タグ:胸糞

38: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/08/21(火)11:13:19 ID:tHI
初めて義実家に帰省した時、料理の仕方を巡って酷くしかられた。
義母が煮物を作っている間に、私にサラダを作ってと言われたので
まずキュウリをきろうとした。
そしたら「なにやってんの」って言われて、普通にきゅうりを輪切りにしようとしてただけなので
意味が分からず「なにかおかしいですか?」って聞いたら「何がおかしいか分からないのか」と言われ
それでもやっぱり意味が分からない。
「売り場で誰が触ったか分からないのに何故皮を剥かない!」と怒鳴られた。
「え?きゅうりの皮を剥くって・・・???」と、反抗するつもりは無かったけど単純に疑問を口にしたら
「口答えすな!」って、ビュッと持ってた包丁を投げてきた。
元々ただの威嚇だけのつもりで投げたらしくて私には当たらなかったけど
台所とリビングの間でまったりと寝ていた猫にモロに突き刺さった。
猫はヒクヒクしてパッタリと動かなくなって、私はガクガク震えて腰が抜けて、動かなくなった猫を見て悲鳴をあげた。
その後のことはあまりよく覚えてないけど、大騒ぎになって義母が義父にボコボコに殴られてたのは覚えてる。
結婚してまだ一年も経ってなかったけど、その時のことが頭に焼き付いて離れなくて鬱になり、
猫を殺したことも、嫁に向かって包丁投げたことも、義母が正真正銘のキチだったことも
全部含めて思い出すと震えが来て、旦那には悪いけど無理過ぎて離婚した。
もう15年ほど経つけど、その結婚が強烈すぎて未だに独身。

続きを読む

342: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/31(金)09:50:31 ID:RSI
怠け者の母親が自殺未遂した時が修羅場。

母親はノロマで家事の手際が異常に悪く、いつも父にはたかれていた。
頭ボサボサ、化粧もしないで外ウロウロで近所の人に笑われ
祖母がいつも「みったくない女だ」と言っていた。
俺が中学になってからノロマさがもっとひどくなり
朝いつまでもダラダラ寝てるようになった。父が蹴っぼくって起こしていた。
ある日起きてこないから父が蹴りに行ったら、父が「ワーッ」と叫んだ。
母がパジャマの袖のとこを首に巻いて、自殺していた。
まだ生きていたから救急車を呼んで、そのまま入院した。

続きを読む

369: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/02(月)22:39:17 ID:ouI
小学生の頃に強姦に襲われ、私は相手を負傷させた
そのことをお見合いした相手に調べられ、仲人が職場の人だったから周りにも話が漏れた

気分悪くなる人いるだろうからここから閲覧注意で
もし幼いお子さんを日常的に留守番させてる親御さんがいたら、これから夏休もあるから注意してほしい

強姦に襲われたとき、あまりに用意周到すぎて回避できなかった
今から20年前、夏休み前から家に毎日電話がかかってきた
電話は簡単「○○さんのお宅ですか?お母さんかお父さんはいる?」
これでいないと言ったら、いつ頃戻るのか聞いて切る
親がいたら変わった瞬間切る
これを毎日のようにやられた
親がいて切られたことは三回、この時点で気づくべきだった
当時携帯がなく、父親が自治会の当番で班長、母が学校の役員に選ばれてたから、電話はいつもひっきりなしにあって、私はずっとそれ関係だろうと思ってた
両親共働きで普段親が家にいなかったから、その時間を的確に調べられてた
今だと室外機の稼働とか車の有無で判断されるらしい
大人のいない時間帯がはっきりしたら、次の段階
ご近所の偵察と私の生活リズムの調査
ご近所付き合いがあるのか、ご近所はいつ頃留守にするのか
私はご近所さんによく挨拶してたからご近所との付き合いはあったけど、ご近所も昼間は仕事で留守にすることが多かった
生活リズムの調査によって、私が朝10時ごろ、毎日学校の宿題であるアサガオの観察日記を書くために
人目のつかない裏庭に観察ノートを持って出ることを調べられてた
そして両親、ご近所がいなくなる水曜日に決行された
裏庭は裏門と家の出入り口しか逃げ場がない
裏門に帽子を目深にかぶり、サングラスをした犯人がやってきて、口元だけにこやかに挨拶された
私も挨拶をして、最初は門越しに世間話をした
「今度引っ越してくるから挨拶にまわってるんだが、この辺はこの時間帯お留守かな?」とそんな感じ
片手には紙袋を持っていて、粗品を配っていると話していた
親の代わりに私に粗品を受け取ってくれと言ってきたが、私の中で警鐘が鳴っており、断ったところ、急に門を超えて中に入ってきた
私はすぐに家の中に逃げ込もうとしたが、扉をしめきる前に相手が扉に手をかけた
ぎりぎりだったため、指が挟まり、そのせいで相手は怒り出した
革製の手袋をしていたので、致命傷にはならず、指の隙間から扉をこじあけようとした
反対の手には刃物を持っていた
粗品に見せかけた紙袋の中は刃物だった
私は瞬時にここから先起こることを何通りかイメージし、結果相手から逃れるためには死ぬ気で当たるしかないと決断した
裏庭の剪定をするためのハサミが数種類、扉の近くに吊るしてある
他にも武器になりそうな園芸用品もある
入られたら終わりだ
私は相手よりリーチが長くなる、腐食して根本から避けるように折れた支柱を、開いたドアから相手に刺した
刺さった支柱は刺さったあと、幸いなことに途中で曲がって折れてた
高枝切り鋏を構え、「早く病院行かないと破傷風で死ぬよ!」と叫んだので、相手はそれ以上入ってくることなく逃げていった
血痕も残っていたのに、警察に通報しても犯人は見つからなかったと言われた
見つからなかった理由はおおよそ皆さんの察する通り
相手が我が家の電話番号と名前と家族構成を知っていたのも察する通り
ニュースにならなかったのも察する通り

