タグ:母親

407: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/18(金)08:49:27 ID:lbm
キラキラネームのせいで兄弟の人生が修羅場……

ちょうど流れがキラキラネームなので投下します。
とりとめのない懺悔混じりの話ですが、お付き合いください。
兄弟二人を亡くした話なので、閲覧注意です。

キラキラネーム餅の、キチな母親をもった兄弟の話になります。

私の名前は昔の暴走族の「夜露死苦」レベル。漢字三文字で57画。
字がおかしいだけでなく読み方も特殊なのでだれもまともに読めない。

おかげで子供のころから何かの受付でフルネームを書くのが死ぬほど嫌いだった。

何より、こんな名前を付けた親が嫌い。私は三人兄弟の真ん中だが、全員キラキラネーム。
私たちは三人とも幼いころからキラキラネームに振り回された。

名乗った瞬間に噴き出される。
軽蔑のまなざしで見られる。
字を見てヒソヒソされる。
そんなことは日常茶飯事だった。

兄は非行に走った挙句、盗んだバイクで事故って他界した。享年15歳。妹は18歳で病院で亡くなった。

自分たちがつけた名前のせいで三人の子供の人生が滅茶苦茶になっていると両親は周囲からどれだけ言われても認めようとせず、改名にも応じなかった。本人たちは時代に見合ったステキな名前をつけたつもり。

母親は元から過ぎるほど干渉してくる人だった。兄が他界してから磨きがかかり、授業中に携帯を鳴らしてくる始末。ちゃんと学校に通っているか、授業に出ているか、確認したいのだろうが私だけでなく一時間ごとに私と担任に連絡をいれ、返事がないと学校に怒鳴り込んできた。
そんな妻を諌めもせず、父親は「兄を亡くしたばかりで心配なんだよ」と見当違いのことを言う馬鹿だった。この人は基本的に世間体を気にする人だが、妻のいきおいに勝てず言いなりになっていた。

母親から逃げたかった私は、猛勉強して大学付属の全寮制の遠方の高校に進学を希望した。
母親は猛反対したが、両親が唯一頭の上がらない本家のジジババの援護射撃を受けどうにか希望した学校に進学することができた。名門と呼んで差し支えのない学校だったのでブランド嗜好の強いジジババの自尊心をおおいに満足させたんだと思う。
(このジジババは本家至上主義で、本家の○男(跡取り息子)の嫁にしてやるからありがたく思えが口癖だったので嫌いだった)

続きを読む

479: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/20(日)22:37:28 ID:Zuy
高校生のとき、ひと月の間に両親を相次いで亡くして喪主二回やったのが修羅場。

母親は先天的な心臓の欠陥からくる虚弱で、入退院を繰り返している人だった。
普通のサラリーマン家庭で育ったが、友達のように「じーちゃん」と「ばーちゃん」はいなかった。

推薦で大学が決まってボチボチ車の免許を取ろうとしていた時期に父が車の事故で他界した。
訃報を聞くなり母が卒倒。救急車で病院に運ばれそのまま入院した。
「祖父母」という存在がいなかったように、「親戚」もいなかったから自動的に喪主をやることに。

父の勤め先をはじめとした周辺への連絡、火葬の許可など、何から着手していいのかわからないままご近所さんたちの知恵と手を借りてどうにか通夜にこぎつけた。
喪主の席で坊さんの背中を見ながら思ったのは、「坊さんもタダじゃ経をあげてくれないんだなー」ということ。

預金の名義が父になっていたことから、父が亡くなったことで凍結。
相続の手続(?)が住むまで下せなくなっていて、葬式代の工面に大わらわした。
(大学進学を機に一人暮らしする予定だったので、両親があらかじめ私名義で積立をしてくれていたので、そこから支払った)

