タグ:離婚

997: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/22(日)09:37:03 ID:Zlo
夫への対応で相談です。
昨日の夕方嘔吐腹痛が酷くトイレに篭っていたら大丈夫かと夫に聞かれたのでもしこのまま治らないと救急車かもと話していたのですが
やはり治らず上下止まらず手足も痺れ硬直し脱水も酷く動けずどうにもならなかったので救急車を呼んでもらいました(この時点でえ、呼ぶの…と嫌そう)
救急車かもと言ってあったのに何持ってけばいいんだよとパニック&ブチ切れ
結果胃腸炎だったそうで強めの痛み止めと点滴をひたすらして痛みが引くのを待ち、動けなかったのと乳児がいるので移すと重症化の恐れもあるという事で入院する事に
病室に連れてかれようやく子供と夫に会えたのですがどうすりゃいいんだよと怒られました
そのタイミングで子供がうんちをしてしまいお尻拭きを忘れたというのでティッシュを濡らして拭いてあげてと言ったらそっか…って俺がやるのかよ!とプンプンしながら洗面所へ
痛み止めでさっきまで意識も朦朧としてとても歩ける状態じゃないのになぜ私が当たり前にやると思ったのか
お互いの実家は電車で1時間の距離ですがこれでは今夜一晩すらきついのではと思い親を呼ぼうかと聞いたのですがいいよ要らないと言われたので呼ばず帰って行きました
夜は泣き止まないだのもうむりだのとラインが夫から来てごめんねと言い泣き止ませのアドバイスなどをしたのですが溜飲は下がらず
今朝もミルクのタイミングがわからんと言われ3,4時間置きと答えたところそういうのは普通始めに言うよねと怒られました
今日の退院は無さそうなのでこちらの親が子供を預かりに来ると言うともっと早く言えと怒られました
月曜まで入院になった場合明日親のパートが終わり次第迎えに来てもらうようにしようと昨日ラインしていました
子供の寝かしつけや泣き止ませなど私は毎日やっている事ですしミルクも缶に量や日に何回飲ませるかなど書いてるんだよ~と言う話を普段からしていましたのでそれくらいわかるかと思っていました
いつ退院出来そうか送ってもそうの一言
救急車を呼んでから一度も大丈夫か、など労りの言葉は一切かけられていません
病状を聞こうともしませんし言ってもスルーされています
慣れない育児に夫に多大な迷惑をかけてしまっているのはわかっています
ですが身体も心もボロボロで涙が止まりません
夫に反論してやりたい気持ちはありますが育児放棄や虐待などされないか子供の事も心配で何も言えずにいます
反論してもいいものでしょうかやはり我慢すべきでしょうか

続きを読む

473: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/23(日)02:48:11 ID:0Su
久々に一人でゆっくり出来てるついでに投下してみます。

私はいわゆる恥かきっ子で、兄二人とは一回り以上年齢が離れている末娘として産まれました。
大事に育てられたのは間違いなく、そのせいでというかそのおかげでというか、悪い意味での世間知らずだったと思います。
両親が元気な内にしっかりした男性と結婚して欲しいという願いをそのまま受けて、短大在学中にお見合いして結婚。
相手は父の知人から紹介された人で、裕福な家庭の次男。ゆくゆくは長男さんと一緒にお父様の会社を継ぐ予定になっていました。
お見合いでの第一印象は悪くなく、優しそうで好感を持ちました。
彼のご両親が私を気に入ってくださり、私の両親が乗り気だったのもあり、話はとんとん拍子に進み、結婚。
私は家庭に入り、結婚生活はそれなりに順調で、幸せだったと思います。

結婚して半年ほど経った頃、私宛に無記名の封書が届き、そこから生活が一変しました。
差出人は、彼が長年付き合っている女性(A子さん)でした。彼よりいくつか年上で、初めての女性だったようです。
そのA子さん本人が暴露する内容の手紙で、同封されていた写真に写っていた彼が締めていたネクタイが、結婚後に私が選んだ物だったので、浮気(と言うか、結果的にそっちが本命だったんですが…)を確信しました。
すぐに彼に詰め寄る事は出来ず、両親や兄達に相談し、兄が積極的に動いて証拠を掴み、彼と彼のご両親に直談判。

彼のご両親は、A子さんの存在を知っていました。
A子さんは元々は彼のお母様と繋がりがある方で、彼との関係は彼が高校生の頃からだったようです。
彼と付き合いつつ、他の男性と結婚していた時期もあったそうで、何度も引き離したけれど、ずっと関係は続いていたとの事。
私・両親・兄二人・彼・彼両親・A子さんとで話し合いをした時、少しも悪びれずに「世間知らずのお嬢さんを騙しているようで申し訳なくって…」と言っていました。

結果、私と彼は結婚記念日を一度も迎える事なく離婚。慰謝料は総額で8桁になりました。
相場よりだいぶ高額なのは、彼のご両親からの申し出で、一括でぽんと振り込まれました。

