タグ:結婚

749: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/21(火)11:26:24 ID:WtM
同期入社だというAさんとBさん、どっちも既婚男性
Aさん:会話にしょっちゅう奥さんと子供の話題が出る。飲み会に来るのは忘年会か誰かの送別会くらい。
お子さんが大きくなって最近おにぎりを作れるようになったらしく「今日も息子の手作りだよ~」とデレデレ。
毎年奥さんの誕生日近くなると女子社員に流行のリサーチを始める
Bさん:営業でもないのに週に3回は飲み会。
口癖は「女は誉めると天狗になるから調子に乗らせないのが男の手腕」
子供の正確な年齢を知らないらしい。
武勇伝は若い頃にロシア人のホステスとヤったこと。得意のセクハラは「俺デカいよ、見たい?」

社内の女子社員の人気がAさん>>>>>>>超えられない壁>>>>>Bさんだと最近知ったらしく、大ショック受けてるBさんの神経がわかんね。
当たり前だろとしか言いようがない。
本人は「女の前で妻子の影を見せないのが男のたしなみ」「遊び方を知ってるちょい悪オヤジの魅力発散」のつもりだったらしいがキモい。
離婚が決まって女子社員に合コンしようよーと言い回ってるが誰も相手にしないからあせってる。
あなたのような不良物件を友人知人に紹介するアホはいませんよ。

続きを読む

11: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/19(日)12:37:48 ID:CKe
会社で何かと俺に張り合ってきてた38歳の先輩が、高校出たばかりの女性との間に子供ができてしまったので結婚することになったんだけど
20歳近く年の離れた女性との結婚をやたらアピールしてきてウンザリしてる
俺の妻は俺より一つ年下で34歳、結婚10年目
俺は妻以外の女性と結婚なんてなんの魅力も感じない
それなのに先輩は婚約者と俺の妻を比較して、女はアラサー超えたらもうババアだと言ってきたり
若くてピチピチの肌がどうとか気持ち悪いアピールまでしてくる
団塊の世代も婚約者が若いということで羨ましいと褒めそやすせいか、調子に乗り続けて聞いてもいない自慢が止まらない
毎日毎日「羨ましいだろ」と言い続けられて心底仕事の邪魔
子供も若い女から生まれたほうがいいと言ってるけど、お前鏡見て同じこと言えんのかと
社会経験の無い19か20歳の母と、生まれた頃には39歳で大学出るまでに定年を迎える父
生まれてくる子供が羨ましいだろと言われたけど、俺ならそんな環境で子供作ろうなんて思えないから羨ましさは微塵も感じないので、そんなことを言われても共感できない
若い配偶者に価値を感じるのはいいが、こっちはそんなもんに雀の涙程度の魅力も感じないんだから
その価値観を押し付けたりマウントとってくんなと思う
同じ時代に生まれて、共通する話題のある人と、同じ思い出話に花を咲かせながら年をとっていくほうが幸せなんだよ俺たちは
人の家庭の価値観にまで踏み込んでくんな

続きを読む

638: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/16(木)01:43:40 ID:J5s
暇にあかせて書いたら長くなってごめん
私と元婚家の神経わからんって話

結婚してすぐに夫の会社に転職した
親族経営の小さい会社で、舅が社長、姑が専務、夫が常務、従業員10人以下
姑がやっていた事務仕事を引き継ぎ、姑本人は役員報酬をもらいながらの楽隠居
入社して3カ月目、経費節減の名目で税理士と社労士の契約をいきなり止められた
契約解除には3か月前の申し出が必要なので、私の入社が決まった段階で決めてたんだと思う
前職では経理部にいたけど税理士のやってるようなレベルの仕事なんてできるわけがない
給与だの労働保険だの、社労士に関する業務なんて関わったこともない
気の毒に思った税理士・社労士の両先生に裏でこっそり教えてもらいながら業務をこなした
↑両先生は同じ事務所に所属していて、突然のことに先生同士で協議して、個人的にサポートをしてやろうと決めたらしい
科目がわからん!なんだこれ!と一晩中わめきながら会計ソフトと領収書とにらめっこし、
労働保険料の申告書と格闘し、嫌味を言われながら給与計算をし、社会保険料の算定基礎届に首をかしげ、
その合間に何故か危険物乙4の資格を取らされたw
銀行が遠いのでネットバンキングを使いたいとお願いしたら、月額利用料を給与天引きでいいならと言われた
役員報酬が高すぎるので下げてほしいと夫・義両親に頭を下げるも聞き入れてもらえず
その頃はもう頭が麻痺していたので、自分を部長にして給与を月8万円固定にして夫の扶養に入れることにして
浮かせたお金を少しでもと従業員の人件費に回した
入社して3年目くらいまでは会社で寝泊まりするほど忙しくて家事が全くできなくて
それに対して「家事代行費」の名目で姑から月4万円を請求されて素直に支払ってた

