タグ:義家族

455: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/06(木)11:12:03 ID:jCW
俺(34)
嫁(35)
嫁弟1(29)
嫁弟2(27)
全員既婚

俺と嫁は2年前結婚
嫁一家は母親を早くになくし、嫁が母親代わりになってきた
結婚も弟たちが片付いてからってことで自分を二の次にしてきて、3年前に俺と見合いして結婚

嫁弟1はいいのだが、嫁弟2が難物
本当に嫁を母親だと思っているのか、とにかく頼りまくる
そのくせ俺に対しては「姉ちゃんに苦労させんなよ、させたらただじゃおかん」と威嚇してくる
結婚して嫁はポロッとこぼしたんだが
「中学時代から母親役をさせられてきて『若い女』だった時代が全くなかった。
貴方と結婚して年齢相応の女扱いしてもらえるのが本当に嬉しい。
弟たちのことは好きだし大事だが向こうも結婚してるし、其々のお嫁さんに任せたい」
と、要するにもう弟たちの母親役は御役御免で頼む、という心境らしかった

続きを読む

504: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/05(木)00:23:53 ID:mD1
義姉旦那が調子がいいというか有言不実行な人
自ら「アレやりますよ、コレやりますよ」と言っておきながらやらず、悪びれる様子も全く無い

この間義姉家族と私達夫婦で義実家に泊まった際
玄関脇にペンキがあったので聞いたら義父が庭の物置を塗装するという
暑くなってきて熱中症も心配だし腰痛持ちの義父に代わって私達夫婦がやるよと申し出た
離れたところにいたはずの義姉旦那も「学生時代美術得意だったので僕も手伝いますよ」と入ってきた
では3人で翌日の朝食後始めましょうということになった
で、朝食終わって片付けたり身支度整えたりしてさぁ始めようってなったら義姉旦那がいない
義姉も子供もいなかったから家族で出掛けたみたいなんだけど、誰も何も聞いてなかった
結局夕方近くに帰ってきたんだけど、何か言い訳したり謝罪したりがあるわけじゃなく極々普通の態度
出掛けるならそれでいいけど自分から手伝うと言ったんだから一言くらいあってもいいじゃない?
言いにくいなら義姉に任せてもいいんだしさ

一番多いのは、義姉家族は義姉旦那の仕事の都合で各地を転々としてるんだけど
義実家で会う度新しい転居先の話になり、
その土地の名産品の話になった時必ず「今度○○送りますよ~」と言う
一度も送られてきたこと無いけどね
義両親も私達夫婦も意図的に話を振ってるわけじゃなく、こちらから催促するようなことも言ってない
こんなことがしょっちゅうあって地味にムカっとくる
ただの社交辞令つもりなんだろうけどこちらの感覚としてはその枠は超えてる

続きを読む

684: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/03/09(月)07:11:10 ID:VkI
色んな人の体験談を読んでて私もまとめてみた。
一度目の、失敗した結婚生活の話。(グロ注意です)

夫の実家は車で10分ぐらいの所にあるんだけど、
休日にはしょっちゅう集合命令があった。
義祖父母、義父母、義兄夫婦と子供たちが住んでる大きな田舎の家の
二間続きの部屋に座卓を3卓並べて、
大きなお皿に盛ったいくつかの料理をそれぞれが取って食べる方式。
その食べ方が揃いも揃って全員ありえないほど汚い。
取り箸は使わない家で、どれを食べようか迷ってる間中、お箸を舐ってるのは当たり前。
お箸の先に食べかすが付いたままで、大皿に突っ込むのも当り前。
お刺身を食べる時のチューブ入りのわさび、小皿のお醤油に口を付けてるらしく
チューブの中まで黒くなってる。
更にお箸で採ったお刺身を自分の小皿のお醤油に付け過ぎたとき、
大皿に残ってるお刺身に“醤油のお裾分け(と言うらしい)”をするので大皿全体が汚い。
極め付けは、義祖父母ともに食事が終わるとお茶碗にお茶を入れ
そこで入れ歯を洗い、洗ったあとのお茶を飲む。
理屈としては汚くはないのかも知れないが、食事時に目の前で見せられて気持ちのいいものではない。

初めて夫の実家に帰省した時、それらを見せられて
気持ち悪くて何も食べられなかった。
帰宅後、夫に「全然食べてなかったけど、どうしたの?」って聞かれて
「ごめん、こんなこと言いたくないけどあの人たちと一緒に食事はできない」と言った。
確かに酷い言い方だったと思うし、他の言い方はなかったかと思うが
それで夫が怒ってしまった。
「おまえだって自分の家族のことを悪く言われたら気分良いわけないだろ?少しは考えて物を言えよ」
って言われて反論できなかった。