離婚がきっかけで、私は自分の人生を振り返り、それまで自分の意志が全くなかったと気づきました。
親に言われるまま生活し、結婚も、そういうものかという程度の認識だったように思います。
突然に覚醒し、今後はどうにか自分の力で生きていこうと決意し、実家に戻らず、一人暮らしを始めました。
とは言え、一人暮らしを始めるにあたっての資金は慰謝料から出したので、全く自力ではなかったですが。

続きを読む

38: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/18(水)11:49:04 ID:aHc
離婚確定で家庭内別居中。離婚理由は金銭がらみで向こうの有責。子梨。
現在は弁護士を挟んで財産分与、慰謝料等を詰めてる段階。それが済んだら離婚届を提出する予定だった。
家庭内別居が決まってすぐ夫(気持ち的には元夫)に
「もう他人だから俺の物には一切触れるな」と言われた。
言われた通り一切触れていない。
夫の衣服は洗濯しないし、部屋は掃除しない。夫の愛用シャンプーの詰め替えもしないし弁当も作らない。
脱ぎっぱなしのジャケットは放置。
かろうじてゴミ捨てと共有部分(水回り等)の掃除はやってあげてた。
旦那のマグカップはつねにテーブルにあり、洗わないからコーヒー滓が堆積して真っ黒。
しかし意地になっているのか何なのか洗わない。放置。ジャケットやシャツはシワシワのまま着てる。好きにして。
買い置きのシャンプーの場所が見つけられないらしい。訊いてこないので私も答えない。
食事は完全に別だから何食べてるのか知らない。缶チューハイの空き缶の量がすごい。
朝、珍しく話しかけてきたと思ったら
「S江が今日来るから」夫の同期のS江さんたちが家に飲みに来るらしい。フーン。
かかわりあいたくないからその日はビジホに泊まり、ビジホから出勤。
帰宅したら超不機嫌な「俺は怒ってるんだぞ!」な顔をした夫が睨みつけてきた。
おもてなしなんかするわけないじゃん。なに考えてんだろ。
かろうじて缶やスナックの袋を分別してゴミ袋に入れてたから進歩ではある。
家賃が私の口座引き落としだから、夫が住まいを見つけて出て行くって約束だったけど
私が出て行くことにしたわ。やってられん。

続きを読む

377: かわいい鬼嫁ちゃん 2014/11/19(水)08:53:07 ID:ki3X4bEYd
旦那が浮気した。
これだけでも充分修羅場な事態なんだが、プリちゃんが信じられないレベルのアホの子だった。
抜粋した台詞を箇条書きで書かせてもらうけど、
「イシャ料って病院に行く事になったら払うお金でしょ?(たぶんプリちゃん変換では医者料。)奥さんは病院になんて行ってないし、プリちゃんの方が100倍辛くて病院行くかもだから下さい!」
「プリちゃんとだぁが付き合っちゃダメって法律いつ決まったんですか?何時何分地球が何回回った時?」
「今はあなたがだぁの奥さんだけど、だぁとあなたが別れてプリちゃんとだぁが結婚したらプリちゃんが奥さんなんだから、今の関係を浮気だなんて失礼な事言わないで下さい!(激おこ)」
同じ人間で同じ言葉を話してるはずだったんだけど全く理解が出来なかったよ…。
まさしく宇宙人と喋ってる気分だった。

続きを読む

382: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/04/17(火)15:15:39 ID:kyU
母にハメられて地獄に落とされた

母の散財が発覚して離婚する事になった時、絶対母と行くのは嫌だ、父について行くって言ったら
「血も繋がってない男に縋るっての?バカじゃない?」と言われた
「どういう事」って聞いたら鼻で笑って無視され、ここで我慢の限界が来てしまった
怒りに身を任せて殴りかかったら母は抵抗もしないで数発殴られた
殴った後で、母はニターって笑って「これでお前らは終わりだ」って言われた
翌日、母は父に自分もお前達をDVで訴えると言い出した

父も弁護士頼んで争ったけど、結局『私と父』のDVが認められて完敗だった
散財も私と父からのDVへの逃避から、という母の言い分がまるっと認められた
悪口雑言などの事細かな日記2冊分の精神的DVの記録(日記の状況から数年前から作っていた物だったらしい。
勿論全て捏造。でも、私がやった母の外傷から「信憑性はある」と認められてしまった)と、
命の危険を感じてとっさに録音し、奇跡的に成功したという母の録音データに
「絶対許せない、殺してやる」という私の声がばっちり入ってたことで手も足も出なかった

父に頼みに頼んで行ったDNA鑑定の結果、私は父の実の娘だった
母は自分が父の実の子じゃないと言えばブチギレする事も計算づくだったんだろう

散財発覚のタイミングがタイミングだったために合格していた第一志望の私立高校にも行けなくなってしまい、母にどうしてくれるんだと叫んだら
「ウリでもしろ」って吐き捨てられて私はこんなヤツの血を受け継いでるのかと情けなくて泣いた

結局地元の公立高校に行くことになってしまい、チャンスを潰されたような気分だ
正直言って母には今すぐ死んでほしい。それも苦しみ抜いてから
母は「資格あるから仕事には困らない」とせせら笑ってたが、あんたに巻き込まれた人間はたまったもんじゃないんだよ
クズ野郎、お前も地獄に落ちろっての

続きを読む

このページのトップヘ