タグ:料理

934: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/28(水)13:23:50 ID:ivA
個人的にここまで神経わからんと思った人たちは初めて

以前仕事中に同僚女と重い荷物を運んでいたとき、相手が「あぁ、おもーい!」と言いながら突然荷物の手を離した
私は手を離しそこねて左手の中指の先だけ勢いのついた20キロ近くの荷物に挟まれた
骨折はしていなかったものの、指が斜めに挟まれて爪が剥がれる怪我をした
今爪はかなり再生して、深爪を悪化させたような感じ
なので現在、指用のキズパワーパッドを中指の先に貼って保護しながら仕事してる

職場には結婚を前提にお付き合いしている彼氏がいて、今週から同僚女と共に仕事をしている
この彼氏、5歳年上で上司のお節介で付き合うことになった
彼氏は月曜にお弁当を同僚女と同じテーブルで食べたらしい
同僚女は彼氏のお弁当を見て、「すごーい、全部手作り!」と褒めたらしく 彼氏は「これは彼女が手作りしてくらている」と答えた
すると同僚女は「え、指に絆創膏つけてる人が、ハンバーグとか作ったんですか?汚くないですか?」と言ったらしい
彼氏はそれを私にハトり、「絆創膏したままこねた肉だと思ったら食べられなかった」とハンバーグ丸々残してきやがった

「そもそも爪剥がれたときから私ずっと料理中は左手にゴム手袋してたんですけど!
指怪我した人間にハンバーグねだったのあんただろ!」
と怒ると、彼氏は「あっ!」と今思い出したという顔
普段から料理は一切しない人だったけど、怪我してからも何度も彼氏の家で炊事してたのに、その姿も見てないのかと呆れた
そして怒る私に何を言うのかと思えば、「勘違いしたくらいでそんなヒステリー起こさなくても」
その場で別れを告げた
料理を覚えるから家で一緒に炊事してと言ってきたくせに、仕事疲れたとかでスマホゲームしてるだけだし
ゴム手袋してたことすら見てないなんて
そもそも彼氏の家で炊事するようになって2ヶ月、お前は一体何の料理を作れるようになったのかと
洗ったことのないと言ったカピカピになった炊飯器の内蓋買い替えただけだろボケェ!

昨日上司に彼氏とは今後お付き合いできませんゴメンナサイと伝えると
上司経由で話を聞いた元彼氏が「あれは冗談じゃなかったの!?」と血相変えてやってきた
上司も呼んで事情を説明していると、「炊事くらい女がやってやればいいじゃないか」と言われた
は?なんで私働きながら男の面倒を見なきゃならないの?
結婚したら私の負担が増えるだけじゃん
と言うことを周りの目も忘れてキレ気味に話したところ
話を聞いていた独身キャリアウーマンの上司が「ごもっとも!」と私に賛同してくれて
元彼氏とその上司を黙らせてくれた

その後もイライラしながら仕事をしていたら、例の同僚女が
「彼氏くん可愛そうですよぉ~。汚い絆創膏ハンバーグなんて誰でも食べたくないですよぉ」
となんかよくわからん説教してきた
元はといえばお前が余計なことやったり言ったりしなければ元彼氏の首の皮はつながってたからな?

今日は午前中本社に顔だしたあとすぐ出張だったけど
ロッカールームで私と彼氏の破局理由を同僚女が周りに「絆創膏ハンバーグのせいだ」と言いふらしていた
元彼氏は私の机に「来週の俺の30歳バースデーに仲直りしよう」とメモ書きをのこしていた
この二人の神経どうなってんの

全部味方してくれる上司に報告して、怪我の原因を知ってる人にはマヤったおいた

続きを読む

97: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/03/12(土)16:54:05 ID:iwV
一昨年の今頃、母から電話がかかってきて
「A(うちの弟)の婚約者Bから「Aさんにおふくろの味を覚えてほしいって言われたから、料理教えてください」と言われた」
という内容のことを言われた。
弟は母の味に執着していたことはなかったから、へーとは思ったけど、
結婚を目前にすると違うのかな?と「いびりなんかしないでちゃんと教えてあげなよ~アハハ」と冗談を言って切った。
半月くらいして、母からパニクった電話がかかってきた。
弟と婚約者に関することらしいが、要領を得なかったので私から弟に電話した。
弟もやっぱり感情的で何を言ってるかわからなかった。
何があったんだ?と混乱していたらBから電話があって、やっと修羅場の全容が掴めた。

