タグ:彼女

602: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/30(金)18:40:58 ID:r0D
2年付き合ってた彼女がいて、年度明けで仕事が一段落した頃に結婚しようって話になっていた。
と、過去形にしたのはその彼女とは終わったから。ちなみに俺28彼女29。

プロポーズしたのは9月の連休の時だったんだが、その直後からこのまま結婚していいんだろうかと
毎晩布団に入ると考え込んでしまうようになったんだ。
そんなふうに気持ちに変化が出てきた切欠、プロポーズの時に指輪を渡したんだよ。
指輪はミ●モトってお店の30万ぐらいのやつ。ミキモトを選んだのは職場の女の子が流行りすたりがなくて
品質に信頼できる店だって言ってたからそこにした。通勤ルートに店があったし。
プロポーズの時には嬉しそうに受け取ってくれたんだ。だからホッとしてた。
だけど数日後に「でも本当は婚約指輪は彼女の意向を聞いて買うもんだよ。憧れてたブランドがあったのになー」って言われたんだ。
俺なりに30万は頑張ったつもりだったから、実は気に入らなかったんだってことがショックだった。
で「じゃあ結婚指輪は一緒に買いに行こう」って言ったら「そういう話じゃなくてー」って、笑いながらだったけど。
その後も新居どうする?って話になった時に彼女が「やっぱり23区内には住みたいよねぇ」
「管理人さんは常駐じゃなきゃ怖いから嫌だ」「あんまり古いマンションは友達呼ぶの恥ずかしい」とか言い出して
俺の年収、やっと500に乗ったばかりだったから「千葉か埼玉で通勤アクセスの良いところをって思ってたんだけど」
って言ったら「やだそんなの!」って速攻却下された。
なので一応確認のつもりで「でも俺の年収じゃあ23区内は厳しいし、だったら子供が生まれても働いてくれるんだよね?」って聞いたら
「子供が出来たら働けなくなる場合だってあるんだし、私の収入はアテにしないで」って言うんだよこれが。
なんかお金に関わる大事な問題に、否定ばっかりするわりに具体的にじゃあどうしようかって話になると提案がない。
プロポーズする前はこんなこと言う女じゃなかったんだよ。
記念日の食事だってそんな高い店希望したりしなかったし、「家庭って夫婦がお互いの欠点を補いあって協力して作ってくもんだよね」
とか言ってたし、住んでるところもURの単身向けの部屋だったりで、そんな贅沢言いそうな感じはなくて
そう言うところが好ましくて好きになった・・・はずなんだが。
プロポーズしてからこっち、同じ顔した別人が入れ替わったんじゃないかって思うぐらいに変化して
俺がセコイのかなぁ結婚が決まったら女ってこんなもんなんだろうかとか悩んでるうちに、親に挨拶をって頻繁に言うようになって。
もちろん近々そのつもりだったけど、一ヶ月ぐらい前に突然「年内で仕事辞めてもいいかなぁ」って言われた。
理由を聞いたら「自分は不器用だから仕事と家事の両立に自信がないから」って言うんだよ。
そんなのやってみなきゃ分からないし、最初から無理って思わずにやってみようよ、家事は俺だってやるしって言ったら
「俺君は私の職場を知らないから無責任にそんなこと言えるんだ」って言うんだけど、
どういうこと?って聞いても「とにかく無理だから」って言うんだよね。
でも、だったら尚更23区内なんて無理だぜ?って言うと黙り込む。それでいて「とにかく結婚前に辞める」って言う。
2年付き合ってきて、結婚することになった途端になんでこうなるんだよ。
確かに俺の方がべた惚れだったけど、今まではだからって高飛車な態度とか無かったし。
その日のことが俺の中で決定的になって数日後に別れ話を切り出した。
ハッキリ言った。彼女が望む結婚生活と俺が考える結婚生活は擦り合わないって。
今、どっちかが折れたとしても考え方が根本から違うようだから無理してもいずれ又同じことになるって。
どっかの法律番組みたいに「訴えてやる!」って言われたけど、今の所訴えられていない。
共通の知り合いに先日聞いたんだが、彼女9月一杯で既に退職してた。理由は分からないが嘘つかれてた。
それを知って決断は間違ってなかったなと安堵してる。

続きを読む

571: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/13(火)14:24:27 ID:hLE
意識高い系なんだか低いんだかよく分からない彼女。
醤油がないから買わなきゃと言ってたから気を利かせてスーパーで買ってアパートに行ったら、「ありがたいけどアルコールと砂糖が添加されてる醤油は使わないからお母さんにあげて」と返される。
仕方ないから事情話して母親に渡したら「面倒くさそうな彼女だね」と言われてしまった。

