タグ:自殺

347: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/11/08(日)03:50:20 ID:GuS
内容が内容なんで話半分で聞いてくれれば。

小学校から続いてたかなりハードな虐めを苦に中学で一人が自殺した。
マスコミにも情報を漏らさず、事態は学校の中で封殺された。

と言うのも、当時新任の校長先生が冗談抜きで修羅と化したから。
自殺した翌日に朝から全校集会、遺書の読み上げと黙祷、そして遺書に書いてあった虐めの犯人を公表。
学校自体サボってた主犯が親同伴で連れ込まれる。この時点で二時間経過。
犯人全員壇上に正座させられて徹底的な糾弾。遺書の内容を否定したらビンタというかパンチが飛んでた。

全員の顔と校長先生の拳がぼこぼこの血まみれになった辺りで全員が容疑を認めた。
そこから日々の生活態度から(校内でタバコと賭け事やってたとの情報も遺書に書かれてた)
どれだけの罪をやってのかをまた暴力込みで徹底的な糾弾。壇上に飛び散る血しぶき。
親と全校生徒の目の前で土下座しても「だからといって自殺した人は絶対に戻って来ない」
「お前達が全員命を落としても取り返しは付かない」「絶対にあってはならなかった」
「それをお前達は」とかまだ許してなさそうだった。

昼休みも終わった頃にやっと開放。給食が終わったら今回の事について無記名のアンケートを書けと用紙が。
主犯以外の親も校長室に呼んでた。どうやらアンケート用紙の答えを全部親に読ませてたっぽい。
そして自殺した生徒の親を呼んで、目の前で全力の謝罪の土下座を校門の前で。

これで許してたら変わってたかもしれない。でもその親達は「許しきれない」って言った。

それから犯人達は中学のフィールドワークと称して延々ボランティア活動をやらされてた。
朝五時から草刈り、終わったら夕方までゴミ拾い、夜は公共施設の掃除等。
その日から毎日犯人達を許せるか?とかいうアンケートを書くように言われた。

そんなこんなで、半年以内に犯人全員が腑抜けみたいな感じに、その内一人が自殺した。それからすぐに校長も自殺した。
遺書には例え虐めていたとしても若き生徒の芽を摘んだ事、アンケートの内容を改ざんして犯人達へ伝えてた事の謝罪が書いてあったらしい。

今でも犯人達は家にいるけど、何もしてないとの話。成人してから主犯も自殺した。虐められてた生徒の家は慰謝料で引っ越した。

あれだけ怒った人を今でも見た事なくて修羅場。

続きを読む

813: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/08/02(日)10:41:01 ID:mYz
文章に自信ないから箇条書きで書く
女性は読んだら嫌な気持ちするかも

・同じ通りのAさんちの奥さんが自殺 旦那と小学生の娘が残される
・奥さんが死んだ翌月、旦那が再婚 三人暮らしになる
・小学生の娘、パンツ一枚で外に放り出される姿を近所が数度目撃
 目撃者の中に娘の同級生(男)がいて、おっぱい等からかわれて娘号泣(実際膨らんでた)
 近所のおばちゃんが娘保護 継母のいじめだと噂になる
・継母は一見普通の地味な女だが、ゴミ捨てルールを守らなかったり、無人直販所からたびたび野菜を盗んだり
 それを注意すると「いやがらせ!よそ者いじめ!」「警察!警察ー!」と叫んで泡を噴く変な人
 自分ちの柿をもいでる子供を棒で叩いたり(Aさんちの柿でなく、あくまでその子供の家の柿)した事あり
・A家娘、またパンツ一枚で外に放り出されるのを近所目撃
 パンツが血まみれ 生理になって「家が汚れるから出てけ」と殴られ追いだされたと泣く
 さっきも書いたが近所には同級生男子がいる そいつが学校で言いふらしたもよう
・娘、学校に行きたくないと、登校するふりをして家出し、途中で警察に保護される パトカーで帰ってくる
 警察官の前で継母が娘を殴る 止めに入った警官をキレた継母が殴って逮捕される
・町内会長が父親に苦情を言う 
 父親「娘がいなきゃいいんだろ。施設へ行かす」と言い、皆「え?」となる
 娘を施設へ行かせたいわけではなかったので皆そこで及び腰になる
・娘、中学生になって家出常習犯に 連れ戻されるたび裸でベランダに立たされモップの柄で突かれる罰
 これはもう施設の方がいいんじゃ…と皆がもう一度父親にかけあう
・娘、施設へ でもなぜか継母が引き取りに行ってすぐ帰ってきた
・娘、入院 死んだ母親の親戚が引き取ることになったとかで、親戚が近所に頭を下げて回る

この間約4年
今も継母と旦那は近所に住み続けているが、町内会から抜けて回覧板すら回ることがなくなり誰も寄り付かない
町内会に入ってないからゴミ捨て場を使えないはずなのに、継母がヒスるので黙認されている…

続きを読む

676: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/19(日)02:31:33 ID:PCI
胸糞な上に人が二人死んでいる話。閲覧注意。
施設に引き取られるまでが俺にとっては修羅場と言うよりも地獄だった。
まだ児相とか、虐待という言葉が世間にあまり知られていなかった頃のことだ。

