タグ:浮気

232: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/06/12(日)22:54:11 ID:lfB
20代後半の時に中学の同窓会したんだけど、そこに中学の頃好きだったYが来た。
いい年齢になったYはやっぱりカッコよかったけど、結婚を約束した彼女(遠距離)がいるらしい。
そりゃそうだよなーこの歳だもんなぁと楽しく飲んで解散するとき、Yと帰る方向が同じだった。
なんと最寄駅が同じ。私数年ここに一人暮らししてるけど会ったことなかったねーと話して解散。

数か月後の私の誕生日付近に、Yが食事に誘ってくれた。
彼女に悪いなーとは思いつつも、遠距離だし食事ぐらいいか、と思って誘いに乗った。
食事は普通に半個室の居酒屋で、偶然だと思っていたのに、誕生日プレゼントとケーキを用意してくれた。
やべー惚れなおすじゃねーかとか思っていたら、Yから告白された。
彼女との婚約を破棄したから自分と付き合って欲しい。中学のころから気になっていた、10年ぶりに会って再燃したと。
誕生日サプライズでテンション上がっていた自分、もう一も二もなく承諾。
そこから数ヶ月、とんでもなく幸せだった。

そのあと実父が亡くなったり、祖母が怪我をした介護があったりで色々バタバタしてたんだけど、なんだかんだ1年半ぐらいが過ぎた。
落ち着くころにはYと一緒に住めるかなぁ?なんてのんきに話していたら、どうもYの様子がおかしい。

どうしたんだろうと思っていたら、突然Yに土下座された。そして、衝撃的な話を聞かされた。

Y、婚約破棄したというのは真っ赤なウソだった。
遠距離の彼女とは付き合いが続いており、なんと昨年籍を入れていた。
籍を入れた後も彼女の仕事の都合で、一年は一緒に暮らせないことがわかっていた。
その間、私と付き合っていたらしい。
そしてこのたび、彼女(というか嫁)との同居が始まった。
だからもう私とは付き合えない、一緒には暮らせない。という内容だった。

目の前が真っ暗になった。言っている意味が全くわからなかった。
その話が本当だったら私は知らなかったとはいえ不倫の片棒を担いでいたことになる。
1年以上もの間、Yの家にもしょっちゅう行っていた。
確かに最近は祖母の介護のこともあり、Yが休みの日の昼間に外で会うしかしてなかった。

更にYから嫁の妊娠を聞かされた。
私は完全に発狂し、泣きまくって吐きまくってYと別れた。

Yを訴えてやろうかとか、会社や嫁にばらしてやろうかとか色々考えたが、何の罪もない嫁と子どものことを考えるとどうしてもできなかった。
Yの本性を知らせてあげたほうがいいと思ったが、知らないのであればそれが一番幸せなんじゃないかなぁとも思えた。
とにかく私には、ひとつの家庭を壊す勇気は出なかった。そんな気力もなかった。
Yから慰謝料として50万を受け取った。家族に知られない最大金額だった。
金額とかどうでもいいからそれでYと一切かかわりがなくなるならそれでよかった。

父の死、祖母の介護、Yの裏切りでボロボロだった私は重度の鬱の診断を受けた。
仕事を辞め、1年半傷病手当金で生活した。

そこから数年、鬱を支えてくれた男性と一緒に暮らすようになって、今はすごく幸せです。
さすがにYの話はしていません。父と祖母と仕事が原因の鬱ってことになっている。

願わくばYに不幸になってもらいたいと思うけど、正直二度と関わりたくないし、忘れたい。

続きを読む

994: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/26(木)18:47:28 ID:Rc2
吐き出そうにも、知人に直に吐き出すには重たすぎて、でもどこかに吐き捨てたいと思って。
質問スレに何処向きかと質問したら、ここ向きのようなので書いていく。
「あった」というよりも、「現在進行形」に近いけども。

そして長いって怒られたので分割する。

まず前提として、俺は一応ハーフなんだ。
一応なんて表現してるのは、生まれてこの方日本から出たことがない上に、見た目も考え方も日本人だから。
それで、俺がハーフってことは、親の片方が外国人なわけで、この、外国人の母親が色々起こした。

