タグ:結婚

550: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/11/08(木)22:57:23 ID:3Nq
2ヶ月前から同棲を初めて、来春結婚式を挙げて籍を入れようって予定だったんだけど
同棲の意味が彼と私と違ってて大喧嘩して飛び出してきた。
私はあくまでお試しのつもりだった。
半年ぐらい一緒に暮らしてみて、この人とだったらずっと一緒に生きていけると思ったら
来春正式に夫婦になるつもりでいた。
でも彼はスケジュールのひとつと捉えていたみたい。
別に今すぐ籍を入れてもいいけど、一応ちゃんと式を挙げてお披露目してから正式に夫婦になるって言う。
とにかく早く一緒に暮らしたかっただけみたい。

一緒に暮らしてみて分かったんだけど、「食」に関しての彼の横暴さに耐えられない。
彼も私もこれまで別々の家庭で育ってきたんだから、それぞれが“当たり前”と思ってたことが
相手には珍しいことってのも多々あってもしょうがないと思う。
だけど私の方の「食」について頭ごなしに否定して馬鹿にされる。
例えばすき焼きをする。彼の家庭では斜め切りにしたちくわを入れる。
私は「へー面白いね。うちでは入れなかったけど、甘辛くて美味しいね」って一緒に食べる。
逆に私の家庭では大根を短冊に切って入れる。くたくたになって味が染みたのが美味しくて好き。
でも彼は、大根なんか普通入れないだろう。気持ち悪いから入れないでくれ。と言う。
私は好きだから端っこの方に入れていい?って聞くと、ダメだ入れるなと言う。
彼は冷奴を出すと醤油をジャバジャバかけて薬味と一緒にぐちゃぐちゃに混ぜてペースト状にしてごはんに乗せて食べる。
見た目汚いし、なんか嫌だなーとは思うけど、これが美味しい食べ方だと言われたら「ふうん」って感じ。
私がポテトサラダにソースをかけると「見た目汚いから止めてくれ。そんな食べ方下品」と言う。
その下品だと言った彼が食べ終わったお茶碗にはいつもご飯粒がついている。たまにお箸にも。

この2ヶ月ずっとこんな感じでストレス溜まってた。
他のことはごく普通。特に不満はなかった。
だけどいつも私ばっかり我慢を強いられて、食べることが楽しくない。
それで思い切って話し合いを求めたら「食べることが生活の中で一番大事なことだから譲らない」と言われた。
なので「じゃあ同棲は解消しましょう。結婚もなしだね」って言ったら「何言ってんだこの馬鹿」って言われた。
婚約不履行で訴えるとか、同棲に際してかかった費用を返せとかすごい言われてる。
2ch的に言うと、早めに正体晒してくれてありがとうって所なんだろうか。
どうせ結婚するんだからナマでやらせろとか言われたけど籍入れるまではと拒否して避妊してて良かった。

続きを読む

573: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/19(火)09:37:22 ID:8tH
長くなるけどごめん。
結婚していたはずの夫とは2年間未入籍、しかもその夫だと思ってた人は実は既婚者で、奥さんに訴えられかけたこと。
当時20代半ばで、20代後半の彼氏と結婚することになった。
当時一人暮らしの部屋の更新が6月、入籍日は8月だったので、6月から一緒に住み始めた。
8月は記念日で、どちらかというと彼氏が記念日入籍にこだわっていた。
私の仕事の性質上、有給はとれないので、彼氏が有給をとって市役所に提出。
以下気づかなかった理由と彼氏の嘘。
彼氏の親は離婚、母親に引き取られたが母親は病気で亡くなったとのことで、親戚に会ったことは一度だけ。遠い親戚だそうで、普通に祝福してもらった。
上記の理由+私の職業が名前を覚えてもらってなんぼというかそんな感じなので、彼氏の方から私の苗字にしたいとの申し出。
私は結婚で苗字を変えるつもりでいたけど、彼氏がそう言うならと思って私の苗字になってもらった。
仕事はお互いやめないので、扶養とかも特に発生なし。
彼氏の親、離婚もしてないしどっちも普通に生きてた。
彼氏は奥さんに単身赴任と言って私と暮らしてたらしい。
そして婚姻届はもちろん未提出。
突然奥さんと名乗る人から連絡があり、最初は信じられずにもめたけど、戸籍を見て脱力。
慰謝料などは知らなかったからなしだったけど、もう誰も信じられない。


続きを読む

527: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/15(金)13:43:16 ID:tgc
俺の修羅場ではないけど招待された結婚式での修羅場
俺は新郎友人

結婚式に子供連れた女が乗り込んできた
女は入り口のウェルカムボードを破壊したあと式場で「新婦を出せ」とご立腹
入場待ちだった新郎と新婦を見つけるなり、女は新婦につかみかかって取っ組み合い
スタッフがあわてて止めるも、俺達が見た時には新婦が馬乗りになられて髪の毛に引っかかったティアラとベールを引きちぎられてるところだった

