タグ:鬱

651: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/10/03(水)16:34:10 ID:gJV
愚痴に近いような相談です。乱文すみません。

私30歳
夫30歳
子供 生後3ヶ月1人

現在私は育休中です。
そんな最中、夫が仕事のストレスから鬱で休職となりました。
そこで私が早めに復帰を考えているのですが、保育園がなかなか見つからない状況です。
何とかしないと…と私が焦っていると、
夫は「俺が休職してるんだから見つかるまで俺がみてればいいじゃん」
と言い出しました。

何かそれって違うんじゃ?と思いながらも上手く言葉にできず、
とりあえずまた今度話そうとなったのですが、上手く気持ちが整理できずモヤモヤが続いています。

できる限り早く入れる園を探し回ってみて、
どうしても見つからない、その時にまだ夫も復職できる状況ではない…というならば、期間限定で夫にみていてもらうのも仕方ないとは思うのですが、
夫が復帰しない前提でいるのをみていると、
病気を克服しようとか、私や息子に申し訳なさとかないのかな??と感じてしまいます。

もちろんゆっくり焦らず治せば良いと思っていますし、無理をしないでほしいと心から思っています。
ですが一方で悪気なく毎日パチンコに通っている様子をみていると、随分元気になったようにもみえます。
「治りかけが危ない」とか言われるので強く否定はしないよう努めていますが、
少しずつでも前向きに次の事を考えるようになってもらいたいのも本心です。

そんな状況で保育園に預けず夫にみてもらうとなると、それが休職の免罪符になってしまうのではないか?というのが心配で、
よりちゃんと保育園に預けて復帰したい気持ちが強くなります。

ですが、ドクターやカウンセラーから、鬱はとにかく焦らせるのが一番良くないので、復帰を促したり「早く良くなって」という言葉は控えるように言われており、
どうしたら良いのか悩んでいます。

私の親は飛行機の距離、夫の親は車で30分程の所にいますがまだ勤めに出ており、
子供を預けるのは現実的ではありません。

私自身自分の考え方が間違っているかもという心配もあり、
一般的にみてどのような方法がベターなのかアドバイス頂けたら幸いです。

続きを読む

862: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/10/10(土)02:33:04 ID:UdI
眠れないので過去にバイトしてた店の常連さんと付き合った時の修羅場を書く

当時、飲食店でバイトしていたのだけどある常連男性に告白された
私はサービス業ゆえに愛想は良かったが毒親に育てられ精神的に不安定かつ長年の通院歴があって数々のトラウマ持ち。
鬱も完治していないことを話すと、えー?そんな風には見えないよ、これからは俺と楽しく過ごそう!と言ってくれた。
実際、とても明るい人だったが幸せは長く続かなかった

彼はまず、今までより安いものを注文してはカウンターを陣取りダラダラと居座った
他のお客様と話しても会話に割り込み、私が接客モードで敬語を使っているのに○○ちゃんと下の名前で呼ぶ
仕事中の私を携帯で撮り、すごい間抜け顔を「待ち受けにしよーっと」と言われたとき初めてキレた。
私は醜形恐怖というか自分の顔が大嫌いで写真に撮られるのは絶対にイヤだ、消してと頼んでものらりくらりと逃げる彼に泣いてしまった
そんなことがあって店に居辛くなった私はバイトを辞めたのだが
すぐに彼が知り合いの店で働かないかと誘ってくれて、そこで働くことになった。
だがそれが間違いだった
夕方から日付の変わる時間までのバイトだから心配だと送り迎えするだけではなく、彼の仕事が終わると店に来ては長時間の居座りと独占。
前の店となにも変わっていない。
そんな針のムシロに座るようなバイトはそれでも数ヶ月は続いたけれど、ある日店長に呼ばれ、明日から来ないでくれと一方的にクビを告げられた。
何か不手際があったのなら教えてくださいと聞いても理由は教えてもらえず、茫然自失のまま帰宅すると彼からメールが届いていた。
『仕事、やめたんだって?俺んちで飲もうよ!二人きりでさ!』
ずいぶん情報が早いな、とは思ったけど早退したので店長にでも聞いたんだろうと解釈して眠剤を飲んで眠った。
もうずっと仕事か彼とベッタリな生活で精神的に休まる暇もなかったし、とにかく眠りたかったんだ。

続きを読む

342: かわいい鬼嫁ちゃん 2015/07/31(金)09:50:31 ID:RSI
怠け者の母親が自殺未遂した時が修羅場。

母親はノロマで家事の手際が異常に悪く、いつも父にはたかれていた。
頭ボサボサ、化粧もしないで外ウロウロで近所の人に笑われ
祖母がいつも「みったくない女だ」と言っていた。
俺が中学になってからノロマさがもっとひどくなり
朝いつまでもダラダラ寝てるようになった。父が蹴っぼくって起こしていた。
ある日起きてこないから父が蹴りに行ったら、父が「ワーッ」と叫んだ。
母がパジャマの袖のとこを首に巻いて、自殺していた。
まだ生きていたから救急車を呼んで、そのまま入院した。