ここまでが第一の修羅場。

続きを読む

347: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/16(水)07:54:55 ID:xdf
双子の姉がひき逃げされてから人生が滅茶苦茶になりました。
私は妹の方。一卵性だからよく知っている人間でもない限り見分けがつかなかった。
高校に入ってすぐ姉が部活帰りにひき逃げされた。普段は自転車通学をしていた姉だが、その日は雨の日で親が車で迎えに来るのを校門から少し離れた場所で待っていた。
幸い発見が早く命は助かったけど、入院生活が続いた姉は留年した。犯人は捕まらなかった。
双子だから当然同じ学年だったけど、私が二年に進級したころ姉は不登校になった。部屋に閉じこもったまま泣きわめいて部屋を荒し八つ当たりするようになった。その時罵倒の対象になるのが決まって二年に進級した私で、自分だけ二年に進級したことが申し訳なかった。
母や兄に妹子も留年してやればよかったと言われたことも私のなかでは修羅場。
結局姉は中退。一日中部屋に閉じこもって過ごしていた。
このころから姉はリストカットを繰り返すようになった。最初は私も心配したが、次第にそれが姉のかわいそうな自分を演出するためのパフォーマンスだと気づいた。
三年になって、私は大学進学を希望していたけれど相変わらず引きこもりの姉が私の進学を快く思うはずもなく、ひき逃げに遭って以来姉を溺愛するようになった母と二人がかりで家庭内イジメが始まった。
食事に洗剤混ぜられたり、腐った物を弁当に詰められたり。私の部屋やクローゼットにわざと生ゴミを置いたりしてくれたおかげで私や衣服には腐ったにおいが染み付いた。
そんな部屋で過ごしているので、自分のにおいがイヤで毎日早朝に家を出ては銭湯に行ってから学校に通うようになったけれど、それでも制服についたにおいがとれなくて学校でもイジメを受けるようになった。
受験を控え、連日課外授業を受けていた私に17時門限を強いて、守れるわけもなく連日門限破りの罰と称して体罰をされた。
ストレスで夏休みに入る前には元は50kg台の体重が35kgになっていた。頭にハゲがいくつもできた。
父は仕事仕事で家におらず、電話をしても「忙しい」の一言で切られる。兄は無関心。救いはどこからもなかった。
何もかも嫌になって、姉が何度目になるかわからないなんちゃってリストカットをした日、私は腐ったにおいが充満する自分の部屋で本気リストカットをした。
普通の女の子の握力では手首を切っても大した出血にならないらしい。実際姉のリストカットは薄皮を切る程度ですぐに後も消える。
ただ、私は姉が事故に遭ってすぐに辞めさせられたが、バレー部だったので握力が男の子並みにあった。バスケットボールを片手でつかんで振り回すくらいのことは簡単にできた。
私は見事に動脈をぶった切ったらしい。発見したのが元医療従事者の祖父母でなければたぶん本懐を遂げただろう。神経をやったらしく、私の右手は今でも動かない。(左利きです)
母方の祖父母は遠方に住んでいて、その日は偶々姉を心配して夫婦で訪ねて来ていた。家の中で孤立していた私は知らなかったが。
もっとも私は168cmあるので、35kgはいつ死んでもおかしくないレベルだ。今思えばリストカットをしていなくてもそう遠くないうちに倒れていただろう。
祖父母が私を救急車で病院に運んだ。病室で意識が戻った時、もう何もかもがどうでもよかったので私は何一つ反応らしい反応をしなかった。
精神病院に放り込まれた。正直そのころのことは曖昧でよく覚えていない。覚えていることといえば、ああ平和だな~ってぼんやり思ったことと、面会日に祖父母が来てくれたことだ。
頭がはっきりしたのはそれから随分経ってからだ。医師の適切な治療もあって、35kgまで落ち込んだ私の体重が40kg台になった頃だと思う。
祖父母が面会に来てくれた日に当然ばああああっと、姉がひき逃げされた日から手首を切るまでの日々が頭に浮かんだ。泣き叫んで暴れた。
祖父母は私が家でどういう立場にいたのか知っていた。そのときは知らなかったが、私の戸籍は実家からすでに抜かれ祖父母の養子になっていた。祖父母は母と絶縁し、行き場のない私を拾い上げてくれていたのだ。