続きを読む

167: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/23(月)23:12:09 ID:CGq
土曜日に兄が兄嫁を連れて家に来たので、母に頼まれていつも買ってるお店でお寿司を注文した
母と父と兄と兄嫁と弟の5人分は普通のお寿司で、私はアレルギーがあるから、店の人にお願いして、いつものアレルゲン除去された大好物のサラダ巻きを作ってもらってた
お寿司を受け取って帰ると、兄嫁が「配膳はやりますから。妹ちゃんはお使いしてくれたから休んでてね」とお寿司を受け取って台所に入っていった
兄と弟と父は、兄が持って帰る予定だった2階の家具を解体してまとめていて、母はお客様用の食器を戸棚から取り出しに台所から離れていたタイミングだった
どうしようか迷って台所に入ろうとしたけど、兄嫁から「私には台所さえ任せられないの!?」と泣き顔になったので、驚きで後ずさって台所を出てしまった
困惑しながらもそのときトイレに行きたかったので用を済ませて戻ってくると、母が困った顔をして台所の入り口に立っていた
なんだろうと思って台所を覗いたら、兄嫁が涙をポロポロ流し、嗚咽を交えながら私のサラダ巻きを立ったまま丸かじりしてた
意味がわからずに「それ私の…」と言ったのを母がとめた
母が声をかけても、兄嫁はサラダ巻き一本完食し終わるまで無言で食べ続けた
私と母は無言でそれを見つめるしかなかった
食べ終えた兄嫁は涙を流したまま、「お母さんの指示ですか?それとも妹ちゃん?どうして意地悪するの?」と言われた
母も私も意味がわからずに「よくわからないんだけど、サラダ巻きがどうかしたの?」と話すと
「私だけ安いサラダ巻きなんてあんまりです!」と叫んだ
お寿司は一人2000円のだけど、サラダ巻きは500円
兄嫁はなぜかそれを自分のお寿司だと思い込んだらしい
これまでも顔合わせや結婚式のとき、私だけ食事が違ってたのも忘れてたのだろうか
母に言われて私は兄を呼んできて、母は3人で何かを話していた
15分ほど話したあと、なまものだから先に食べようと昼食になった
母が私にお寿司を再度頼もうか聞いてきたけど、お腹ペコペコだしすぐにだも何か食べたいから断った
何も準備が無かったので、余っていた冷ご飯で私はお茶漬けにした
食卓は微妙な空気だった
兄嫁の前にはお寿司がおいてあったけど、ずっと泣いていて手をつけない
食卓は無言
すると兄嫁が「私へのあてつけですか…妹ちゃんだけお茶漬けなんて…」とボソリ
腹が立ったので黙ってお箸を置いて食べかけの碗を横へ押しやりたたじっと席に座って兄嫁を見つめた
母に「よしなさい」と言われたけど、兄嫁はワッー!と声をあげて泣き出した
「私のだけサラダ巻きだったくせに!私が気づいたから妹ちゃんのってことにしてまで私をいびるんだ!」と叫び
事情を知らなかった弟も父もそれを聞いてドン引き
兄がいい加減黙れよと声を荒げて怒っていたけど、兄嫁の泣き声が酷くなっただけだった
弟が食べかけの寿司をそのままに、乱暴に席を立って外に出ていったので、私も部屋に引きこもって顔を出さなかった
昼寝している間に兄たちは帰っていて、兄からは謝罪の言葉とお詫びのお金が残されていた

兄はあんな被害妄想強い人とどうして結婚したのかなと夕飯時に愚痴ったら、高校だけ兄の下宿先から通ってた弟が色々と教えてくれた
(弟は兄の大学の附属校に通ってた)
「兄嫁がアニキに罪悪感植え付けるくらい被害妄想炸裂させてたんだよ」と
有名人と会えるとか言われてヤリサーに付いていくというバカなことして傷ついた兄嫁を、偶然同じアパート住まいで顔見知りだった兄が介抱したんだけど、
それを兄嫁が被害妄想炸裂してより傷ついたと言い出し、周りの女たちも何故か兄を責め、
兄はノイローゼみたいになって、自分が悪いのかと責めまくって、責任感が強いから責任感に駆られて結婚したらしい
弟からの話だからどこまで正確かは解らないけど、兄にべったりな兄嫁に対して兄は結婚式のときから冷めていた理由がわかった
兄嫁は結婚指輪をつけてるけど兄はつけない
兄嫁が手を握ろうとしても兄は振り払うし触れさせない
弟が言うには、優しくしても被害妄想に繋げるから兄は自分の精神を保つために兄嫁を無視することにしてるらしい
弟は高3の頃、無理をして自宅から高校通いをしていたけど、兄が目を覚まさないので兄嫁の被害妄想の餌食になる前に逃げてたそうだ