続きを読む

917: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/25(木)16:32:23 ID:ugz
嫁が料理をしてくれなくなった。
原因は俺の職場のパートのおばちゃんのせい。
俺と嫁は職場恋愛で結婚に至り、現在は嫁は昇進に伴って本部へ異動、
俺はそのまま同じ場所で働き続けており、おばちゃんは俺がいる会社のパート従業員。
おばちゃんは嫁の事もよく知っており、嫁が異動するまではよく2人で話していた。
ある日、俺がそのおばちゃんに嫁とは最近どうなのと聞かれ、冗談で料理が重くて疲れると話した。
重いというのは、料理に込められる気持ちが重いという意味で、
嫁は手間暇かけて色々な料理を作ってくれる。買った惣菜や冷凍物は一切使わない。
おばちゃんが俺の発言をわざわざ嫁本人にそのまま伝えて、喧嘩になった。
重くてごめんね、これからは買った惣菜や冷凍物を出すわと言われて実行され、はや2ヶ月。
これを同僚に愚痴ったら、女は冗談もわからない奴が多いぞ。失言したなと慰められた。
おばちゃんと嫁、The・女というか、女の特長の典型的な例である2人に振り回されたなと別の同僚に言われた。
俺は謝ってはいるんだけど、許してくれない。女は根に持つぞ!やらかした事に対して100倍の償いをしてようやく「まあ、許してやらん事も無い」というレベルに達するぞとアドバイスされて萎えた。

続きを読む

658: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/15(月)11:55:48 ID:7yH
まだ新婚でいい妻キャンペーンしてた十数年前。
私は基本、ごはん一膳食べるだけの塩気があればそれでいい人間で、
旦那と食べる食事はバランスも見栄えもいい主菜、副菜、一汁作って出すけど
自分ひとりの食事はガサツそのものだった。
昼は旦那にはお弁当持たせて、自分は職場が近いため帰ってごはん一膳+お茶だけで済ませていた。
おかずは基本的におかかふりかけだった。
もしくは醤油のみで炒めた具なしチャーハンとか、具なし塩おむすびとか。
おかかがない時はめんつゆかけて食べたりしてた。
卵やハムは自分だけのためにはもったいないので用いない。
カップラーメンは夜までもたないので絶対ごはん。たまに贅沢して二膳食べた。
そんな毎日だった。

ある日の土曜、旦那が出かけたのでいつもどおりのガサツな昼食をとった。
おかかふりかけを切らしていたので、プロセスチーズ(6P)を手でちぎったものをおかずに
ごはんを食べていると、なんと旦那が帰ってきた。
用事が早く済んだらしい。
パニックになって、慌ててキッチンに走って、せめて料理してるよう見せ掛けようと思い
食べかけのごはんとプロセスチーズをフライパンに投入したところで
旦那が入ってきた。
片手に二人ぶんのヤキソバを下げた旦那「おみやげだよ~あ、なんか作ってた?」
フライパンの中を覗きこんで「??」という顔の旦那に
「ごめん、ちょっと微熱があってボーっとしてたみたい。変なことしちゃった…」
と言い、心配する旦那をよそにヤキソバをもりもり食べた。
ごはんとプロセスチーズは茶碗に戻してラップしておき、旦那が風呂入ってる間に食べた。

そのうち子供ができて、あまりの多忙さに取り繕ってる余裕がなくなり
「一人の時くらいガサツ飯で済まさせてよ!」と開き直れるようになった。
いま思えば無駄な努力だった気もしないでもないけど
人間にはある程度見栄も必要だと思う。

続きを読む

152: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/04/09(木)08:49:12 ID:xrB
私は結婚を機に退職。
旦那に家の事を任せたいって言われたから。
旦那はとにかく食べる事が大好きだけど外食は嫌い。
他人がいると気が散って食事に集中出来ないから。
なので旦那に美味しいご飯を食べさせたくて料理教室に通った。
それなりに料理のレベルは上がったしレパートリーも増えた。
栄養面も頑張りたくて栄養士の資格も取った。
けど旦那は満足しなかったから料理教室も続けつつ調理師学校に行った。
旦那親族が集まってやる宴会でみんなには大絶賛されたけど旦那は満足しなかった。
だから調理師学校卒業後某和食屋で修行させてもらった。
大将はすごく優しい人で下っ端の私にもいろいろ丁寧に教えてくれた。
この頃には食べた人にこれはお金取れるよと言われるくらいだったけどそれでも旦那は満足しなかった。
もう辛くなって旦那と離婚した。
つてもあったし協力してくれる人達もいたから自分でお店を出した。
そしたらオープンした日の夜、帰り道で旦那に刺された。
幸い友人と一緒だったから命に別状はなかった。
旦那は「お前は俺だけに料理作ってればよかったのに!」って喚いてた。
あの人は結局何がしたかったんだろ。
私の料理に満足してくれてたんだろうか。

続きを読む

このページのトップヘ