女は「私を馬鹿にするな!」と吠えていたので、皆新郎が浮気でもしたのかと思った
けれど皆の視線を浴びた新郎は一言、「この人誰?新婦の知り合い?」
スタッフに助け出された新婦は狼狽しながら「あなたの浮気相手じゃないの?」
2人はお互い腹を探り合うようにギョロギョロしてた
すぐに新郎と新婦は引っ込み、俺達も案内されて席についたんだが、皆で下衆の勘ぐりの披露宴が始まる
最終的に「新郎の前妻と子供で、新婦は不倫相手、2人は不倫の果ての新婦による略奪婚では?」
もしくは「新婦が昔イジメてた相手では?」と結論に至った

結局式は簡潔な感じの食事会みたいなものになった
ウエディングケーキもあったけれど、全貌を見ることもなくカットされたものが出てきた
二次会もなく解散したので結婚も取りやめかなと思っていたら、今日の午前中に内祝いと新郎新婦の写真が届いた
あんな修羅場があったのに入籍したらしい
写真のウラに簡単に「暴れてた女は全く見知らぬ他人であった、迷惑をかけました」との文言があったけど
暴れてた女、的確に新婦の名前呼んでたんだよね
内祝いも式から二ヶ月して届いたし、何かあったのかもしれないが
あんなに恨まれるようなことした新婦とよく結婚したなと思う

続きを読む

514: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/14(木)09:59:30 ID:x17
高校の同級生と結婚することになった
付き合いは卒業してから10年近く経ってからで、高校時代は全く付き合いなし
彼氏はいわゆるリア充で、いわゆるウェーイ系
私はオタクだし、そういうの本当嫌い
ただ彼氏はオタな部分もあったし、強要しないから平気
そんな彼氏だったけど、結婚するということで友達がみんな張り切ってくれて、フラッシュモブだの、めちゃくちゃ手が込んだ動画だのがどんどんやられる
その中に高校に皆が制服で行って、1人ずつ私たちとの思い出を語ったり再現したりする映像があったんだけど、参加者は50人以上いてびっくり
その子たちも、私の扱いに困ってるのが丸わかり
同じ高校だったから顔はわかるんだろうけど、友達じゃなかったから思い出はない
かといって同じ高校だったから完全スルーもできない
よって私へのメッセージがぎこちない
そんな動画を一部二次会で流され、そこにきていた私の会社の人に、私さんていじめられてた?結婚生活大丈夫?と心配され、唐揚げくれたりする
そして結婚後旦那の友達が家にたくさん来るんだけど、私はいない時にして欲しいと旦那には伝えてある
それで友達みんなは私ちゃんに嫌われてる?と及び腰
嫌ってはないけど正直話すことないし、私がいても気まずいと思う
なんでウェーイの人たちって友達の友達はみんな友達思考というか、旦那と結婚したからって同じ高校だったからって私は友達じゃないって思わないんだろう
今週末もバーベキューだかなんだかがあるので、私は1人で本を読みに図書館ー

続きを読む

486: かわいい鬼嫁ちゃん 2016/04/12(火)23:27:44 ID:Dpo
姉が25歳くらい歳上の人を連れてきて、結婚すると言い出したこと。
少しフェイクだけど、姉22歳、彼氏46歳って感じ。姉は大学でて就職してて、一人暮らし。彼氏は初婚で、普通のおっさんだった。
当時うちの親が父48歳、母46歳、俺が18歳。
もめにもめて、母は泣くし父は怒鳴るし、姉は二度とこの家には帰らない、孫も抱かせないなんて言い出すし、当時高校生で親と同居だった俺は、小さい頃からの姉ちゃんとの思い出や、親が姉ちゃんの結婚や孫について夢を持ってたことなんかを思い出して辛くなってた。
そんなある日、親父がそこまで結婚したいなら、やってみて欲しいことがあると言い出して、姉を叔母の家に送り込んだ。
叔母は叔母の実親である祖父母と同居で、祖父が要介護。そんなに重くはなかったけど、大変らしいとは聞いていた。
たぶん親父は姉が途中で投げ出すと思ったんだと思う。もしくは、現実を見て覚悟を決めるかどちらか。
姉、見事1ヶ月以上やりきったよ。お父さんは私が甘い、現実見えてないっていうけど、私はちゃんと覚悟してる、仕事だってずっと続けると言った姉はなんだかかっこよかった。
親父もついに折れ、そこまで言うなら幸せになれと言って、結婚の話が進み始めた矢先。
叔母の家に遊びに来ていた叔父が、おめでとうと言った。
その時叔父は、いいなぁ相手の男はこんなに若い子と結婚できて。俺も20歳の女の子と結婚してぇなぁと付け足した。
この叔父はバツイチで、たまに叔母の家に来る。面白いおっさんなんだけど、ああこれは奥さん嫌がるだろうな…という雰囲気。なんというか、面白いんだけど、だらしない。
姉はちょっと引きつった顔でありがとうございますと言ったけど、その後すぐ結婚辞めると言い出した。
叔父が若い子と結婚したいといったのを聞いて気持ち悪いと思ってしまったというのが理由。
結局姉は20代後半になってから30くらいの人と結婚した。
姉の元彼氏はどうなったのか知らないけど、少しかわいそうにも思ってしまう。

続きを読む

このページのトップヘ