タグ:弟

171: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/12(金)14:22:44 ID:1h2
直接自分のことじゃないけど、愚痴。

とある病気で長期入院している弟がいる。
若いのに病気になって、病院からろくに出られないのもあって、塞ぎ込んでいた。
でも、隣のベッドにAさんという男性が入院してきてから変わった。

Aさんは弟と同じような病気で、同年代ということもあり、あっという間に弟と仲良くなった。
いつも見舞いにいくと、つまらなそうにTV見るかスマホいじるかしかしていなかった弟だったけど、Aさんと喋ったり、オセロしたり、一緒にDVD見たり二人で盛り上がって、楽しそうに笑うようになっていた。
Aさんは気さくで人懐っこくて、私にも「お姉さん、お疲れ様です!お姉さんの顔見ると俺、元気になっちゃいますよw」と喋りかけてくれた。どうしても陰気な雰囲気になりがちな病室で、そう明るくしてもらえるのは大変助かった。

しかし、それからしばらく経った後。Aさんは急に、奇跡的に病状が回復して、今後は定期的に通院すれば良い状態になり、その診断が下ってからすぐに退院してしまった。

続きを読む

171: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/21(木)18:15:17 ID:TdQ
弟いわく弟嫁はヒス。
「嫁と喧嘩するとおとぎ話のようなありえない話に持っていかれてヒスられる」
という愚痴を何度も聞いた。
ちなみに俺は独身。実家にはもう何年も帰ってない。弟とは電話かスカイプか、出張の時たまに飲む程度。
弟夫婦の喧嘩の原因は主に嫁姑系らしい。確かに母はキツイタイプだ。
俺としては「まーヒスは聞き流して、適当に相手しとけ」と言うしかなかった。
しかし今年の正月、俺は帰省した。
結婚を考えている彼女を親に会わせたかったからだ。
実家には弟夫婦も来ていた。子供はなし。両親、俺、彼女、弟夫婦の6人だった。
何年かぶりに会う弟嫁は老けてた。
母は相変わらず空気読まずスケズケ聞くオバハン。
彼女を質問責めにするので、たまに「そういうこと聞くな」「失礼だ」と窘めないとならなかった。
母は弟嫁にもズケスケ聞いていた。彼女もいるのに、「子供は?」「夜の方はしてるのか」とかいう下品な質問までしやがる。
弟が止めるかと思ったが止めないので、仕方なく俺が「デリカシーなさすぎだろ」と言って止めた。

続きを読む

117: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/18(月)21:38:49 ID:irv
吐き出したくて来ました。
いい年をしたおばさんの愚痴や後悔混じりの話しになりますがお付き合いください。
弟が○殺した話なので不快な方は読み飛ばしてください。

私はいわゆる毒親の元に生まれた。
両親は典型的な田舎の長男教で、長男以外はいる価値がない。
むしろ、家計のためにはいないほうがいいという考えの持ち主で、男ならまだしも女は猫といっしょでガキを作るしか能がないと常々言い続けていた。
そんな親は三つ下の弟を異様に溺愛したが私のことは徹底的にイビリ続けていた。

召使いのような扱いを受け、毎朝5時に起きて廊下の雑巾がけをしなければ箒や棒のようなもので打たれた。
食事すらロクに与えてもらえず、両親は自分たちが食べ残した物を私に投げてよこした。空腹に耐えきれず、投げつけられて落ちた物を拾って食べる私を「卑しい」と罵り、蹴られることも珍しくはなかった。

今でこそ開けてきてコンビニや大型スーパーもできたし電車が開通したことで拓けたけれど、私が子供の頃は何もなかった。もしあったら私は万引きしてでも食べたと思う。
子供だった私は飢えに耐えかねて近所の畑を荒し、土がついたままの大根や葉っぱを齧っては見つかって怒られた。
若い人にはピンとこないだろうけど、地元は男優先の男尊女卑が今も根付いている地域で、女だっていうだけで無意味に貶める風潮が少なからずあった。
全員が全員そうだったわけじゃないんだろうけど、閉鎖的な環境で暮らしていたその頃の私は、周囲に助けを求めてもムダだと学んでいた。

