タグ:病気

572: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/02/11(木)16:42:14 ID:HHm
娘が4ヶ月のときに旦那がインフルエンザに感染。旦那が治癒するまで娘と私は実家に帰ろうかという話になって揉めました。
弱っている旦那の看病をしたかった気持ちはあります。しかし娘への感染が怖かった。
初めは娘だけを実家に預けようと思ったのですが、娘は私がいないと泣き続けるタイプ。お風呂やミルクも私でないとNGです。
旦那はそれを良しとはせず、実家に入り浸りたいだけだろと責められました。俺の飯は?洗濯は?の質問ももちろんありました。
私が実家と自宅を行き来して家事をしようかと考えましたが、それでは娘を隔離している意味が無く、義母にきてもらう事を提案しました。
義母も賛成で、むしろそうしなければ娘があぶないとまで言ってくれました。
旦那だけが頷いてくれず、ついには娘を自室に連れ込み鍵をかけて籠城。
義両親も私もブチ切れ、娘を救出し半ば強制的に実家に連れていきました。

続きを読む

171: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/12(金)14:22:44 ID:1h2
直接自分のことじゃないけど、愚痴。

とある病気で長期入院している弟がいる。
若いのに病気になって、病院からろくに出られないのもあって、塞ぎ込んでいた。
でも、隣のベッドにAさんという男性が入院してきてから変わった。

Aさんは弟と同じような病気で、同年代ということもあり、あっという間に弟と仲良くなった。
いつも見舞いにいくと、つまらなそうにTV見るかスマホいじるかしかしていなかった弟だったけど、Aさんと喋ったり、オセロしたり、一緒にDVD見たり二人で盛り上がって、楽しそうに笑うようになっていた。
Aさんは気さくで人懐っこくて、私にも「お姉さん、お疲れ様です!お姉さんの顔見ると俺、元気になっちゃいますよw」と喋りかけてくれた。どうしても陰気な雰囲気になりがちな病室で、そう明るくしてもらえるのは大変助かった。

しかし、それからしばらく経った後。Aさんは急に、奇跡的に病状が回復して、今後は定期的に通院すれば良い状態になり、その診断が下ってからすぐに退院してしまった。

続きを読む

386: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/09/15(土)13:48:44 ID:Xr6
友人が一人暮らしを始めて騒音問題で相談してきた
昼夜問わず上か隣の部屋の人が壁や床を叩いてるか蹴っているかをしていて煩いんだって
夜も眠れなくて管理会社にクレーム付けてマンション中に注意喚起の貼り紙をしてもらっても止まらないらしい
そこでどんなもんなのか確かめるため友人の部屋に泊ってみた
外でご飯食べて部屋に戻ってシャワー浴びて駄弁ってたらポンポンポンポン…と音がし始めた
ほらこれ!と友人が険しい顔で言うんだけどどう聴いてもエアコンの辺りから音がしてる
機密性の高い部屋でエアコンを使うと室外機を繋ぐパイプがポコポコとかポンポンとか音を出すことがあるじゃん?
間違いなくアレにしか聴こえなくて友人をなだめて窓を少し開けたら予想通り音が止まった
だから友人には別の部屋の人じゃなくてエアコンと室外機が犯人だよって説明したが友人はなぜかまったく信じない
「そんなこと聞いたこともない!」「迷惑な人の肩を持つの!?」ってキレられて追い出されたよ
一人暮らしというか集合住宅住まいにとことん向いてない人ってこういうやつなんだろうなあと呆れたわ
近々友人が退去するって人づてに聞いたけど新築でめっちゃ良い立地のマンションなのにもったいなすぎる

