タグ:病気

612: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、旦那が死んじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。
その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
三時間たってようやく旦那のところに案内されて、管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いてわんわん泣いた。
そして改めて自分の服装を見たら、ノーブラでわりとスケスケなTシャツ、パンツ一丁で旦那の革靴履いて、たぶん病院の人が渡してくれたであろう入院患者用のスモックみたいな服をくしゃくしゃにして右手で持ってた。ほんとなんだこの格好。
そして旦那は笑いすぎてまた酸素濃度低下、そのまま入院になった。
そのあと夜中の3時に何でそんなもの食べてるのか、そして埃に気をつけてくださいと掃除の荒さもお医者さんに指摘されて更に恥。
当時共働きで2人とも深夜2時帰宅だったので夕食が3時だった。
夏で暑かったからパンツ一丁で寝てたんだけど、その日からちゃんとズボンを履くようになった。
今でもその病院には行けない。

続きを読む

691: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/20(月)01:05:16 ID:Tz5
ではここらで毛色の違う話をひとつ
長くなってしまったので分けます

就職してから最初の夏頃、人生で初めて腰痛になった。
小売業で力仕事も結構させられてたので特に気にせず
「いやー腰痛とか俺ももう歳かなーw」なんて思ってたが
そのうち立っているだけでも痛くなってきたので
とりあえず近所の診療所で見てもらうことにした。
おじいちゃん先生が一人でやっている診療所で、レントゲン撮ってヘルニアだと言われた。
痛み止めを飲んで症状が良くなるのを待つのが良いというので
その通りにして変わらず仕事をしてた。

ところが何時まで経っても痛みは引かず、むしろ酷くなっていった。
痛み止めも効かず、何をしていても痛い。常に腰は曲げっぱなし状態。
新入社員が休む訳にはいかないので、おじいちゃん先生と相談して
胃腸に負担が掛かりやすいが、今までのより効き目の強い薬に変えてもらった。

が、それでも一向に良くなる気配はない。
そのうち薬の副作用か、胃が痛くなり、常時吐き気がするようになる。
食欲もなくほとんど何も食べられなかったので、かなりやつれていたと思う。
自分は必死だったので当時は気付かなかったが、やせ細って腰を曲げながら売り場を歩く様はかなり奇妙だっただろう。
その後とりあえず胃痛だけでも治そうと別の診療所に行くと
やはり痛み止めの副作用だろうということで胃薬を処方された(問診と触診のみ)
痛み止めを減らし胃薬を飲み始めるも、腰も胃痛も吐き気も酷くなるばかり。
腰痛で夜は全く寝れず、胃痛と吐き気で一日にス-プ春雨一杯くらいしか食べられない。

続きを読む

156: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/11/05(日)14:01:45 ID:087
たった一度のことで友やめしてよかったのかどうか…とは思うけども友やめした。

社会人サークルで知り合って、年齢が近かったり趣味が似てたりで仲良くしてた人がいたんだ。
いつも仕事終わりに待ち合わせて飲みに行ったりしてたんだけど、その日は様子がおかしかった。

会った瞬間、こっちの挨拶を無視して溜め息。
店は交互に決めてて今回はその子が予約なり下調べなりしておく日だったんだけど、「もうどこでもいいから」「はやく決めてよ」と近くのベンチに座り込んでスマホぽちぽち。
仕事で何かあったのかなと思ってとりあえず近場で店探して連れてったけど、入った瞬間「うわ、しょうもな」って悪態。
メニュー持ってきた若い男性の店員さんに「ねえ、お兄さん彼女います?今度合コンしません?」と急に言い出して、でもその子が美人だったからか「え、いいんですか、あとでまた話しましょう」と店員さんもノリノリ。
かと思えば、満面の笑みでご飯運んできたその店員さんに「やっぱさっきのナシで。あんたバイトでしょ?釣り合わないし。弁護士か医者ならいいけど、あんたなんかにそんな知り合いいるわけないよね(笑)まあもしいるんだったら、あんた抜きで合コンセッティングしてね」と吐き捨てたり。

もう、顔が同じの別人というか。こういう様子の彼女を見たことがなかったし、いつも誰にでも丁寧で人を傷つけるような言葉を言ったこともなかったのに。
よっぽど疲れてるのか嫌なことがあったのか…って処理しようと頑張ってみたけど、「何かあったの?」と聞いても「は?なんで?」と睨み付けてきて、終始他人の容姿だの学歴だのを嘲笑する言葉ばかりだった。
早めに切り上げてお会計した時、台にお金投げつけてさっさと帰っていく彼女を見て「これはもう無理だ」と思って、今後の付き合いを控えたい旨をメールして着拒した。

