タグ:嫁姑

444: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/01/19(月)01:04:05 ID:tHQ
年末年始返上で働いて、今日から7連休につき、ちょっと吐き出させてもらう。

私は20代後半で、既婚で、子供はまだ。
実家は遠方で、旦那実家は同じ都内。
夫の両親はいい人なんだけど、特に姑の私ageが凄い。
ずっと娘が欲しかったとかで(夫は男ばかりの4人兄弟の次男)
兄弟の中で最初に結婚をした夫の嫁(私)をめちゃくちゃ可愛がってくれる。
でも、親戚とか近所の人に、次男くんの嫁子ちゃんはとっても可愛くていい子で
次男くんにはもったいないくらいなのよ~って吹聴するのをやめて欲しい。

だって私、別に自慢されるようなとこなんにもないんだもん。
容姿がいいわけでもない、家事もそれほど得意ではない
稼ぎがいいわけでもない、実家の家柄が良いわけでもない
学歴も大したことない、性格も特別良くないと思う。

姑がやたら可愛い可愛いって吹聴するから、期待値が高すぎるのがしんどい。
だって皆、私を見て「え?」って顔するもん。一瞬だけど。
顔は特徴ないけどまあ並くらいだと思うし、デブでもないから
姑がハードル上げすぎなければ、誰もなんとも思わないはずなんだよ。
でも散々可愛いお嫁さんで~って聞かせられると
少なくとも見た目は可愛いお嫁さんが来たに違いないって思うじゃん周りも。

新手の嫌がらせなのかなって思う程度には性格悪い私だけど
でも姑がそんなつもりはないってのもこの一年ちょっとでなんとなく理解してる。
もうほんと眼科行って欲しい。
私全然可愛くないし、特に出来た嫁でもないですから!

これから夫の兄弟達が本物の可愛いお嫁さんを連れて来たらどうなるんだろう。
姑の目が覚めて、私なんか可愛くもなんともないわって理解してくれるのかな。
早いとこ嫁ageの対象が夫兄弟の奥さんに移って欲しいと思ってるけど
比べられるようになったらそれはそれできっついのかなー。

姑が私を可愛い可愛い言うたびに、後で夫が
「嫁ちゃん、可愛いって言われるたびに顔ひきつってるw」って笑うのも地味にキツイ。

続きを読む

28: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/17(金)01:54:54 ID:hUU
名づけでトメともめた数年後、義兄夫婦のトラブルに巻き込まれた。

愚痴交じりの長文です。文才がないなりに、できるだけわかりやすく書こうとしたらやけに自分語りな文章になりました。

私は女、男、男の三人姉弟の末っ子嫁。私と義兄嫁には同い年の子が二人いる。
私の初産と三番目が重なった。(義兄のところは二人)

ウトメ宅、私宅、義兄宅は同じ市内にあり、初産を迎えるまではそれなりの関係を築いていた。
対立したのは子供の命名がきっかけ。
孫の名前は私がつける!と張り切ったトメと私たち夫婦は対立し、トメの命名を突っぱねて自分たちで命名した。
仮にこの名前を漢字三文字でアヤカちゃんとする。トメの命名を拒んだ理由はいくつかある。

第一に、私たちは自分の子の名前は自分たちで決めたかった。
第二に、旦那の姓は漢字三文字。同じく三文字の名前を持つ旦那は自分の氏名を書くたびに「面倒くさい」と感じており、名づけは漢字一文字と決めていた。
(旦那は自分の名前が嫌いなわけではないけれど、苗字と名前を合わせると画数が70超)
第三に、トメは大トメに名づけの権利を取り上げられたらしく、三人産んだ我が子の名をつけられなかったそう。
そのことは気の毒だと思うけど、自分がした嫌な気持ちを私たち夫婦に体験させようとする根性が気に入らなかった。

何度も自分たちで名付けると言っても聞き分けてもらえず、次第にヒステリックになったトメから妊娠中の私はネチネチと攻撃された。
名づけさせないなら次男には何も相続させないと、相続の話までされた。
最初は穏便に済ませようとした私たち夫婦も、次第に徹底抗戦に切り替わった。役所に届を出すまで油断せず、私たち夫婦は我が子の名を守り通した。

その三か月後に、義兄嫁が女の子を出産。トメは私たち夫婦が拒んだ名前をそのまま義兄の長女につけた。
私夫婦は呆れたけど、心底呆れたのは当時四歳の義兄嫁の姪が、漢字違いのアヤカちゃんだと知った時。
自分の姪と同じ読みの名前をつけたがるとは思えないから、義兄とトメが勝手につけてしまったのか、義兄嫁さんが気弱で表立って反対できなかったのかどちらかだと思う。

