タグ:姑

699: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/05(月)10:13:22 ID:vGc
致命的に性格が傲慢でわがままの極みなトメの落ちぶれ具合がすごい
元々義実家周辺の有力者の娘でお金持ちのお嬢様として成長
大人になって親の口利きで地元の大きな役所に就職して親が選んだウトさんと結婚した
ここまではいいんだが性格が悪いからガチで嫌われてて職場でもママ友同士でもトラブルが絶えなかった
でも図太いトメはまったく気にせず親の権力を笠に自分を通して近所やママ友界隈ではお触り禁止人物扱いになった
職場でも伝説レベルの嫌われ者になって定年まで勤めたのに普通はすんなり通る再雇用の希望にものすごく難色を示された
ごねまくって再雇用にありついたけど窓口に来る住民からのクレームまみれになって2年も保たず契約終了
同時にウトさんがトメに離婚を求めて揉めまくったが長年のDVを理由にトメ有責で離婚が成立した
慰謝料として退職金を半分ウトさんが持っていったのでトメは生活のため不満たらたらでコンビニバイトを開始
そして今、廃棄処分品のパンやお弁当を頻繁に持ち出して第三者にあげてたことをコンビニ本部へ通報されてクビの瀬戸際らしい
あげてた人たちはトメの趣味のサークル仲間のようで通報者はたぶんその中にいる
生活ができなくなるとか恩を仇で返されたとか電話してきてるけど「自業自得だろwww」ってトメ嫌いの旦那に切り捨てられてる
義姉さんや義弟くんも示し合わせて同じ対応してるので本当に孤立無援になったわけからそろそろ反省してくれないかなー

続きを読む

408: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/08(金)18:50:33 ID:t6a
今は故人のトメさんが長女にキツく当たる理由がトメさんの実母に長女がそっくりだったからということ
元はチャキチャキした良い方だったんだけど私が産んだ娘2人のうち長女にだけ妙に当たりがきつかった
容姿が悪い愛想が無いと本人に零すに始まり成績が良いことを貶したり交友関係に口出ししたりと長女にだけいびるいびる
同居のため長女が病みそうになるほどでウトさんや旦那が窘めたり長女を庇ったりするほどに陰湿になった
結局長女の成績が良かったんで高校から寮付きのところへ行かせてそのまま大学も一人暮らしさせて引き離した
長女がいなくなるとトメさんは憑き物が落ちたように元の良い人へ戻って家族全員不気味に思ってた
そして最近トメさんが病気で亡くなってお葬式のために親族が集まった
その際にトメさんの弟の一人が長女を見て「長女ちゃん、俺たちの母さんそっくりで綺麗に育ったねえ」と嬉しそうに言った
私も長女もそんなことまったく知らなかったので驚いてたらそのトメ弟さんがトメさんの実母のことを話してくれた
トメさんの実母は2度結婚していて1度目の結婚でトメさんを産んでいる
後にトメ弟さんを産んでから性格の不一致で最初の旦那さんと離婚するんだけどこの時に跡取りのトメ弟さんだけでなくトメさんまで実母に置いて行かれた
実母の方は大変美人だったのですぐさま次の貰い手がトメさんごと来ていいと手を挙げてたのに邪魔になるからと断ったんだそうだ
それを父親から聞かされて育ったトメさんは後に実母が会いたがっても全力で拒否するほど嫌っていた
つまり長女へのいびりはその強烈な嫌悪は何年経っても消えずにいるうちに実母そっくりな孫娘が生まれてしまい…ということだった
いびりながらも悪いことをしているとわかっていたのか弟さんにだけは「最低の祖母になっちゃった」と零していたらしい
気持ちはわかるけれどやられた長女や娘をいびられた私としてはすごくもやもやするばかりでもう素直に冥福が祈れない

続きを読む

737: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/18(木)12:06:37 ID:JAs
元姑の訃報を知り、葬儀に出席してきた。
元姑は私にとっては良姑だったから。
数年ぶりに元夫を見た。夫は親族席でずっと泣き通しだった。喪主の挨拶も途中で泣き崩れてしまって出来なかった。
母親大好きのままだったんだな、これからもそうだろうなと思った。

元夫は母親のことが大好きだったけど、片思いで、
元姑は仕事に生きた人だった。会社勤めではなく自営の社長をしていた。
元夫は結婚すると人が変わったように「母さんを見習え!」と言うようになった。
そのたび元姑は「私が母として妻として誉められたもんじゃないのは子供のあんたが一番知ってるでしょ。
私の何を見習えって言うの。それに(私)さんは私の若い頃そっくりだよ」
と呆れて諌めてくれた。
元夫が「これは母の味じゃない!」と私の料理に怒るたび
「私の味はこれよ」と丸美屋の釜飯の素をドンとテーブルに置いてくれたり
「文句があるなら私の味を一番知ってるあんたが作るべきでしょ」
「あんたの言うことは一々理屈に合わないね」
と〆てくれた。
でも元夫は逆ギレするだけだった。