続きを読む

868: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/10/10(土)09:57:16 ID:VNH
20数年前の話だけど…。
私が小学2年生の頃に父に癌が見つかってね。
年齢的に進行が早くて気付いた時にはもういろんなとこに転移しちゃっててどうしようもなくなってたみたい。
だから両親が話し合って私達姉妹に本当の事を全て伝えて、その上で「その日が来るまでにたくさん思い出を作ろうね。」って決めたんだ。
旅行やキャンプなんかして思い出作りをしてたんだけどまぁ順調に癌は進行していってさ。とうとう倒れちゃって病院に緊急入院。
ありがたい事に両親は子供の私達に包み隠さず父の病状や今後なにが起こるかを伝えてくれてたから子供ながらに父の死に対して覚悟はしてた。
そんな私達の姿を不憫に思ったのかな?
看護師見習い?看護実習生?みたいな若そうな人が「大丈夫!お父さんはきっと良くなるからね!元気になるからね!」って言葉をかけてくれたんだ。
いくら覚悟してたって言ってもやっぱり父にはまだまだ生きててほしいし元気になってほしかった私達はその言葉をそのまま信じちゃってさ。
さすがに今なら「励ます為にそう言ってくれたんだな。」ってわかるけどねw
パパは死なない!パパは病気を治して退院する!って私達は言い張って父の病室にあまり行かなくなってしまった。
だってどうせ治って家に帰ってくるんだから!って言って姉と家の掃除ばっかりしてたなw
そんな私達は父が危篤状態になった時も母や先生や看護師さん達が「お父さんの最後だから見守ってあげて!」って言葉に抵抗してトイレに立て籠もって、父は結局母だけに看取られて亡くなった。
私達はアホな行動のせいで父の最後を看取ってあげる事が出来なかったんだ。
自分達が悪いのに、私達のぶつけようのない悲しさとかを例の看護師見習いの人に向けてしまってさ。
「パパの病気治るって言ったじゃん!嘘つき!シネ!シネ!」って大暴れ。
その場は母が私達を宥めて帰ったけど後日先生とおばちゃん看護師さんが家に謝りに来てた。
「無責任な事言ってごめんね。でもお父さんは最後まで頑張ったんだよ。それだけは覚えてて。」って言われてなんか落ち着いた気がする。
葬儀やなんやかんやが落ち着いてから姉と「あの看護師見習いさんに謝りに行こう。」と決めて病院に行ったんだけどいなくなってた。
実習が終わったからいないだけなのかもしれないけど今だに気になってる。
あの人に「あなたに怒りをぶつけてすまなかった。」と謝りたかったなぁ。

続きを読む

138: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/21(火)23:25:54 ID:rK0
妻が甲状腺機能亢進症と偏頭痛と目眩とホルモンバランス異常持ち
小さい頃から頻繁に頭痛と腹痛(子供の偏頭痛は腹痛としても出るらしい)に悩まされていて、目眩は18歳頃に高熱で耳が聞こえなくなるかもしれないといわれたときから後遺症として出ているらしい
俺は全て受け入れて結婚
妻は普段はすごく働き者なんだけど、偏頭痛と目眩が強い日は一日飲まず食わずで寝ているしかなく、正社員として働くのはかなり難しい
アルバイトをして稼いではくれてるけど、アルバイトある日に偏頭痛と目眩が出ると、強い薬を飲んで働きに行く

俺の親がそれを知ってしまい、よく思っていない
ご近所から妻の生活が伝わってしまったんだけど、他者から見た場合
一日3時間ほどのバイトに出る以外、日中ほぼ家に引きこもり(特に夏場は強い日差しが偏頭痛の引き金になる)
しかもバイトも夕方から行っている(日中は偏頭痛が起きやすいため)
看護師なのにろくに働いてないし、宅配ばかり頼んでいる(ネットスーパー)
実家は農家で母は早朝から外に出てバリバリ働いて夜は早い人だったから、夕方まで引きこもりで夕方からしか働かない妻に理解がない
母はもう50歳で、更年期の母にも偏頭痛や目眩はあるらしく、妻の症状を伝えても「偏頭痛も目眩も年とったらみんなもってるもんなのよ!そんなの働かない言い訳じゃない!」と言う
でも偏頭痛や目眩で苦しんでるときの妻は、水でさえ飲んだらすぐに戻してしまう
とても言い訳してるようには見えない
偏頭痛や目眩の症状は人により個人差が大きいものなんだろうか?
母に妻の体調を理解させて口出しを止めさせたいが、母も偏頭痛と目眩があるためか全く理解を得られない

続きを読む

このページのトップヘ