タグ:復讐

895: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/15(木)17:12:18 ID:ExT
先日、父が亡くなり旦那にそのことを伝えたら、
「俺は関係ない」
と言ってきて愕然となった。
私だけ急遽実家に戻ったのだけど、宣言通り夫は通夜に参列なし。告別式もスルー。
ダメ元で斎場の場所や時間などは伝えていたけれど、用意していた親族席の空席が情けなくて、当日は夫の分だった席を撤去した。
10万包んだと一応報告したら痛い出費だとブチブチと文句を言う始末。
あんまりな態度に私の涙は乾いた。
結婚したり仕事で実家を出た子供達は駆けつけてくれたのに、本当に情けない…。
落ち着いてから夫と話し合って分かったのは、今回のことは夫の復讐だと言うこと。
はっきりと本人の口から復讐という言葉が出た訳ではないけれど、意味は同じだと思う。
夫は義父の死に当たって私が葬儀に出なかったのが長年不満だったらしい。
だからやり返したんだと責めるような口ぶりで言ってきた。
けれど、義父の時はそもそも葬儀を行なっていないはず。
何故なら義父は生前、自分の死後は献体にと遺言を残しており、体がないのでは仕方がないと義姉達が葬儀をしないと決めた。
子供の受験も重なった為、義実家には夫だけが向かったのが事の真相。
その後の法事などには参加したのも、手伝いなどをしていたのも、夫の記憶からは丸っと削除されていたようだ。
義父はともかく義母の時はきちんと一緒に送ったのに、それも忘れていた。
夫の中では、とにかく「旦那の親が死んだのに付き添わない薄情な嫁」ということになっていたらしい。
ようやく俺の気持ちが分かったか、と少し得意げな夫に、開いた口が塞がらなかった。
今になって、義父が以前口にしていた
「アイツ(夫)は大供だから」
という言葉を思い出してしまう。
子供ならぬ大供。
幼稚で思い込みが激しいから、アンタには苦労をかけるかもしれない。
という義父の台詞を、今ひしひしと実感している。

続きを読む

12: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/27(土)15:23:11 ID:qhP
元嫁は不倫して俺と離婚。間男も嫁も不倫のせいで職を失ったから慰謝料は請求しなかった(社会的に抹消するのが目的だったから)
そのあと俺も仕事を辞めて実家の田舎に戻り幼馴染と再婚。不妊が原因でなかなか子供に恵まれず、10年目でやっと娘が生まれた。

まとまった休みが取れて、今嫁と娘を連れて夢の国へ。
そのとき、元嫁と間男が子供を3人も連れてマスコットと写真を撮っているところに遭遇。
元嫁の指輪、カバン、サングラス全てが多分ブランド、間男も不倫発覚時より身なりがきちんとしていて、子供のうちの1人はうちの娘が着たがったが予算の都合で着れなかったプリンセスのドレス
どういうことだと聞くと、俺と離婚後、2人は再婚。間男は職を失ったものの、実家の父親が事業を展開しており、そこでほぼタダ働きで働いていたが
間男のちょっとしたアイディアで一気に事業が拡大。間男父も気持ちを入れ直して真面目に働く間男に仕事を任せ、間男は現社長。
元嫁も間男と再婚後、間男を支えながらスーパーでパート、夜はスナックでバイトをしていたところ、スナックのお得意さんが元嫁のスペック(英語堪能で資格もたくさん持ってる)を気に入り、仕事を紹介しバリバリ働いているらしく、この1年ほどで資格の研修を開くほどに。
勘当されてた元嫁両親にも許してもらい今は東京からは離れたものの、家族5人で穏やかに暮らしているらしい。

ただただ呆然とする俺に元嫁も間男も「あの時はごめんなさい、許してなんて思ってもいないけど、ただ謝りたかった」と言われた。
最低だけど、カッとなって、中学生くらいの元嫁子に「お前の両親不倫なんだぞ」って言うと
「あ、うん知ってる」ってサラッと言われた。
娘が元嫁子が着てるドレスを見て「私もやっぱり着たかった」と泣きだして、その場を去った。
嫁は娘を抱きしめながら「お母ちゃん達が貧乏でごめんね」って泣いてて、物凄く情けなくなった。
家に戻ってから間男と元嫁の名前を検索すると、出てくる2人の記事。
ネットに2人の悪口を書こうとすると、俺母に「無様なことはやめなさい」と言われた。
弟には「今の兄貴の顔、すげえ醜いよ」とも言われた。
「何とかして復讐したい」と言う俺に弟は「自分が幸せになることが復讐だろ」と言われたが、そんなんじゃ気がすまない自分がいる。
嫁は「不倫したような人が金持ちでまともに生きてきた私達が貧乏だなんて…それにそんな人には子供が3人いて、私のところは1人だなんて」と物凄く落ち込んでいる。