続きを読む

223: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/05/08(金)10:45:40 ID:SF1
まだ結婚も視野に入れていないカップルの女側が体の関係を拒否したからって捨て身の嫌がらせをした男の話。
A男(30代男性 既婚)自分が既婚だということを隠してB子と交際
B子(20代女性 独身)A男と交際していた
C子(30代女性 A男の妻)

B子は貞操概念が固く、結婚するまではそういった行為はしたくないという子だった。
モテるタイプだが、告白してくる男全員に結婚するまでキスはOKだが行為は禁止と伝えている。
A男を除いて「行為禁止」を受け入れる男は一人もいなかったらしい。
A男は、僕は君(B子)の望むとおりにすると言ってくれたのでめでたく交際が始まったのだが、
そういう雰囲気に持っていけば、B子だって流されてえろい気分になるだろうと色々画策しまくってた。
それでもB子は拒否。頭に血が昇ったA男は、わざと結婚指輪をB子の部屋に置き、
B子が玄関先で来客の相手をしている間に(この来客も仕組み)B子の携帯から奥さんのC子に挑発メールを送りやがった。
C子は突然怒り、B子とA男を糾弾。B子は何度も既婚だと知らなかったと主張したけど
A男が既婚だと伝えていると主張して大修羅場になった。
何故かB子の部屋にある結婚指輪、そして挑発メール。
C子からしたら既婚承知済みで交際しているとしか思えないよね。A男自身にもダメージは相当入るが、
本人はB子の人生が滅茶苦茶になればそれでいいと言った感じ。
それでも一貫として知らなかったを突き通すB子に腹を立てたC子はB子の会社に凸をかまして退職に追い込んだ。
B子は弁護士に縋り付くが、「言い逃れできないよ。せめて慰謝料減額の為に頑張りましょう」と言われて絶望し、
両親もおらず行く場所も無し、友人からも軽蔑されB子はとうとう自殺をしてしまった。
そのタイミングでA男がネタバラシ。ざまーみろあひゃひゃひゃひゃと笑ってC子を人殺しとなじったらしい。

私はC子のはとこという立場だが、このあとどうなったのかがさっぱりわからない。
C子は毎日のようにB子の墓前で泣いて謝って狂ってしまったという事は耳に入ってきたが、
それきりなんの情報もなかった。離婚したかしてないかもわからない。


続きを読む

382: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/17(火)15:15:39 ID:kyU
母にハメられて地獄に落とされた

母の散財が発覚して離婚する事になった時、絶対母と行くのは嫌だ、父について行くって言ったら
「血も繋がってない男に縋るっての?バカじゃない?」と言われた
「どういう事」って聞いたら鼻で笑って無視され、ここで我慢の限界が来てしまった
怒りに身を任せて殴りかかったら母は抵抗もしないで数発殴られた
殴った後で、母はニターって笑って「これでお前らは終わりだ」って言われた
翌日、母は父に自分もお前達をDVで訴えると言い出した

父も弁護士頼んで争ったけど、結局『私と父』のDVが認められて完敗だった
散財も私と父からのDVへの逃避から、という母の言い分がまるっと認められた
悪口雑言などの事細かな日記2冊分の精神的DVの記録(日記の状況から数年前から作っていた物だったらしい。
勿論全て捏造。でも、私がやった母の外傷から「信憑性はある」と認められてしまった)と、
命の危険を感じてとっさに録音し、奇跡的に成功したという母の録音データに
「絶対許せない、殺してやる」という私の声がばっちり入ってたことで手も足も出なかった

父に頼みに頼んで行ったDNA鑑定の結果、私は父の実の娘だった
母は自分が父の実の子じゃないと言えばブチギレする事も計算づくだったんだろう

散財発覚のタイミングがタイミングだったために合格していた第一志望の私立高校にも行けなくなってしまい、母にどうしてくれるんだと叫んだら
「ウリでもしろ」って吐き捨てられて私はこんなヤツの血を受け継いでるのかと情けなくて泣いた

結局地元の公立高校に行くことになってしまい、チャンスを潰されたような気分だ
正直言って母には今すぐ死んでほしい。それも苦しみ抜いてから
母は「資格あるから仕事には困らない」とせせら笑ってたが、あんたに巻き込まれた人間はたまったもんじゃないんだよ
クズ野郎、お前も地獄に落ちろっての

続きを読む

このページのトップヘ