毒親に溺愛された子というと、毒に染まったどうしようもない人種だと思われがちだが弟は違った。
両親に食事すら与えてもらえない姉に、弟はよく自分のお菓子を分けてくれた。
見ているところで分けると「弟のものを盗り上げた」と余計にひどい暴力に晒されるので、親が寝静まったころにこっそりと食べずにとっておいたお菓子を持ってきてくれた。
幼いなりに自分の家がおかしいとわかっていたのか、ニヤニヤと笑いながら私をいたぶる両親に何度もやめるように言ってくれた。

でもその当時の私には、弟を可愛いとは思えなかった。
両親の愛情を唯一独占している弟が妬ましかった。はっきり言えば僻んでいた。
私は着古してボロボロの服を着て、暖房も扇風機もない三畳足らずの物置で寝起きしていたが、いつもきれいな服を着ていた弟にはエアコンのついた部屋が与えられていた。
男に生まれただけで何不自由なく恵まれた待遇にいる弟を、妬まずにいられるほど大人ではなかった。
弟のほうは「姉ちゃん、姉ちゃん」と言って懐いてきたがそれすら煩わしかった。
今にして思えば、弟は随分さみしい思いをしたんだと思う。
両親は弟を溺愛していたが押し付け的なところが多々あった。
弟が姉に懐く姿を見て、「弟に色目を使うようなアバズレ」と姉に暴力と暴言を浴びせる親だ。まともではない。
そんな親の愛情を受けたところで弟は辛いだけだったんじゃないかと。

続きを読む

938: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/11(月)08:27:35 ID:mMs
弟の女運が悪すぎる件。
私は三人兄弟の長女。弟が二人いる。女運皆無は下の弟=以降末

末が中学の時に両親が相次いで他界したため、私夫の手を借りてどうにか専門学校卒業まで養育した。そのせいか自分が母親じみている自覚はある。
現在私と上の弟は既婚。末と私は一回り年が離れている。

①両親が他界してすぐのころ、女性担任が末を家まで車で送ってくれたのだが、あやうく送り狼に食われるところだった。
(末が窓から逃走したため貞操は無事。学校に報告し、しかるべき処理)
②高校に入ってすぐ、ご近所の女の子が末の子を妊娠したと狂言をかまし、無実が証明されるまでしばらく針のむしろに座る。
(末と女の子は別の学校で、女の子の友達が複数の彼と付き合っていたと証言。女の子自身、言い分が彼と付き合っていたと言ったり、レ○プされたと言ったりで、主張が二転三転したため、子供の父親を特定できない女の子の狂言だとわかる)
③②の件で無実が証明された後も「彼女を孕ませて逃げた男」とレッテルを貼られ、結局中退。専門学校に進む。
④彼女ができるたびに毎度二股をかけられて捨てられる。
⑤結婚詐欺に引っかかる。
(三〇〇万ほどむしられた)
⑥職場の四〇台後家に迫られ逃げ回る日々。

大きな出来事だけでこの数。
車椅子の女の子に駅で親切にしたら痴漢呼ばわりをされたりと、日々踏んだり蹴ったりな様子。
何か憑いているのだろうか?

続きを読む

918: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/01/10(日)16:40:51 ID:qWn
私が弟の縁談と就職を潰してしまった事。
弟と私は10以上離れていて、その原因の一端として私が小さい頃に大病をした事がある。
今は働くのに問題ない体ではあるけど、不妊なので独身。
最初に就職した会社はサビ残が毎日3時間以上という状況だったため退職後、非正規労働者として食い繋いでいるが実家は出ているし、もちろん仕送りしてもらったりはない。
というか思春期に不妊発覚して以来父親及び父方の親戚と険悪過ぎて実家にもほとんど寄り付かなかった。
弟の大学の卒業間近の時期に、婚約者を連れて実家に行くから、と私も実家に呼び出された。
そこで弟が婚約者の会社に入ること、そのために我が家にしてもらう事がある、と婚約者に言われ、プレゼン資料のようなものを出された。

続きを読む

このページのトップヘ