そんな拘りがあるくせに別にジャンクフードやインスタント食品は否定しないし普通に食べる矛盾ね。
昼飯作るの面倒って言われたからスーパー行って其々好みの惣菜買ったんだけど、彼女の選んだメンチフライと白身魚のフライ、サラダ巻きに小さなソースや醤油を忘れてるから持ってきてかけてあげたら、すごく嫌がられた。
惣菜のフライは下味がしっかり付いてるから何も付けなくて充分食べられる。
サラダ巻きもマヨネーズ入ってて味がしっかりしてるから醤油もいらないって言われた。
気を遣った俺の気持ちを全否定されてムカついたから「意識高い系を気取ってるくせに惣菜とか平気で食べて矛盾してるエセ意識」って指摘したら図星つかれてバツが悪いのか、以降フルシカトされてる。
こないだ共通の友人と彼女が将来結婚するならどんな人がいいかって話をしたらしくて「食の好みが同じ人がいい、あまりに食に拘りがなさすぎるような人や醤油やソースをバシャバシャに付けるような人とは無理」と言ってたって。
共通の友人から又聞きしたんだけど明らかに俺への当て付けだし性格悪すぎてこっちが冷めたから別れることにした。

続きを読む

219: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/26(土)20:26:49 ID:eP9
「これから毎日俺に靴下を履かせてくれないか。」と言ったらフラれた。
6年付き合った彼女にプロポーズのつもりで言ったら心底呆れた顔で「かーちゃんが欲しいなら他を当たれ。」って罵られて傷心。
俺が子供の頃から母親が毎朝父親に靴下を履かせてやってて、それが一般的な家庭の行動ではないってのは知りつつも、
「お父さんの事が好きだからやってるの。」って言ってたから、
「俺の事それぐらい好きだよね?」って気持ちで言ってしまった。
別に本当に靴下を履かせてほしかったわけじゃないから彼女にはそう伝えたんだけど、結婚についてはしばらく考えさせて欲しいって言われた。
後悔しかない。なんであんな事言ってしまったんだろう。

続きを読む

901: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/27(土)11:30:22 ID:S2D
数年前の修羅場。

俺:当時25歳
A子さん:当時28歳
A夫さん:A子さんの旦那

付き合って1ヶ月半ぐらいだった。
突然「私、実は結婚してて今妊娠してるの」って言われたんだよね。
結婚はなんとなくまだ分かるっていうか理解が及ぶんだけど、妊娠中に旦那が不倫することはよく聞くけど
「本人がするんかよー俺不倫相手かよー」と、すごく驚いた。
妊娠は何ヶ月かは知らないけど、お腹はまだ出てなかったから、それは全然気づかなかった。

幸い、まだ手も出してなくて(出そうとしても拒否られただろうなと思うけどw)、面倒になるのも嫌だから
「体大事にね。そんな事実あるならもう連絡しません」ってメールで言ったんだよ。そしたら
「それは嫌だ。冷たくされてもいいし私が傷付いてもいいの。冷たくされたら拗ねちゃうけど優しくしてくれたらまた元気になるよ?子供いたらだめ?傍にいなきゃだめなの?連絡とれなくなるとか絶対いやだよ」だって。

なんでそんな上から目線なの?って感じだし、そりゃ子供も旦那もいたらだめだろうwwと思ってもう無視した。
そっから何度か家を訪ねてきたり、メールや電話も来たりしてたけど、全部無視してたらなくなった。

続きを読む

690: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/17(水)09:15:18 ID:iwQ
数年前の修羅場

俺:当時24歳
A子:当時の彼女、24歳
A兄:A子の兄

A子と付き合って2年ぐらい経った頃、A子がA兄を連れて俺の家に遊びに来た
元々A兄とは付き合い当初から仲良くしてもらってて、二人で飲みにいったこともある
その時も俺の家で飲み食いしたり、映画みたりしてて、俺先に寝ちゃったんだよね

なんかぼそぼそと小声で話してるA子とA兄
半分寝ながら聞いてたら「いつもみたいにして?」「いれるよ」とか言ってて、はっきり目が覚めた
吐息とかかすかにあえぐ声とか聞こえてきて、うわやべーじゃんこれどうすんのどうしたらいいのって
めっちゃ考えてたら、俺の喉が「ぎゅいーん」って鳴ったのwわかる?たまに鳴るよね?w

で、A子とA兄がめっちゃ慌てだして「え、起きてる?え!?」とか言って行為中断
そのときは寝たふりしてしまって(めっちゃテンパってたw)、いつのまにか寝てて朝
今思うとその状況でよく寝れたな俺、と思う

A子とA兄も起きて「俺くん、昨日夜中起きてたの?」と聞いてきて、まだテンパってた俺は
「いや、あの、近親相姦?うん、ほんとにあるんだって思いました」とか答えちゃって
A兄が「誰にも言わないでください…ごめんなさい…」って泣いて言ってくるし
A子は何言ってるか分かんないぐらい、泣いて涙と鼻水で顔面ぐちゃぐちゃだし
なんかそういうの見てたらどうでもよくなって「うん、言わないから、もう関わらないから」って言って
帰ってもらった

結局俺が言うまでもなく御両親もなんとなく不審がってたみたいでバレてしまったらしく
御両親が二人を近づけないようになんやかんやあったみたいだけど、詳しくはよく知らない

すっきりはしないけど、こんなんことほんとにあるんだなって思った

続きを読む

このページのトップヘ