タグ:虐待

781: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/10/25(土)20:24:30 ID:EhG8vul9q
母親に放置され衰弱していく弟を病院に連れていったときが修羅場だった

当時私は5歳、弟は2歳だった。
私の父の顔は知らないが、弟の父の顔は覚えてる。弟が生まれてすぐいなくなった。この時点で母は×2
母は3日に一度帰ってくるだけ。帰ってきた日に大量に米炊いて皿に盛ってまた出かけていく。
私は5歳だったけど幼稚園や保育園に行ってなかった。
入園式には出た記憶はあるような無いような。すごくあやふやになってしまっている。
私は大量に炊かれた米を食べ飢えをしのぎ、弟にもそれを与えてた。わたしがスプーンですくって口の中に入れる感じ。
弟は上手に咀嚼できなくてむせたりしてた。

続きを読む

378: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/03/26(月)08:57:26 ID:uZd
高校を卒業したばかりです。継父、実母、6つ上の姉と3つ上の兄、僕の5人家族です。
実父は俺が赤ん坊の時に亡くなったため、記憶がありません。僕の小学校入学の時に母は僕達を連れてバツイチの継父と再婚しました。
親権はとられたそうですが、前の奥さんの間に3人ほど子供がいるそうです。

おぞましい話になりますが、再婚すぐくらいから継父は姉を性的虐待をしていたそうです。
確かに母が個室で、兄と僕が子供部屋なのに姉だけ継父と同室なのは変だなと思ってはいました。姉は修学旅行やゼミ合宿にも行かせてもらえなかったと聞きました。

母はお金がなくて離婚したら飢え死にするから末っ子の僕が大学を卒業するまで我慢してくれと姉に言い、虐待を10年以上放置してきたそうです。
名門女子大の中等部に通っていた姉は精神をきたし、高校は外部の偏差値が20も違う女子高に進学しました。そこでも先生相手に暴力を振るって停学になったそうです。姉は女子大に進学し先日卒業しました。継父に大学院も勧められたそうですが断ったようです。

就職したのか分からないですが、姉は春休みから中学時代の先生(独身、30くらいの女性)の家に匿われています。
先日、先生と一緒に姉が荷物を取りに来て僕達に性的虐待の件を大声で暴露しました。お金が貯まったら姉は一人暮らしをするようです。

継父は大激怒で、僕と兄の学費を止める、払ってほしければ姉を連れもどせと言いました。
先生の現在の勤務先や姉の母校に電話しては怒鳴りつけています。僕の方は前期の学費は既に払われていますが兄はまだ払ってないようです。
兄は医学部なのでまだ3年分、僕は薬学部なので6年間学費が必要です。大学卒業以来、専業主婦の母にそんな貯金はありません。どうすれば良いでしょうか。
母は性的虐待をやめさせる条件で姉に戻ってくるように提案しています。
また、教え子と勝手に一緒に暮らす先生を社会的に制裁することは可能でしょうか?

続きを読む

125: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/07/31(木)09:57:56 ID:wB5JgCzBv
私は小2までネグレクトを受けていた。いつから受けていたかは覚えていない。
父は物心ついた頃からいなくて母と2人暮らしだった。その母は夜になっても家に帰ってこなくて、私は空腹に耐えられず、冷蔵庫の中を勝手に漁ったりしていた。
冷蔵庫を漁ったのがバレると往復ビンタをされた。顔は腫れ、痛みを和らげる為に水で顔を冷やしたりした。

学校には行っていた。友達はおらず一人で本を読んで過ごしていた。
担任からは薄汚れた格好と腫れた顔を指摘され、「お気に入りの服だから洗濯してほしくない」「洗剤を間違えて口に入れて顔が腫れた」と説明した。これは母が言えと言ったから。

母は三日に一度帰ってくれば良い方だったが、とうとう十日間帰ってこなかった。
冷蔵庫の中も底をつき、畳を毟って口に入れる始末。気力も無くて外へ出る事も無くなった。
学校も無断欠席が続き、とうとう担任が家を訪ねてきた。
薄れゆく意識の中、担任の声とセミの鳴き声が忙しなく聞こえてきたのを覚えている。

私は施設に引き取られた。
母はどうなったか知らないし知らされていない。おそらく捕まったんだろうな。
あんな母親でも私は「お母さんに会いたい!」と泣きじゃくった。もうホームシックみたいな状態で連日泣いていた。

続きを読む

439: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/12/12(土)22:09:25 ID:Msx
20代で結婚し、紆余曲折あったものの3人目を出産(みんな男の子)。
実家に帰らず自宅で産後も過ごしていたが何故か元旦那は3人目に対してきつく当たり、まだ首が据わったばかりなのに泣き声が煩いからと私が所用で10分家を離れただけなのにバンボ(赤ちゃん用の椅子)に座らされて玄関に置かれる。
夜に息抜きしてきていいと言われ2時間ほど外出し戻ると赤ん坊だけが居間でスンスン泣いていたりした。

続きを読む

このページのトップヘ