子供が生まれてから、あからさまに差をつけられた。言うことを聞かないクソ次男嫁が産んだ孫よりも、聞き分けのいい長男クンとその嫁が産んだ孫のほうが可愛い。面と向かってそう言われたこともある。
義両親の顔色をうかがわなくても生きて行けるので、私たち夫婦は義実家とは最小限の付き合いですませていた。
現在は隣の市に住んでいた私両親と二世帯で同居。
義実家には義兄夫婦が同居していた。
遺産は長男クンだけにとか、「クソ可愛くもない嫁がいる次男にはアメ一個だってあげない。全部長男クンとお嫁さんにあげるのよ~」って言葉を耳にタコができるくらい聞いた。
はいはい、ワロスワロスって聞き流して、義兄が何でもトメの言いなりになっている姿を見て、うちの旦那がアレじゃなくてよかったと思っていた。
言いなりってことは、嫁の言い分はまったく聞いていないってことだろうから。
同時に、義兄嫁さんには自分の意思がないのか?と自己主張の激しい私は思ったりもしたけど、別家庭のことだし口出しすることではないから黙っていた。
他家に嫁いだお義姉さんが、ことあるごとにトメと、母親の言いなりになっている義兄に娘・姉の立場で苦言を呈していたけど、馬の耳に念仏だった。

その義兄嫁さんが、とうとうブチ切れたのは、二番目の子を産んだ直後。
先に少し書いたけど、私も同じ年に子を産んだ。義兄嫁より半月ほど早いお産だった。
この時も、私たちは自分たちで命名した。
というより、初産で懲りたので二番目、三番目は産んで役所に届を出してから知らせた。
「二(三)人目生まれたよ。男の子だったから〇ってつけた」って感じで。
そのたびにトメはふぁびょったけど、私たち夫婦は、名前は親が子供に最初に贈る贈り物だと思っているから、妥協なんてできない。
我が子の名前を人身御供にしてトメの機嫌をうかがう気になんてなれなかったし。
長女のアヤカちゃんに続き、義兄夫婦は長男の名前もトメがつけたそうな。
産後でよれよれしながら育児中だった私にわざわざ電話をかけてきて、「これだから育ちの悪い嫁は、それに引き換え長男嫁ちゃんはできたお嫁さんだわ~」ってネチネチ。
はいはい、自慢の息子ちゃんとお嫁ちゃんでよかったですね~。って私は適当に受け流していた。

続きを読む

187: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/11(金)20:12:31 ID:Oc3
伯母が嫁を殺したときが修羅場だった。
嫁イビリしてたみたいなんだけど、2人きりでイビってたときに嫁さんが喘息発作起きて、
吸入器を渡して下さいって言われたのに取り上げてそのまま帰ったらしい。
息子を奪って息子に寄生してる嫁が気に入らなかった、って言ってたけど見殺しにするって……
っていうか吸入器取って帰ったらほとんど殺しだよな……
今まで普通の人だと思ってたけどそれがあってからは宇宙人にしか見えなくなったわ

続きを読む

337: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/05(日)23:06:06 ID:Jxm
遠方に住んでいる孫娘が入籍し、
孫は若いがお相手は年上のしっかりした方で安心していました。
しかし結婚式を挙げる段階となって、招待客に関してモヤモヤが出てきました。
私の息子(新婦父)は一人っ子。
嫁(新婦母)は4人兄弟で、かつそれぞれの子ら(新婦のいとこ達)も所帯を持っている子もおり、嫁側親族はかなり大所帯。
それは仕方がないことですが、孫娘の結婚式に、父方の親戚は1人もなし。
私自身も体調を崩して出席が難しく、息子は本当に1人なのです。
元々は息子の従兄弟夫婦を出席させてはどうかと思っていたのですが、
息子から「〇〇の所は誘わなくていいよね。」
と言われてしまい(おそらく嫁にそう言われたので私に言って来たのでしょう。)
家庭内の雰囲気を悪くするのではと、その時は何も言えませんでした。
しかし、この程孫娘が帰省して来て結婚式の話を楽しそうにするのを見ているうちに、やはり我が子がかわいそうなのと、私自身の親戚付き合いを考えさせられ。
「父の従兄弟夫婦を招待してほしい。」
と孫に打診しました。
親族なので当然、快く受け入れてくれると思ったのですが、
「式場の収容人数の上限の関係で入れるか分からないので、問い合わせるから
ちょっと待ってほしい。」と。
友達も多く誘っているようなのに、親族が入れないのはどういうことなのでしょう。
孫娘には親戚付き合いの大切さと常識をこんこんと伝えましたが、上記の答えは変わらず。
それどころか「それならもっと早く言ってくれていれば…」という始末。
イマイチ伝わっていない様子でした。
大体嫁が非常識なのです。
自分の側の親族はたくさん呼んでおいて、息子にはこちらの親族を軽んじるようなことを言って。
あまりにモヤモヤして、長文になってしまい申し訳ありません。

続きを読む

155: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/03(金)05:43:24 ID:mji
母が癌で闘病中。長男嫁が全部持っていく。医師との話や薬の管理など、1人で抱え込んで周りには伝えない。誰かが何か言おうものならすぐに長男である夫に泣きつく。それを利用して通院予定など勝手にキャンセルしてくる。
長男は長男で嫁のことを全て鵜呑みして妹たちの話を全く聞かない。
母は家に居たいと言うが、長男嫁に殺されるとも言っている。どうしたらいいのかわからない。

続きを読む

このページのトップヘ