復讐したいなんてとは言わないけど、なんか腑に落ちなくて、情けない。

続きを読む

789: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/20(土)15:36:55 ID:Ay9
小学校の同窓会絡みでありがちな修羅場が発生した
進学と就職で地元を離れたいじめられっ子(幼少時はまるこのたまちゃんみたいだった)が初めて同窓会に出るからってからかう気満々だった高卒DQNたちがいた
まあよくあることだが帰ってきた女性は都市部に出て垢抜けた見た目に育っていてDQNのうち男一同が手のひらクルー
事情を知っている人や女性本人をドン引きさせるほどちやほやしてDQNの女たちの神経を逆撫で
女性にデレてるDQN男たちに旦那や彼氏がいる奴らが最終的に女性にコーラぶっ掛け「ヤ○マン!人の旦那と不倫してんじゃねー!」って発狂
袋叩きにしようとしてパトカーのお迎えでお泊まり会に行くという完全にネタでしか存在しない結末を迎えた
ちなみにDQN男たちは女性を守るって名目で女たちと乱闘して仲良く連れて行かれてた
地元にはアホばっかりしか残ってないことにものすごい無常感を覚えたわ

続きを読む

818: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/22(月)20:46:37 ID:Jdj
大声がしたかと思い外に出ると家のすぐ前には血を流して倒れる男性、すぐに通報した甲斐あって男性は一命を取り止めた。
数日後加害者が逮捕されて一安心したと共に後悔した。
被害者は高校時代に加害者に対して酷いいじめをしており事件の動機は要は復讐だった。
いじめの内容は吐き気を催すものばかりで、いじめられた経験がある身としては正直加害者に同情してしまった。
退院してきた被害者がお礼を言いに家に来たがその時「間抜けな奴を弄ってやっただけなんすけどまさか大げさに捉えてるとは思いませんでしたね、まあ僕を殺しきれてない辺り間抜けは治らなかったみたいですけどね。」と笑ってた。
家の目の前かつ第一発見者なので裁判にも関わることになったが加害者には執行猶予もつかず懲役になった。
この事件はニュースになったが恨みがあったから刺した程度でいじめの件は一切言及されずすぐ別の話題になったので多分被害者の悪行は知られていない。
犯罪は許せない行為だし、人が目の前で刺されていた以上助けるのは当然だが本当にこれでよかったのだろうか?

続きを読む

717: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/15(土)02:08:33 ID:2EL
3年くらい前、夫に殴られたことがある

夫が出産して一ヶ月も経たない私に内緒で大金(というか我が家の貯金ほぼ全額700万くらい)を夫親戚に貸してしまった
しかも、それを夫から打ち明けられたんだけど、それと同時にその夫親戚が失踪したと聞かされた
ちなみにその700万の内訳は私が400万、夫300万

夫親戚は夫の養父母みたいな間柄の人で、恩もあるしすぐ返すと言われたから貸してしまったらしい

元の計画としては私は子供をしばらくは自分で見たかったので、
3年くらいは夫の収入で足りない部分は貯金で補いつつ専業、子供の幼稚園に合わせてパートなどするつもりだった

でも貯金が全額消えたとなっては、夫の収入だけではちょっと足りないし貯金なんて到底無理

会社はブラック気味なところで育休取れなかったので既に退職してたから、
仕事今から探さなきゃ、乳児抱えて仕事見つかるかな、何でこんなに小さくて可愛い子を置いて行かなくちゃいけないんだろうって思ったら、
辛くて悲しくて子供と一緒にいたくて、泣けて泣けてしょうがなかった
泣きながらこんな親で子供に申し訳ない、子供が可哀想だって繰り返した

そしたら夫に顔面を拳で思いっきり殴られた
視界に星が飛んで、その後激痛
床にぼたぼた血が落ちた
「子供を保育園に預けることの何が悪い!赤ん坊預けて働いてる母親なんて山ほどいるだろうが!そんなに働きたくないのか!」と怒鳴られた

別に私は保育園に預けることが悪いなんて一言も言っていない
ただ私が子供を見たいだけ
仕事も好きだし実際独身時代は仕事命みたいな感じだったけど、それよりも子供との時間を優先したいだけ
でも夫からまた拳を振り下ろされるだろうと思ったら何も言えなかった

鏡を見たら目の周りが真っ黒になってパンパンに腫れていて、上唇も腫れて大きく切れていた

夫からはその後土下座され、こちらも親戚のことで気が動転していた、自分も悪気があったわけではないのに責められてついカッとなってしまったと言われた

離婚しようと思ったけれども貯金全額盗まれてるし、その後の夫は全く暴力も暴言もなく良い夫良い父なので様子見して、3年経った

そしてさっき
夫友人夫婦が喧嘩ばかりだという話を夫がしたので、
私がうちは喧嘩しないよね、と言ったら(実際喧嘩らしい喧嘩はしたことがない)
夫が「喧嘩しないね。あっ、一回だけあるじゃん。嫁ちゃんが顔面パンダになったとき。あの顔凄かったよね~」と、笑われた

うちが喧嘩にならないのはまたあのときみたいに殴られるんじゃないかって思って、私が踏み込んだことを全く言えなくなったからだよ

結局子供を生後一年もしないうちに保育園に預けて、
登園のたびに縋り付いて泣く子供を無理矢理引き剥がして仕事に行くのがどれだけ悲しかったか
私は一生忘れないけど夫には笑うようなことなんだ

時間薬でしばらく忘れてた夫への憎しみがまたすごい勢いで吹き上がってきてて眠れない

続きを読む

このページのトップヘ