税理士先生に「うちの子のお古でよければ」とテキストをもらって勉強し、入社3年目に簿記2級、5年目に1級を取得
同時並行で毎週日曜日に社労士先生が主催する講座に無料で招待してもらって、入社6年目に社労士合格
ここまで先生方には全然お礼なんてできなくて、せいぜい個人的に恥ずかしいほど安価なお歳暮を贈る程度
ただその頃には仕事が随分効率化できていたので精神的に余裕ができて、学生時代に取得しようとして諦めてた
行政書士資格に再挑戦を始め、独学だったので少し時間がかかったけど、入社7年目にようやく合格
入社7年目が終わる頃、夫に離婚届を突き付けて、未払い残業代の請求をしないことを引き換えに
財産分与で250万円&行政書士の登録にかかる諸費用30万円を慰謝料代わりにもらって離婚
忙しすぎて子供を作る暇もなかったのがかえって幸いしたと思った
「アンタのせいでまた働かなきゃいけない」と姑に嫌味言われたけどかえってざまぁあああwってすっきり
姑は面の皮が厚いらしく税理士・社労士先生とまた契約を結ぼうとしたけど拒否されてたw

今月はのんびりして、9月から例の両先生の事務所に入社することになってる
最初の1カ月は試用期間で給与が低いらしいが、それでも元夫の会社にいたときの3倍w
両先生とその奥様方から「友人として、個人的な再就職祝い」という名目で化粧品とスーツを買っていただいた
するしないは別にしても、40歳までに開業できるだけのスキルを身につけろと先生方に言われた
まだ32歳だから結婚もできるし子供も欲しい
やりたいことが多すぎて目がくらみそうなくらい楽しい

結婚生活で麻痺していたときに、ネットで愚痴をこぼして「なんでそんなに頑張るの」「奴隷乙」とレスもらって
そのときデモデモダッテで反論してたけど、それで目が覚めた
あのとき叱咤激励してくれた顔も見知らぬ皆さん、本当にありがとう

続きを読む

179: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/09/11(金)13:59:58 ID:cJj
職場のトイレでリ○トカットした夫の元カノを発見した前後が修羅場。

文才ないので時事列がわかりにくいかもしれませんが、お付き合いください。
夫と私は会社の同期で、交際ン年を経て社内結婚した。修羅場が起きたのは婚約中のころ。
夫は私と交際する前にYという5つ年上の先輩と交際していた。破局の理由はYの束縛と嫉妬深さに耐えきれなかったことと、度々専業主婦になりたいと結婚を急ぐ発言をしているにもかかわらず、家事をしない&まったくできないことに夫が忍耐を詰んだ結果らしい。
(結婚を前提に同棲した時に発覚)

破局した後もYは未練があったらしく、しばしば復縁を迫っていたが夫にその気はなく、その後他県に出向。その出向先に半年前から私も出向していたことから交際スタート。
Yは夫に未練ありまくりで、出向中に届く電話とメールの嵐に耐えきれず携帯をかえた。
だれかから聞きだしたらしく、業端にまで連絡をしてきたのでYの直属の上司に言って辞めさせた経緯があった。
二年後私たちは本社に戻される前に婚約し、そのまま同棲していた。
Yのことも聞いていたし、戻ってからは難癖をつけられたが基本的に所属部署がそれぞれ違うし、会うのは出退勤とランチの時くらいだと適当にスルーしていたら……orz
私がいた部署はセキュリティーの関係で、フロアの人間は全員特殊キーを首からさげてる。
社長でさえパスをクリアしないと入れないっていう空間に、Yが包丁を持ってやってきた。(私と同じフロアで仕事をしている女性社員のロッカーから盗んだと後から発覚)
Yは金切り声をあげて包丁を構えて私に突っこんできた。とっさに私はそのとき覗き込んでいた顕微鏡で防御した。
(研究畑なので備品の多くは理科室にある物)
暴れまわっていたYはすぐに取り押さえられたけど、「私のお腹には子供がいるのよ!!」って叫んだことでガードマンが驚いて手を離した隙に逃げた。
守衛室からモニターでYがどこに逃げたか確認しているときに、私がのこのこ潜伏先の女子トイレに入ったwww
ぶっちゃけると、私は婚約者の元彼女に襲い掛かられたことよりも、顕微鏡を壊したことのほうがショックで半分パニックになっていた。
(呑気過ぎるって夫や周囲に滅茶苦茶怒られたけど、一台で七桁の特殊な機材を壊せばだれでもそうなると思う。)
トイレで頭冷やしてくるって同僚に言って、ふらふらになりながらトイレに行ったら、女子トイレで手首を切ったYの第一発見者になった。
救急車を呼んで、転がっていた空き瓶からしこたま薬を飲んでいることがわかり待っている間に同僚と某大学の某学部の教授と総出で胃洗浄と止血。
(そういうことができる人種と備品が集まった部署で働いてました)
病院に搬送されたYの症状はそれほど重くなかったけど、精神病院にそのまま入院。退職。
お腹に子供がいるというのはデマカセだった。
Yがその後どうしているのかは知らないけど、一度会社にYの両親が謝罪にきたときにかなり引いた。
親父さんが手当てをした私たちに向かって「余計なことを。死んでくれてたら少しは世間様に顔向けができたのに」的なことを言ったのを今でも覚えてる。お母さんが「あなたのせいでうちの娘は……」って言ったことより強烈だった。
このお母さんは夫にしばらく粘着した。
「あなたのせいでうちの娘は……」って言いながら、Yとの結婚を迫ったり、毎日手紙で「あなたに会えなくて娘はさみしそうです」とか、「娘を見捨てないでください」とか送ってきてて、夫的にはこっちが修羅場だった。
結局個人努力ではどうにもならなくて、弁護士さんに法的な手続きをとってもらいました。