続きを読む

638: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/21(日)12:12:21 ID:oAD
初めて義母を見た時衝撃だった。
すっごい美女なの。中身はガハハ系田舎のおばちゃんで変なパーマかけて変な服着てるのに顔だけ美女。
岩下志麻に似てる。しかも老けない。
しかし旦那は温水系の義父のクローンで、義妹は義父妹のクローン。
義妹がよく「お母さんの人生送るんやったら、お母さんのその顔いらんやん。私に遺伝していればもっと有効活用した!!」と言う。
何とかして義母の美遺伝子を残そうと、私も義妹も義母の若い頃の写真を枕の下に入れて、毎晩見たりして頑張った。
しかし生まれた私の子は義妹似、義妹の子は義妹夫の叔母似…
義母の美遺伝子が絶滅の危機に瀕してる。
何とかしたいが経済的に二人目は難しい。義妹が二人目にチャレンジするらしいからそっちに望みを繋いでるけど、どうなるか…

続きを読む


2018/10/2 追記までジャンプ


352: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/27(木)23:43:15 ID:itE
息子の友達がとある習い事を始めたんだけど、衣装も必要で月ウン万~ウン十万かかるようなものだった
息子が羨ましがって「僕もやる!」とワガママを言い出したけど、私は息子の高校・大学への進学費用として貯蓄したいし、
息子がまだ低学年で学童のない地域の私は時短勤務しかできておらず、夫と合わせても月収35万ほどで、習い事をさせたら生活が成り立たない
息子にも時間をかけて、何度も何度も説明したし、今やってる別の習い事はできなくなるよとも伝えた
だけど息子は諦めきれず、近距離別居の姑に「お母さんが意地悪して習い事させてくれない」と言いつけた
普段から姑が私に命令して、私がそれに従わざるを得ないのを見越しての息子の悪知恵だった
息子に激甘な姑は「うちの息子は孫に好きなことをやらせてられないだけの甲斐性無しに育てた覚えはない!」と言い張り、
夫から自分の稼ぎが少ないがために息子に好きなことをさせてやれないということを説明させた
きちんと私と夫の給料明細も持って行かせ、お金は息子の将来のために貯金したいとも話した
そしたら姑は引っ込みがつかなくなったのか、「そんなはした金、私が出すわ!」と言い張り、毎月五万ずつ息子名義の通帳に振り込み始めた
正直五万じゃ足りなかったんだけど、他の習い事を辞めさせた分と、婚前貯金、息子が中学年になったあとは仕事を増やした分とで賄った
息子には「あんたが本当に頑張りたいって言うからお婆ちゃんはお金をだしてくれたんだからね。
中途半端なことしたら、お母さんが許さないよ。もう二度とお婆ちゃんにお願いするようなことは許さないからね」と何度も何度も言い聞かせた
私がやると行ったら必ずやることを息子はわかっていたので、どれだけ苦しくともヤケになってやめると言うこともなく今で三年目に入る
姑から振り込まれるお金は私の口座にうつし、そこから習い事の引き落としがなされている

ところが、先日姑が我が家にきたとき、勝手に息子名義の通帳を開き、「私が孫のために振り込んでる口座に全然お金がないじゃない!」と私の襟ぐりをつかんで怒鳴りつけてきた
しかも夏場、窓全開なのに「この泥棒!」「私のお金をどこにやったー!!」「ネコババ!ネコババ!」と大声で怒鳴りまくる
私は冷静に習い事の領収書を持ち出し、「全額こちらに」と伝えた
だけど姑の暴走は止まらず、「嘘よ!嘘よーーー!!」「習い事のお金は親が出すものでしょー!!」と頭に血が登って止まらない
しかもそれを全部息子にみられていて、反抗期を迎えた息子が「お母さん俺のお金パクってたんだ、サイテー」と冷たい目で言い放った
しかも姑が「そうよそうなのよ!孫ちゃんのお金はこのお母さんが勝手に全部使っちゃったのよ!」と通帳を見せながら言う
息子はそれをみて、「お母さんなんかいらない」発言
その他も「俺が子供だからごまかせるとおもったんでしょ」「うざい」「嘘つきは死ねばいいのに」と言われた
言われた瞬間、これまでの努力が走馬灯のように流れた
息子の習い事のために仕事を増やした
子供も二人目欲しかったけど諦めて仕事の鬼となった
出世街道に乗りながらも母親は完璧にやろうと、貴重な休みでも早朝からお弁当を作って習い事の送り迎えもした
毎日の家事だってけしておろそかにしなかった
自分のことは極限まで削って息子のためにお金を作った
最後に服買ったのいつ?最後に美容室行ったのいつ?

その日は姑と息子を置いて家を出た
夫が帰ってきて息子から事情を聞いて、電話越しに土下座して謝ってきた
だけど努力の糸がプツンと切れた
息子からはまだ謝ってもらってない
姑のせいでご近所からは泥棒嫁としてヒソヒソされてる
私なんのために身を削って生きてるんだろう
生きてるのが馬鹿らしくなってきた

続きを読む

このページのトップヘ