これで終わりだと思ってたのに数日後、仕事終わりに携帯見たら怒濤の着信&メール。
知らないアドレスと番号だったけど、彼女だった。
「ごめんなさい、ちゃんと話すつもりだった」
「実は私はパニック障害で通院してて」
「あの日、仕事で疲れてて薬を飲み忘れてた」
「家に帰って薬を飲んだら、段々自分のしたことを思い出してきて」
「いつも発作のせいでこうやって友達がいなくなる」
「本当にごめんなさい」
みたいなことを、短文で何通も何通も送ってきてた。
パニック障害とあの言動は関係ないような。あるのかな?
あそこまで人格が変わる病気ってなんだろ。

アドレス帳登録外からの連絡を受けない設定にしたからもう連絡はこないと思うし、お互いの家とか職場はざっくりとしか知らないし、サークル自体はとっくにやめてるし、二度と接触することはないと思う。

続きを読む

98: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/11/29(水)18:12:48 ID:txt
激務でチョコレート嚢胞とメニエール病になったら女性上司から聞いたことないから詐病だって言われた
男性上司やお局ポジの先輩が庇ったり説明してくれたりしても診断書を受け取ってくれない
むしろ私が周りに庇われるほど頑なになってく
お菓子みたいな名前の病気なんかで休めると思わないでねって言われた
早くハンコくれないと手術できなくて困るんだよBBAいい加減にしろ

続きを読む

6: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/11/03(金)11:47:10 ID:UkO
相談お願いします
私はバセドウ病で、22歳の頃に診断されてからずっと薬を飲み続けています
私の主な症状は
・心拍数の増加
・動悸、息切れ、倦怠感、
・不眠
・生理不順(ピルを飲まないと生理が止まる)
最後が深刻で、16歳の頃に丸三ヶ月生理が来ず、産婦人科でピルを処方してもらい
その後医師が「体内でリズムができているはずだから」と一定期間でピルを止めると
ピルの効果が完璧に抜けたと言われる4ヶ月目からまた生理が来なくなり、結局ピルを再開する
これを何度か繰り返し、今はピルを飲み続けています
血液検査の結果、女性ホルモンの数値が異常で、排卵を自力でできず、ピルを飲まないと生理を起こせないことがわかりました
バセドウも薬でホルモンのバランスは調整できますが、私の場合ちょっと風邪をひいたりするとホルモンの量が過剰になったりするようです
数年治療しても抗体値は全く下がりませんでした
そのため、医者からは妊娠出産は難しいと思うと言われています
同じバセドウでも出方が厄介らしいです

前置きが長くなりましたが、このようにずっと持病と向き合い、そんな私と結婚してくれる男性と入籍して、結婚後義実家へ初訪問したのが去年のこと
その時に義弟から結婚したと義弟嫁を紹介されました
義弟嫁は子連れの再婚で、10代で子どもを出産しています
その時、私28歳、夫29歳、義弟嫁24歳、義弟26歳なのですが
義弟たちからこんなことを言われました
義弟嫁「義兄嫁さん、いつ子供作るんですか」
夫「俺たちまだ新婚だし、二人の時間楽しみたいから(夫は不妊治療が大変なことだと理解があります)」
義弟「高校時代から付き合ってて新婚も何もないだろ、早くした方がいいよ、年だし」
義弟嫁「そうですよ、子供持つことが女の幸せ、ほんと作ったらわかる。義兄嫁さん、うちの子と楽しそうに遊んでたし(事実無根、託児されて夫にヘルプ出しまくってた)」
私「私が病気で妊娠難しいの、私達二人のことだから」
義弟嫁「え、でもそれだと障害児生まれるよ」
義弟「羊水くさるよ、30超えると。男は年齢関係ないと言われるけどそれも嘘だから」
義弟嫁「うん、やっぱ産むなら30までじゃないと」
会話を完璧に覚えていたわけではありませんが、このあと夫に「私、被害妄想で会話をマイナスで捉えてないよね」と確認し
夫も私の認識で間違っていないと言っていたので、大きく歪曲はしてないと思います
その日のことは日記に残しておいたので、これは日記を写しています

続きを読む

このページのトップヘ