昨年私たちは式をあげて、夫婦になりました。
もう関わらないだろうと思っていたYから「そんなブスのどこが私よりいいのよ」って書かれた手紙が届いた。
そりゃ、顔はそっちが上だろうけど、私しゃ家事くらいできますよ? 四〇にもなってm玉焼きろくに作れないおばさんが、容姿衰えたら何が残るのさ。
(結婚した時私たち夫婦は三六。Yは+5歳)
対応は弁護士任せだけど、そう言ってやりたい心境です。

続きを読む

626: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/15(水)14:10:43 ID:nWg
上司の紹介で、取引先の男性(専業主夫希望)とお見合いというか軽くお茶してきた
相手は30代半ば、父親が80歳超、母親は70歳後半、両親ともに病気であまり先が長くない
それにしてもずいぶんと遅い時の子だと思ったら、彼の母親はいわゆる2号さんで
実母が亡くなってから実父に引き取られたとのこと
実父・継母との関係は良好で、どちらも自分の手で看取りたいとのこと
付き添いできていたうちの上司がほだされかけて、ぜひにと勧められたが
気になったから色々聞いてみた

私「失礼ですが、ご両親の年齢と病気を考えると介護期間はあまり長くないですよね
たとえば10年で終わったとして、そのときあなたはまだ40代半ばだけど
それからはどうなさるおつもりですか?」
相手「そのときには子供がいるだろうから育児をします」
私「私は今年42歳で、妊娠できるかわからないし、確実に高リスクの出産になります
出産時にトラブルがあれば、私が専門職とはいえ、復職できるとは限りません」
相手「それは可能性としては低いのではないですか」
私「病気や怪我と同じで、出産で離職する女性は少なくありません
若い女性でもそれなのに、私のような高齢の場合は間違いなくリスクは高いですよ
私が無職になる可能性も考えてみてください」
相手「貯金がありますよね、それに保険には入ってないのですか」
私「もちろん備えはありますが、つまりあなたが改めて働くというお考えはないのですね」
相手「あなたと違って僕は資格もないただのサラリーマンだから再就職は難しい」
私「ご紹介ならばできると思いますが」
相手「そのころは介護のために精神的に疲弊してるだろうから、きっと働けません」
私「疲弊しているなら育児も難しいのでは」
相手「育児と仕事は違いますよ」
私「そうですね、育児のほうがきっと幸せだと思います
しかし私の年齢を考えると、子供に障害が出るかもしれませんが耐えられますか?
健常児であったとしても、数時間おきに授乳をしたりといった面倒は見られますか?」
相手「僕に障害者の身内はいないので、もし障害児だったらそちらの責任でなんとかしてください
それにね、まず授乳は女性の仕事だと思いますが(大爆笑)」

その辺で上司がブチキレて二人して帰ってきた
上司には、あそこまでアホだと知っていたら紹介しなかったと謝られたけど
あそこまで規格外のアホがリアルに存在するなんて想像もできないよねぇ
多分理由をつけて仕事をやめたくて
私→専門職で食いっぱぐれなさそう、高齢で結婚に焦ってるであろうBBA
ってことで目をつけたんだと思うが、残念ながら仕事に生きる理屈っぽいBBAだから
結婚なんて今更どっちでもいいし、年下の男だからって別に魅力感じないです
年上好きで好みのタイプは草刈正雄だし
草刈正雄が専業主夫やりたいって言ったら喜んで養うわ

続きを読む

このページのトップヘ