続きを読む

897: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/07/20(金)17:30:56 ID:qNj
定年退職してまさに老害と化したうちの糞オヤジ。
・暇をもてあまして近所のコンビニやスーパーに行き若い女の店員にからむ。ただで商品をよこせなどと言う。
 店長が断ると「長年働いて国に尽くしてきたのにたった1000円ぽっちの物も自由にならんのか!」などと怒鳴り散らす。
・オレと二、三歳しか違わない近所の人妻に付きまとう。
 カーテンを開けて出入りを監視し、出かけると追って行ってからむ。
 電話をかけ、夜のいとなみの回数などいやらしいことを聞く。着拒されたら怒鳴り込み、警察を呼ばれた。
 オレが引き取りに行ったがまったく反省の色ナシ。
・べつに故障してない電化製品を「修理する」と言って分解する。当然もとに戻せず、激怒して暴れる。
・「掃除する」と言って必要な物を捨てる。俺の時計、本、DVD,ルンバなど。
 叱ったらプイっと出て行きまたコンビニ店員に迷惑をかける。
・風俗に行って泡姫に本番を迫り、断られて暴力。警察沙汰になる。腹が立ったのでその夜は迎えに行かず一晩留置させた。
・駅ですれ違っただけのJKを「誰のおかげで飯が食えてるんだ」と恫喝。うちのオヤジのおかげでないことは100%確かだ。

ボケてるんじゃないかと医者にみせたら「脳機能でなく人格の問題なので治せない」と言われた。
母は鬱と診断された。「死んじゃいたいよ」と昔からよく言っていたので口癖かと思っていたが鬱の症状だそうだ。
オレも寝られなかったり、突然涙が出るようになったので今薬をもらっている。
人生終わったかもしれん。

続きを読む

856: かわいい鬼嫁ちゃん 2018/06/16(土)07:38:19 ID:uvR
友達とか夫に愚痴ったのですが、未だ気色悪さが治まらないので吐き出させて下さい。
先週やっと絶縁した叔父の神経がわからん。
私の母方の弟である叔父
叔父(現55歳)
私(現40歳)

私は母は14年前に鬼籍・父は11年前に鬼籍と、両親を亡くしている。
父が亡くなった辺りで、叔父から連絡が来るようになった。
連絡を取り始めた頃、叔父も結婚していて子供もいる良きお父さんと言う感じだった。
それがこの10年で離婚・失職からの鬱病を患うと言う経緯を経て何かと密に電話をしてくるようになった。
昨年七月に私がやっと結婚したのだけど、叔父が
「姪ちゃんの父親代わりとして挨拶をしたい。」
と言うので、夫に電話を代わって電話越しだが軽く挨拶をした。
夫曰く、その際叔父は夫に
「姪ちゃんは今まで滅茶苦茶苦労していたから、幸せにしてやってね」
などの祝福(?)のような言葉を出していたそうだ。
先日、いつになく落ち込んだような連絡が叔父から来ていて必死に励ましていた。
「頑張るって思わなくても良いんだよ。」
とか「今はゆっくり心休めて、やる気が出た時に気合い入れたら良いだけだよ」
とか言ってたと思う。
すると叔父が「小さい頃からな、姪ちゃんが大好きだったんだ」と言われた。
家族とか身内に対する「大好き」だと思って
「私も叔父さんの事大好きだよ。いつもいつも見守ってくれてありがとうね」と返事をした。
すると「…抱きたい」と宣う。
一瞬固まった後
「えっ!?何言ってるの?私夫いるし、第一私は姪だよ?」と返した。
なにやらゴニョゴニョと言いながら話している。
その内容を要約すると
・子供の頃から姪(身内)に対する感情とは違う気持ちで私を見ていた
・お前(私)を自分の手で幸せにしたい
・お前を旦那から奪いたい
と言う事だった。
脳内では
「うげぇぇ…いや、マジありえないんですけど!!ってかキモキモキモキモ!!!」
と思っていたが、鬱病の人にそんな事言ったら自殺とかするんじゃないかと思い
「叔父さん、気持ちはありがたいけれど、私が思う好きは家族とか身内の人に対する気持ちだよ。
異性として誰を愛するかと言うと、それは夫しか居ない。ごめんね。」
と伝えた。
すると何やらまたモニョモニョ言った後電話をガチャ切りされた。
その日はそれで連絡が来なかったのだけど、暫くこちらも冷静に考えてた上で
“良く々考えたら、私は何も悪くないよな”
と言うのをわかった上で叔父に
「私が何か惑わせるような事を言ってしまってたらごめんなさい。
叔父さんと母さんの事を色々話せた事、私が知らなかった母さんの事を教えてくれた事凄く嬉しかったし、これからも忘れません。
私は私で、夫と歩んで行って、その先でちゃんと幸せになるから見守ってて下さい。
こちらから連絡すると迷惑になると思うからもう控えますね。」とLINEを送ってブロックした。

叔父、何処かのエロ漫画の読みすぎかと違うか?と思うくらいありえない告白でした。

続きを読む

このページのトップヘ