兄嫁は病気だよね
なのにバカなことして心身ともに傷ついたときからメンタルヘルスは頑なに拒否してるんだってさ
今は兄が病院に通ってるらしい
私は高校から女子寮に入ってたし、弟が兄宅から逃げ帰り兄が結婚する直前までちょうど留学してたからなんにも知らなかった

続きを読む

143: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/22(日)10:55:46 ID:ia0
叔母の嫁ぎ先の神経がわからん話。
私の母は既に他界していて、父は健在。
母の妹は子供に恵まれなくて、私をとても可愛がってくれていた。
母が亡くなった後も叔母は色々相談に乗ってくれたり、第二の母のような存在。

叔母は結婚後暫くしてからお姑さんとずっと同居。旦那さんは10年前に病死。
旦那さんは次男で、兄と妹がいる。
旦那さんが亡くなった後も、家の名義はお姑さんと叔母さんの半分ずつだったし(土地はお姑さんのみ)、旦那さんにも頼まれてたから叔母が同居を続けていた。
旦那さんの妹は遠方に嫁いでいたから、なかなか来れなかったけど、長男のお嫁さんはちょこちょこ顔出して世話を手伝ったりしてくれていたみたい。
お姑さんとも関係が悪くなかったから続けてこれたんだけど、去年お姑さんが転んで骨折をして歩けなくなった。
病院を退院後は介護施設に入ったんだけど、その時の責任者の話で揉めた。

責任者はなんかあった時に連絡が来て、施設側から判断を委ねられる人。
例えば「人工呼吸器をつけないといけない状況になった。つけたら一生外せません。どうしますか」とか。
叔母は流石にそれは実子にお願いしたいと言ったんだけど、お姑さんの長男長女は拒否。その配偶者も出てきて拒否。
ずっと同居してきたんだから、実子で相談して叔母にお願いすることにしたと、家に4人で来たらしい。
叔母も断ったが、「もう実子で相談して決めたことだから」と言い残して帰ったらしい。

施設の費用もお姑さんの年金で足りるからお金の問題でもない。
その話を聞いて、私や父からもお姑さんの長男に話したけど(叔母は二人姉妹で、私から見て祖父母は既に他界しているため)
「昔、次男が母親の面倒みるって言ってたから」と拒否。
次男はもう亡くなってて、実子のあなた達は生きてるでしょうと言っても通じない。
「叔母にとってもお姑は母だろう」と言い出す始末。
「叔母は法律的にはいつでも他人になれるような立場。そんな立場の人間に、重要な判断を任す責任者にしていいのか」と話しても「介護が必要になったから他人になるなんてヒトデナシ、義理も情もないのか」と。
お前が言うか?って感じだし、本当に宇宙人かと思った。
叔母は施設に差し入れたり、洗濯とかはするけど、責任者にはなれないって言ってるだけなのに、それでも拒否。

こりゃダメだと施設側に実子が責任者になることを拒否していることを叔母が伝えると、関係者を全員集めるようにと。
後日、長男・長男嫁・長女・長女夫・叔母が集まった場で、施設側が「普通は入居者の血縁親族に責任者をお願いしている。この施設で実子の配偶者が責任者になった例はない。」とキッパリ言ってくれた。
長男嫁はそれでもモゴモゴ言ってたけど、結局その場で長男が責任者になることになった。
施設側から言われたのが効いたみたい。

その日の夜、長男嫁が叔母に電話してきて「最後まで面倒見ると言っていたのに、今更こんなことするなんて酷い。ウチは忙しくてそんな余裕もないのに」とグチグチ言ってきた。
責任者は長男さんで、長男嫁さんじゃないと言っても「私がなったも同然!」と嘆いていたみたい。
叔母はもう伝わらないなと思って、切り上げたらしいけど今でも時々恨み節のメールが来るらしい。
夫を亡くしてる配偶者に全部押し付けようとしていたお前らの方が酷いだろとスレタイだった。

続きを読む

このページのトップヘ