続きを読む

924: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/29(土)21:48:20 ID:XgC
小学生の時の私と母親の修羅場。

友達と遊んでたら転んで前歯欠けて唇を思いっきり切った。
周りの友達が大慌て出してたんだけど、周りが慌てると当事者は冷静になるもので私は泣きもせずケロっとしてて普通に家に帰った。
そうしたら母親が大慌て。
何せ口周りに血がついてるし服は血まみれだし歯は折れてる。
これが母親の修羅場①
即刻病院!ってなったけどド田舎だったから総合病院が無く、外科も近くになかったため地元の歯科へ行った。
歯科の先生に親が電話でアポ取ったらすぐに診療してくれることになった。

続きを読む

912: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/29(土)04:12:26 ID:gYZ
夜中に嫌なことを思い出したから、吐き出しついでに。ちょっとフェイクもあるし、数年前のことなので記憶があいまいなところもあるが、かんべん。


学生時代進級が危うくなったことがあり、そのことを知った母親が烈火のごとく怒った(当たり前)。
うちは両親が離婚してる母子家庭だから、経済的な意味もあっただろう。ちなみに原因は父の不倫だとか生活費振り込まなかったとか性格の不一致とか、いろいろ。
んで、怒った母親からは怒鳴られたし、殴られたし、蹴られた。あと、物も投げられたような気がするが、数年前なこともありちょっとあいまい。
留年の危機だとか、そのことで親に責められたとかもきついことだったんだが、この時のことで一番きつかったのは留年しかけたことでも、暴力振るわれたことでもなかった。

その頃、所属していた部活の小さな大会が控えていたんだが、怒った母親はその大会に出るな! と言ってきた。勉学もきちんとできていないのに、遊び(部活)に行くとは何事か! と。
正直言ってその大会には出たかったが、自業自得だと思い、顧問に事情を説明して「出れないと思う」と言った。顧問は驚いてた。

そして、その顧問に話をした日の夜。親は仕事で学校から帰った自分が一人で家にいると、携帯に顧問からの電話がかかってきた。
顧問は先ほどまで、母親と電話で話をしていたといって、「お母さんは出てもいいって言ってくれたから、おいで」と言ってくれた。
すごく驚いたし、うれしかった……というか、ほっとした。顧問にお礼を言って電話を切ったんだが、そう事態はうまくいかなかった。

まず、母がなかなか帰ってこない。心配して携帯に電話してもでない。
顧問に何時ごろ電話したのか聞いたり、もう一回携帯に電話したりしてたら、いつもよりだいぶ遅い、夜10時過ぎくらいになって帰ってきた。
それで、ただいまも言わず開口一番、「お前は卑怯だ!!」と言われた。あと、「絶対に大会になんて出してやらないからね!」とも言われた。

わけがわからなかった。
留年しかけてることを責められて殴られたり、深夜に寝てるところを蹴られて怒鳴られたりとかなら、自業自得だと思えた。
でも、「卑怯だ」と言われるのは、なんというか、かなりざくっときたというか……ショックだった。
そもそも顧問が説得してくれて、OKだしたんじゃなかったのか? とも思ったけど、母の意見がコロコロ変わるのは(ここまでの豹変はなかなかないにしても)よくあることなんで、そっちはあまり驚かなかった。

そのまま呆然と黙ってたら母が先生を使ってどうのと言い出したので、自分が顧問に「母を説得してください」と頼んだから顧問からの電話が来たと勘違いしているらしいことに気が付いた。
自分は顧問に大会に出れないことは言ったが、説得するよう頼んだりしていないことを言ったら、怒った表情のまま何も言わずに母の部屋に引っこみ、しばらくして呼びつけられて大会には出さないことと、説教をされた。
次の日、学校に登校して顧問にやっぱり出さないといわれたことを報告すると、「ええ……」とすごく困った顔をされて、「もう一回電話しようか?」とも言ってくれたんだが、あの「お前は卑怯だ」を思い出して、全力でお断りした。

続きを読む

このページのトップヘ