最初の事件が起きたのは、俺が小学生くらいの時。
元々母親は水商売の人間で、俺が生まれてからもその手の仕事をしていたんだ。
でも、俺が小学生の高学年になったくらいの頃から、だんだんと帰る時間が遅くなり始めた。
水商売だから元々帰宅時間は遅くて、日付が変わるくらいの時間だったんだが、それがほぼ早朝になり始めたんだ。
それが元で、父親と母親が喧嘩する日々が始まった。
子供の目の前でもお構いなしでの怒鳴り合いだったのを覚えてる。
それでも、近所に住んでいた祖母が仲裁に入って、一度は収まったんだ。
でも、収まってなかった。
元々母親は年に1回程度帰国していたんだが、大喧嘩をした次の年「今年は1ヶ月くらい帰っても、いい?」と言って、俺も父親もそれを了承したんだ。
その時の俺は「そういうこともあるよね」程度の気分で、父親は「太郎(俺仮名)が許すなら」と言って。
母親は1ヶ月経っても戻ってこなかった。
ただ、俺、その頃の母親が居ない間の記憶がかなり薄い。
叔母さんや当時からの友人は「あの時の太郎はおかしかった」って言うから、多分、子供心に相当なショックがあったんだと思う。
祖母もその時の心労から寝たきりになってしまったし。
しばらくして……多分、半年か1年かくらいだと思うんだけど、それくらい経ってから母親は帰ってきた。
「浮気して、子供ができて別れようと思ったけど、子供が流れたから太郎が恋しくなった」っていう最低の理由で。
(この理由は成人してから、父親が泥酔した時に半ば無理矢理聞き出した)
父親は、俺がまだ小学生で、母親は必要だろうって言う理由で、戻ってきた母親を受け入れた。
とはいえ夫婦関係は子供の俺から見ても破綻してた。
それでも、二人共、俺を理由にギリギリつながってた。
ここまでが第一の事件。

続きを読む

877: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/05/09(月)20:20:17 ID:G6s
私達夫婦は旦那側が原因でなかなか子供に恵まれなかった。
私は夢をもって職に就き、人間関係も良好でそこそこ稼げるようになったので、不妊治療や妊娠出産で職場に迷惑をかけてしまうのがモヤモヤしていたけど、
幸い上司の方々は応援してくださり、安心して不妊治療を行いました。
何度も失敗して落胆し、これ以上は職場に迷惑はかけられないと退職して時間の融通がきくパートに切り替えようとした矢先に妊娠することが出来ました。
何年も待ち望んだ妊娠だったのですが、で産休に入った頃から急に旦那が、子供をおろして欲しいと言ってきました。
父親になる自信が無いと冷めた目で言われた時の絶望感が忘れられません。
誰にだって親になるときは不安になると思います。その気持ちは十分にわかりますが、
あれだけ私が職場に迷惑をかけて何度も何度も頑張ってきた不妊治療を否定するのかと泣いてしまいました。
さすがにおろして~は無いでしょう。そもそもおろせる時期じゃない。
養子に出せば無駄じゃないよ!という旦那のお気楽な言葉にブチ切れ、自宅から追い出しました。

続きを読む

387: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/16(金)18:38:00 ID:Vxf
結婚2年目、小梨共働き、同い年の26歳だった頃のこと。
浮気は発覚次第離婚だと、結婚当初からお互いに言い合ってた。
書面にしたわけではないけど、そこは確認しあっての結婚だった。
旦那も私も親が離婚してて、その離婚理由が不倫だったから
そう言うことへの嫌悪感が強かったのね。
「だからそれでも浮気する時には離婚覚悟の浮気だと受け取るからね」
「おまえもな」
みたいな会話もあった。

で、結婚してたった2年目に旦那が浮気した。
本人は魔が差しただけだと言ってるが、魔が差そうがなんだろうが浮気は浮気。
飲み会のあと雰囲気に流されたと本人は言ってるがそんなことは知らん。
同じ会社なので半分脅されながらずるずる関係を持ってしまったと言うが
それが本当か言い逃れか別として、相手が悪かった。
38歳(当時)の独女。妊娠してると言うからそりゃあ必死。
浮気発覚も相手の女が私に「別れてくれ」と言ってきて。

浮気を知った翌日には離婚届を貰ってきて署名した。
旦那にも署名を求めたが首を横に振るだけで話にならない。
「俺らの2年ってそんな簡単なもの?」って言われたけど
簡単に壊したのはそっちだろ。
とにかく私は裏切られたことを忘れて再構築できるタイプではない。
絶対忘れない。何より浮気を知った途端に愛情は冷めた。
だったら別れた方がお互いの為だ。

当然相手の女には慰謝料を請求したが、
既婚だと知ってたわけだし、
こっちは離婚するわけだからちょっと吹っ掛けてみたけど
離婚してくれるなら一括で払うとか言って
本当にきっちり一括で支払われた。350万。
旦那からもそれよりは少ないけどぶんどった。
幸いだったのは子供がまだだったことと、家などの大きな共有財産がなかったこと。
そしてよく分かったこと。私は結婚には向かない。
好きで一緒になったのに、そんなにあっさり切り捨てられるなんてって
友人たちには何度も言われたし、私もそうなんだろうと思う。
ちなみに、元旦那はその後浮気相手とは再婚しなかったみたい。
会社も辞めて今どこにいるかも分からない。

続きを読む

このページのトップヘ