物心つく前、母親が目の前で首を吊って死んだ。
半日以上俺はぶら下がった母と一緒に過ごしていた。
俺自身は覚えていない。
多分、ショックが強すぎて覚えていられなかったんだと思う。
詳しくは知らないが、母親は既婚の男性と不倫の末に俺を産んだ。
相手の男は認知すらせず、俺を産んでから母は精神的におかしくなったそうだ。
母が亡くなった後は祖父母に育てられた。
母を孕ませて逃げた男に対する恨みを聞かされて育った。
祖父母の父親に対する憎悪は、そのうち俺自身に向けられるようになった。
小学生になる頃には祖父母の折檻と言葉の暴力に晒された。
何故か女装を強要され、家の中ではいつもスカートを穿くように命じられた。
逆らうと殴られるから従っていた。
殴られることも辛かったが、それ以上に辛かったのが、母が死んだ時の状況を俺に詳細に教えてくることだった。
真夏の暑い日にカーテンも何もかも締め切った部屋で母は首を吊った。
そのとき俺は3歳で、目の前で母が死んでいく姿をどう捉えたのかはわからない。そのときのことをいくら思い出そうとしても何も思い出せないから。
それを何度も何度も祖父母は俺に教えた。
母が死んだ光景の描写は胸糞が過ぎるので割愛するが、祖父母に言わせると俺は「人殺し」で「実の母親を見殺しにした鬼畜」だ。
「お前のせいで○○(母の名)は死んだ」が口癖だった。
そのうち祖母は俺に化粧をするようになった。
学校にも殆ど通わせてもらえなくなった。
写真でも見たが、子供の頃の俺の顔は母親に似ていた。
それは俺が5年生のときに祖母を階段から突き落としてしまうまで続いた。
祖父母宅は二階建ての古い木造の家だった。
5年生になれば力も強くなってくる。いつものように言葉の暴力と折檻を受けていた俺は、弾みで祖母を突き飛ばしてしまった。
祖母は死んだ。
母親が死んだ姿は覚えていないのに、祖母の死んだ姿は今でもはっきりと覚えている。
結局、それが原因で俺は施設に送られることになった。
祖母が死んだ時、俺はワンピースを着ていた。身体中に殴られた痕が残っていたことから日常的に虐待を受けていたと判断され、誰も俺を人殺しと責めなかった。
罪にも問われなかった。
皮肉だが本当に人を殺した後に人殺しとは呼ばれずに済むようになった。
それ以来祖父には会っていない。
誰も幸せになれない胸糞な話だが、吐き出したかった。
もしここまで読んでくれた人がいて、不愉快になったのならすまない。

続きを読む

948: かわいい鬼嫁ちゃん 2017/12/11(月) 17:11:13.81 ID:KvawLR9+
山の中腹にある森林公園の池で夜釣りをしていたとき、近くで携帯の着信音(着うた)が聞こえた。
俺の背面から聞こえたんだけど池の周りは遊歩道になっていてその奥には駐車場もあり、誰か来たんだなと釣りを続けた。
夜が明けてすでに明るくなった時にまた同じ着信音が鳴った。今回は一回の着信音が長く、何度もかかってるみたいだけど見渡しても誰もいないし、かなり近くから聞こえる。
もしかして誰かが携帯を落としていったんじゃないかとその時初めて思った。
携帯が鳴る方へ目をやり池と遊歩道の間のちょっとした雑木林を覗きこみ、地面からの音じゃないなと思ったと同時に首吊り自殺の女性を見つけた。
俺は4時間くらい近くで過ごしてたんだと思うと今でもゾッとするし悲しくなる。
警察が来るまでの間に俺は泣いてしまった。
あと、あの着うたの曲がトラウマになった。

続きを読む

136: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/05/27(水)11:53:37 ID:Iuj
母が入院中で、家に自分(当時中1)しかいない時
納屋で父に首吊りされた時が修羅場。

父はサイマーな上、「妻子を苦しめるのが趣味」といつも言ってた変な人だったから
(だから私一人しか家にいないタイミングで吊ったのもわざと)
死んだのは悲しくなかったが、とにかく後始末が大変だった。
死体が運ばれていったあと、納屋は中身全部入れ替えなきゃいけなかったし
近所の人や警察の対応もしなくちゃならなかったし
病院にも学校にも行かなきゃいけないのにーってパニックだった。
学校でもしばらくヒソヒソされたし。

父は私たちあての遺書をいちおー残してて
「借金も何もかも放り捨てて押し付けて死んでやる。ざまあみろ」みたいな内容だった。
でも母は連帯保証人等にはなってなかったから
弁護士入れていろいろ権利放棄して終わりだった。詰めが甘いよ父。

母が退院して、母の稼ぎで母子二人で暮らすようになったら
生活水準がグンとあがった。浪費する人いなくなったから。

1つ幸いだったのは、よく毒父持ちの人が
「父親に愛されなかった代償として、成長して父に似た人を選んで愛されようと共依存に…」
っていうのを聞くけど、うちの父があまりにあからさまなクズで
「お父さんに愛されたい」なんてカケラも思えないくらい嫌いだったから
成長して父に似た人を見ると即距離おく&逃げるようになれたこと。

なんでか嗅覚がはたらいて
「あっ!これは父タイプのやつだ!ピコーン」ってすぐわかる。
(ちなみにこの「父タイプ」は性別関係ない。女にも父タイプはいる)
あとヅラもすぐわかる。

続きを読む

このページのトップヘ