゃないと乗れない)○○に私さんと乗りたかった!なぜ「娘は3人にお願いして乗りに行こう」と言ってくれないの?」
というのが不満なようだった。

確かにAはちょくちょくトイレに行きたがる娘の世話で忙しそうだったけど、その間に身長120以下でも乗れるジェットコースターがあったら一緒に並んで乗せたりと見れる面倒は見てたつもりだったから、この言い分に呆れてさすがに言い返してしまった。

続きを読む

このページのトップヘ